人気ブログランキング |

デンな生活

helgashjem.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Dizzy Mizz Lizzy、デンマークツアー_b0253226_18543604.jpg

最近は発表してからチケット発売があっという間でして、考える余裕があまりないです。💦

今回はデンマーク国内4カ所。一応大きな都市(と言えるのか?)のみ。もうどこ行こうか悩みましたが結局3カ所行く事に。💦

アルバム出たら日本にも行くだろうし、お金がいくらあっても足りないです。でも人生1回きり!観に行ける時は行きたいです〜〜。

前座2つは中年にはキツいな〜。😅

by Helgashjemdk | 2019-09-30 19:03 | 音楽 | Comments(0)

悪循環な毎日

ギリシャから帰って来て数日後からまたフィットネスでトレーニング開始。入居者さんの娘さん夫婦にバッタリ。

『ちょっと腕凄く筋肉ついてない?何?大会とか出る予定なの?』

って聞かれました。😅

さすがにそこまで凄くない!(笑)そしてそこまで頑張れないっ。💦

仲間にも言われるのだけど、何を目指しているのか?と。本当にだんだんわからなくなって来ました。細マッチョを目指していたのになんかマッチョになって来てごっつい体系になって来た気がして、これはやり過ぎたか?と思うようになりました。

でもどうしたらいいのかよくわからない…。


食べ物には多少気をつけている程度ですが、月火と2日連続で仕事の後にケーキを食べる羽目に!!

仲間がケーキを焼いて来て、せっかくだから食べました。これが美味しくてたくさん食べてしまった…。

代理で働いている男性に対してメッテが、

『次はあなたの番よ!うちの職場は仕事スタートしたらケーキ持ってくるルールなのに一度もケーキ持って来てないでしょ?カリンはチョコレート嫌いだしHelgaはシナモンが苦手だから、レモンケーキがいいわね!』

って言ったのですが、これ50%はジョークだったのです。

なのに彼は本当にレモンケーキを2つも買って来てしまった…。😱

一歩間違ったらいじめみたいになってしまう状況ですよ。💦

なので申し訳ないしみんなでがっつり食べました。メッテってば、散々自分で言っておいて、

『彼かわいそうに。』

って言ったので、みんなで『お前が言うか?!』みたいな笑いが出ました。

あぁでも文章にするといじめだと思われても仕方ないんじゃないかと思ってしまう。💦

彼がそう思っていない事を願います。

まぁそんなわけで水曜日は2時間がっつりトレーニング。多分トレーニング量と食事量が合っていないのかなと思うほど、疲労が残ってしまうのですよ。睡眠も取れる時と取れない時があるし。トレーニングのおかげで仕事も楽になるしと思ったけどギリシャから戻ってなぜか腰痛が残って、火曜日に職場専属のマッサージ師にお願いしたほど。筋肉ガチガチになってるって。💦

このところはこめかみと頭の裏が痛くて自分でマッサージしたりと何だか筋トレが悪影響になっている感じです。

休暇取ったばかりなのに疲れているのかなぁ…?

by Helgashjemdk | 2019-09-27 03:12 | つぶやき | Comments(0)

仕事に復帰すると…

9月16日月曜日から仕事に復活しました。リーダーが私を見て、

『どうした?!真っ黒じゃん!』

って驚いていました。😅

過去最高に黒くなった気がしますが、私は自分の日焼けした姿が大好きで、出来ればずっとこうだったらいいなと思う程。

入居者さんで胃ろうとしていた女性が私の休暇中に他界しました。休暇中にDからメール貰ってたから知ってたし、休暇前に入院したからもうダメだろうと思っていたけど、これで私のジンクス再更新。休暇中に入居者が他界する、はほぼ毎年の事です…。なぜいつも私?(苦笑)

この人の娘さんは毎日来てて、私が職員の中で一番きちんとしたケアをしてくれると言っていました。入居者さんの孫の女の子は職員に喧嘩を売るくらいの気が強い子だったけど、その子を静かにさせて私の介護のやり方を信用するように仕向けた(表現は悪いが)のは私。おかげで彼女は、『Helgaが休暇に入っちゃったらおばあちゃんの口腔ケアどうなるのか心配だ。』って言ってた程。お二人ともちょっと一般的なタイプではなく、仕事もせず人生が家族のみの狭い世界で生きている人たちだったのですが、毎日少しお話するのは楽しかったので、それがぱたっとなくなってしまって残念です。

16時〜20時の4時間だけ仕事をしてくれるキアステン(60歳)と久々に仕事。彼女は私の事が大好きなのでとてもリラックスして仕事してくれました。4時間だけと言うのはキアステンが一般人と同じように肉体的にも精神的にも働けないから役所から援助を受けつつ社会に出るための訓練もあり月、火だけ仕事をしています。

2日続けてスモーブローを作らなきゃいけなくて、キアステンに頼んでもいいんだけど自分でやりたかったから楽しんで作っているところにキアステンがやって来て、

『Helgaが作るスモーブローって完璧よね!デンマーク人が作ってるのと同じ!もう本当に尊敬するわ。大人になってからデンに移住したのにそういうの完璧に出来るなんて!違和感ないし本当に凄いわ〜!』

と褒めまくり!😅 ここまで言われると苦笑しか出なかった。💦


時々腹が立った時に書いていた『K』の話、実はこれで終了になります。なぜならKはクビになったから!!

これ結構強烈でした。いきなり彼女のシフトが9月1日から白紙になってて、話を聞いたらクビになったからと。でも何をした???今までだっていっぱい色々やってたのに、クビになるまでには至ってなかったのになぜ???

耳にした話は、職員、入居者、ご家族への口の利き方がなっていないから。😲

はぁ?!だって今までだってそうだったじゃん!Kがきちんとした口調で話した事なんていつある?!なのに何で今クビ???

