人気ブログランキング |

デンな生活

helgashjem.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:仕事( 301 )

ハードな仕事日

月、火は別ユニットで仕事でした。なのに一緒に仕事したのが代理だったので仕事を分けるにしても厳しく仕事する内容が増えて大変でした。

このユニット、実は新入居者の男性がちょっと問題だと聞いていました。

先週私が追加で仕事をした日、仲間のニーグンがこの男性入居者に『包丁で殺されそうになった!』と大騒ぎをし施設長と用務員男性、それに警察まで来てしまいました!!!

実はニーグンが私に電話して来た時、あまりにもテンパってて何言ってるか理解出来ませんでした。😩

なので理解出来た内容で想像するしかなく、急ぎなら他のユニットに声かけてと言いました。ニーグンは怒っていたのですが、私は自分のユニットだけで精一杯な忙しさだったので…。

そうしたら入居者さんが包丁持って他の入居者の部屋にいるって言うじゃないですか!

やっと理解出来たのは他の人からの電話でした。

『警察来たらドア開けて。』

って言われたのでびっくり!!そんなにおおごとなのか?と思ったら、職員が3人も外に出ているのです!

『彼逃げたのか?』

と聞いたらまだ別入居者さんの部屋にいるとの事。なのになぜ3人もの職員が外にいる?!そんなに危険な状態なら他の入居者の部屋の鍵だって閉めなきゃ!って感じだったのですが…。

用務員の男性が彼に声かけてリビングに笑顔でやってきました。

何だ、おおごとじゃないじゃん、と思ってすぐ戻ったけど、ニーグンがすごい剣幕で私のユニットに来て怒鳴りまくり、協力してくれなかったと怒っていました。

施設長が来て事情を聞きたいと言われたので、

『実はニーグンの言ってる事を理解出来なかった。』

と言ったら怒られるのではなく笑われました。😅

だってニーグンはデン語半分ドイツ語半分で話すし、テンパると本当にわからないんですよ。

でも私はこういうタイプの認知症に慣れているので施設長と色々話し合う事が出来ました。施設長もニーグンが大げさだったとわかったようです。

そんな事もあり、私がこのユニットで仕事をし彼の介助をする事になりました。


全然問題ないし!!!

理解しないと拒否するけど、理解したり同意したりで協力体制取れるし一切問題なかったです。危険だから2人対応と言うけど、1人の方が十分楽だった。体型は大きいけど自分で立ったり出来るから拒否されなければ全然問題なし。

今日は排便があり自分でトイレに行ったせいでかなり汚れていたのだけど、おむつ交換も全部出来ました。

『君は素晴らしい。』

と言われたので、ありがとう〜と言うと、素早いしね、って言われて笑ってしまった。それっていいのか?ゆっくりしようかと言ったら君の好きなようにしていいよって言うのです。すごく喜んでくれて、安心して椅子でうたた寝していました。

ディーが何度もやって来ては『どう?』と聞いていたけど、全然問題なしって言ったら、

『Helgaは落ち着いているからね。だから彼も落ち着けるんじゃない?』

と言われました。でもすっごく時間かかりますけどね。💦

とにかく今まで凶暴的な入居者さんがいたけど、彼は過去の入居者さんより危険度は低いと感じました。

***

私が代理で仕事を始めた時からいるアル中Pはもうかなり耳も遠くなってますが、私が来たとわかると、ずーーーっと私の名前を呼んでてうるさいうるさい!!!

