人気ブログランキング |

デンな生活

helgashjem.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽( 97 )

Dizzy Mizz Lizzyの新曲!!

とうとうDizzy Mizz Lizzyのアルバムが3月20日に発売になります!!先駆けて新曲"California Rain"が発表されていましたが、本日2曲目の新曲が発表になりました。

"In The Blood"は2018年のライブから既に演奏されていたのですが、去年のGrøn Koncertでは"California Rain"のみ演奏していました。"In The Blood"はまだ完成されていないし"California Rain"の方がフェスティバル向きだからと聞いていました。

確かに"In The Blood"は最初に聴いた時に『何?!この路線?!』って思ったし、暗くて重いと思っていたけど、癖になるって言うか、グランジ系が好きな人は結構ハマりそうな曲でした。実際聴き込むと良さがじわじわわかって私は"In The Blood"の方が格段と好きでした。

で、今回は完成作を聴いたわけですが…。


超ドツボ!!😍



今回はキーボード等を入れる話があったのでとっても心配だったのですが、こう来たか!!な出来です!これならファンもがっかりしないと思う。

いや、その前にこのタイプの曲だからがっかりする人多いかもしれない?😅

今までのDizzyと全く違いますし!私はライブで聴いていたから受け入れられるけど、そうじゃない人はびっくりするかもしれませんよね。💦

In the Blood←ここで聴けます。エキサイトブログってYou Tube検索出来るのに、今日更新されたからまだ出て来ないのでリンクだけ。

by Helgashjemdk | 2020-02-20 09:32 | 音楽 | Comments(0)

Oomph!いいねぇ〜。😍

Rammsteinを聴いている人ならOomph!も聴いていると思いますが、Deroの声とかドイツ語とかハマります〜。😍



"Tausend mann und ein Befehl"は今年発売された”Ritual"からの曲ですが、重圧感といい、Deroの声の変化といい、最高です!!彼ら、もう30年くらい活動しているのにこのルックス!あんまり変化がないみたいにコメント欄に書かれていますが、昔と比べても確かに差がないんですよね。



"Gott ist ein Popstar"はビデオが凄く面白い!!このバンド、Rammsteinに似ていると言われているけど同じインダストリアルメタルみたいな扱いなだけで、よく聴いたら全然違いますよね。メロディの作り方とかOomph!はもっとわかりやすいというか、複雑さがない。でもDeroの声の出し方が複雑なのでそっちの方が耳に残ってしまいます。この曲も静かな流れからサビで一気に盛り上げる形だし。



Oomph!と言えばやっぱりこの曲外せませんよね?!"Augen Auf!"すっごくかっこいい〜〜!!!
子供の声とか入れるのもラムと似ているって言えば似ているんですけどね。😅

Oomph!はドイツでは人気ありますが、ウクライナでも凄く人気があるようです。デンでは知名度ないかもなぁ〜。😞 日本ではどうなんでしょう?やっぱりドイツ語で歌って世界的にヒットしたバンドなんてDschinghis KhanとNenaとラムくらいでしょうか?😅

私はDeroの声が大好きです。ルックスは全然好みじゃないけど、この顔からこの声って結構ギャップがあって良いのかも?😊

by Helgashjemdk | 2019-11-17 08:10 | 音楽 | Comments(0)

Dizzy Mizz Lizzyの魅力

新作は来年ですが、ライブで新曲は2曲聴いたのでどのようになるのか楽しみです。ちょっとダークな感じで音が重いので結構私の好きな感じかも?😊



Dizzy Mizz Lizzyと言えば日本では"Glory"で一気に人気が出ました。95年の話。私もこの曲を聴いてから一気に大ファンになりました。

なぜTivoli 2016年かと言うと私が観に行ったコンサートだから。(笑)私自身も写ってる!😅




デンマークではこの"Silverflame"の方が人気があります。なのでこの曲がラストという事が多いです。←フェスだとね。

この曲は名曲だと思います。私もライブではいつも一緒に歌っています!

