人気ブログランキング |

カテゴリ:スポーツ( 31 )

デンマークおめでとう〜〜!!!🇩🇰

負けるとは思っていなかったけど、ノルウェーは強いからね、勝ったとしてもギリギリかなと思っていたんです。22対31でした!!

国歌の時の写真を撮ったので選手紹介を。(全員じゃないです。)

b0253226_07474623.jpg

左から、Kasper U. Mortensen(キャスパー U・モーテンセン)左ウイング

真ん中、Magnus Landin (弟)(マウヌス・ランディン)左ウイング

右、Niklas Landin (兄)(ニクラス・ランディン)ゴールキーパー(1番手)

キャスパーUはデンのTVスポーツキャスターと結婚しているのでメディアに出ている事が多いせいか、インタビューとかも慣れてます。ちなみに奥さんはデン選手のインタビューはしない(出来ないのかも?)ので毎回別のチームの試合の方で大忙し。

ランディン兄弟は試合中でも兄弟愛が感じられる程絆が深いです。弟が倒されたら兄が怒り、兄の顔にボールが当たると弟が抗議する、みたいなシーンが時々あります。微笑ましいです。


b0253226_07475163.jpg

Rasmus Lauge (ラスムス・ラウゲ)プレイメーカー

ミケルばかり注目されてるけど、ラウゲは毎回凄いプレーを見せてくれるし、もっと注目されてもいいんじゃないかと思うけど、ラウゲは気にしないかもね。今日はボールを止めた時、ボディビルダーがやるようなガッツポーズ(腕を下に向けて力を入れる)をやって吠えてました。(笑)


b0253226_07475727.jpg

Anders Zachariasen(アナス・サッカリアセン)ポストプレイヤー

南デンマーク出身、もう地元ですから私の周囲では自慢の選手ですよ!まだ若いのに凄い才能があり優秀です!


b0253226_07480329.jpg

左、Henrik Møllegaard (ヘンリック・ムルゴー)守備専門、左バックだがどこでもこなせる

右、Hans Lindberg(ハンス・リンベァー)右ウイング

実はリンベァーは怪我でW杯に参加していたけど一度もプレイしていませんでした。でも決勝戦には出る事に!もうね、朝から賛否両論の内容を読んでうんざり。リンベァーの最後のW杯だろうから出してあげて当然!とか、決勝まで何もしなかったのに美味しいところだけ持って行くのか?とか、リンベァーの代理だったJohan(ヨハン)がかわいそうとか。

ってかヨハンは最初だけでここ数回一切試合に出ていませんでした。リンベァーは世界的に見てもトップクラスの右ウイングですよ!出場する事でそこまでアンチがいるとは思っていませんでした。私は大ファンなのでインスタもフォローしてコメントも書いてるくらいです。彼はちゃんとイイねしてくれる人でファンを大切にしてくれます。

結果、たった5分程度の出場だったけど、大歓声でした!!リンベァーコールが凄かった!!アンチはごくわずかだったのでしょうね。(笑)

ムルゴーは私の大好きな選手!彼、何でも出来るんですよ!どこの守備でも出来る!キーパーがいない時に止めた事もあり。(笑)毎回怪我しても治療してすぐ出て来る。今回も顔を怪我して出血したのに絆創膏貼って出て来ました。指脱臼したりしても指の位置を戻してテーピングして出て来るんですよ!ある意味怪物です。そして話をすると面白い!あっさりしてて淡白で的確。夫は毎回ムルゴーのインタビューを見て、『オレ、彼大好き。』って言ってます。(笑)

b0253226_07480929.jpg

Mads Mensah Larsen(マッツ・メンサ・ラーセン)プレイメーカー

メンサはデンマークでは唯一外見がデンマーク人じゃない選手。でもガーナ人の父とデンマーク人の母の間に生まれたけどずっとデンマークにいるし、今ではみんな受け入れていると思います。(最初の頃はやっぱり色々言われてたけど。やっぱり半ブラックだと差別的な事言われちゃうんですよね、デンでも。)


b0253226_07481617.jpg

左、Morten Olsen(モーテン・オルセン)プレイメーカー

右、Mikkel Hansen(ミケル・ハンセン)左バック

彼です!私が大注目しているモーテン・オルセン!!ほら、ハンドボール選手にしては小さいでしょ?これでも185cmなのに。今日は最初から試合に出られてオルセンシュート(横から投げるやつ)見せてくれました!そしてやっぱりボールが見えなかった!(爆)友達と、『今入ったのか?!』って言ったくらい!!今日は1秒どころか2秒くらい確認必要でした。

ミケル・ハンセンは父になったばかりですが、全く響かなかったですね。凄いプレーを見せてくれました。まぁそうじゃない日もあったけど。でも今回のミケルはプライベートの状況を考えるとよく頑張ったと思います。子供が出来る、出来たで集中出来ない選手が多いですから。(ランディンは特にひどかった。)

メンサももうすぐお父さんになるはずだけど、全然そういう空気すら見せませんでしたね。立派です。


b0253226_08235089.jpg

左、Simon Hald (シモン・ハル)ポストプレイヤー

隣、Nikolaj Øris Nielsen(ニコライ・ウリス・ニールセン)右バック

この二人は代表としては新人の部類でして、ずっと出ていたわけじゃないけど結構優秀です。シモンはサッカリアセンと違った形でのポストプレイヤーなので経験を積んだら2タイプのポストプレイヤーで最強かもしれませんね。