おまけに今日はシンクの下にある管(日本語でなんて言うのか?)に車椅子で激突したのか壊れていてバスルームが水浸し!!!😱

『Hvad fanden har du gjort?!』(何をしたんだ?!)←かなり荒く汚い表現ですが。💦

って怒鳴ってしまいましたよ。

もう子犬か?ってくらいあれだけギャーギャー騒いでいたのに車椅子にすっぽり入る状態で一言も発言せず。(爆)

私にとってはアル中Pの方がうざいですわ。💦


***

精神病の女性はなぜか私のことがすごく好きなようで、褒めまくり!😅

『あなた本当に優しいわね。それにスタイル最高!その曲線素晴らしいわ!』

などなど言うので笑ってると、

『笑い事じゃないのよ。私、本気で言ってるの。そんな美しいあなたにお世話されて私本当に幸せだわ。』

って!!私に惚れてるのか?ってくらいでくっついて来てハグしたりするのです。😅

嫌われるよりいいけどね。😆

by Helgashjemdk | 2020-02-12 09:00 | 仕事 | Comments(0)

認知症の人たち

私は認知症の人との会話が結構好きなのですが、一言で認知症と言っても色々なタイプがあり簡単にはいかない事もあります。

クリスマス前に骨折した女性はもう90歳を過ぎています。華奢なので倒れたら骨折するだろうと思えるような体型。彼女は結婚していたけど子供には恵まれず家族もいません。でも某宗教の人なのでその仲間がたまに来る程度ですが、彼女はとても明るくて愚痴は言いません。

最初は周りが笑っていると自分が笑われていると思ったり、人の中に入りたがらない自分は自分というタイプの人でした。でも慣れて来るとだんだんみんなと一緒に座ってコーヒーを飲んだり出来るようになり、入居者さん達も彼女をからかっていつも笑っていました。

私もちょっとからかうようになり、彼女と一緒に笑うようにしました。

『笑う事は健康にいい。ちょっとの冗談もないと人生つまらない。』

と言う人なので、私にからかわれるのは楽しんでいました。


そんな彼女が骨折し介助が必要になりました。ずっと全部自分でやって来たのに排泄まで介助になるなんてプライドが許さないのでしょう。最初は拒否だったり、自分が骨折した事すらわからず足が痛いのにずっと動いていました。

1月5日、骨折から2週間、彼女の足は何倍にも膨れ上がって靴も履けません。骨折そのものじゃなく足が炎症起こしているのでは?と思う程。それでも立ったりしなければいけないので介助します。年末には新人がこのユニットだったけど、彼女には無理だったようで介助出来ずソファで寝たままだったそう。

でも私は彼女の介助に関して全然問題ないのです。排泄介助も拒否されないし、着替えも出来ます。体に触れても怒られない。

『前から思っていたけどあなたはいつも優しいわよね。』

って言ってくれました!彼女は認知症で骨折した事すら忘れるのに、私が優しいって前から思っていたなんて台詞が出て来るとは思っていませんでした。

相性ってありますよね。仕事なんだけどあんまり仕事ですって態度だと相手も心開いてくれないし、優しすぎても甘えられるだけだし、距離感が難しいです。でももう長年仕事していると相手によって距離の取り方ってすぐにわかるので、彼女に対しては必要以上に体に触れたりしないでさっさと介助するようにして出来る事は自分でやって貰っています。

とにかく彼女の足の腫れが何なのか、何とか看護師が動いて欲しいものですわ…。

by Helgashjemdk | 2020-01-06 21:41 | 仕事 | Comments(0)

大晦日の仕事

12月31日、誰がどこで仕事とリーダーがもう決めていてリストが渡されていたけど、不満に思っている人たち数人。なぜならみんなバラバラで、年末なのに自分のユニットにいられないとか一緒に働きたい人と一緒じゃないとかだったのです。

私はもうどこでも働けるからあまり気にしないのだけど、スーサンはやっぱりメッテと自分のユニットで仕事したいと言うし、ディーは『年内最後なんだからHelgaと仕事したい!』とみんなの前で宣言したので、別ユニットだけど一緒に仕事する事になりました。😅

そのユニットは一番重度と言われているユニット3だったんだけど、私は某男性入居者(失語している)と相性が良くて全く問題ない事もあり、めっちゃ静かだった!!!ディーは彼が苦手なので、私一人で彼の介助。(リフトなんだけど一人でも楽。)

