2018年 02月 25日 ( 1 )

80年代ヒット曲

私の職場にはアラフィフ年齢の入居者Pさんがいます。えっ?!と思うでしょうが、彼は介護というより看護中心の入居者で、超肥満もあり立位が取れません。なので車椅子かベッド生活。精神病もあり入居したばかりの時は会話もせず寝たきりでした。この年でもう人生終わりかと思う程。

入退院を繰り返し、今落ち着きました。ベッドに寝ている時はいつもTVをつけています。しかも音楽のみのチャンネルです。ちょうどポップ曲ヒットチャートでした。スーサンが流れている曲を聴いてTVに目を向け、

『あー、この人だよね。デンに来るの。』

と言ったのですが……。TVに映っているのはRobbie Williamsです…。

『彼じゃなくてデンに来るのはJustin Timberlakeじゃないか?』

と言うと、スーサンが全然違った、と笑っていました。

『Helga音楽通だからね。』

と言った時にPさんが、そうなんだー、オレも音楽好きなんだーって言ったので、

『いっつもこのチャンネル観てるから音楽好きなのわかってるよ。どんなジャンル好き?』

って聞くと、速攻でポップ!と答えていました。

『私ねー、若い時ヘヴィメタル系だったんだよー。』

って言ったら爆笑してて、ロック少女だったのかー!カッコいいなーって笑っていました。😅


今もその兆し残っていますとか言いませんでしたけど。(笑)


冬季オリンピックを観ると使われている音楽って80年代ポップが結構多いんですよ!アイスダンスの得点待ちなんてモロヒットチャート状態でした。

私も80年代のヒットチャートは大好きです。一発屋系が多かった当時ですが、大スターも多かったです。

Michael Jacksonとか、Madonnaとか、Cindi Lauperとか、Billy Joelとか、Princeとか、David Bowieとか、とにかく新曲を出せばチャートに入っていましたね。

Culture Club、Duran Duran、Thompson Twins、Spandau Balletのようなイギリスのバンドや

Toto、Journey、Foreigner、REO Speedwagon、Survivorのようなアメリカ代表するバンドや

Men At Work、Rick Springfield、AC/DCというオーストラリアのバンド/アーティストもいたし

A-ha、Nena、Europeのようなヨーロッパ出身のバンドの曲までヒットしたり

とにかく盛りだくさんでしたね、80年代は。

私が洋楽ポップにどっぷりハマるきっかけになった曲は実はコレ!



オーストラリアのMen At Workの"Who Can It Be Now?"です!ちょっと渋過ぎじゃないですか?!私、まだ子供でしたよ。(爆)当時はラジオだけだったので映像は後で知りました。どんなルックスとか全然関係なかった。←普通この年齢ならアイドルとかルックスから入るけど私は硬派だったと大人になってから客観的に思った。😅

あと当時ヒットチャートを聴いていた人なら絶対わかると思うのですが、80年代の一発屋と言われたらやっぱりこのバンド選びません?😅



The Romanticsの"Talking In Your Sleep"です!!😂 これはベストヒットUSAでリアルタイムでビデオ観たのでルックスも凄いなーと思っちゃいましたよ。でも本当は一発屋じゃないんですよね。何かイメージ的に一発屋な感じが…。このアルバム、フルで聴いた事あります?"One In A Million"だって悪くないんですけど、やっぱりパンチがないからねぇ。

まぁ私にとっての80年代ヒットチャートは85年までがピークですね。😊

今はSpotifyがあるので何でも聴こうと思ったら聴けます。今日は一日80年代スマッシュヒットというのを聴いて1人で盛り上がっています。😍🎵

[PR]
by Helgashjemdk | 2018-02-25 08:58 | 音楽 | Comments(0)