かばうわけじゃないんです。私だって過去に耐えられなくてリーダーにKの話をしに行った事、数回あるんですよ。その度にKは面談して、次こそは!と思っても何もお咎めもなく何年もKのやりたいようにやって来た。去年遅番から早番に移ったのはラッキーだったし、それ以降はほとんど顔も合わせなかったけど、Kが原因で職員も辞めた事が何度もあって代理たちはKと仕事なら行かないと断った話は両手で数えても足りない程なのに、なのに何で今???

早番の若い子が遅番に来たので思わずKの話を聞いたら、彼女自身も何が原因かはわからないけど多分リーダーがもうダメだと思ったからじゃないかと。しかも2月にクビが決定し、その半年後に正式に解雇なのでKはその間仕事をしなくても給料はもらえるのだがだらだらと来ていたわけですよ。その神経も凄いが…。

驚く事にKはクビになったのに、同じ役所のホームに9月から勤務する事に!!!みんなでかわいそうに、そっちの入居者さんと職員さん…って言ってますが、私たちはもうKとは縁が切れたという事です!!!

この若い早番さんが『Kは人の話聞かないしすぐに話題を自分の話に切り替えるし、おまけに下品で吐き気がした。』と言っていたのでその下品とは?の意味を聞くと、

『ランチの時間に入居者さん達と座って食事している時に、カンジダになって薬を塗らなきゃいけないけど届かないから(デブだから)足を開いて旦那に薬を塗って貰っている、って言うんだよ!そんな話何で食事中に、しかも入居者に話す?!』

って言うので、確かにそれは吐き気がするわ!!って言っちゃいました!!!

K、最後の最後までどうしようもない人だった…。

でもこれでKと顔を合わせる事もなく一生私の人生から消えてくれて一安心です。ちなみにFBではKをブロックしているのでもう本当にさようならです。😊

by Helgashjemdk | 2019-09-23 18:35 | 仕事 | Comments(0)
こぼれ話まで出たか?(苦笑)

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_01501520.jpg

ペプシMAX大ファンの私、うちにはMAXとMAXレモンが食料庫に置いてある程です。そんなギリシャにはデンで売っていないライム入りが売っていました!!!

ペプシライムはノンシュガーのようだけど隣はTWISTなので普通のペプシにレモン。(色々あるんですよ。💦)

結果、ライムは美味しいんだけどライムとレモンの違いがよくわかりませんでした。😅

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_01503710.jpg

この店、凄く気になっていました。たこ焼きみたいな形だけどギリシャドーナツのようで、チョコレートとかたっぷりかかっていて美味しそう〜〜!!確か4ユーロだったと思います。何度も食べたいな〜と思ったけど、夫は卵アレルギーもあるので多分これは無理じゃないかと思って諦めました…。自分だけ食べればいいだろ?!と思うでしょうが、結構な量なので絶対食べきれないし!!半分の量があったら試したかったです。

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_01572388.jpg

ぎゃー!!!!これってGですよね?????😱😱😱😱😱

凄く巨大でした!!!でもあまりにも大きくて、動いてもいなかったので思わず写真撮ってしまった。暑いせいか動きも鈍くなるのでしょうか??しかしこんな大きなGがいるとは、パロス怖いな。(苦笑)ちなみにこれはナウサの街中でして、上の写真のドーナツ屋の隣で発見しました。

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_01505124.jpg

パロス滞在中はバスを使用し、今回1回も車レンタルをしませんでした!!ナウサは道が狭く車の運転が大変そうだったので、夫がバスで移動出来るなら節約も兼ねて移動は全部バスにしようと言ったのでそうする事に。車がなくてもストレス感じず!それに私は運転しないけど、運転する夫としてはバスなら座っているだけでいいわけだし休暇なんだし楽でありがたいと思ったようです。

それにしてもバスが立派過ぎるくらい大きくて、コーラの広告付きもありました。

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_01505602.jpg

切符がこれまた立派!たかがと言っては何ですが、バスの切符ですよ。乗る時見せて手でちょっと切ってるのですが、乗る前に買えば毎回1,8ユーロでした。(バス内で買った時は2ユーロでした。)

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_01510126.jpg

パリキアからナウサに戻る時の光景。この派手な女性、ナウサに行こうとバスに乗ろうとしたら先に切符を買えと言われて列に並ぶように言われました。2分しかなかったのでお願いして1番前に並ばせて貰っていたけど他の人たちもナウサに行く人達だったんですけどね。(苦笑)

『女は中年になるとブルーを着たくなるのかな?私もブルー好きなんだけど、それはもうおばさんの仲間入りしているって事だからか?』

って夫に言ったらあえてコメントは控えていました。(苦笑)

バスネタでどうしても書きたかった話があります。それは例のコリンビトレス行きを運転していた運転手さんです。2回目の時の帰りのバスでの話。イタリア人の家族がビーチからナウサに戻るバスを待っていました。運転手さんは同じ人。このイタリア人家族、子供がまだ小さく女の子が5歳くらい、男の子が2歳未満な感じでした。男の子がバスに乗る時にパンを落としてしまって泣き出して、家族全員乗った時にお父さんがお金を払おうとしたのですが、

『チケット持ってないの?』

って運転手さんに聞かれて、買ってないと言うのです。基本バスの券を買う時に往復で購入出来るしそれを買わないとバス内だと料金も上がるし気を使って往復で買うように言われるのですが、この家族それをしていなかった。

それだけじゃなく現金を持っていなかったんですよ!!!!

バス内で、チケットをカードで買えると思っていたのか?このイタリア人は!!

それは無理だから、ナウサに着いたらチケットを買えと言われたけど、ナウサではカードでチケットを買えないので、運転手さんの説明では、

ナウサに着いたら銀行でお金を下ろしてから買えと。

しかしこの家族、ナウサに行ってパリキアに戻らなきゃいけないのだけど、その間が15分しかなく間に合わないと奥さんが運転手さんに抗議していました。


わたくし、とっても呆れてしまいました。旅行に来て、現金一切持ってないってどういう事だ?しかも異国の島のバスに乗るのにカード払いって、普通に考えてもそれが出来なかったら困るなとか考えないのかな?そもそもギリシャの島に来てどこでもカードで払えると思う事自体が間違っているだろ??

