人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Dizzy Mizz Lizzyは今年もツアーが一杯です。私はドイツが好きな事もあり行き慣れているからDizzyをドイツで観る事はデンで観るより気が楽です。そんなわけでドイツ3公演全部行って来ました。

まずは4月24日(水)ベルリン。

b0253226_00195001.jpg
会場は前回2年前と同じFrannz Club。丁度良いサイズのクラブでこのサイズでDizzyを観るのは最高です。しかし諸事情で開演5分前に到着したのにもちろん最前ゲット。(笑)

b0253226_00195615.jpg
3人全員ショットは難しいです。Søren映らないパターンが多い…。

b0253226_00200120.jpg
Martin、前回より一回り大きくなった気がします。😅


b0253226_00443044.jpg
実はこの日、Timのペダルが壊れてしまい、蹴飛ばしてスタッフに直せと指で支持。その間SørenとMartinは演奏を続けて間を持たせる感じでした。結局直らなかったのだけど、スタッフさんも座ってのんびりしていました。(笑)

Timがあ〜っもう!!みたいな感じでイライラしている姿を見てMartin苦笑していました。😅

b0253226_00200553.jpg
4月25日(木)はDüsseldorfでした。ここは行ってびっくり!こんな狭いところで大丈夫か?と思う程、狭かった…。100人入ったら一杯一杯な感じ?とてもプロのバンドが演る場所ではないだろみたいな場所でしたよ。

でもDizzyは凄いですね。何万人の前でもプレイするのにこんなところでも演っちゃうんだから。

b0253226_00201037.jpg
ほら、こんなに狭いんですよ!!!こんなに近くでプレイするの久しぶりでは?しかも一番前とメンバーの位置、1mか?ってくらい近かった…。

b0253226_00201961.jpg
いつ見ても思うけど、Timが良い演奏と歌が歌えるのはSørenとMartinのバックがあっての事。こうして見守っている姿を見るとすごく素敵なチームワークだなと思います。

ちなみにこの日は音が異様に悪く、Timの声がよく聞こえず、声がバリバリ割れてました。音程狂っているように聞こえるくらいひどかった。

でもMartinがSørenのところに行ってジェスチャーで全然音聞こえないってやっていたので全員そんな状態で演奏していたのだと思います。

まぁ幾ら何でもこの会場はちょっと酷すぎたのでは?と思いましたわ。

b0253226_00543599.jpg
おまけに弦切れるし、Timの耳栓は2回も飛ぶし!😱


b0253226_00202451.jpg
4月26日(金)はハンブルグ。このMarkthalleという会場は駅から近くてかなりたくさんの有名バンドが演奏しているところ。ハンブルグだからもっと埋まるかと思ったけど、ソールドではなかったようす。デンマークに近いからもっともっとデン人来るかなーと思ったけどね。

b0253226_00203096.jpg
私、またまた良い場所ゲット。ちょっと段差があったので高い位置で観れたので写真には最適!

b0253226_00222641.jpg
Martinの目の前だったので凄く写真撮りやすかったです。でもTim写真はイマイチでした。

b0253226_00223265.jpg
この日は良いサプライズでして、何とアンコールが1曲多かった!!演る予定なかったと思います。だってアンコールは"I Would, If I Could But I Can't"ですから。

この時のどうする?相談ちょっと長かったので写真いっぱい撮れました。

ここしばらく小さな会場ばかりでDizzyを観たので一度大きなフェスで観てみたいなと思っています。←行くかどうかわからないけど。😅

私が小さな会場の方が好きな理由は単に『屋内』だからでして、一人で野外ってかなりしんどいっすよ。💦


<セットリスト>

Phlying Pharaoh
Glory
In The Blood
Terrified In Paradise
Brainless
Barbedwired Baby's Dream
Rotator
67 Seas In Your Eyes
Love Is A Loser's Game
11.07
California Rain
Made To Believe
Waterline
Silverflame

I Would, If I Could But I Can't

by Helgashjemdk | 2019-04-29 01:16 | 音楽 | Comments(0)

疲れた…

あと2日仕事すれば休暇です!頑張らなきゃ!!