この映像は2010年なので既に9年前!全員現在とルックスが違う。💦 TimもSørenも痩せてるのにMartinはちょっと丸い…。😅




"I Would If I Could But I can't"はDizzy復活後のアルバム"Forward In Reverse"からのシングルで、デンマークのTV曲DR1で放送されたスポーツアワード2014年に放送された時の映像です。

私これリアルタイムで観てて、いきなりDizzyが演奏したのでびっくりしました!😱

最初に写っている観客(?)の男性はフレデリック王太子です。彼Dizzyファンなんですよ。👍

Dizzyの魅力、Timの声、3人で演奏しているのに音が厚い事、楽曲がメランコリックな部分が多いので日本人には好まれる、ライブの良さ…。

語るとキリがないですね。😅

私はSørenのドラムをライブで聴いてこのバンドは若いのに凄い!と思ったのです。当時メンバーは19歳だったはず。DizzyはTimなしでは語れないし、Timが一番人気なのは当然です。でも私はTimを支えるSørenとMartinのチームワークに注目しています。"Glory"のライブを観ればその意味がわかるかと思います。Timが好きに弾けるように二人はちゃんと上手く合わせていますよね。そう言う部分を垣間見る事が出来るライブは本当にハマってしまうのです。

ここまた毎日Dizzy聴いています。新作、結構待ったけど良い作品になっているといいなぁ〜。

by Helgashjemdk | 2019-10-04 05:09 | 音楽 | Comments(2)
Dizzy Mizz Lizzy、デンマークツアー_b0253226_18543604.jpg

最近は発表してからチケット発売があっという間でして、考える余裕があまりないです。💦

今回はデンマーク国内4カ所。一応大きな都市(と言えるのか?)のみ。もうどこ行こうか悩みましたが結局3カ所行く事に。💦

アルバム出たら日本にも行くだろうし、お金がいくらあっても足りないです。でも人生1回きり!観に行ける時は行きたいです〜〜。

前座2つは中年にはキツいな〜。😅

by Helgashjemdk | 2019-09-30 19:03 | 音楽 | Comments(0)
デンマークで毎年開催される有名なフェスティバルの一つでもあるGrøn Koncert(グリーン・コンサート)の今年のメインはDizzy Mizz Lizzyなので、5日公休の時を狙って2回行って来ました!!

Dizzy Mizz Lizzy at Grøn Koncert 2019_b0253226_21302531.jpg

Grøn Koncertは7月18日(木)Amager、19日(金)Kolding、20日(土)Århus、21日(日)Aalborgという4日連続で行われ、7月25日(木)Esbjerg、26日(金)Odense、27日(土)Næstved、28日(日)Valbyの4日間連続で終了です。

Dizzyの持ち時間は65分。

セットリストはこれ。

I Would If I could, But I can't
Brainless
Glory
Barbedwired Baby's Dream
California Rain
Made To Believe
Love Is A Loser's Game
11:07pm
Rotator
67 Seas In Your Eyes
Waterline
Silverflame

Dizzy Mizz Lizzy at Grøn Koncert 2019_b0253226_21304287.jpg

Esbjergでの写真です。Esbjergは海沿いの街なので湿気のある暑さ。しかもこの日からデンマークは強烈な猛暑でして太陽じりじりの暑さ!それで野外です!雨よりマシだけど脱水が不安になる天気。デンマークは夜遅くまで明るいし暑さが継続する予定だったので、超薄着で行きました。

なのにMartin長袖だし!😅

おまけに今回はパイロ使用だったので暑い暑い!!

Esbjergでは"67Seas〜"の時にTimがギター入るところを間違えて(というか入ってこなかった)一瞬あら?!みたいな空気になり、SørenがTimを見て苦笑してMartinが手でリズム取ってTimに合図していました。😂

Dizzy Mizz Lizzy at Grøn Koncert 2019_b0253226_21305661.jpg


Odenseではステージに向かって西日が照っていたのでMartinはサングラスでスタート。🕶(そしてまた長袖。)

昨日とは逆でこの日は同じく"67 Seas〜"でSørenが微妙なミスをして一瞬音が詰まったというか空間が出来た感じでしたが多分何度もライブを聴いていないとわからないくらいのレベル。誰かがちょっとミスると他のメンバーがちらっとその人を見て苦笑いするので誰がミスったかわかってしまう。😅

Dizzy Mizz Lizzy at Grøn Koncert 2019_b0253226_21310993.jpg

TimってDizzyの時になるとロックスターというよりギターヒーローになりますね。時々ギターソロが延々と続いて別人になったかのように弾き始めて、SørenとMartinはTimがあっちの世界から戻って来るまでリズム取って待ってる、みたいなシーンが必ず1回はあります。このチームワーク、最高です。