これデンマークだったら乗せてくれないかもしれませんよ。だってそれはあなたの問題で私の問題じゃないと言われて終了ですから。郷に入れば郷に従えです。

そんな中、どう見てもイラっとしただろうこの運転手さん、速攻で考えた案がナウサの町に入ったところでコース変更!そしてATMのところで停めて、そこで金を下ろせとご主人を外に出しました。彼は50ユーロ下ろして戻って来てそれを運転手さんに払おうとしたけど、コース変更もして時間もずれたわけだからナウサに着いてからと言って飛ばしました。

ナウサに着いたら運転手さんはすぐに降りて切符売り場の人に事情を説明して家族をパリキア行きに間に合うように手配していました。

この起点の速さにびっくり!!このイタリア人家族、他の人たちに申し訳ないとか恥ずかしいとか思わないのかな?どこの国にもこういう図々しい人達がいるんだ?と学びました。

夫が『多分こういう事、今回初めてじゃないんだろう。イレギュラーな事に対応出来るってプロだね。』って感心していました。ギリシャ人って普段のんびりしてて、ぼーっとしているように見える時もあるけどいざって時は頭の回転早いなと惚れ惚れしました。😍

******

パロス島に行きたいと思った最大の理由、実はこれでした。

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_02384234.jpg

この写真が撮りたかったのです!!!しかしこれどこで撮れるのかわかりませんでした。ナウサだとはわかったけど色々調べてこれだとわかったのです。

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_02475691.jpg

ここです!!ベネチアン・フォートレス、この中に入って写真を撮ればあの景色になるのです。しかしどうやって???

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_02422605.jpg

ひーーーーーっ!!!😱 これを歩いてそこまで渡れと???しかも見ての通り風が吹いているので波があります。歩いている間に濡れる可能性大。おまけに落ちたらどうしよう?!って思った程…。


パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_02424474.jpg

思った程大変じゃなかった!(濡れたけど!)中に入っても濡れるからこの際写真撮る事に集中しました。


パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_02425437.jpg

全ての窓(?)から写真&ビデオを撮りました。ナウサに滞在してなんと最後の日にここに来たのです。それまで天気も良かったのに、なぜこんなちょっと曇りの日に?!(苦笑)ちょっと躊躇していたんですよ、波が凄いから。でも行ってなかったら後悔したと思います。

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_02424964.jpg

戻る時の様子。夫はあっという間に戻ってしまいました。💦

この場所は写真を撮るのが好きな人や別の角度から景色を見たいと思う人には最高の場所だと思います。

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_03071394.jpg

ナウサの海もかなり綺麗ですよ。ナウサ最終日は散歩中心でしたけど、景色を見ているだけで満足出来るくらい美しかったです。

パロス島旅行<こぼれ話>_b0253226_03093713.jpg

今回パロス島で買ったものはこれだけ。オリーブオイルは義母へのお土産。(毎回オリーブオイルを頼まれる。)ベタな風車とかボートとか、こういうの集めるのは夫と私の思い出のため。一生で1回しか行かない島なら思いっきりその島らしい物の方がいいからです。

ちなみに右下のJacobsのヘーゼルナッツ入りのコーヒーは1箱じゃなくて9箱買って来ました!😅 これのためにギリシャ行くようなものでして。(苦笑)毎年大量に買って来ます。ヘーゼルナッツ入りのコーヒー、これ以上美味しいのには出会えないのでこれを買う事を目標に毎年ギリシャ行こうと思っている程です。ちなみにパロスでは他の島より1ユーロくらい安かった!!👍


今年の休暇も終わり、ギリシャ旅行もこれで終了。もう仕事に復帰して通常生活に戻っています。

長々と書きましたがパロス島への旅にお付き合い頂きありがとうございました。😊


by Helgashjemdk | 2019-09-23 18:29 | 旅行 | Comments(0)
パロス島へは9月1日に到着し、9月12日にデンマークへ帰って来ました。2016年に結婚記念日に合わせてサントリーニに行った時とほぼ同じく12日間とはなかなかのんびりな旅行でした。

パロス滞在<色々な事編>_b0253226_06252069.jpg

パリキアとナウサに宿泊して思った事。本当に個人的な感想なのでみんなが同じ思いをするかどうかはわかりません。

私(夫も同じく)はパリキアの方がずっと良かったです。パリキアが良かったというよりナウサががっかりだったと言うのが正しいかも。

キクラデス諸島は似た部分があるのかもしれませんが、写真を見る限りナウサはサントリーニのイア的な雰囲気があるような気がしていたけど、まさにそんな感じでした。

パロス滞在<色々な事編>_b0253226_19335496.jpg

街並みは路地が狭くて店が並んでいておしゃれな雰囲気がいっぱいなのですが、何と言うか"ギリシャ”の本質みたいな部分が伝わって来ないのです。『生』がなく『作られた世界』な感があったからかもしれません。

サントリーニもある意味作られた島なんですが、『動』の部分が多いから色々な選択が出来たけど、ナウサには観光客が色々なものを得られる可能性みたいなものがあまり感じられなかったのです。

レストランに関してもそう。中間レベルのレストランがないという印象。メニューが小洒落ているというか、フランス料理風な盛り付けだったり少量で15ユーロとかその時点で一般的じゃない気がします。

パロスにはいろんな国の観光客がいました。フランス人、イタリア人、ドイツ人、デンマーク人もいました。中国人はどこにでいますけど、圧倒的に他の観光地に比べたら少なかったです。代わりにゲイカップルがとても多かったです。

パロス島へ来る観光客は常識がある人が多いような気がしました。島が綺麗だし大声で騒いだり道路でセルフィーして迷惑かけている人やヒールの高い靴を履いたりロングドレスでつまづいたりなどの中国人もいなかったし酔っ払っている人もいませんでした。9月だったから夏休みのピークを過ぎている事もありましたが、今まで旅行した中で一番観光客の質が高く感じました。