実は私たちのユニット1には新人の若い子が仕事する事に。まだ新人なのに大晦日はちょっとかわいそうだったけど、ディーは学ぶ必要があるからそれでいいんだよって言ってた。←本当は私と仕事したかったから、私がユニット1に行くよと言われたら困るという感じがアリアリしてた。(爆)

でもこの新人さん、わからない事は電話してって言ったら本当にちょっとした事でも電話して来てくれた!大晦日は勝手が違うので、

『なんか一杯瓶が並んでいてどれ飲ませるのかわからない。』

『レモンフロマージュがいっぱい冷蔵庫にあるけどこれは夕食に出すのか?』

とか。

最初は私の事誰?みたいな感じだったけど、ちょっと前に仕事した時に、

『Helgaさんってどのくらいここで仕事しているんですか?』

って聞かれたので

『正社員としてはちょうど10年かな?代理やってたから11〜12年くらいになるけど。』

って言ったらびっくりしてました。

多分それで私がベテランだと理解したのかその後は何でも聞いてくれるようになりました。😁

ディーが仕事中に、

『今回Helgaと一緒に仕事したいって言ってユニット3に来ちゃったの、不満だったりする?』

と聞くので、

『全然。私はどこでも気にしないしユニット3は好きだしよかったと思ってるよ。』

って言ったら安心してた。(笑)

まぁ仕事仲間に私と一緒に仕事したいと思ってもらえるのは嬉しいですね。

現在ホーム内には3部屋空きがあり、大晦日に何と2人入院したのでめちゃめちゃ静かだったのはありますね。

私のユニットに骨折している人がいますが、やっぱり新人さんは介助出来なかったらしく拒否されてしまい入居者さんはソファで寝てると言っていました。←言ってくれれば協力したのに。😞

ちなみに私はユニット3にいる介助拒否の人も平気なので全員就寝させる事が出来ます。ってかここの介助拒否の人もどう考えても骨盤骨折しているだろ?ってくらい激痛があって、痛み止め飲んでも効かず、この日は自分から寝ると言ってくれました。

本人は転倒もしていないし何もしていない、でも数日前から痛みがあると言うのです。よくよく聞くと寝る時はいつも左向きで左の骨盤が痛いので圧迫骨折じゃないか?と思いました。どう見ても足が少し歪んでいてちょっとでも足を浮かせると激痛が走るのだから折れてるって。

でもこういう場合、原因がわからないので病院に連れてって貰えないんですよ!倒れた方がよっぽどまし!なので骨折していてもそのままの可能性大。かわいそうに…。痛み止めが全然効いていなくて相当激痛があるという事は記録したけど今日は元旦で看護師もいなければリーダーもいない。私が休みの間に病院行けるといいけど…。

とりあえず自分の入居者さんたちにも挨拶しました。みんな私が1月に休暇取る事を知っているので、

『Helgaいなくなったらどうしたらいいんだ?!』

って言ってます。😅 お母さんいなくて困るよ〜な子供達のような空気です。

10年前は私がユニット内で一番若い遅番社員だったのに今一番年上ですよ。(爆)

おばさんになるのもベテランになるのも当然ですね。😅

by Helgashjemdk | 2020-01-02 09:03 | 仕事 | Comments(0)

介護現場、年末あるある

介護職の人ならこの忙しい年末に絶対あるよなぁって出来事にピンと来ると思います。

12月だけで私の勤務先のホームの入居者さん3人が亡くなりました。何があるあるなのかと言うと、12月ってお別れの月でもあるのです。夏と冬は高齢者にとって過酷な季節で乗り越えられない人がいるので、特に12月や1月に体調を崩して他界する人が多いのです。

今年の場合は3人全員男性です。1人目は2週間くらい前に亡くなりました。彼は決して長くはないとわかる状態でしたが、立ち上がってトイレにも行っていたし食事も軽く水分補給もしていました。シャワーの後突然体調不良になりそのまま他界。