今回観て彼らは大きなステージであろうと小さなステージであろうとDizzyらしさを失わずに本当に『演奏』を聴かせてくれるんだなと感じました。Dizzyの場合は歌がなくても曲だけでコンサートが成り立つくらい完成度が高い。そこにTimの独特の声と歌い方が加わるのだから最強なのは間違いなし。

セットリスト見てちょっとびっくり!トップ3曲は私の大好きな曲です!!ここでエネルギー使い切らないように!と思った程です。しかしDizzyはちゃんとわかってる。なぜ"I Would If I Could〜"をトップに持って来たのか。毎回ラストソングだったのにね。こういう1時間程度のフェスでは一気に盛り上げてラストは"Silverflame"にするというパターン。この曲はデンマークではDizzyの名前に連携するレベルの曲なのでラストなのは当然です。

"California Rain"はフェスに向いている曲ですが、今までとは違う路線です。今回はプレイしなかったけど"In The Blood"はもっと路線違います!←グランジっぽい。新作は2月予定。楽しみですね。

フェスでの最前ゲットはEsbjergではデン人の友達が先にゲットしていて、Odenseでは私がゲットしてと協力体制を取りました。どうやって?と思うでしょうが、一般的にはその前のバンドの時から最前にいるパターンですね。でもOdenseでは無理だったので、だんだん前に近寄って行って、ラストソングが終わった時に最前を離れる人を狙ってそこに入っていくんですよ。(笑)

Odenseでは上半身裸の男性がずーっと場所を確保していたので、『Dizzyファンなの?』って聞いたら『Dizzyがスタートした時からずっと聞いている。』と言っていました!しかもそのスタートって彼らが10代の時から!!もう盛り上がっちゃいましたよ〜!!

やっぱりDizzyのファンはコアな人が多いですね。そして最前にいる人たちは本当に本当にファンで大抵どこの公演に行ったと盛り上がる事が多いです。まぁその中でも私の友達はあちこち行ってて次は日本に行く!と言ってるくらいなのである意味怖いです。😅 ←一緒に行くよ!と誘われたけど『フェスだったら行かないからねっ!暑いし!』ってお断り。そもそも日本は簡単に最前で観れるとかじゃないので実際行くかどうかわかりません。

日本だとコンサートを見る姿勢が違いますからね。友達が日本でDizzy観たら周囲にびっくりされますよ!だって柱に掴まってジャンプしながらヘッドバンギングしますから!!

あとお互いに顔を観て歌ったりとか(デン人に多い)踊ったりとかね。そういうの日本人が日本でするとかなり浮きそうなので自分を抑えて見なきゃいけないのもなんだかな〜と思うから…。ってかもうおばさんなんだからそろそろ止めようと思っているのに、こんな炎天下でも最前で熱唱出来る体力がある自分に驚きました。肉体的にはまだまだ平気そうです。😅

Dizzy良かったな〜。2回じゃ足りないわ。😅

by Helgashjemdk | 2019-07-27 22:48 | 音楽 | Comments(0)

ひゃー!またラムが!!

つい先週Rammsteinを観たのにもう2020年のツアー発表されてる!また野外で大きなところ。

でも来年はデンマークの第二の都市Aarhus(オーフス)です!!場所的に『??』だけどコペンに行くよりマシか?でも最終日なので行きたいです!

それよりもハンブルグが入ってる!!!😍😍😍😍

私の住んでいるところからだと一番大きな会場で行きやすいのはハンブルグ!!なので凄く嬉しいです!!今回2019年のツアーでハンブルグが入っていなかったのはとても残念だったけど、やっぱり外すわけにはいかないよね?😉

このところライブのことばかりで嬉しい悲鳴です。😅

いい歳して何だ?って感じだけど、体力があるうちしか出来ません。あと数年後にはもう野外やスタンディングなんて無理かもしれない。だから出来る時に楽しまないと!人生1回です。20代や30代の時のように『来年があるさ。』とか『今厳しいから数年後に余裕出来たら。』とか考えていたらその数年後は今と全く状況が違う可能性があります。それが中年世代。

みんな出来る時に人生を楽しもう!

そういう言い訳をして、おばさんながらまだまだラムのコンサートに行って来ます。😅

それにしても今回でスタンディングは卒業して座席にしようかなと思ったけど、やっぱりスタンディングにしようかな〜と思っている自分が怖い。😂

by Helgashjemdk | 2019-06-25 16:51 | 音楽 | Comments(0)
Rammsteinのスタジアムツアーがスタートし、コペンハーゲンのTelia Parkenでのショウを観に行きました!!