ナウサで『生』を感じられないなら、自分たちで生のギリシャを探すしかない。

いつも歩いているとスーパーの前に座っているおばさんが私たちに挨拶してくれるので、私たちもギリシャ語で挨拶するようにしました。ご主人はありがとうの『エスハリスト』を教えてくれました。

いつも通る路地の家の前で数人の中年(結構高齢かも?)女性達が夕方になると座っておしゃべりしていました。毎回そこを通ると頭を下げて挨拶してくれました。そこからギリシャ語講座になり(笑)最初に会った時は『こんばんは(カリスペーラ)』町から戻った時には『おやすみ(カリニヒタ)』の発音の練習までしてくれました。

このちょっとした現地ギリシャ人とのコミュニケーションが旅行の印象を良くする十分な要素になりました。親切心というか優しさというか、とにかく心がホッとするような出来事でした。

総合的に考えて、私はパロス島のような島は大好きです。必要なものがあるだけで余計なものがないシンプルなところは私が住んでいるデンマークの島に似ているからかもしれません。パロスは”ギリシャ時間”がなくみんな時間通りだったのも驚きです。自分のやるべき事を知っているから焦りもしないし急ぎもしないけど仕事はちゃんとするみたいな人が多かったです。タクシーは2回乗りましたが定額なので誰も追加要求しないし色々な情報を教えてくれるし素朴な人が多い印象を受けました。

パロス島は観光客が増えてもこの素朴でシンプルな部分を残したまま続いて欲しいなと思いました。

by Helgashjemdk | 2019-09-23 17:38 | 旅行 | Comments(0)
ナウサは港町なので正直大丈夫かな?と思っていました。だって夫は魚アレルギーなんですよ。💦 でも夫は何の根拠もなく『ギリシャなんだから普通にレストランくらいあるだろ?』と言っていました。私と夫は一般的な家庭的なタベルナ系が好きで、おしゃれな雰囲気や高級感は一切求めていません。だけどナウサには全くそういうタベルナがないという結果になりました。これは驚きです。

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05180127.jpg

プラティアカフェでのランチ。このオムレツ、どう考えても卵4個くらい使ってるだろ?って量でして、こんなの一人で食べられないーーー!!って思いました。もったいないです!!美味しいのに!!夫は卵も食べられないのでシェアも出来ないし。😭

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05175554.jpg

夫のサンドイッチ。これも量多いけど夫は完食。ここのカフェはなかなか味が良かった。👍

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05181125.jpg

グリークコーヒーはギリシャに来て飲まないわけには行きません!!まずは小さいカップで味見して良ければ次は大きいカップと決めています。でも小さいカップの方が味がよく感じるのは気のせいでしょうか?ここのグリークコーヒーはなんと1ユーロ!そしてミディアムでお願いしましたがパーフェクトでした!

もともとコーヒーに砂糖は入れない夫婦ですがグリークコーヒーはミディアムが一番いいとギリシャ人から教わったのでそれ以来ミディアムでずっと飲んで味比べしています。

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05181958.jpg

Allas Souvlaki & Moreという場所でギロピタを。ギロピタは美味しかったんだけど…。

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05182643.jpg

ソブラキプレートにしたらザジキがついていなかった。それは物足りない。😭

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05183290.jpg

結局プラティアカフェに戻りまたグリークコーヒー。(笑)夫はフィルターコーヒーまで!コーヒー中毒ですから!私はブラッドオレンジジュースなんですが、これを飲むと毎回夫に何それ?と聞かれるので覚える気がないんだと思います。😅

たまにはレストランに行こうかとアパートから近いカリーナへ。

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05184651.jpg

ビールはミュトスなんだけど、私はちょっとで良かったのに夫は2本頼んじゃった。💦 でもグラスはキンキンに冷えてて美味しかったです。

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05185397.jpg

なんか頼んでいないのに前菜来ちゃったよ。💦 毎回こういうの夫が食べられるか確認しないといけなくてサプライズが嬉しいやら悲しいやら。

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05190020.jpg

ファヴァ頼んだらこんな形で出て来た!白いのはチーズだろ?もうファヴァが何だかわからなくなり結局味見してチーズ以外は夫は大丈夫と確認。👍

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05190687.jpg

夫はケバブを頼んだのですが、夫的には『これはケバブじゃない。』と衝撃でした。間違ったのか?と思ったけど、ギリシャで言われてるケバブってひき肉ミックスした棒みたいなものじゃない?って言ったらそれはミートボールの形が違うだけだろ?とケバブってのは肉の塊を削ったものじゃないのか?と言うので、それはデンマーク人の言うケバブでギリシャではギロじゃないかと夫と私の間で討論になったけど、とりあえず食べる事に。(苦笑)

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05191140.jpg

私はシュリンプスパゲティだったのですが、あんまり味がしない!😭 なんかただトマト味って感じ?もったいないからエビは食べたけど、パスタは結構残してしまいました。

夫もケバブ1本残したので、口に合わなかったのかと聞かれたのでビールとファヴァで結構おなかいっぱいになっただけなので気にしないでと夫が言ってチップ出して帰って来ました。

なんて気の弱い夫婦!(爆)

夫はケバブについて不満だったようで延々と語っていました。しかもこのケバブは色々と香辛料使っていて味が複雑で苦手だとの事。夫にはシンプルな料理じゃないとダメだと実感。←超デンマーク人だから余計か?

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05191765.jpg

夫に気を使い、ピザを食べに行く事に。しかし『イタリア人が行くようなイタリアなピザレストランは嫌だ!』と言うので安い食事の人気ナンバー1のピザスライスに行きました。

しかしここのピザは本当に美味しい!!!地元の子供達が買いに来るのだから美味しくて安いのは一目瞭然!普段オリーブ食べない夫がオリーブ入りのピザで大喜びですよ!

