Frikjent / Frikendt(無罪)

久々にTVドラマにハマった!しかもノルウェーのTVドラマです!

b0253226_09211636.jpg
主人公アクセル・ボーゲン(ニルセン)はマレーシアのクアラルンプールで妻アンジェリーネと息子ティムとリッチな生活をしていたが、故郷であるノルウェーのLifjord(リフョード)という田舎町のエネルギー事業が倒産しそうなので助けて欲しいとウイリアム・ハンスティンから連絡を貰い20年離れていた故郷に戻る事にする。

アクセルが18歳の時に恋人のカリーネを殺害した罪に問われたがアリバイがあり無罪になったもののそのまま20年故郷を離れていた。しかしエネルギー会社を設立したのはカリーネの母エヴァ・ハンスティンで、電話をかけて来たウイリアムはカリーネの父でありエヴァの夫だ。

アクセルの妻も息子もアクセルの過去を一切知らず、名字がニルセンだという事も知らない。

アクセルは無罪なのにカリーネの母エヴァは信じておらず、アクセルが娘を殺したと思っている。

エヴァの息子でカリーネの弟ラースは母親の言いなり。

ラースの妻インガは後妻でホテルを経営している。

ラースの娘ヘレーネは17歳、亡くなったカリーネにそっくり。

ウイリアムは唯一アクセルの味方だ。

アクセルの母は精神を病んでいて長男のアクセルより次男のエリックを大切にしている。

エリックは母親の面倒をみて生活しアクセルの事を嘘つきだと言っている。

アクセルのアリバイを証言したトニエは元恋人でアクセルがカリーネと付き合う事になり振られている。

小さな田舎町だから住民がみんな知り合いという状態。アクセルの事も誰もが知っている。どうしてこの町に戻って来た?と責められる。人殺しと言われ続ける。アクセルはその時の記憶がはっきりとしていない。しかし犯人は捕まっておらず、事件は解決していない。

アクセルはその犯人を探す事、事実を知るために町に残るのだが…。状況は意外な方向へ進んで行くのです…。




アクセル役を演じているNicolai Cleve Broch、カッコ良過ぎます!!😍 彼すっごく母性本能をくすぐるタイプだと見てて感じました。でもアクセルという役柄はかなりややこしい性格です…。

彼、英語すっごく上手くてびっくり。ノルウェー人なのに背が低いのはちょっと残念。💦

ちなみに弟役のTobias Santelmannもカッコいい!😍

私が女だから思うのか、まともな性格の女が出て来なくてこれまたイライラする。(爆)

それにしてもそんな終わり方か?!みたいなこれまた意外なラストでした…。😱

ノルウェーのドラマ、実は初めて観たのですが夫は他にも観ていて面白いから観たらって勧めてくれてます。とにかく景色が奇麗ですね、ノルウェーは。💗

[PR]
by Helgashjemdk | 2018-03-15 10:46 | 映画 / TVドラマ | Comments(0)