2人目の男性は数日前まで普通だったけど肺炎になり一気に悪化。3日ほどで他界しました。奥様は毎日来ていて、心の準備が出来ず大変そうでした。

3人目は本日他界。彼は家族もいなく精神病で孤独な人でした。多分70代だったのだろうけど、胃ろうをしていたのもありそれだけで栄養を取っていたけど痩せていたし色々な病気もあり葉巻を延々と吸っているような人で部屋はとても汚かったです。数日前に嘔吐をしたそうだけど、それが原因か肺炎になっていました。でも昨日の時点で命に関わるほどではなかったんですけどね。

実は1人目の男性も家族がいなくて部屋が片付けられない状態になっています。

デンマーク、意外と孤独な人が多いです。私もそうなるのかな、と思ったりしています。😞

私のユニットのとある女性、90歳を過ぎていますが何でも自分でやって来た人がいます。その彼女がバランスを崩して大腿骨骨折しクリスマス期間入院していました。27日に戻って来たのですが、昨日28日私はユニット一人で仕事だったのにも関わらず、彼女に振り回されました!

そう、彼女は認知症で約束も覚えられないし、自分が骨折した事も覚えていないので、立ち上がろうとするので見守り切れず大変でした。💦

私の仕事中には倒れないでくれ!と思うのが本音です。でも一人で仕事なので他の人の介助中は見守れないので、その間に何か起きたらと思うと気が気でなかったです。😓

デンマークでは大腿骨骨折して手術してもなるべく立ち上がるように歩くようにと指示されるので、痛みに耐えられるなら頑張って貰うしかないのです。でも彼女はもう立ち上がったり程度の動作は出来て、歩いたり足を上げたりはまだ無理です。

それにしてもすごくないですか?24日に手術して27日に退院して28日にはもう立ち上がってるんですよ。90歳過ぎのとてもか細い体型の女性です。年を取っても人間の回復力は凄いと思います。

12月は本当に生死の分かれ道だなと感じます。

私の2019年の休みは今日で終わり。なので掃除をしました。残り2日は仕事です。風邪を引きながらのクリスマスと年末年始になりそうですが、本当に疲れたので早くのんびりしたいです。

普通に仕事してるけど、1年1年自分も年を取って体力なくなって来ているわけですよ。それでも同世代より体力はあると思うけど、もうそろそろ自分は中年なんだから少しくらい自分に甘くてもいいじゃないかと思えるようになりたいです。😅

by Helgashjemdk | 2019-12-30 02:25 | 仕事 | Comments(0)
なんだかんだ言ってどこでも仕事出来るようになった私。最近はあちこち移動しています。

本日9時半くらいにリーダーから連絡が来て今夜仕事出来ないか?と言われたのでいいよ、と言いました。普段は8時間ですけど7時間でいいと言うので、2ユニットを移動する係かなと思ったのですが…。

仕事に行ったらユニット2って書かれていて、それなら8時間仕事したいなーって言ったけど節約の為7時間でお願いと言われました。😞

7時間で全部仕事終わらせるの大変なのに…。

で、このユニット2は結構色々ありまして、経管栄養の人がいます。私は経管栄養のエキスパートと言われているくらい職場では経験豊富な方なので、たまにやりたいから嬉しいです。