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05192545.jpg

食事に不満を抱えた事もあり、パリキアまで行ってHellasでフムス食べました。😅

今回オリーブ乗ってるけどオリーブオイルが控えめですよ!毎回違ってて面白いがフムスそのものの味は同じで美味しい。👍

ナウサには一般的なタベルナがない。パリキアにはいっぱいあるのにどうして???ナウサは魚系のレストランが圧倒的で、そのレストランに入ってソブラキ頼むのは厳しいです。周囲は魚料理ばかりで匂いが充満しているし夫がそんな場所で食事をするわけにはいかないのです。

でもソブラキやギロプレートもあって、なおかつシーフードもあって合計で30ユーロ程度みたいなレストランがないんですよ!メニューがおしゃれだったり、安くても計算すれば40ユーロくらいになりそうだったり。中には予約しないと無理なところもあり、夫としては"スノッブ系”なイメージがしてそんな場所にお金かけたくないと言い出しました。

まぁ私もちょっと後半体調不良でして、食欲もなかったのでこの際安く済ませるかと言う事になりました。

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05193184.jpg

ナウサにあるパン屋の中になぜか温かいものまでテイクアウェイ出来てラッキー!チキンとライスですが美味しかった!夫はサンドイッチでしたけど、凄く美味しいと喜んでいました。

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05193780.jpg

そのパン屋でサラダも買えたので好きなだけ取りました!!久々に大量に野菜食べて大満足!

パロス島ナウサ滞在<食事編>_b0253226_05194511.jpg

クロワッサンのサンドイッチも最高に美味しかった〜!!フラッペも飲んで大満足。後半はサンドイッチ系の軽い食事が多かったです。暑くて胃も疲れていたのかもしれませんが、普段温かいものは1日1回、夏はほとんど温かいものは食べない私たち夫婦ですから、毎日ギロとか結構胃に来たのかもしれません。

私はもう胃はすっかりデンマーク人でして、まして夜はひよこ豆やツナサラダとかフムスとか日常で食べているし朝食も食べないのにずっと朝食食べていたから胃が疲れたのかもしれませんね。

食事に関しては本当に苦戦したナウサ滞在でした。💦

by Helgashjemdk | 2019-09-23 01:15 | 旅行 | Comments(0)
デンマークはパンケーキの国と呼ばれているくらい平坦なので『山』に憧れているデンマーク人は多いですが、私の夫もその一人。だったらナウサにいる間にレフケスに行こうと言う事になりました。

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00294872.jpg

パロス島の真ん中にある山の上の町、レフケスはナウサからバスで行く事が出来ます。ただし1日2本なので昼の時間に出発するとナウサに戻って来れないのでパリキアに行ってナウサに戻るみたいな形になってしまいます。ただレフケスからナウサに行くのもパリキアに行くのも20分程度なのでそんなに苦じゃないと思います。山道を通るけど、他の島より緩やかに上がって行くので目が回るという事もなかったです。←山道も苦手な私。💦

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00302748.jpg

ギリシャも秋か?!長方形できれいにまとめられていました。(デンマークは樽型。)

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00304147.jpg

何とも言えないこの景色!!!家がほとんどないのに道を作るためなのか、石というか岩が積まれているような形になっているのは落石や土砂崩れ防止にもなっているのでしょうか?←夫がずっと気にしてた。💦

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00310279.jpg

かなり上まで上がって来ました!!私は北海道人なので山は別に興味ないですけど、夫がこういうところ大好きなので喜んでいました。

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00321908.jpg

この日の気温は27℃。歩いてパリキアまで行く人いるのだろうか?(多分いない。😅)

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00313316.jpg


犬がこんな上でくつろいでいる!!😳 こうして見ると日本在住の犬って凄く甘やかされていますよね。ギリシャの島でペットを飼うという意味が違うという違いもあるのかも。

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00314335.jpg

わー!!かわいい建物!!曲がって見えるのは下り坂のところに建てられているからです。

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00320879.jpg

何となく鮮麗された美しさがあって素敵です。山にある町って観光客が押し寄せてくる事が他の町より多くないからか、落ち着いた感があります。

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00322862.jpg

ここもとっても素敵です。門があって花もあって白の建物にブルーのドア&窓。典型的ギリシャなデザインです。

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00552561.jpg

ちょっと歩くとレフケス大聖堂もありました。この周辺は1周出来るのでレフケス全体を見る事が出来ます。

とは言っても小さな町ですから長時間いる必要はないかなと思います。お土産関係のお店は質が高くてオーガニックの店やマスティハを扱っている店もありました。

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00554878.jpg

当然ネコもいました。(笑)3色カラーのネコ、パロスでは結構見ましたが、このネコはとてもキリッとしててつい写真撮ってしまいました。🐱

パロス島ナウサ滞在<レフケス編>_b0253226_00555425.jpg

レフケス滞在、2時間でした。パリキアに行こうと思ったらもうバスの時間が過ぎていて、2時間くらい待たなければいけなかったのでナウサに戻ると決めた時に何とパリキア行きのバスが来たのです!!20分遅れだったようで…。

パロスのバスはいつも時間通りだったけどこの時だけギリシャ時間でした。でもおかげでパリキアに行けたのでラッキーでした。👍

by Helgashjemdk | 2019-09-22 20:05 | 旅行 | Comments(0)
ナウサからコリンビトレスビーチとサンタマリアビーチ行きのバスが出ています。宿泊先のオーナーから説明を受けてコリンビトレスは船でも行けるしバスもあって、サンタマリアもバスあるけど…まぁそれはいいか、みたいな感じで濁されました。

夫はどっちも行かなきゃいけないのかとプレッシャーだったみたいだけど、サンタマリアビーチの事をネットで読んだら、絶対夫はがっかりすると思ったのでこちらは却下する事にしました。どう考えても夫が満足するビーチじゃないと思ったからです。オーガナイズドされ過ぎたビーチは静かに過ごしたい人が来る確率が減るしたくさんの人が過ごせる場所は当然値段も上がり音楽もあり商売空気が出てしまうから、これはダメだと思ったのです。結果コリンビトレスに2回行きました。

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_03454895.jpg

驚く事にバスが時間通りだった。(爆)ギリシャ時間じゃないんだ?😅 この運転手さん、凄く面白くて最高でした!(後ほど追記にも登場します。)

コリンビトレスに行く途中あちこちで手を挙げている観光客がいました。バスが止まってドアが開くとみんなパリキアに行きたいらしく、『パリキア?さよなら〜!』って手を振ってドアを閉めてた。(爆)観光客達は驚いてドアを叩いていたけど運転手さんはドアも開けずに『次のバス〜!』って指で合図。ドア開いてないんだから聞こえないのに。😂😂

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_03463789.jpg

バスを降りたらこの景色。みんなどうしていいかわからなかったのだけど、夫が『あの人に着いていこう!』と女の子を指差す。その子はこの岩の中に消えて行ったので、なんでわざわざ道じゃないところを通る?!と思ったけど仕方なく着いて行く事に。他の人たちはどうしたのかわかりませんが、なんと近道だったんですね〜!