ウリス(彼はミドルネームで呼ばれている)はW杯の途中で2人目の子供が生まれるという事で一瞬抜けたのですが、何と出産を見届けてそのまま戻って来ました!今日は最後にちょこっと出る事が出来てシュートも出来て良かったです。


b0253226_08230918.jpg

優勝が決まった瞬間!!いいね〜!みんなで抱き合って喜びあうって。これだからスポーツを見るのは止められないです。


b0253226_08232351.jpg

デンマークのフレデリック王太子は気さくな人でスポーツや音楽が大好き。当然試合観戦に来てメダルを選手に渡していました。実はリンベァーは王室にまつわる呼び名"Hans Majestæt"(名前がHansでトップレベルの選手だから)があだ名でして、女王はイマイチ面白くないって顔をしていたけど、フレデリック王太子は受け入れていて逆にリンベァーのファンだという感じでした。メダル渡した時にお互い嬉しそうにハグしてフレデリック王太子がリンベァーを指差していましたがその微笑ましい姿がすぐネットに載っていました。(リンベァーも自分のインスタにあげてた。)


b0253226_08233283.jpg

Nikolaj Jacobsen(ニコライ・ヤコブセン)監督は自分の息子(女の子みたいだけど男の子です!)を連れて来ていました。チームのマスコットのように可愛がられていましたね。でプライベートでもメンサと親しい事もあり、息子さんのユニフォームの後ろにはメンサの名前が!!子供達はみんな父親の背番号に対して『Far』(お父さん)と書かれているユニフォームだったけど、この子はメンサの名前を選んだんですね。メダルもかけてもらって幸せな息子さんですね。


b0253226_08231510.jpg


今日はずーっとデンマーク優勝の話で盛り上がっています。今までにも何度か優勝した事があるけど、今日とオリンピックの時は最高の気分でした。あぁでも明日からまた仕事か…。😞

by Helgashjemdk | 2019-01-28 09:37 | スポーツ | Comments(0)
全然書いていませんでしたけど、当然時間がなかったのです。ずーっとハンドボール漬けの毎日です。1月25日(金)は準決勝戦、デンマークvsフランスでした。正直フランスには勝てないだろうと思っていましたが、38-30という大差で勝っちゃいました!!

デンマークのスーパースターMikkel Hansen(ミケル・ハンセン)はフランスのクラブにいますし、Henrik Toft(ヘンリック・トフト)も現在フランスですし、Henrik Møllgaard(ヘンリック・ムルゴー)も元フランス在籍でした。なのでフランスがどんなプレイをするか知っていますし、ハンドボールファンはフランス相手なら簡単ではないことくらいわかってます。

今フランスは新しい若い選手に入れ替えた事もあり、本調子ではない感じです。Nikola Karabatic(ニコラ・カラバッチッチ)が怪我で本調子ではないのに、Cédric Sorhaindo(セデリック・ソランドー)が怪我をして出られなくなったからNikolaが出て来たんですよ。彼がいるだけで何となく安心感があるのかフランスの空気が変わります。でもやっぱりプレイ出来る程回復していないのか、プレイ時間も少なめ。

フランスは2点差なんてへっちゃら。ちょっとしたすきにすぐ追いついて逆転してしまう程の実力者達の集団。なのにデンマーク戦では何も起きなかった…。ムルゴーが試合後のインタビューで『何もしかけて来なかったのにはちょっと驚いた。』って逆に気にしていましたよ。😅



準決勝デンマークvsフランスです。いやー、ミケルすごいっすよ!現監督Nikolaj Jacobsen(ニコライ・ヤコブセン)の15得点に限りなく近い14得点をノルウェー戦で出したのですが、この日も12得点です。

デンマークと言えばミケルなんだろうけど、Rasmus Lauge(ラスムス・ラウゲ)も凄いんですよ!違う安定さがあって必須です。

でも私はMorten Olsen(モーテン・オルセン)がこの試合に出て大活躍した事に涙でした!モーテンはプレイメーカーで試合をコントロールする役目なんだけど、デンの試合の流れはまずラウゲかMads Mensah(マッツ・メンサ)がプレイメーカーでスタートなんですよ。モーテンの出番はこの二人が疲れた頃にちょこっと出て来る程度でした。そしてここ数試合はずっとベンチ。

誰が見ても不機嫌そうな顔と言うか表情と言うか、笑っていないし悲しい気分なのかなって感じでした。

モーテンはあのオリンピック2016年で休暇中だったのに監督から電話が来てピンチヒッターで参加してくれと言われて、休暇途中からいきなり参加したという遅咲き代表選手。そして凄いプレイを見せてくれて、私はもう虜になりました!😍

これ見て下さい←クリックして下さい。

この時のモーテンのインタビューの最後のコメント、

『オレオリンピックの決勝で負けた事ないし。』

って。(爆)😂

これ見てさらに惚れました。💖

そんなモーテン、今回はあまり出られずベンチばかり。でもフランス戦で出て、シュートが決まった時、モーテンは守備に回らないのでベンチに走って戻ります。ベンチに座ったモーテンがガッツポーズをしていたのを見逃しませんでした。きっと、

『オレはやれば出来る!』

と自分に言い聞かせたのだと思います。その後のモーテンは素晴らしい活躍でした。インタビューで、

『別にイラついていたわけじゃない。参加出来る事だけでもありがたいし嬉しい事だ。でもオレだってプレイしたかったんだよ。ただ座ってるだけじゃね。』

って笑顔で言っていました。そりゃそうでしょう。60分のうち出たとしても5分程度だったりでしたから。出ない時は一切出なかったし。モーテンって横&下からボールを投げて超高速でシュートする選手なんですよ!ミケルのようにジャンプして上から肩と手首を使って迫力のあるシュートは185cmのモーテンには出来ませんから、人の間を抜けてシュートする技を身につけたのでしょう。しかもボール見えないんですよ!いきなりゴールに入ってる感じ!!なので入った?って確認するのに約1秒必要なくらい。(笑)あぁもう彼のシュートは最高です!!!