でもこの経管栄養の男性は精神病でして意志も強く苦手な人は介助出来ません。

私は彼の事がとてもかわいいと思っているので(笑顔が本当にかわいい)平気だし彼も嬉しそうにしてくれます。

就寝介助の時に、

『君のような優秀な人に手伝って貰えてラッキーだ。』

って言ってくれました!!!もうかわいい〜〜〜!!!😍

それにしても自分のユニットの手伝いもして、7時間びっちり動いていました。疲れた…。

先日ユニット3で4日連続仕事したので、毎日のように来る入居者さんの娘さん(70代)が、

『今日も母のユニット?』

ってばったり会った時に聞かれたので、

『今日は私のユニットなんですよ〜。』

と言うと、

『そっかー。そうよね。毎日ずっとあなたをとどめておく事は出来ないのよね。』

って言われました。😳

ご家族に認められているってすごく嬉しい話です。←しかも別ユニットで。

さて今週末は休みです。金曜日は仲間同士でのJulefrokost(ユーレフロコスト)。忘年会みたいなものです。料理は全部注文したので作る必要もなし。私がその店に一番近いので取りに行くのですが(夫が運転してくれる)遅番仲間のJulefrokostは初めてなので楽しみです。😊

by Helgashjemdk | 2019-12-13 09:04 | 仕事 | Comments(0)
現在一番忙しいと言われているユニットで週末仕事しています。

ここ最近、数人の職員がこのユニット3で仕事をしたくないと言い出して、他の人が代わりに仕事する事になったりしているのです。

私はこのユニット、嫌いじゃありませんが早番の後始末が多い事にプチ切れしています。毎回物が足りなくて取りに行くとかも多いのでイライラします。

で、入居者さん達ですけど、叫ぶ人が2人います。でも今に始まった事じゃないのになぜみんな急に仕事したくないと言い出すのか。

それは介護者に余裕がないからでしょうね。

私は久しぶりにこのユニットで仕事だって事もあって楽しんでいます。叫んでいても叩かれても余裕があります。おまけにこのユニットには言葉を発せない男性がいて、『ががががが』としか言わないのですが、どうしたいのかがわかる私は彼にとってはありがたい職員の一人なのです。おまけに彼はアジア人が好きでして(笑)私は彼にとってベストな介護者。😅

おかげで彼は私の言う事を聞いてくれます。✌️

彼の事が苦手な人はたくさんいるのですが、私は平気なのでこのユニットが辛くない理由の一つかもしれません。

あと精神面でかなり気難しい女性がいますが、彼女に気に入られている私はからかわれているほどです。

逆にからかったりしていますが、それが嬉しいようで毎回、

『明日も来る?』

って聞いてくれます。今回は週末3日間ずっと同じユニットなので、明日も来るよ〜って言えて嬉しいです。

自分のユニットもいいですけど、たまには別のユニットで仕事するのは本当に楽しいです。😊


by Helgashjemdk | 2019-12-08 09:40 | 仕事 | Comments(0)

これも仕事のうちか?

フレックスの仕事をしているキアステンは私のユニットでしか仕事をしない事になってから、ある程度彼女の精神状態は安定しています。フレックスの人は一般人と同じ時間帯で仕事が出来ないけれど、社会貢献の為にも多少の時間は仕事をして社会に出るようにと役所からサポートを受けている人たちです。

キアステンはストレスが原因で精神的に不安定な事(多分適応障害)と身体的にも足や膝などが弱いので、1週間の勤務時間は8時間(4時間x2日)です。

キアステンは私と仕事をするのは大丈夫だけど、他の人だとナーバスになってしまう事もあり、ほとんど私と仕事しています。

先日キューバ人のスーサンが仕事のストレスを訴えてもっと楽に仕事をしたいような事を言い出しました。そうは言ってもスーサンが楽になれば他の人に仕事が回るわけだし周囲も不満に思ってしまいます。

そんな状態だったのでメッテが、『キアステンが来たら夕食のスモーブロー作って貰っていい?スーサンがこんな状態だからパン作れないんだよ〜。』とお願いして来たのですが、キアステンに言うと速攻で、

『嫌だ!他のユニットに行きたくない!』

と言いました。やっぱり…。😓 キアステンを落ち着かせてから20分で戻るからと言って、私が別ユニットに行ってパン作りしました。メッテになんでHelgaなんだ?と言われたから、

『何度も言ってるじゃん!キアステンは他のユニットに移動させられない。現に拒否感凄くて落ち着かせるの大変だった。全部私に降り掛かって来るんだから、キアステンを借りようと思わないでくれ。』

