人気ブログランキング |

デンな生活

helgashjem.exblog.jp
ブログトップ

ハードな仕事日

月、火は別ユニットで仕事でした。なのに一緒に仕事したのが代理だったので仕事を分けるにしても厳しく仕事する内容が増えて大変でした。

このユニット、実は新入居者の男性がちょっと問題だと聞いていました。

先週私が追加で仕事をした日、仲間のニーグンがこの男性入居者に『包丁で殺されそうになった!』と大騒ぎをし施設長と用務員男性、それに警察まで来てしまいました!!!

実はニーグンが私に電話して来た時、あまりにもテンパってて何言ってるか理解出来ませんでした。😩

なので理解出来た内容で想像するしかなく、急ぎなら他のユニットに声かけてと言いました。ニーグンは怒っていたのですが、私は自分のユニットだけで精一杯な忙しさだったので…。

そうしたら入居者さんが包丁持って他の入居者の部屋にいるって言うじゃないですか!

やっと理解出来たのは他の人からの電話でした。

『警察来たらドア開けて。』

って言われたのでびっくり!!そんなにおおごとなのか?と思ったら、職員が3人も外に出ているのです!

『彼逃げたのか?』

と聞いたらまだ別入居者さんの部屋にいるとの事。なのになぜ3人もの職員が外にいる?!そんなに危険な状態なら他の入居者の部屋の鍵だって閉めなきゃ!って感じだったのですが…。

用務員の男性が彼に声かけてリビングに笑顔でやってきました。

何だ、おおごとじゃないじゃん、と思ってすぐ戻ったけど、ニーグンがすごい剣幕で私のユニットに来て怒鳴りまくり、協力してくれなかったと怒っていました。

施設長が来て事情を聞きたいと言われたので、

『実はニーグンの言ってる事を理解出来なかった。』

と言ったら怒られるのではなく笑われました。😅

だってニーグンはデン語半分ドイツ語半分で話すし、テンパると本当にわからないんですよ。

でも私はこういうタイプの認知症に慣れているので施設長と色々話し合う事が出来ました。施設長もニーグンが大げさだったとわかったようです。

そんな事もあり、私がこのユニットで仕事をし彼の介助をする事になりました。


全然問題ないし!!!

理解しないと拒否するけど、理解したり同意したりで協力体制取れるし一切問題なかったです。危険だから2人対応と言うけど、1人の方が十分楽だった。体型は大きいけど自分で立ったり出来るから拒否されなければ全然問題なし。

今日は排便があり自分でトイレに行ったせいでかなり汚れていたのだけど、おむつ交換も全部出来ました。

『君は素晴らしい。』

と言われたので、ありがとう〜と言うと、素早いしね、って言われて笑ってしまった。それっていいのか?ゆっくりしようかと言ったら君の好きなようにしていいよって言うのです。すごく喜んでくれて、安心して椅子でうたた寝していました。

ディーが何度もやって来ては『どう?』と聞いていたけど、全然問題なしって言ったら、

『Helgaは落ち着いているからね。だから彼も落ち着けるんじゃない?』

と言われました。でもすっごく時間かかりますけどね。💦

とにかく今まで凶暴的な入居者さんがいたけど、彼は過去の入居者さんより危険度は低いと感じました。

***

私が代理で仕事を始めた時からいるアル中Pはもうかなり耳も遠くなってますが、私が来たとわかると、ずーーーっと私の名前を呼んでてうるさいうるさい!!!

おまけに今日はシンクの下にある管(日本語でなんて言うのか?)に車椅子で激突したのか壊れていてバスルームが水浸し!!!😱

『Hvad fanden har du gjort?!』(何をしたんだ?!)←かなり荒く汚い表現ですが。💦

って怒鳴ってしまいましたよ。

もう子犬か?ってくらいあれだけギャーギャー騒いでいたのに車椅子にすっぽり入る状態で一言も発言せず。(爆)

私にとってはアル中Pの方がうざいですわ。💦


***

精神病の女性はなぜか私のことがすごく好きなようで、褒めまくり!😅

『あなた本当に優しいわね。それにスタイル最高!その曲線素晴らしいわ!』

などなど言うので笑ってると、

『笑い事じゃないのよ。私、本気で言ってるの。そんな美しいあなたにお世話されて私本当に幸せだわ。』

って!!私に惚れてるのか?ってくらいでくっついて来てハグしたりするのです。😅

嫌われるよりいいけどね。😆

by Helgashjemdk | 2020-02-12 09:00 | 仕事 | Comments(0)

南デンマーク在住の介護士。仕事や趣味や病気の事を書いてます。


by Helga