Rammsteinスタジアムコンサート!!_b0253226_01074370.jpg

私は一般チケットなのでゴールデンサークル(スタンディングの前部分)ではなかったのですが、その一般スタンディングの3列目くらいで観ていました。他のバンドと違って横にスクリーンがあるわけではないので、首を伸ばしてメンバーを観ていました。もう凄いですよ!カリスマ性というか、6人全員強烈な個性です。

Flakeがゴールドのつなぎ着ているのは笑えますけど、ベースのOllieの黒ずくめは?!忍者?!😂

Rammsteinスタジアムコンサート!!_b0253226_01074998.jpg

Rammsteinと言えばパイロですけど、今回半端なく大量に使っていて暑かった!!乳母車を使用しているのは"Puppe"の曲の時です。歌詞を読めばなぜかわかりますけど、これがグロい!左下の赤ちゃんが乳母車の中の赤ちゃんという設定。最後は震え出して口から紙吹雪が勢いよく舞うのです!私のところどころかスタジアムの半分以上は届いたと思います。

Rammsteinスタジアムコンサート!!_b0253226_01075595.jpg

"Diamant"ではバラード的に静かに歌いました。Till、口パクか?と思うくらい上手く聴こえました。←録画したのを聴いたらちゃんと生でしたわ。💦

そして"Mein Teil"やりましたーーーー!!!当然釜持って来て燃やされるのはFlake!!これがないとラムじゃないっ!

"Deutschland"のリミックス版をRichardが演奏しています。(右上)それに合わせてメンバーが黒白のつなぎを着て前で踊っていました!😅

Rammsteinスタジアムコンサート!!_b0253226_01080056.jpg

小ステージを作ってここで前座をやっているDuo Jetekokの二人と"Engel"演奏。あー、"Engel"はピアノヴァージョンよりも普通の方が好きだなー。だってTillがエンジェルになるから。←背中から羽が出て来て炎が舞うという。

小ステージから例のゴムボートでステージに戻り一旦挨拶。

Rammsteinスタジアムコンサート!!_b0253226_01080873.jpg

キター!!!"Pussy"です!!!巨大男性性器から飛び出てくるのは泡。見ての通り頭の上にみんな泡を乗せてます。(笑)私もたっぷりかかりました。😅

これがあるからスタンディング止められない。(笑)

Rammstienは普通のバンドと違ってMCがありません。ただ自分たちのショウを観せるだけ。それがこのクオリティなので全く飽きません。音楽的にもレベルが高く、凄く安定しています。

英語で歌っているわけじゃないのにヨーロッパ内のスタジアムをソールドアウトに出来るバンドは今Rammsteinしかいないと思います。だってコペンだけで45,000人ですよ!!チケットだって安くないんだから、1回だけのショウで軽く6000万円くらい稼いでいると思います。(大雑把な計算ですが多分もっとかも。)

Rammsteinのファンになって本当に良かったと思います。日本にも来ていたのに行けなかったしな〜。残念ですわ。その当時観てたらまだ大物になる前だったから。

ちなみに職場のニーグンは『私なんて1995年にケルンで観たよ!』と言って自慢しています。それってデビュー直後じゃん!凄いな。😳

涼しくリポート書いてますが、私の周辺ではモッシュが起きて喧嘩まで起きて大変でした!押されてしんどかったですけど、まぁ昔の時代を考えたらこのくらい我慢出来るかな?くらいでしたね。でも逃げた人もいたし倒れた人もいました。他のところでも酸欠で倒れたのか、いろいろでしょうが10人くらい運ばれていましたね。💦

結構過激なオーディエンスでしたね。まぁドイツ人とスウェーデン人でしたけど。(爆)

Rammsteinはやっと3回観ました。全部デンマーク国内。ドイツにも行きたいけどチケットあっという間にソールドで買えません!でも今回がダントツレベルで良かったです!一人コペンでスタジアムだったけど、行って良かった!🤘


セットリスト

01) Was Ich Liebe
02) Links 2-3-4
03) Tattoo
04) Sehnsucht
05) Zeig Dich
06) Mein Herz Brent
07) Puppe
08) Heirate Mich
09) Diamant
10) Deutschland
11) Radio
12) Mein Teil
13) Du Hast
14) Sonne
15) Ohne Dich