それにしても週末は大変でした。私は休みだったけど今度の週末休みたかったので交代して貰いました。なので別の週末チームのところで仕事する形になったのです。

雰囲気も違うけどユニットも違ってて、しかも入居者さんが誤嚥性肺炎になり超バタバタでした。

この入居者さん、遅番では経管栄養なのに日中は食事しているのです。でももう誤嚥するようになったから経管栄養になっているのに早番は頑なに経管栄養を拒否し食事介助していました。

出来る限り口から食事を取らせてあげたい気持ちはわかりますが、もう今年に入った時点で食事することは限界だったような気がします。

そして誤嚥してしまった。土曜日は結構危険な状態でした。

これって職員のミスになってしまいません?だってもう危険だって分かっていたのに…。

あと最近職員同士の人間関係が大変です。何があったのかわからないけど何だか複雑です。間に入ったわけじゃないけど、結局それが理由で私は別のユニットで愚痴を聞かされたわけですから。

色々あって疲れましたが、あと2日頑張ろう…。

by Helgashjemdk | 2019-04-22 16:57 | 仕事 | Comments(2)

A Star Is Bornを観ました


ネタバレありなので観ていない人は気をつけて下さい。

ブラッドリー・クーパー監督、主演でLady Gagaを起用したリメイク映画"A Star Is Born"を観ました。

私はLady Gagaもブラッドリー・クーパーも大好きなのでDVDで購入しました。家で観て良かった…。泣けました!!これは音楽はもちろんストーリーも良かったです。リメイクとして4作目のようですが、バーバラ・ストライザンドの映画は昔観たけどあんまり覚えていないです。名前もストーリーも違う気がします。話のベースが同じなだけで今回は現在の時代に合わせた話でした。

カントリー歌手のジャックがコンサート後に立ち寄ったゲイバーで歌っていたアリー。彼女の歌に惹かれて自分と一緒に歌おうと考えるジャック。お互いに惹かれ合って歌を歌い、一緒にステージに立ち、恋人同士になる。そんなアリーの才能を見抜いたマネージャーがアリーをメジャーデビューさせ、マネージャーの指示でポップミュージックにバックダンサー、髪の色も変えるなどアリーはどんどん変わっていく事になる。自分を見失うなとジャックは遠回しにアリーに伝える。アリーが成長していく事が嬉しくもあり寂しくもあるジャックだった。

ジャックは酒と薬に溺れていたがアリーにプロポーズをし二人は結婚する。アリーはグラミーにノミネートされ、賞を取る。しかしジャックはその場で粗相をしアリーの最低夫と思われてしまう。ジャックはアリーとの生活のためにリハビリをする事にする。

アリーのツアーにジャックを連れて行きたいとマネージャーにお願いしたが却下される。ジャックはリハビリ施設を出てアリーと犬の元に戻る。しかしマネージャーに、ジャックはアリーの足を引っ張っている。これ以上彼女のキャリアを邪魔するなと言われる。アリーはツアーをキャンセルしてジャックのそばにいると言う。そして最後のコンサートにするから一緒に歌を歌おうと言う。ジャックはOKし、会場に向かうからと約束する。

しかしコンサートにジャックは来なかった。彼が選んだ道は、アリーの元から永遠に去る事だった。

何とも悲しいラストで!!😭

音楽を通して愛しあった二人。他の人にはわからない深い繋がりがありました。二人が恋人になるまで展開は早かったけど、これ以上待つ必要あるか?と思う深い会話とインスピレーションがしっかり描かれていました。

何より演技か?と思える程、お互いがお互いを見つめて惹かれていく姿がとてもリアルでした。大スターのジャックがとても一途な事にちょっと驚きましたが、この映画を観てブラッドリーのカッコよさにクラっと来ない人はいないでしょう!Lady Gagaも素敵です。彼女は演技も出来て歌はすごく上手い。散々外見を批判されていた時代もありましたけど、私は自分のやりたい事を貫いて来たLady Gagaがすごく好きです。

ラストが悲しいのですぐにまた観よう!と思えないけど、私的には星4,5な映画です。👍


by Helgashjemdk | 2019-04-20 09:17 | 映画 / TVドラマ | Comments(0)

信頼されてる?