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_03465323.jpg

コリンビトレスビーチっていくつかに分かれていて、やっぱりこの岩に囲まれた場所がいいじゃないですか!まさにここへの近道だったのです。多分この女の子は知っていたんでしょうね。早かったもん!バスは10時半ナウサ発だったけど、着いた時はまだ人もほとんどいなくてサンベッドも選べました。

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_03470007.jpg

後ろ振り返るとこんなに広かった…。私たちは前から2列目くらいの岩のそばを選んだのですが快適でした。サンベッド&パラソルは2人で20ユーロでした。他と比べると2倍のお値段だけどそんなもんでしょう。

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_03472442.jpg

この男性が仕切っていました。もうこの道のプロ!な空気を醸し出していました。仕事早いし見てて爽快でした。

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_03484503.jpg

当然いろんなものが売りに来るのですが、別に断れば去って行きます。それにしても買う人いるのかな?って思ったらいるんですよね〜〜。😅 中国人マッサージ師2人も来たけどお願いしている人は見ませんでした。

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_03473119.jpg

私も海に入ってみました。コリンビトレスって浅いので延々と遠くまで行けます。

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_03474006.jpg

それにしても凄く綺麗で魚は泳いでいるし、とても気持ちが良かったです。私はここが結構お気に入りでした。


パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_04083549.jpg

小腹が空いたので何か食べようかと夫に言ってメニューをチェック。

『ちょっとフムスあるよ!』って言ったら夫は『それだ!』と他を見ずに決定。(笑)どんだけフムス好きなんだ?😅

私はパロスに来てまだ食べていないものがあるんですよ!この際だから頂きますよ、カラマリを!←夫はいつまで経ってもカラマリがイカだと覚えられない。デンマーク人ってイカもタコも同じだと思ってるくらいだからね。💦

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_04084139.jpg

わーい!ビーチでカラマリ!!!これを待っていたんですよ!!カラマリ11ユーロだったけど気にしない!普段食べられないんだから一人で堪能。美味しかった〜〜。

夫のフムスはこれまた味が違っていてさっぱり系。レモンが付いていたので絞ってフムスにかけるとかなり美味しかった!!

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_04151073.jpg

帰りは15時10分か17時40分でした。みんな17時台で帰るだろうけど、夫の皮膚の状態を考えて15時台のバスで帰る事にしました。その前に他のビーチの様子を見に行くと、ここは夫が嫌がりそうだと思ったのでやっぱり岩に囲まれたところで良かったと一安心。

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_04172590.jpg
どう見てもライオンにしか見えない。🦁

コリンビトレスは9月7日(土)と9月10日(火)に行きました。驚く事に2回目の日は7日と状況が全く違いました。

バスに乗ると超カラフルなおばさん集団が!!!みんな派手でビックリ!私のデン人の友達も70代でとても派手な人がいて、夫が『どこの世界にもM(私の友達)のような人がいるね。』って言っていたのです。

バスを降りると夫が同じく岩を突っ切り場所確保。前回と同じ場所をゲット。サンベッドが折られている場所は予約されているところだと前回学んだのですが今回も同じところが空いていてラッキー。

おばさん集団は全然来なかったので別のところに行ったものだと安心していました。

なのにアメリカ人男性達がやって来て最前列ゲットし大声で喋る喋る!

『昨日サンタマリア行ったんだけど風強くてさ〜。』

って言っていたので、やっぱりこういう連中がサンタマリアで盛り上がっているんだろうなと思ってしまった。なのに何で彼らがここに来る?ちょっと空気崩れちゃったな〜と思っていたところに、おばちゃん軍団登場!!

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_04173084.jpg

サンベッド代回収も2人がかり。予約されてた場所を勝手に取ってしまいもう何言っても無駄な感じでした。(爆)お金受け取って去る時お兄さん2人ともため息ついてたよ。😂

一番左のブルーの服を着た女性、モロ私の友達Mにそっくりでして、速攻で彼女にメッセして『Mパート2がいるよ。😂』って写真送っちゃいました。(笑)

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_04174337.jpg

写真撮影している人たちもいるし!!何だか集団になるとみんな境界線越えちゃうのどこの国でも同じなんですよね〜。

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_04175052.jpg

この人が私の友達Mに似ている人なんだけど、水着は残念ながら黒でした。(笑)やっぱそこはブルーで決めて欲しかった。😅

ちなみにこのグループはイタリア人でして、この人たちのおかげで退屈せずに済むしアメリカ人のうるさい会話なんて帳消しになるレベルでした。アメリカ人の若い男達であろうとイタリアの中年女性のパワーには勝てませんって!

よく見たらアメリカ人達あっという間にいなくなってた。早くもレストランか?

イタリア人7人がちょっと落ち着いた時、何と第二弾がやって来た!!!