と言いました。キアステンはキッチンの仕事はしてくれるけど、それだけです。入居者関係は一切なし。じゃないと彼女の心が持たないのです。

来週仲間同士の忘年会があるけど、キアステンは来ないと言いました。精神的に余裕がないと。キアステンは周りが自分の状態を理解していないのが辛いと言っていました。

自分の好きな事は出来るけど、仕事をしたり、一般人と同じような事が出来ない人って多分周囲からするとただの怠け者だと思いますよね。でもそれは仕方ないと思います。私だって時々キアステンの状況を見ていると甘えだと思うから。

でもずっと一緒に仕事しているとわかるのです。本当に出来ないのだと。やりたい気持ちはあるのに見えない何かに拒否されてる感じで震えたり怖がったりするのだから。昔は出来たのに今は出来ない。その状態と戦って自分は役に立たないと落ち込んでしまう。

私たちはいくら頭でわかっていても、自分たちが忙しいと、この程度のことならキアステンだって出来るだろうと思うでしょう。でも私たちは最初から期待しなければいいし、枠を決めておいてそれ以上のことをさせなければいいのです。

キアステンは最近体重の事、外見の事、自分の病気の事ばかり話しています。トレーニングはしているけど体重や外見(特に顔)にはもう気を使っていない私には正直どうでもいい話だし、中年になってもきれいでいたいと思う事は良いにしてもずっと考えているって凄いなって冷めた目で見ているので、毎回対応するのが大変です。

最近は周囲から同情されてますけど、私は思っていた以上に精神強いのか、まだまだ余裕です。(苦笑)キアステンは自分を理解して欲しいと強烈にアピールして来ますけど、こっち側の気持ちを考える余裕がないわけだから一方通行ですしね。でも彼女は私に対してとても感謝をしていて、私のおかげで仕事が続けられると言っているのだから、障害があっても社会に出ている自信を失わないで欲しいと思っています。

でももしこういう病気の人が家族にいたらと思うと、大変だなって思います…。😥

by Helgashjemdk | 2019-12-05 03:28 | 仕事 | Comments(0)

12月が忙しい理由

今日代理(1年契約の子)の子から連絡が来て、金曜日代わって欲しいと言われました。コンサートのチケットが当たったので行きたいとの事。音楽好きの私としてはコンサートなら代わってあげようと素直に思えてしまいます。←単純。😅

基本的には、今回協力するから私が代わって欲しい時はよろしく、と言いたいところだけど彼女は年内で終了なのでもう次はありません。でもいいんです。そうやって人助けは巡り巡って返って来ると信じていますから。

実はもう一人、代理の男性が今大変な状況になっていてみんなで協力してあげようと思っています。

彼は中近東から来ている外国人。家族も一緒に移住して来たのです。たった2年でもうデンマーク語もかなり上達している。頭の良さは半端なく彼が優秀だとは知っていました。そして彼の国と日本は色々繋がりがあるので彼はとても私の事を慕ってくれています。

今はみんな知ってしまったけど、彼の口から実は医者だと聞きました。私は薄々気づいていました。だって中近東から移民としてではなくビザを得てEUに住める人なんて医者レベルの人達ですから。おまけに私の友人のチームで研修したそうで、話が盛り上がってしまいました。😅

彼は試験を受けないと医者として仕事出来ないので、研修が終了した後老人ホームで働いてお金を稼いで病院で働ける許可が出るまで仕事する予定でした。

なのに11月中旬までしかシフトが貰えず、彼は12月に一旦帰省する予定で飛行機を取っていました。それが12月中旬から12月30日まで。

なのに急にシフトを貰ってしまい、休暇は取れないから帰省するなら12月24日、25日を含めた2週間を誰かと交代しろと施設長に言われたそうです!!!