私にとってのこの日のベストプレイヤーはモーテンです。ぜひぜひ決勝戦にも出て欲しいです。

で、今ユニフォームも着ずずっとベンチ入りしているHans Linberg(ハンス・リンベアー)はこの決勝戦に出るかも?とニュースになっています。もう彼の最後のW杯だろうからって。ちょっとさ、リンベアーがもう辞めるって言っているわけじゃないんだろうから最後最後言うの止めて欲しいわ。😡

私もリンベアーも左利きで、彼のインスタいつも見てます。彼にコメント書くとちゃんといいねしてくれる優しい人なんですよ。まさか出るかも?って知らなくて、『あなたのプレイする姿が見たい。』って書いたばかりだったので、驚きました。本当に出て欲しいわー!!

by Helgashjemdk | 2019-01-27 08:46 | スポーツ | Comments(0)
b0253226_04013652.jpg

現在ハンドボールのW杯の最中です。という事は、私は休暇中なわけですよ。(笑)夜仕事していると試合が観れないので休暇取ってる程です。←そのために夏の休暇は最低限しか取ってない。

今回はワールドカップなので日本も参加。2年前に観た時よりはるかに成長していて驚きました。2年前はまだアマチュア感が抜けない試合ぶりだったのですが、前回ドイツの監督だったアイスランド人Dagur Sigurdsson(ダグル・シグルドソン)が日本の監督になって一気に変化したという感じがします。

シグルドソン監督は日本でプレイしていた事もあるので日本人を知っている事もあるしアイスランド人は日本人が考えるような『超外国人』なタイプでもないからケミストリーが合っているのかなと思っています。

b0253226_04012758.jpg

クロアチアの試合の前のインタビューだったはず。彼らの攻撃パターンを崩していくのは難しいねって話をしていた時だったと思います。

日本はグループBという最強国勢揃いのグループに組まれてしまって、他の国からしたら日本は単なるおまけ程度にしか思っていなかったと思います。(とりあえずここで一勝出来るという感覚)

蓋を開けたらそんな簡単ってほどではなかったでしょうよ、特にスペインとアイスランドにしてみたら!

日本はまずマケドニアと対戦。29-38と9点差で負けました。

次がクロアチア戦。35-27と8点差で負けました。

その次はスペイン戦。26-22と4点差で負けました。

本日のアイスランド戦。(監督の国ですよ!)21-25と4点差で負けました。

全敗ですけど、見ての通り得点差を縮めて来ています。この4国はハンドボールが強い国でして、特にクロアチアとスペインはトップ中のトップです。そんな国と同じグループで勝てるわけがない!でもスペインとの試合(放送がなく観れなかった)なんて4点差ですよ!デンマークなんてW杯2013年の決勝戦で16点差でスペインに負けたんですよ!そんな国相手にたった4点差で、おまけにベストプレイヤーは日本のキーパー、Kai選手でした!

TV2 スポーツニュースより←デンでもしっかりニュースになりました。『ビールでお祝いする。』と出ていますが、今日はコメンテーターが『ビール飲んだのかな?』って言ってましたよ。(笑)

この4試合を観て思った事。日本のプレイは監督の影響か北欧的です。とても『美しい』流れを作っているので、決まった時が素晴らしい『絵』になっています。それに日本独特のスピード感が加わっているので、もっと練習と経験が追加されてミスが減ったら絶対トップレベルに勝てる力を得られると思います。今回はある意味練習で、来年のオリンピックが目標だと思うのでとても楽しみです。

b0253226_04012653.jpg

アイスランドの現在の監督はGudmundur Gudmundsson(グドモンド・グドモンソン)は2年前までデンマークの監督でした。アイスランド監督対戦という事もあり楽しみでした。しかしグッディー(私と友達で勝手にそう呼んでいる)アイスランドは新チームでもありチームワークがまだまだという感じでした。ミスも多かったし、試合の内容は日本の方が良かったです。前半12-13だったくらいだし、一時期は日本の方がリードしていました。

ただ日本にはボールをゲットして必ずシュート出来るという確信が50%以上ないのが問題で、せっかくのチャンスをモノに出来ないところが失点に繋がってしまうのです。そこさえ安定したら絶対勝つチャンスはあると思います。

b0253226_04012685.jpg

ハンドボール観ている人ならアイスランド=この人じゃないでしょうか?(苦笑)アイスランドの守り神、Björgvin Palle Gustavsson(グスタウソン)ですが、この人とてもキーパーに見えないくらい細いんですよね。近くで見たらガッチリしているのかもしれないけど他の選手と比べたらやっぱり細いです。でも落ち着きがない性格なのか、しょっちゅう手足をくねくね動かしていてタコみたいな人だから細くても足や手で結構ボール止めちゃうんですよ。105.png

しかし今回の対アイスランドは納得いかない結果でした。なぜなら審判がどうしようもなかったから!!日本の24番、Shida選手は日本でトップの選手ではないでしょうか?2年前の活躍も凄かったし、プレイの仕方がヨーロッパ式で一人だけ飛び抜けていました。そのShida選手は後半戦に出場してきます。多分シグルドソン監督は日本人の精神&体力を考えて後半に攻撃玉を持って来る事にしたのだと思います。(デン人は全く逆の方法で攻めるけど日本は後半に力を入れるのは正解だと思う。)

なのにShida選手にレッドカードが出ちゃったんですよ!!!