私は記録書きが嫌いではありませんが、いかんせんデンマーク語なのでとても簡単かつ短い文章で収めています。

実は先日私の入居者さんの一人が、朝吸引器使う時に補助器具を使っていないという話をしました。
b0253226_14524859.jpg
写真お借りしました。

介護職の人はこれらのほとんどを見た事があると思います。補助器具を使うのはエアゾールで、その補助器具はこちら。

b0253226_14541798.jpg
どちらも写真お借りしました。

この補助器具、スペーサーは使用後必ずすすぐ必要があるのですが、使っていないので当然現れてもいないそうです。

入居者さんとしては愚痴のつもりだったかもしれないけど、これは仕事上間違っているのできちんとするために事実をそのまま記録書きました。

すると次の日看護師が私の記録を添付して、

吸引器使用時は必ずスペーサーを使って使用後は洗浄するように。

と記録を書いていました!

おー!ありがたい!これで早番達もちゃんとスペーサーを渡してくれるでしょう。

また月曜日は別ユニットで例の精神病の女性の介助に入った時、圧迫ストッキングを履いてなくて足のむくみがすごかったのです!ってかちょっと異常な程で特に左足が足首から一気に膨れ上がっていました。

足のむくみの記録のついでに、圧迫ストッキングを履いていなかった事を書いたのですが、またまた次の日看護師が私の記録を添付して、

足のむくみ要注意、圧迫ストッキングは毎日必ず使用するように。

と書いていました!

これで私早番から嫌なやつと思われるかもしれませんね。😅

でもちゃんと仕事していない人多すぎる。昔はこんなんじゃなかったんだけどなー。

しかし今まで看護師が記録添付してまで注意を促す事していなかったのにここ立て続けに書いているので、ミスを減らす為にやり始めたのかなと思います。

普段この看護師さんとは会わないけど彼女が私の事を信用しているのは知っています。凄くおっとりした人なので気の強い介護士達から色々言われているけど、私とは協力し合って仕事していると思います。ちょっと嬉しい気分になりました。😊

by Helgashjemdk | 2019-04-17 15:23 | 仕事 | Comments(0)

明日も来る?

私の職場、4ユニットありますがほとんどの人は4ユニット全部を回る事はありません。仕事するとしても他の社員と一緒だったりなので自分が仕切って仕事をする必要はないからそんなに問題ではないけど、自分が仕切らなければいけない場合になるとみんな避けようとします。

私は今年に入ってすでに3ユニットで仕事して、どのユニットでも代理と一緒とか『星』の日など経験しています。そんな人私以外にいないのは知ってます。

で、月曜日は今年一度も仕事していなかったユニット3でした。でも職員不足でニーグンが急遽呼ばれて来たので15時〜22時だけど私と一緒ならユニット3に行きたいって言ったのでそうしました。

半年ぶりくらいだったので知らない入居者もいました。

でも何とかなるものですね。もともとユニット3は私のユニットか?くらい良く仕事していたのに急に半年くらい空いてしまったので心配でしたが順調に仕事出来ました。

このユニットには精神病の女性Aさんがいて、彼女は施設長にべったりなのです。何かあったら全部施設長に伝わります。数人の職員が告げ口されて呼び出し面談にまで至っているのに、懲りない職員がいるようで、彼女は昨日も早番職員の愚痴を言っていました。

そして私は彼女と仲良し。(笑)

お互いからかい合って笑っています。そんな事してもOKな職員はごくわずかです。

『明日また来る?』

と聞かれたので残念ながら別の職員が戻って来るから多分無理と言うとがっかりしていました。でもチャンスがあれば絶対来るよって言いました。

この明日また来る?って聞かれるのって介護職員として名誉だと思います。だって来て欲しいと思われているって事だから。

しかしこのユニット、入居者に関してはいいんだけどキッチンの状態や薬のミスや用紙関係のミスが多くて本当にイライラします。それを考えると自分のユニットはまだマシなんだなと思いますね。

by Helgashjemdk | 2019-04-16 18:56 | 仕事 | Comments(0)

若い人に仕事を教える事

代理で仕事をしてくれる若い人たちにきちんと仕事を教えてあげる必要はあると思いますが、私は仕事を習う『イントロ』日を過ぎた人たちにはあまり細かい事を言わないようになってしまいました。

なぜならわからない事は聞いてほしいから。どこまで知っているのかこっちはわからないし何か言って『それは知ってます。』と言われると時間の無駄だったと思ってしまうから。