ひどすぎる!!!ノーと言える立場なのに、彼は3月まで仕事をしたいためにみんなに協力をお願いし回っていました。

たった数ヶ月しか一緒に仕事していない彼だけど、みんな彼の事が好きなので協力しようという事になりました。でもどうしてもクリスマスイブだけ誰も彼の代わりに仕事をする事が出来ません。イブに仕事してもいいと言う仲間はもう既に交代しているので、イブに休みたい人しか残っていないのです。もうこの時期ですからみんな計画しているので、無理なものは無理なのです。

しかし私は今年、決定した予定がありません。なぜなら、諸事情で今年は夫と二人きりになる可能性が大。でもまだそれもはっきりわかっていません。誰か来るなら無理だけど、二人なら24日仕事してもいいと思ってるし夫もいいと言っているのです。早く分かれば彼に言って仕事してあげるから帰省楽しんでと言えるのに、事が上手く進まなくイライラしています。

何たって私、彼の9日出勤日のうちの3日はもう約束してて、24日も仕事となったら4日も交代する事になるのです。それがまだ決定していないから余計イライラしています。施設長、すぐに協力する気もなく後でと延ばしているのです。おまけに24日は絶対に休みに出来ないから誰かと交代しろと。

ひどいなー。みんな怒ってるけど、24日協力出来ないから強くも言えない。私も協力出来るかわからないから何も言えないのです。

私はこのデン生活で1回だけ正月に帰省しました。その時も仲間が交代してくれたおかげで帰省出来たのです。もう多分、この仕事をしている間は二度と正月に帰省は出来ないと思います。でも1度でも正月に帰省出来た事に感謝しています。

彼は3月一杯の勤務予定だけど、今度は病院で仕事するなら私たちが彼の助けを必要とする状況になります。今彼に協力しないでいつ助けてあげる事が出来る?

夫が『それってKarmaだよね。巡り巡って自分のところに戻って来るって。』

って言っていました。私が助けてって思った時にちゃんと助けてくれる人がいるかどうかわからないけど、きっと何とかなるのでは?と思っています。

とにかくどうなるのか…さっさと施設長がOK出して欲しいですわ。

by Helgashjemdk | 2019-11-28 03:06 | 仕事 | Comments(0)

え〜〜?!早退?!😱

新しい仲間がやって来ました。今週からスタートしたのだけど、今日がイントロ日。しかし彼女が働くユニットには固定の社員が少なく、そのユニットを教えられる人が全然いない。でもメッテが彼女とそのユニットで仕事する事になりました。

メッテは自分のユニットならともかく別ユニットじゃ無理!とリーダーに抗議したけど却下。結局そのユニットで仕事する羽目になってました。

しかし何が起きたのか、新仲間は20時で帰ってしまったそう…。😱

『頭痛がするからって帰ってしまった。明日来るかわからないって。』

と聞いてびっくり!!

『頭痛くらいならさ〜、薬飲んだんだし普通は残るでしょ?でも帰っちゃったのよ。』

って。しかも彼女、ドイツに住んでいるのです。国境あたりかと思ったらもっと遠いらしく30km離れているんですよ。そして国境から職場まで40km、トータル70kmの距離を毎日通勤するって結構遠くないですか?!

ニーグンは『私より遠くから来ているとは!絶対続かないって思ったわ!』ってもう決めつけてます。😅

とは言っても明日来ないかもしれないな〜。頭痛程度でって言ってはなんですが、本当に頭痛だけだったら薬飲んだなら頑張るけどね。なんだか残念なスタートだなぁ〜。😞

by Helgashjemdk | 2019-11-23 08:43 | 仕事 | Comments(0)

ひぇーーー!😱

今日自分のユニットで仕事だったので、キアステンと一緒でした。

わざわざデザート持って来てくれたし。←私筋トレしてるので本当はいらないのだが。😩

私と仕事しなかった月曜日に、ディーとスーサンとキアステン3人で私の話をしていたそう!!なんの話??って思ったら、


Helgaがどんどん痩せてって心配だ!これ以上痩せなくていいのに!