しかも誰が見てもレッドじゃないところで!!!

監督激怒していたのに、Shida選手はめっちゃ冷静でしたね…。デンのコメンテーターもそれは違うだろって不満持っていました。

作戦が一気に崩れてしまったけど、今の日本はShida選手だけというわけではないので彼がいなくても他の選手達が活躍してくれたおかげで4点差で終了。私の見解ではShida選手が出たら必ず数得点は当たり前だから同点か下手したら勝ってたかも!って思います。残念!!!

次はバーレーンですが、この試合には勝って欲しいなと思います。チャンスは大ですから!!←残念ながらTV放送はなし。145.png

試合結果を見て思った事。

現在の日本はスピードとシグルドソン監督の指示がミックスされてヨーロッパのハンドボールに近いプレイをしているからか、アイスランドやスペイン相手だと得点差も少ないけれど、クロアチアやマケドニアのような旧ユーゴ地区の身体的にハードなプレイをする国には弱いのかもしれません。

クロアチアにはプレイメーカー&左バックのDomagoj Duvnjak(ドゥニャック)が、マケドニアにはスーパースターの右バックKiril Lazarov(キリル・ラザロフ)がいます。ラザロフなんて38歳なのにレベル落ちないし凄いオーラです。ただこの2カ国は綺麗なプレイをする事よりもパワー&テクニックで試合するので、この勢いを崩せないと負けてしまうのです。(しかしテクニック部分が登場する事はしょっちゅうではない。105.png)マケドニアは意外と後半戦弱いので前半にどれだけエネルギーを使わせる事が出来るかにもよるかと思います。ここはキーパーも凄いのでそれだけで失点を防げる為侮れないです。

今回は同じグループじゃないけどスロベニアも同じタイプの試合をする国です。クロアチアは中でも飛び抜けてレベルが高いですけどね。

日本が来年に向けてどれだけ成長するか凄く楽しみです。

私が今回特に感動したのはシグルドソン監督がタイムアウトの時、選手達に日本語と英語で会話しているところを見た時です。

彼がドイツの監督だった時はずっとドイツ語で話していました。オーストリアやドイツでプレイしていたからドイツ語歴は長いかもしれないけど、日本は3年+監督として2年ですからいくら頑張ったって日本語をちゃんと話せる程ではないでしょう。でもその国の言葉でコミュニケーションを取るという事が相手の心を掴む事を彼は知っているのですよ。こんな作戦タイムで片言を話していいのか?と思うかもしれませんが、長々説明するより簡単に要点だけを言う方が重要です。

『もっとゆっくり』『大丈夫』などと言っているシグルドソン監督を見て涙出ました。←中年だから涙もろい。(苦笑)

本当に本当にオリンピックが楽しみです。日本、頑張って下さい!!102.png

by Helgashjemdk | 2019-01-17 05:25 | スポーツ | Comments(0)
本日より27日(日)まで休暇です!!なぜならハンドボールのW杯を観る為です!!1月はいつもこの時期休暇を取っていて家でじっくりハンドボールを観ることにしています。仕事が夜だから、試合にぶつかると生放送が観れないですからね。通常の試合(テスト試合とか)ならいいけど、ユーロ戦やW杯はゆっくり他の試合も観たいですから。

で、W杯なので日本も出るんですよ!!!

ラッキーな事にデンマークがお休みの日に日本の試合があるのでちゃんと観れると思います。が、日本は時間帯が早いので(っても15時くらい)時間の使い方が中途半端になりそうですわ。😅

明日は初日でデンマークはチリと試合です。デンマークは今回グループがラッキーだったかな?と思います。普通に試合していたら難なく中間戦に進出出来ると思いますが、怪我人の多いデンマーク、これ以上増えないで欲しいです。

これからしばらくハンドボールネタが増えるかと思いますが、興味のある人だけでも読んでいただけたら嬉しいです。

日本はもうこのグループじゃ勝ち目ないってくらい最強レベルの国ばかり揃っているのだけど、良い経験になると思って頑張って欲しいです!!!

by Helgashjemdk | 2019-01-10 05:07 | スポーツ | Comments(0)
待ちに待ったと冬季オリンピックスタート!

でも時差の関係で全然観れてない…。😭

今は8時間差なので、こっちが夜中の1時くらいからスタートしていますので、観たい競技が全部真夜中なのです…。

冬季オリンピックでデンマークと言えば、カーリングくらいしか有名じゃないかも。16人出場中10人がカーリングですから。それ以外はスピードスケート、アルペンスキー、クロスカントリー、フリースタイルスキーですね。

私は元道産子ですから、やはりスキージャンプが大好きです。それと当然ですがフィギュアスケート、ショートトラックやアイスダンスも好きです。

でも全然観れないんですよ。今日やっとスキージャンプ観たくらい。ドイツのチャンネルで。ドイツ人が勝ったけど、日本はイマイチでしたね。葛西21位だった…。でも彼は凄いですね。45歳でまだオリンピックに出られるだけのクオリティを持っているんですよ。結果以上に感動的です。

b0253226_01580624.jpg
開会式を観ていた時、日本がいつかわからなかったので映った瞬間急いで写真を撮ったから光ってしまった…。葛西だー!!!私の世代で葛西選手を知らない人いないんじゃないかって思います。冬季オリンピックに関してはデンマークよりも日本中心です。多分日本というより元道民の血が騒ぐからなんじゃないかと…。😊

b0253226_01581409.jpg
日本頑張れーー!!あんまりゆっくり観れないけど、フィギュアは見逃したくないなぁ〜。

by Helgashjemdk | 2018-02-11 02:07 | スポーツ | Comments(0)