で、この3日間ディーが休暇という事で3人の代理と仕事でした。

金曜日の子は長年働いていて看護学校に行っているから問題なし。

土曜日の子は仕事を始めて1ヶ月程度。しょっちゅう座ったり休憩したりとちょっと怠け者感があるけど仕事する時はわからない事を聞いたりミスした時に報告に来たりと成長しそうな子でした。色々教えてあげたので本人は勉強になったと喜んでいました。

日曜日の子は…根本的な事から学ぶ必要がある子でした。😞

スモーブローを作る時卵をパンの上にのせて貰ったら、本当にどーんとのせるだけで『飾る』要素なし。今まで食べた事ないわけじゃないしそんなのせ方しないだろ?と思ったがこうするのよ、と教えました。

果物を入居者さん用にお願いしたら全部皮付きでした!みんなフォークで食べるのにこれでは手で食べなければいけません。バナナだって一口サイズなのに皮付き!なぜ?!😱

りんごやなしが皮付きでも栄養あるからそのまま食べようと普通は思うかもしれませんが、高齢者は噛みきれないんですよ。メロンとかスイカが皮付きでもしょうがないかなと思うけど、それも取ってあげると食べやすいです。

何より資格者なのにキウイを一口サイズにして皮付きにしていた人がいてびっくりしました!あれは皮食べられないだろ?!どうやって食べろと?!と思ってしまいました。

若い人は自分が食べられるから高齢者がそれらを食べられないとわからないのです。自分だって20歳の時50歳以上年上の人の目線なんて一切わかりませんでしたから。今の私にとって『そんな当たり前の事どうしてわからない?』と思ってしまう事は、20歳じゃ本当に全くわからないんですよね。

『バナナの皮ついているとどうやって食べる?手を使って剥かないと食べられないでしょ?年取って来ると手元がよく見えなかったり手先が思うように動かなかったりするの。だから手間を省いてあげなきゃいけないんだよ。』

と説明しました。あと老眼って知ってる?って聞いたら知らないと言うので、どうして高齢者が物を遠ざけて見ているかを教えてあげました。

そんな事?!

って思うでしょうが、本当に若い子は知らないんですよ!!!なので一つ利口になった!って喜んでいる姿を見ると本当に本当にジェネレーションギャップを感じます…。


あと大きなゴミ袋に居室から集めたゴミ袋を入れるのですが、溢れている…。これじゃ大きなゴミ袋を縛る事出来ないよね?どうしたらいいと思う?と聞いたら必死で押し込んでいる…。😱

そんな事しなくても2つに分ければいいんだよって教えてあげました。


びっくりするでしょ?!本当にそんな状態で介護の仕事に来ているんですよ?介助出来るのか?と心配になります。

若い時は無知ではあるけど、その無知な事を恥ずかしいとは思わないんですよね。まぁ日曜日の子はキッチンの片付けに1時間かけても終わらなかったので根本的に『生活』に関する知識がゼロな感じでした…。😩

by Helgashjemdk | 2019-04-15 17:41 | 仕事 | Comments(0)

Rammsteinが帰って来た!!

ドイツの大物バンドでもあるRammsteinが新曲を出しました!!



しかもとうとうタイトルが"Deutschland"(ドイツ)ですよ!!サビがドイチュランド!!ですから家でもこれの繰り返し。(笑)夫嫌がってます。😅

ドイツ語が出来ない私でも歌詞見ながら歌えるくらい簡単だわ!6月のコンサートが凄く楽しみです。

Rammsteinって日本では世界と差が出るくらい人気ないですよね。ドイツ語だからなのかな?でもアメリカでも人気あるし、ロシアやヨーロッパのほとんどで大人気ですよ。ドイツじゃもうチケット取れないくらい人気ですけどね。

Rammstein、毎回期待を裏切らないですわ〜。この6人が音楽を作って演奏してくれればそれでいいってくらいハマってます。😍

by Helgashjemdk | 2019-04-14 21:14 | 音楽 | Comments(0)

精神を病んだ人への対応

私の職場には『フレックス』で仕事をしている人が数人います。一般人と同じような勤務体制を取れない人が役所の許可を得てフレックスという形で仕事をしているのです。生活の保障はされているし仕事の時間はとても少ないし、仕事内容も楽ではあります。それでもただ自宅にいるよりは社会に出た方がいいからという意味もあります。