16) Engel ( with Duo Jatekok)
17) Ausländer
18) Du riechst So Gut
19) Pussy

20) Rammstein
21) Ich Will

    by Helgashjemdk | 2019-06-21 01:42 | 音楽 | Comments(0)

    Def Leppard & Bon Jovi

    Def LeppardとBon Joviという80年代のビッグバンドがデンマークでコンサートを開きました。35000人の予定が25000人という状態。これだけのバンドでもそこまで入らなかったか…。とにかくあちこちから(ドイツとかフェロー諸島とか)ツアーが出来た程だしデン国内では特別なバスも出ていました。

    Def Leppard & Bon Jovi_b0253226_08021991.jpg
    モニターに映っている映像を撮ったものです。下に映っているメンバーが本物サイズ。(笑)

    Def Leppard & Bon Jovi_b0253226_08023198.jpg
    Def Leppardは前座という形なので1時間半程度でした。演奏は上手かったとは思います。と言うのも音が結構悪くてイマイチでした。

    私個人は特にDef Leppardのファンではないです。昔は聴いていましたよ。しかも"Hysteria"まで。そう、私の中では80年代でストップしているのです。だからライブ観たところで知らない曲も多いだろうなーと思ったけど、ほとんどが昔の曲でした。

    1) Women
    2) Rocket
    3) Animal
    4) Love Bites
    5) Pour Some Sugar On Me
    6) Armageddon It
    7) Gods Of War
    8) Don't Shoot Shotgun
    9) Run Riot
    10) Hysteria
    11) Excitable
    12) Love And Affection

    encore
    13) Rock Of Ages
    14) Photograph

    Joe Eliottは決して上手いシンガーじゃないです。ハスキーヴォイスだし昔から張り上げて歌っていたから今もう声質が変わっています。裏声を使って高いキーを出していましたが、"Photograph"は聴いているとこっちが辛くなるような感じでした。もともとそういう歌だしね。だったらプレイしなきゃいいのにと思うけど、そういうわけにはいかないでしょうよ、これはDef Leppardの中でも名曲ですからね。😞

    しかし"Foolin'"と"Bringing On The Heartbreak"がなかったのは残念!!←他ではやってるのに!

    Def Leppard & Bon Jovi_b0253226_08024311.jpg
    私は強烈なBon Joviファンではありませんが、過去は大好きでした。音楽そのものが好きだったし、歌詞の内容が凄く好きだし今でもカラオケで歌える曲はいっぱいあります。しかし2000年以降はそんなに集中して聴いていたわけでもないというか、やはりギターのRichieが脱退してから面白くなくなった気持ちがあるのは事実です。

    Def Leppard & Bon Jovi_b0253226_08030675.jpg
    セットリストはまぁまぁ良かったと思います。でもね、Jonはもう歌えないんですよ!自分の歌なのにもう声が出ない。歌えないのにそれでも演奏するのはどうしてか?!と思ってしまいます。結局昔の大ヒット曲にしがみついているというか、やらざるを得ないからなのか。見ての通り全員がマイク付きで演奏していますから、Jonが歌う必要ないんです。サポートして貰っている状態。

    1) The House Is Not For Sale
    2) Raise Your Hands
    3) You Give Love A Bad Name
    4) Born To Be My Baby
    5) Roller Coaster
    6) Lost Highway
    7) Runaway
    8) We Weren't Born To Follow
    9) Have A Nice Day
    10) Keep The Faith
    11) Amen
    12) In These Arms
    13) It's My Life
    14) We Don't Run
    15) Someday I'll Be Saturday Night
    16) Lay Your Hands On Me
    17) Captain Crash & The Beauty Queen From Mars
    18) We Got It Goin' On
    19) Blood On Blood
    20) Bad Medicine

    Encore
    21) I'd Die For You
    22) Livin' On A Prayer


    4曲目の"Born To Be My Baby"は私の大好きな曲ですが、周囲の人たちが全然歌っていないからJonが歌えていないのがはっきりわかりました!こんな名曲、ファンが歌わないのもびっくりしました。

    "Keep The Faith"だって声全然出ていませんでした。そして後半から終盤に変わる頃、"Blood On Blood"はもうこれはまずいだろ?と思うくらいになり、最後の3曲はボロボロでした!!😱

    "Livin' On A Prayer"なんて当時から歌えてなかったんだから今歌えるわけがないです。なのになぜアンコールの最後?!