メダルなしの結果

銅メダルを争っての試合、フランスが相手と言う事でかなり厳しいと思いましたが、やっぱり無理でした。

b0253226_08452744.jpg
何だかなぁ〜。どうしちゃったんだろ?最初はデンマークらしい試合ぶりだったけど、それも長続きせず。フランスって後からじわじわ来るから前半で2点であろうと4点であろうと差がついていても後半で一気に追いついちゃう実力を持っているのですよ。

b0253226_08461992.jpg
デンマークの試合ぶりはとても評価出来るものではなかったけど、右ウイングのハンス・リンベァーは安定したプレイを見せていたし、ラスムス・ラウゲも頑張っていた。

が、ラウゲは『ダブル2分退場』という滅多にないペナルティを得てしまいました!!どう見てもダブルで退場させられるような内容じゃなかった。

おまけにフランスのボールを奪ってフリー状態でシュートしようとした瞬間に審判が笛を鳴らし、ダブルステップだと言われてしまいました!誰が見てもダブルじゃなかったぞ!!

ラウゲ、審判に嫌われていたようです。

マッツ・メンサもその程度で2分退場か?!でした。

フランスの選手、ケンティン・マエが首を振っている姿が映されていました。試合後のインタビューで、

『オレ達はラッキーだったとしか言い様がない。オレの言っている意味わかるだろ?』

と言っていましたが、それは審判がデンマークに対して不利なジャッジをした事でした。

とは言ってもそれが原因で負けたわけではないから何とも言えませんけど…。結果的にはキーパーのランディンは帰国せずベンチにいたし、最後の10分程度出場していましたけど、期待する程ではなかったです。まぁ期待していなかったけど。

そもそもフランスに勝てると思ったのが間違い。いや、デンマークは勝てるんですよ!本気出したら。でも何か歯車が狂ったようなプレイでした。なぜ準決勝と銅メダル決定戦でそうなる?!普通はここで本気出すでしょ?!

何だかこんな終わり方でガッカリです。毎回そうですけど、試合の後ぽっかり穴が空いたような気分になります。おまけに私の休暇も終了です。

友達から『ハンドボールのために休暇取ってデンマークが4位になるとこ観るって腹立たしいでしょ?』ってメールが来ました。←彼女はいつも私をからかうのですが、全くですわ!明日仕事に行ったらみんなに笑われるの間違いなし。😅

すっごく納得いかない終わり方だったけど、ハンドボールはもうおなか一杯、次は冬季オリンピックを楽しもうと思います。(笑)

by Helgashjemdk | 2018-01-29 09:08 | スポーツ | Comments(0)
デンマーク、準決勝でスウェーデンと対戦でしたが、延長戦にまで持ち越して34対35で負けました。たった1点ですが、かなり差がついたところを盛り上げて試合終了1秒前に得点し同点になり、延長戦になりました。

延長戦に持ち込む試合はハンドボールではあまり起きません。試合は前半後半5分ずつ、ハンドボールでの5分は貴重です。

しかしデンマーク、今日は準決勝なのに全く向上心もなければメダルを勝ち取ろうというような意欲が見えませんでした。疲れているようには見えなかったので精神的なものなのだと感じました。

キーパー、ニクラス・ランディンの奥さんが2人目を出産する可能性があるというニュースが流れてから、デンマークの第3キーパーであるケヴィン・ムラーが呼ばれて準決勝はどうなるのか?という状態でした。結果ランディンは試合に出る事になってケヴィンはベンチにも座っていませんでした。

ハンドボールは16人がベンチ入りします。17人が選ばれ1人は補欠の状態です。何かあった時に選手を交代する為なのですが、その補欠という形でケヴィンはやって来ました。

しかし試合中に何かあった時、キーパーは基本2人しかいませんから、ランディンが試合を抜けるとなるともう1人のJannick Green(ヤニック・グリン)しかいません。なのでケヴィンをベンチ入りさせるとなると、もう1人選手を抜く必要があるのです。さすがにそれは凄い賭けになるし、ランディンの個人的事情でみんなに迷惑がかかるのです。

結果的にランディンが試合に出るという事だったので、一夜明けて心を入れ直しメダルに向けて頑張るのだろうと信じていました。

b0253226_08555016.jpg
ってか、誰が見ても彼の心はここにあらず状態でした!!何でそこまで影響受けるのか?と思う程世界でトップレベルのキーパーの姿はそこにありませんでした。

おまけに彼の弟のマウナスも全くもって試合に集中出来ない状態でした。なぜ突っ立ってる?!動きもなければセーブも出来ないしシュートも出来ない。

こういう精神状態って影響を受けてしまうのですよ。デンマークは特にそうなのです。もう頑張ろうという意欲が全く見えない試合でした。

最後まで諦めずに頑張った選手もいます。

b0253226_09025557.jpg
Rasmus Lauge(ラスムス・ラウゲ)は18歳で代表になり現在26歳、経験不足もありなかなか大活躍出来ませんでした。そして怪我で出場出来ない事も何度かあり2016年のオリンピックも不参加でした。

そんなラウゲ、私は『何か足りない選手』としてイマイチ応援出来なかったのですが、今回はどの試合でも一番頑張っています。この写真、本日の試合後、ずっと座っていて、立ち上がる時床を叩いて悔しがっていました。