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_04175595.jpg

こっちもイタリア人女性グループ!!!黒人男性がパレオを売りに来たのですが、何と30分も捕まっていました。😂

夫と『何でこんなに面白いんだ?』って言ってたら『多分言葉がわからないから色々想像出来て面白いんじゃないか?その点アメリカ人は言ってる事がわかるからイライラするのかも。』って言われました。確かに。

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_04180706.jpg

夫はアンティパロスで両足半火傷状態になってしまったので(だから日焼け止めクリーム塗れって言ったのに人の言う事一切聞かないから!!)こうしてカヴァーしながら日光浴。既に上半身は日陰に入っているけど。😅

この日も同じメニューで昼食をビーチで食べて同じ時間に帰る事に。夫が『今日あっという間だった気がする!イタリア人のせいか?』って言ってました。😂

パロス島ナウサ滞在<コリンビトレスビーチ編>_b0253226_04182120.jpg

そしてまたバス待ち。この周辺にはロバやアヒルやら色々いるのですが、ゴミ漁ってるのは何だかねぇ。

パロスもミコノスと同じくゲイに優しい国なのか、ゲイカップルいっぱいいました!見てすぐにゲイってわかるんだけど、いつも思うのは、

何でゲイってみんな男前なんだろ?😍

目の保養になりますね。あちらは女性に興味ないでしょうけど、有り難く鑑賞しています。(笑)みんなアダム・ランバート系なのも不思議。

コリンビトレスは泳ぎやすくてなかなか良かったです。サンベッドにいる分にはあんまり関係ないけど海の中に入って景色見るのは最高でした。👍

by Helgashjemdk | 2019-09-21 22:37 | 旅行 | Comments(8)
パロス島ナウサ滞在<ピペリビーチ編>_b0253226_03290113.jpg

ナウサ滞在中にこんなビーチに行く人はそうそういないと思います。見ての通り宿泊先からすぐだったので夫が部屋で本を読みたい時や昼寝をしたい時に一人で行って来ました。😅

パロス島ナウサ滞在<ピペリビーチ編>_b0253226_03043221.jpg

この下に見えるビーチがピペリビーチです。この階段、良い運動になりますわ。(笑)いつ見ても波が凄い。風が強いのでモロ直撃している感じです。

パロス島ナウサ滞在<ピペリビーチ編>_b0253226_03033606.jpg

もう何もないビーチでして、みんなバスタオル敷いて転がっているだけ。長時間いるようなビーチじゃないので私的にはちょうど良かったです。

パロス島ナウサ滞在<ピペリビーチ編>_b0253226_03040298.jpg

一人ビーチならサンベッドなくても十分楽しいです。日陰のある場所に最初いたけどつまらないので移動して太陽さんさんと浴びていました。そして暑いなと思ったら海の中に入りました。ビーチとしては決しておすすめ出来るようなレベルじゃないけど、2時間程度ぼーっとするなら十分OKです。

パロス島ナウサ滞在<ピペリビーチ編>_b0253226_03034989.jpg

この男性も一人で来ていました。不思議とこのビーチ、一人で来ている人が結構いました!中年の女性も一人で座って本を読んでいたり、この男性のように一人で日光浴して泳いでまた座ったり寝転がったりしている人は何人かいてちょっと安心しました。

このビーチの左側はサンベッドがあってどうやらホテル専用のようでグループ観光客が20人ほどいました。子供たちも波があるから楽しんでいました。

私は2回一人ビーチをしましたが、2回目は強風でして、波が結構凄く生きて帰れるか?!と心配になるほど凄かったので1時間ちょっとで帰って来ました。

子供時代だったら凄く楽しかっただろうにと思える波でしたが、もう中年なんだしさすがに無理がありました。😅

by Helgashjemdk | 2019-09-20 23:53 | 旅行 | Comments(0)
パロスを訪れるならパリキアかナウサかと宿泊先をどっちにするかで悩める程どちらも魅力的な要素があります。ナウサの方が落ち着けるという情報を信じてナウサに1週間宿泊する事にして、ちょっと高めの部屋を選びました。

パロス島ナウサ<宿泊先について>_b0253226_00220808.jpg

ナウサの街から少し離れた場所にあるYades Suitesに決めました。理由は色々ありますが、まずこれです。

パロス島ナウサ<宿泊先について>_b0253226_00221996.jpg

バルコニーにジャグジーがある事、サンベッドがある事でした。景色も海が見えるしサントリーニと違って周囲が全部宿泊先でバルコニーに出るとみんな座ってるとかじゃないのでゆっくり出来るかと思ったのです。

パロス島ナウサ<宿泊先について>_b0253226_00223039.jpg

部屋自体は広くはなく、とてもシンプルです。でもクローゼットがついていて、金庫もついていました。

*パリキアの宿泊先にも金庫があって今まで使用したのとは違うタイプだったので一度失敗して開けられなくなりました。😅 パリキア滞在中にダイアル設定の仕方を教えて貰ったので今回はすんなり出来ました。パロスはこのタイプなのか?と思った程同じだった。

パロス島ナウサ<宿泊先について>_b0253226_00224161.jpg

バスルームは狭いです。窓開けたらシャワーとぶつかるし。(苦笑)

パロス島ナウサ<宿泊先について>_b0253226_00225029.jpg

ソファもあるし、テーブルがまたIKEA風で。(笑)そしてTVが大きい!今までの宿泊先でこんな大きなTVのところなかったかも。

パロス島ナウサ<宿泊先について>_b0253226_00230368.jpg

コーヒーメーカーがあると書いてあったけど、なんと有料でした!!!冷蔵庫にはいっぱい飲み物があってスペースない!全部有料…。そう来たか。(苦笑)なんとかスペース作って自分たちで買った飲み物を入れました。

パロス島ナウサ<宿泊先について>_b0253226_00231482.jpg

ギリシャの島でカードキーって初めてでした。夫は『Do Not Disturb』とかの札は?って言うのだけど、ないんじゃないの?って言ったらお隣の部屋にはありました。うーん…。

ここは結構高いんですよ。この部屋は2番目に高い部屋です。なのに結構不満が一杯出てしまいました。それは高いお金を払っているんだからそれに見合っていないからなのか、あまりにも中途半端だからなのか…。

正直、ここはギリシャだからで済ませたくなかった事がいくつかありました。

電気ポットがなかったので最初買いたいと言い出した夫!そんなの借りようよ!って言って借りる事にしたのですが、オーナーが部屋に来て『おかしいな。電気ポットはこの部屋にあるはずなのに。』と言って謝ってすぐ持って来てくれました。どういう事だ?って思いますよね。

パロス島ナウサ<宿泊先について>_b0253226_00233514.jpg

トイレ使用後手を洗うと足元に水がかかったので何かと思ったら配管がきちんと閉まってなくて水が垂れて来ました!夫がサポートの男性を連れて来ると、彼が連絡取って直しますと言って掃除の女の人がこの緑のバケツを持って来ました。しかし水着など洗濯するとこんな小さなバケツじゃ意味ないんですよ!結局洗濯はシャワーを使う事に。手を洗うのも歯磨きも慎重にしないといけない状態でした。

1週間滞在していたけど修理なんて来ませんでした。次の人も同じパターンになるんじゃないのかな?