私の勤務日に来るキアステンは16時〜20時の4時間勤務。資格者ではあるけど現在は身体的にも精神的にも介護職として仕事が出来るレベルではありません。身体的には色々病気もありますが、問題は精神面の方。ストレスにとても弱く、1度に2つの事を与えられるのはストレスになるのです。

この介護職をしていて、1つ1つ片付けるってかなり厳しいです。でもキアステンと仕事すると気を遣う部分がたくさんです。本人は頑張りたい、手伝いたい、役に立ちたいのです。でも体も心もついていかないのだから、無理してパニックになるくらいなら『出来る事だけ』を十分にすればいいのです。

何度も言っても毎回同じ話の繰り返しです。

『Helgaは忙しくて座る事も出来ないのに私は手伝えないし一人で座っていて申し訳ない。』

と言うので、毎回同じ説明をしています。

『私とあなたは仕事内容も立場も違う。だから私が忙しくてもそれは私の立場では当たり前の事。キアステンに必要な事は自分の出来る仕事をやる事。自分の状況を受け入れる事。罪悪感を持たない事。難しいけどこれが出来なければ、あなたには働ける場所はない。今あなたを必要としているとしている場所がここなのだから、自分の仕事をこなしてくれる事が私達にとって凄く助かってありがたいと受け入れて欲しい。』

と。

昨日もキアステンと1時間半仕事しました。私はその時重要な記録書きがあり、その後入居者の介助をしている時に一人嘔吐して半泣きで助けてーって言われてバタバタしていました。キアステンはキッチンでその様子を見ていたから、Helga忙しくてかわいそうみたいな感じでした。

『Helgaって絶対ネガティブな発言しないね。どうしてそんなに余裕あるの?』

って聞かれました。

『だってそんな事しても楽にならないから。ネガティブな発言にはネガティブな結果しかないから。』

って言うとどうしてそんな風に考えられるのか、と聞かれました。そして他の人たちはみんなイライラしてて優しくないと。

『みんな仕事をこなす事が重要なので仕方ない。それはお互いの立場を理解し合わないとね。』

と促しました。どうして私はキアステンの状況を理解しているのか聞かれました。

『私には病弱な夫がいて、冬になるとソファに転がっている事が多い。最初は何てズボラな人なんだとも思った。私が仕事して家事もしているのに自分だけ楽してると。でも体力がない人は今日無理だと思ったら休んでいた方がいい。無理して頑張ってその後何日も寝込むなら1日休んで他の日は少し回復している方がいい。自分の体に聞くのが一番。出来ない時は出来ないでいい。みんな体力のあり方が違う。だからこそ相手の体調不良を甘えだと思わず理解し合う必要がある。』

と言ったら、だからHelgaは私の事を理解してくれるのねって喜んでいました。

正直言うと、キアステンには『甘え』もあると知っている。でも私だって一度は精神的に病んだなって時期があってどんな気分だったかどれだけ大変だったか覚えている。どんなに這い上がろうとしても出来ない苛立たしさをキアステンに当てはめたら全てが『甘え』で終わらせてはいけないと思っています。だからキアステンはフレックスで働く事を許可されているのだから。

精神の病気は身体の病気より周囲からすると大変です。ちょっと言った事で傷つけて落ち込まれたり、泣かれたり、冷たいとか言われたり。協力しているのに自分を否定されてしまう事もあります。助けてほしい、理解してほしいの気持ちが強すぎて、周囲が離れていく事もあるでしょう。

みんな強いわけじゃない。でも生活のために頑張るしかない。守れるのは自分と自分の家族まで。友達や仕事仲間まで守れるほど時間や体力はない人が多いです。

仲間には、キアステンはいても『仕事仲間としていない存在』と思うしかない。彼女に出来る事は簡単な事。だから介助などの仕事は他の仲間同士で協力するしかない、と言って今はそうしているのだけど、それでも他の仲間からするとイラッと来たのでしょうね。昨日は他の仲間が、

『私今日キアステンを泣かせちゃったよ。ちょっと強く言ったら泣かれちゃって。こっちだって仕事忙しいから頼むしかないのに、罪悪感持つ事になっちゃった。』

と苛立ってました。病気の話ばかり聞かされてうんざりするとも。私といる時なんて血圧測ってるんですよ、キアステンは。自分の家に血圧計ないから職場で測って記録を医者に持っていくという…。😩