ラウゲも去年の秋に結婚し10月に娘が誕生したばかりです。ユーロ戦出場で家族と離れるのが辛いから何が大切か考える必要があると言っていた事があったので、大丈夫か?と思ったけど、その気持ちをバネにして本当に頑張っています。

国の代表なのだから、試合がある時はプライベートと両立出来ません。それを納得した上で代表選手になる必要があるでしょう。

ランディンの子供が生まれるかもというニュースが流れた時は、優しいコメントがたくさん載っていました。私と同じような意見の人は冷たいとかバカとか散々叩かれていました。

でも今日、準決勝でスウェーデンに負けた瞬間、ランディンはさっさと帰った方がいいと言うコメントが一杯ありました。

ランディンよ、子供が生まれて大きくなった時に、

『お前が生まれた時、お父さんはクロアチアで試合しててメダルを勝ち取ったんだよ。』

と言ってそのメダルをプレゼントしてあげたら最高のお父さんになれると思うのですよ。でも今の状態だと子供は周囲の人達に、

『あなたが生まれた時、お父さんは試合に集中出来なくて負けちゃってメダル取れなかったんだよ。』

って言われちゃうんですよ!!

何だかなぁ〜。せっかくここまで良い流れだったのに、一気に気分が下がってしまいました。銅メダル、勝ち取って欲しいけど、フランスと対戦だからかなり厳しいな…。

by Helgashjemdk | 2018-01-27 09:38 | スポーツ | Comments(0)
b0253226_04245912.jpg
デンマークのキーパー、Niklas Landin(ニクラス・ランディン)はトップレベルのキーパーなのに今回はかなり調子が悪く、途中で股関節を負傷したりPKで止めるどころか転んだり、相手キーパーがいない時の大チャンスでボールを投げて外したり…。これは最悪でした。左ウイングのCasper U Mortensen(キャスパー・U・モーテンセン)が振り返って無言で怒っている姿がTVに映し出され、監督に大声で怒鳴られていた姿など、ランディンどうした?!という事が一杯でした。

準決勝に進む手前で、奥さんが出産するかもしれないというニュースが流れました。そして別のキーパーが急遽呼ばれ、もし何かあったらランディンはユーロ戦を去って奥さんと子供のところに行けるようにという話だったのですが、私が日本人だからでしょうか?凄く腑に落ちないです。

ハンドボール選手は当然みんな若いです。20代、30代ですから恋人がいたり結婚したり家族が増えたりの一番人生に変化がある年齢です。でもハンドボール選手でしかも国の代表ならば1年に1回、1月にユーロ戦かW杯がある事くらい知っているでしょう。そしてそれに出場しなければいけない事も。子供が生まれるから集中出来ないのなら、最初から出場を断るべきだったと思います。実際今までにも家族と過ごしたいという事で半年代表を外れた選手もいます。その方が潔いし他の選手にチャンスが回って来るのですからそれはそれで良いと思います。

ランディンはユーロ戦で良いところがない。準決勝まで来たのに監督がKevin Møller(ケヴィン・ムラー)に連絡を取ったのなら、結構ランディンの精神状態では厳しいのではないかと思います。

私は凄くがっかりしたのです。プロとしてあまりにも中途半端過ぎます。子供っても2人目です。最初の子供の時だってW杯の時で何とかこなして間に合ったようだけど、なぜ計画出来ない?!1年は12ヶ月もあるのに、なぜ1月周辺を避けられないのよー!

去年まで代表だったJesper Nøddesbo(イェスパー・ヌーデスボ)は3人も子供がいて、3番目の子供は年末に生まれ彼はすぐにW杯で家族の元を去ったけど、奥さんはハンドボール選手と結婚していて慣れているからと言っていました。

Morten Olsen(モーテン・オルセン)も12月に子供が出来たばかりです。

ランディンは1人目も2月生まれ、2人目もその予定だったけど早く生まれそうだとか。もうなぜこのタイミング…。でも集中出来ないなら呼ばれた別のキーパー、ケヴィン・ムラーにチャンスを与えて帰国していいと思います。じゃないとこんな状態で呼ばれたケヴィンがかわいそう!彼だって本当に良いキーパーなんですから!!

監督も子供は大切だから罪悪感を持たずに帰国してもいいように言っていますけど、これってみんな表ではそう言うと思います。でもみんな本心ですか?と言いたい…。私は本当にがっかりです。だったら最初からケヴィンにチャンスを与えて欲しかった。それで駄目ならまだ納得いくけど、準決勝で呼ばれて出場するのかどうなのかわからない状態とか、いざ出場するとしても凄いプレッシャーじゃないですか。

例えば仕事に来て、『母の調子が悪くてどうなるかわからない。』と言う心境で仕事をしている人、今まで何人もいました。だったらリーダーに相談して休めばいいのです。仕事に来て上の空だったり失敗されても困ります。

仲間が妊娠したらその人に気を使って仕事をしなければいけません。その分自分に一杯回って来ます。子供は大切だからと言ってもこんな仕事のやり方でみんな納得しますか?