パロス島ナウサ<宿泊先について>_b0253226_00234502.jpg

なんと宿泊4日目にテーブルが壊れました!!!壊れるって?!って思うでしょう??この日部屋に戻ると何かがおかしいと思ったのです。テーブルが傾いていました。よく見ると4本の足が間違って設置されているのです。だからバランスが悪く傾いてガタガタしていたのですが、いきなり1本外れて倒れたのです!

またサポートの男性がやって来てテーブルを持って行きました。夫が足の位置が間違ってるからバランス取れてないと説明したのだけど、ただ直しますと言ってテーブルを持って行きました。

そしてチェックアウトまでテーブルは戻って来ませんでした…。

夫が、『普通代わりのテーブル持って来るだろ?!』と怒っていたけど、本当にテーブルなしで宿泊期間の半分過ごすなんて苦笑ものです。道具されあれば夫なら1時間で直せるようなものだったのに…。

初日に撮った写真を見るとちゃんとテーブルは立っていてバランスは取れていました。多分私たちがいない間掃除の人がテーブルを倒して壊れてしまって適当に足をくっつけたんだと思います。

パロス島ナウサ<宿泊先について>_b0253226_00372903.jpg

朝食はリストがあって自分の食べたいものを選ぶ事が出来ました。そういうサービスはとてもありがたいと思いました。夫のように卵はダメ、ギリシャヨーグルトはダメだったら毎回捨てなきゃいけないのももったいないですから。

これは一番最初の朝食でした。それ以降写真は撮っていないのですが、量が多かったので少しずつ減らしたり時間を変えたりしました。

目玉焼きからゆで卵にしたのに2日間塩と胡椒がついて来なかった。

パンに対してマーマレードをお願いしたらバターがなかった。なのにパンを断ってクロワッサンのみの日にバターがついて来た。

いつも蜂蜜2つだったのにパンを断ったら1つになった。なのに次の日は2つでまた1つになったりで固定されていなかった。

コーヒーが水のように薄い日があった。

最後の日のチョコクロワッサンは既にクロワッサンじゃないものだった。(苦笑)

お金払ってるのになんだかな〜みたいな感じでした。

オーナーはとてもキビキビしてて笑顔もよく優しくていい感じだったけど、日常仕事をしていたサポートの男性はいかにものんびりしたギリシャ人でおっとりしすぎ。『何かあったらいつでも言って下さい。』とか『朝食もっと必要だったら言って下さい。』って言うけど、毎回塩胡椒くれとかコーヒー美味しくないとか言うのも嫌だったので、夫と私の間では、

『ここはギリシャだから。』

で済ませていました。(苦笑)でもこれだけ高い宿泊料取るならもうちょっとサービス面で固定したやり方した方がいいんじゃないのかな?と思いました。

掃除もそう。シーツ交換は2日に1回だったし、コーヒーメーカーの隣のナプキンは補充されず、1回使ったらもう追加してくれないのか?と思って自分たちがギロピタ屋で貰って来たナプキン(店の名前入り)を見えるようにそこに立てかけておいたのに、次の日そのままで夫と笑ってしまいました。わざわざ気が付くようにしたのにダメだったか、と。2日間そのままでしたね。

バルコニーのジャグジーにも足拭き用のマットが置いてある時と置いていない時がありました。バスタオルも床に置かない限り交換なしだったのでバスタオルを足拭きに使ったりして毎日交換してもらうようにしました。実際水漏れのせいで床が水浸しになったのでバスタオルで水を吸い取っていました。

宿泊先の問題ではないのですが、バルコニーを2人で使用したくてここを選んだのにそれが出来ませんでした。なぜなら直射日光当たり過ぎで日陰になる場所がジャグジーの中しかなかったからです!夫は皮膚が弱いので日陰で過ごしたかったのにそれが無理だったため、夕方(16時〜17時)は大抵ベッドで本を読んだり昼寝をしていました。

あとバルコニーの椅子、写真で見ると2脚だったのに、実際は1脚でした。なので朝食の時にテーブルを移動して日光浴びようとする事は不可能でした。ソファは固定されているし、朝は日陰過ぎて寒かった…。

こういう部分は実際経験しないとわからないので、がっかり部分が結構多くて支払い分に見合っていなくて残念でした。

パロス島ナウサ<宿泊先について>_b0253226_00232576.jpg

でも夕日は最高でした。そして街から少し離れているので確かに静かではありました。家の前の犬がよく吠えていたけど、日常から隣の犬の声を聞いているせいか、『慣れてるから平気』な気分がありました。あまり隣の部屋から音が聞こえる事も少なく、多少シャワー音とか廊下で歩いている時の声とかドアを閉める音くらいはありますけど、比較的静かだったのでそれはラッキーでした。

wifiは室内だとバッチリでした。バルコニーもサンベッドだとちょっと弱かったけど結構早かったです。

今回で宿泊先について検討する点がわかって来たので次はもうちょっと満足出来るといいなと思います。

by Helgashjemdk | 2019-09-19 21:42 | 旅行 | Comments(0)

南デンマーク在住の介護士。仕事や趣味や病気の事を書いてます。


by Helga