    それに本当は"Wanted Dead Or Alive"がアンコールの1曲目に入っていたそうですがカットされました。

    私が過去数回観たBon Joviのコンサートでこの曲を聴く事が出来なかったのは今回が初めてです。なんでこれをカットして"I'd Die For You"を演奏したんだろう?こっちの方が歌えないだろうに!!もう恥ずかしい気分になる程声も出ていないし音も外していました。

    ジョンはロックシンガーとして決して歌が上手いと言えるシンガーじゃないです。むしろ下手。でもあの容姿とスター性がシンガーとしての力量をカヴァーしていたのかもしれません。Jonの声は独特で誰が聴いてもすぐにJon Bon Joviだとわかる事も利点です。

    でもね、歌えないシンガーではステージに立つのは厳しいですよ。残念ながら彼はもうライブはやらない方がいいと思えるレベルです。これならリップシンクの方がまだ許せるかと思う程、本当に本当にひどかったです。

    そんなわけで消化不良でした。

    デンマーク国内での雑誌や新聞からの評価はかなり低く、私が思っている通りの事が書かれていました。するとファンから反論ばかり。良いコンサートだったとか褒める内容が多かったです。それを読んで不思議に思いました。あの程度で満足出来るのか?と。高いお金を払っているから楽しまなきゃと思ったけど、それをこれは違うでしょ?と思います。

    でもまぁBon Joviを観るのはこれで最後でしょう。これ以上がっかりしたくありません…。

    by Helgashjemdk | 2019-06-14 08:50 | 音楽 | Comments(0)

    Ausländer!!!😍

    きゃーーー!!とうとう"Ausländer"のビデオが出ました!!




    Rammsteinの新作(タイトルなしという凄さ)からのビデオ3作目。この曲大好きなのでビデオになってくれて嬉しい〜!しかも歌詞に合わせたビデオで内容がモロラムのジョークたっぷりです!!

    最後みんなでダンスして、みんな女性ゲットして、女性達はみんな子供が出来てて、それでも旅立つ6人…と思ったら、やっぱりFlakeは置いてきぼり!しかも太った女性に行かないで〜みたいに抱きつかれて倒れてしまったり。😅

    Flakeが蝶々を取ろうとしている時にRichardが銃でFlakeの足元撃ってるとかもかなりのブラックジョークだけど、ラムファンはみんな笑っている事でしょう。👍

    最初にボートで到着した時にWelcomeの文字見て違う違うとWillkommenでオッケー👍とか、ドイツをアピールするところもラムのビデオだな〜って感じ。

    本当に面白くて何度も観て笑ってます。😅

    by Helgashjemdk | 2019-05-29 04:35 | 音楽 | Comments(0)

    もうすぐRammstein 😍

    いやー、Rammsteinの新作、最高ですねぇ。😍



    "Deutschland"は新作からのファーストビデオです。最初はえ?!このタイトルでいきなり来る?!とびっくりしました。だって『ドイツ』ですよ!モロじゃないですか?

    でも曲は最高だし全てが凝ってます。なのに曲を覚えやすいし歌詞も繰り返しなので覚えやすいというのがラムの特徴。もうラムの良い要素が120パーセント入った曲です。



    えっ?!タイトルが"Radio"ですか?!さすがにこれの方が驚きました。😅 めちゃめちゃキャッチーな曲で!!なのにギターのリフ最高にカッコいい!!!

    ら〜でぃ〜お〜、まいんらでぃお〜♬

    RadioのRaがドイツ語なので喉から出すあの強烈な音ですよ!デン語も同じなんだけどTillの発音だともっと強いんですよね。

    もうすぐRammstein 😍_b0253226_07560576.jpg

    Facebookにアップされた写真ですが、おっさん達お茶目過ぎるっ!!😂 一番右のOllie以外全員50代ですから、ラムは。

    よく女性は『メンバーの中で誰が好き?』とか聞くじゃないですか。(笑)でも私、ラムは全員大好きです!この6人がいてラムだから!ヴォーカルのTill Lindemannはカリスマ性があってそりゃーカッコいいですよ!でもみんな好きだな〜。😍

    ラムのコンサートの前にBon Jovi&Def Leppardがあるのに全然聴いてないっ。💦

    by Helgashjemdk | 2019-05-26 08:13 | 音楽 | Comments(0)

    南デンマーク在住の介護士。仕事や趣味や病気の事を書いてます。


    by Helga