夫が、

『男は出産に関して何も出来ない。しかも生まれてから会いに行くのだって5時間後と3日後と何が違う?だったらさっさと帰って奥さんのそばにいた方がいいんじゃないのか。現に良い成績残せてないし。』

と言っていました。

これがミュージシャンで、コンサートに高いお金払って観に行ってまともに歌えない時、

『もうすぐ妻が出産で気持ちが音楽に向かない。』

と言われたら、金返せ!って思っちゃうかもしれません。だったらツアーするなよ!って。仕事に対して責任を持つ、それがプロです。出来ないなら、それなりの対応を自分で考えないと。

ランディンは強制的に帰国させられるかも?ともニュースに載っていました。友達に『恥ずかしい事だ。』と言うと、『どうして?子供が出来る事が恥ずかしいの?』と言われて、話が食い違っていると思いました。

1992年ユーロ戦フットボール(サッカー)でデンマークはドイツに勝ち優勝しました。今でも伝説のように語られているこのユーロ戦、Kim Vilfort(キム・ヴィルフォート)という選手は癌と戦う娘を思い試合に出ていました。どれだけ苦しかったでしょうか。でも優勝する事に集中して私生活は一切見せませんでした。

時代が違うのかな。でもやっぱりプロはそこまでしてプロだと思う私はおばさんなのかな…。

by Helgashjemdk | 2018-01-26 05:21 | スポーツ | Comments(2)
ひゃーー!!勝ったよ!勝ったよ!!デンマークがドイツに勝ちました!!😍
b0253226_08450801.jpg
写真はTV2ハンドボールのページから。

デンマークとドイツ、客観的に見てデンマークの方が上だと思います。ドイツがデンに勝るのは身体的な要素だけ。そう、ドイツはガタイのいい選手が揃っているのです。で、今のドイツはスピードがないし力任せなパワー勝負な試合をするから普通に考えると勝てるような気がするのですが…。

デンの選手の半分以上はドイツのチームに所属してて現監督Nikolaj Jacobsen(ニコライ・ヤコブセン)も元ドイツチームの監督でしたし、デンマークはドイツの事を良く知っています。そしてドイツもデン選手の特徴を良く知っています。

デンマークがドイツと試合をすると、デンマークの良さを出せる試合が出来ません。なぜかわからないけどドイツのペースに巻き込まれたり流れを自分達の物に出来なかったりで、結果負けるというパターンが多いのです。私の予想では60%ー40%でドイツが有利だと思っていました。

蓋を開けたら……やっぱりデンらしいプレイが全然出来ない!!

どうしようもないミスをするドイツに対してなぜかデンマークまで信じられないミスをしている!

ドイツ、驚く程ナーバスになっていました。デンマークの悪いところ、どうしてナーバス感を貰っちゃうかな?!移っちゃってお互い慎重になり過ぎて遅い遅い!

今のハンドボール、7対6という試合方法を取れるのですが、攻撃の時にもう1人ポスト選手を加えてキーパーを抜くのです。ただしシュート出来ずにボールを相手に取られたらキーパーいませんから得点される可能性大です。しかしポストを二人置く事で守備を移動させ、隙間を作って攻撃するという方法なのです。

デンマークは6対6(普段のパターン)ではドイツに勝てないと思って7対6で攻めました。ドイツもキーパー抜きの時があり、お互いに良いチャンスを物に出来ずシュートして当たり前のところで得点ならずというパターンが多くて、ヤコブセン監督激怒!

最悪な時はドイツに3点差付けられてこりゃまずいと思ったけど、何とか挽回しギリギリ、1点差で勝ちました!!

『あぶねーな〜。こんなんじゃ何年も監督やってられないぜ。』

って試合後に笑いながらヤコブセン監督が言っていました。去年まではアイスランド人の監督でした。監督として凄く才能があるのか尊敬出来る素晴らしい人でした。現にオリンピックで優勝出来たのもこのグーモンソン監督のおかげだと思います。

しかし監督としてではなく、上の人達とのゴタゴタがあったのでしょうか。急に辞める事になり3年もしないうちにヤコブセンが引き継ぎました。

ヤコブセン監督はまた違った意味で良い監督だと思います。飴と鞭を知っているタイプで、普段は簡単に説明し表情も口調も安定している。でも怒る時は怒るし、喜ぶ時は喜ぶ。喜怒哀楽を付けるところを知っている人です。そして作戦方法をしっかり練ってその方法を選手に叩き込んでいます。

ハンドボールって選手が勝手に判断して動いているわけではないんですよね。今回のドイツ戦はその『作戦』が凄く使われた試合でした。

審判によって試合の流れも色々違いますね。今回は慎重だったからか、2分退場も1人だけ。ドイツもさほど出ませんでした。

PKの時、右ウイングのHans Lindberg(ハンス・リンベァー)が出て来たのですが、夫が、

『こんな時こそミケル・ハンセンの方がいいんじゃないのか?』

と言っていたのですが、夫の意見としては、リンベァーはベルリンに所属している為ドイツのキーパーに読まれやすいのでは?という意味で、ミケル・ハンセンはパリ所属で世界トップの選手ですから得点出来ると思った様子。

しかしリンベァー、一切ミスなくPK全部こなしました。

その後のインタビューで、リンベァーはドイツのキーパー2人共良く知っていて、PKの時のWolff(フォルフ)は特にやりやすい相手だったそう!!😜

そんなわけでドイツに勝って一気に準決勝のチャンスありになりました!!

次の試合は水曜日、マケドニアと対戦ですが、何とマケドニアのスター、Kiril Lazarov(キリル・ラサロウ)が負傷!!この人いなかったらマケドニア得点取れません!案の定スペイン戦ボロ負けでした。

しかもマケドニア、次の試合が火曜日で、最後水曜日と2日連続になります!今の状態では体力持たないでしょう。そしてデンマークは2日休んで水曜日に試合なので有利です。マケドニアに同点でも準決勝進出出来るので、グループ2からは多分スペインとデンマークかな?