って!!!!

私は痩せてないんだよ!筋トレしているから細くなっただけで体重は一切変化していません。『痩せた』は間違い。キアステンは何度言っても繰り返しその話をするのでいい加減疲れた。

でもキアステンは大柄でダイエットをしているのだけど、痩せたのは一目瞭然。それをもっと言われたいのだろうし、もっと痩せたいと思っているのです。

若い時の自分の写真をFBに載せたりして、あんなに細かったのだから戻りたいし戻れる!と本気で思っているようだ。もう60歳なのに…。

おまけに1ヶ月5kgダイエットを目指している!!!😱

『無理に決まってるだろ?!本気でダイエットしたいなら健康的にしなきゃ意味がない。1ヶ月1kgで考えなきゃ。』

と言ったら、

『それじゃ4年かかる!』

と言うのです!!目標を聞くと40kgも減らして50kgになりたいそう!!ほぼ半分になろうとしている…。しかも短期間で…。

『胃の手術ってやってもらえるのかな?』

って言うので、はぁ?!って聞き返したら、どうやら胃をカットするあの手術をすれば食事量も減って痩せるだろうと思っているらしい。

『それをやるにはもっとデブじゃないと。』

と言ったらそうなの?!と言ってた。そんな事も知らないで食べ物だけで毎月5kg減らすなんて無理に決まってるし。

『目標はいきなり高く持つものじゃない。到達出来なかった時がっかりする。それにカロリー制限すると体が慣れるから痩せなくなるんだよ。そうしたらどんどん栄養不足になってしまう。正しい痩せ方を知らない人が一気に体重減らして病気になるんだよ。』

と言ったけど、とにかく今は痩せたい!って事で、本日は体重の話や体型の話ばかりでした…。

今日スーサンが手伝いに来てくれたのだけど、キアステンがそういう人だと知っていてもやっぱりどうしてもっと仕事しないのかと疑問に思っていたそう。

『Helga忙しくてかわいそう。手伝ってあげたい。』

などど言っているので仕事追加したら

『フレックスで仕事しているのに仕事が大変。』

とかになるから頼みたくないって話を言っていたけど、スーサンは今回でその意味がやっとわかったようです。

『でもHelga本当に仕事し過ぎだからもっとヘルプ貰わないと。もっとヘルプ時間追加したら?』

と言ってくれました。ありがとう!もう少ししたらみんなで相談したいと思っています。

本当にキアステンと仕事していると入居者一人増えた感じですからね。😩

おまけに今日は過去最高じゃないかってくらい、男性入居者からのコールの嵐で大変でした。どんだけって思うでしょうが、例えば別の人の10分間の介助中に5回とか!電話かかって来て取ってナンバー押して(繋がるまで時間がかかる)電話切って、だけで1分かかります。そう、切ったと思ったらまたかかってくるような感じです!介助が永遠に終わらないって思うほど。😭

で、その人のところに行くと何も言わないんですよ!ただコールを握っているだけ。さらに腰が痛いと言いつつ部屋から出て来ては座って、また立ち上がって部屋に戻ってトイレ行って、また戻って来て座って、を延々と繰り返し、移動のたびにコール。共同のリビングにいてもコール、水くれとか寝たいとか(まだ午後)緊急性など一切ないコールばかり。

さすがに怒ってしまいましたね。もう鳴らすな!って言ってる先から鳴らすんですから。多分今日は30回くらいはコールあったかも。

あまりにも忙しくて今日は仕事だけで1万歩歩きました。😅

トイレ行った時以外休憩してないし。←まぁいつもの事だけど。

5日間休みですが、予定いっぱいで忙しい。😭

by Helgashjemdk | 2019-11-13 08:48 | 仕事 | Comments(0)

南デンマーク在住の介護士。仕事や趣味や病気の事を書いてます。


by Helga