網膜剥離手術後8ヶ月半

網膜剥離の手術から8ヶ月半経ちました。本日眼科での定期検診でした。

未だに物が歪んでいますが、ちょっと見えにくいという程度にしか感じなくなっています。←感じているだけで現実は歪みがあるという状態。

人間は目だけで物を見るのではなく脳でも物を見るので、この歪みも慣れて来ると言われていたけど本当だなと実感しています。最初はめまいも吐き気もしたりで大変でしたし、動くと目に痛みを感じたり、真っ赤になったり、仕事の後は目を開ける事が出来なかったり…。本当に戦いでした。

今回の定期検診で医者に言われた事は、

『最初に想像していた以上の結果で驚いている。白内障も今現在はほとんど出ていない。驚く程の回復だ。』

でした!!

そうか、想定内では私の目は今の状態まで回復する事はなかった程ひどかったのか…。

『ただ白内障に関しては、これから数年の間に必ず出て来るだろう。その時はすぐに来るように。』

と言われました。それが1年後か、2年後か、または3年後かはわからないと。でも必ず白内障になるから気付いたら来るようにと。それは手術前から聞いていたので想定内です。ただ今現在白内障が出ていないという事は有り難い事です。たまに曇って見えるけど違うのね…。(苦笑)

目のレントゲン(?)写真を見せて貰いました。網膜がどれだけ薄くなっているか、写真で見ると良くわかりました。目医者が写真の真ん中をさして、

『ここへこんでるでしょ?そして左側は右側より薄くなっている。右側まで剥がれていたらほぼ失明だっただろう。ここでストップしていたから視力が回復出来る方向に進めた。ラッキーだったとしか言い様がない。』

と言われました。間一髪だったという事。辛い状況だったけど、ラッキーだったのだと言われて嬉しかったです。

ただメガネの度はきちんと合わせた方がいいと言われて細かい数値を出して貰いました。すぐに度数を合わせなければいけなくなるのでメガネは高いものを買わない方がいいよと言われました。←いや、買う気ないから。(笑)

歪みは完璧に治ると期待していないので、今の状態でも十分有り難いと思っています。白内障が出て来ても想定内だしこれからは少し前向きに生活出来そうです。

[PR]
by Helgashjemdk | 2018-05-03 02:49 | 病気 | Comments(0)