キアステンの病気っても甲状腺低下症で痩せなきゃとか言ってるけど、私は逆でバセドウですし、皮膚とか婦人科系とか一杯病気持ってておまけに網膜剥離で視界が歪んでいるというハンディ持ってますし、正直キアステンの方がまだマシだと思う事もあります。でも自分で病気だ病気だって思ってるとどんどん悪くなるから、私は大丈夫と思った方が元気になります。

まぁ人と比べてもしょうがないわけですよ。自分を知って自分に出来る事に注目すれば面倒な事も考えずにすむし楽になって幸せへの道も見えてきます。精神を病んだ人はどうしてもみんなと同じレベルまで戻ろうとするから辛いのですよ。これが老眼なら受け入れられるのにね。だってどうしたって元に戻れないから。

キアステンと仕事するの大変ですけど、凄く頼られているので出来る程度に支えてます。人生1回です、もっと楽に楽しく生きないと時間もったいないですよ。キアステンに毎回それを伝えて一瞬でも軽くなったらいいなと思っています。

by Helgashjemdk | 2019-04-10 21:44 | 仕事 | Comments(0)

春ですね

b0253226_04221517.jpg

やっと春らしい天気になりました。とても清々しい空気で花も咲いています。

b0253226_04222550.jpg

今日はてんとう虫の交尾を見てしまいました!🐞🐞🐞🐞

てんとう虫って1回につき2時間もかかるらしいですよ!確かに30分後に見てもまだこのポーズでした。😅 それにしても凄く可愛らしいです。じーっとしているけど突然オスが横に体を振るのです!その時メスも同じリズムで振るのです。ビデオ撮ったけど愛らしいですよ。😍

すごかったのは実はもう1匹いて戦いに負けて去る羽目になってしまったんですよ!そのシーンも見てしまいました。それにしても今年はてんとう虫が異様に多いのでこれ以上増やさないでくれって気分ですわ。😅


b0253226_04223670.jpg

雑草もちょっと生えたらすぐ取ってるとだんだん土も綺麗になっていくんですね。私の庭には鳥が多くて、クロウタドリが待機しているんですよ!土おこしするとミミズが取りやすくなるからなんでしょうけど、このクロウタドリは全然人見知りしないのか、私が庭にいると2羽待機してピーピー鳴くので急かされているような気分になります。

私がちょっと離れるとすぐやって来てミミズ探ししています。

明日からまた仕事なのに3日連続庭仕事で腰が痛いです〜。


by Helgashjemdk | 2019-04-08 04:32 | | Comments(0)

戻って来たTokio Hotel!!

私の年齢で自主的にTokio Hotelを聴いている人はそうそういないと思いますが、私は昔から好きでした。

そう、過去形。アメリカに進出してからどうしちゃったんだろ?みたいな音楽になっちゃって全然興味なくなってしまいました。

そんなTokio Hotelが新曲を出したのですが、これが凄くいいんです!!!



"When It Rains It Pours"です。Tomのビジュアル、今は私好みですね。(笑)マッチョでヒゲはツボですわ!このギターを弾いている姿、凄くかっこいい!

Billのルックスは全然興味ないし苦手だけど、彼の歌い方凄いです!!これだけ裏声と地声をミックスして歌えるって本当に歌上手いんだなと思います。

なんかブルース調でギターのメロディが凄く心に刺さる感じです。

こんなに良い曲ならアルバム期待出来ますね。😊

みんな大人の男性になったな〜とおばさんしみじみ感じます。(笑)Bill&Tomは今年30歳、GeorgとGustavはもう30歳超えてますからね。一番良い年齢じゃないですか。ミュージシャンとしての本勝負はここからですよ。彼らは10代で大ヒットして何曲も名曲を作っているから、一時期ポップなのかなんなのか、よくわからないジャンルになってしまったけど、色々トライして自分たちの本当にやりたい方向性を見つけたんじゃないかと思います。

それがこの"When It Rains It Pours"ならやっぱり彼らって音楽の才能あったんだなって実感します。👍

by Helgashjemdk | 2019-04-08 03:47 | 音楽 | Comments(0)

南デンマーク在住の介護士。仕事や趣味や病気の事を書いてます。


by Helga