水曜日はさらに楽しみですー!!そして明日はフランスの試合がある〜。😍

by Helgashjemdk | 2018-01-22 09:51 | スポーツ | Comments(0)
ハンドボールを観ていると絶対にフランスを無視するわけにはいきません。フランスはハンドボールのトップ国である事は言うまでもないです。

フランスという国は選手一人一人のレベルが異様に高く、スーパースターの集まりという感じです。だからと言ってチームワークがないというわけじゃなく、1人1人が自己主張をしながら協力して得点を稼ぐというチームなのです。だから1人怪我してもスペアや代理というような選手であってもかなりレベルが高い印象です。

b0253226_01271421.jpg
世界的にスーパースターでこの人を知らないハンドボールファンはいないと言える程の代表選手、Nikola Karabatic(ニコラ・カラバッチッチ)は左バックの選手。背は高く体もマッチョ。あらゆる面でトップレベルです。しかし良い意味だけではなく、悪い意味でもそうかもしれません。彼は良く倒れては相手国に2分退場やイエローカードを出させるのだけど、これが結構上手いので本当に叩かれたのか、怪我したのかわからないくらい演技派。(苦笑)

ちなみに彼には弟がいて(そっくり!)Luka Karabatic(ルカ・カラバッチッチ)も代表選手です。

b0253226_01304436.jpg
同じく左バックのKentin Mahe(ケンティン・マエ)は左バックとウイングをこなす実力ある選手。美形でどっしりした体(今年は驚く程筋肉付いてる!)ですが、若いから速いし何でもこなせる。前はカラバッチッチと組むと結構彼を頼っている雰囲気があったけど、経験を積んだからか守備もこなせて怖いものなしです。

b0253226_01275503.jpg
出た!Valentin Porte(ヴァレンティン・ポーテ)。フランスの右バックの左利き。彼もそんなに背は高くないけどこの体型。どっしりして守備も出来る。黙っていたら男前だと思うけど、そんなタイプじゃない、この人は。すっごいやんちゃ坊主(ごめん💦)的で2分退場もお構いなし。でもさすがフランスの右バック。世界に通用するシュートを見せてくれますよ。

b0253226_01311413.jpg
ポストのCédric Sorhaindo(セドリック・ソランドー)。彼もまた大きくてマッチョでどーんとポストポジションで構えています。この人にボール渡ったらシュートされちゃいます。まぁ最近は年取ったのかな?と思える程スピード感はなくなったけど、精神的にソランドーがいるだけで得点されちゃう気がします。ポストって重要なポジションだけど意外とボールが渡らないんですよ。守備に囲まれているから。でもソランドーが上手いのか、他の選手が上手いのか、ソランドーは少ないチャンスをゲットしてボールを受け取るのです。

b0253226_01310640.jpg
Michaël Guigou(ミシェル・ギグー)は左ウイングの選手。背が低いけどスピードがあるという左ウイング特徴の安定したプレイを見せてくれます。ギグーが飛ぶ姿は芸術的です。私的にはフランスで一番フェアプレイをする選手だと思っています。PKの時はギグーが出て来る事が多いです。

関係ないけど後ろのソランドー、めっちゃ余裕。(爆)

b0253226_01312187.jpg
Luc Abalo(リュック・アバロ)は右ウイング。この人走るのは速いけど、時々ぽかーんとしている事が多くて不安材料一杯。(笑)今回の試合でいつだったか忘れたけど、黙って突っ立っててボール来たのに受け取らず体にポンと当たってた事があり、大丈夫か?!と思ってしまいました。

そんなアバロですけど、シュートしたらジャンプ力もあってカッコいいですよ。たまに愛嬌のある選手がいてもいいかと…。(笑)ウイングは名の通り飛びますから、素早いし細い選手が多いですよね。

一緒に映っているのはデンの代表する大スター、Mikkel Hansen(ミケル・ハンセン)ですけど、彼が相当大きいのか、アバロが小さいのか…。まぁどっちもかな?ミケルは196cmでアバロは182cmですから。ハンドボールって190cm台が普通ですから、ヨーロッパじゃ。

で、本日フランスvsスウェーデンの試合でしたけど、ルカ・カラバッチッチ怪我から復活し出場したのに、スウェーデン選手の顔を叩いてレッドカード貰っちゃいました。😭

ソランドー、結構活躍してた!よくそんな状態(ソランドーの前に3人守備がいるとか)でボールゲット出来るなぁって感じでした。フランスって必死感がないのに気がついたら何点も差をつけている事が多いです。今日の試合も同格で後半に進んだのに結果的には6点差で勝ってた。フランス独特の試合のやり方です。後半にじわじわ来るんですよ!なので2点差で前半終わってフランス大丈夫か?と思っても、フランスにとって2点差は同点感覚です。そんな国、フランスだけですよ。

他にも語りたい選手がいますけど、とりあえず一般的に考えてこの人達は必須かな。←Thierry Omeyer(テェリー・オメイヤー)とDaniel Narcisse(ダニエル・ナシス)が代表引退したので書きませんでしたけど、この二人もフランスに必須でしたね。オメイヤーなんて40歳の去年まで代表キーパーでしたからね。W杯で優勝だし、さすがフランスですよ。👍

フランスの選手って、オーラ違います。高慢に見える事もなきにしもあらずなので、フランスが嫌いなデン人は多いですが、私はサッカーもハンドボールも結局フランスを注目してしまうタイプです。😊

by Helgashjemdk | 2018-01-21 06:49 | スポーツ | Comments(0)

南デンマーク在住の介護士。仕事や趣味や病気の事を書いてます。


by Helga