人気ブログランキング |

デンな生活

helgashjem.exblog.jp
ブログトップ

ハンドボールと言えばフランス

ハンドボールを観ていると絶対にフランスを無視するわけにはいきません。フランスはハンドボールのトップ国である事は言うまでもないです。

フランスという国は選手一人一人のレベルが異様に高く、スーパースターの集まりという感じです。だからと言ってチームワークがないというわけじゃなく、1人1人が自己主張をしながら協力して得点を稼ぐというチームなのです。だから1人怪我してもスペアや代理というような選手であってもかなりレベルが高い印象です。

ハンドボールと言えばフランス_b0253226_01271421.jpg
世界的にスーパースターでこの人を知らないハンドボールファンはいないと言える程の代表選手、Nikola Karabatic(ニコラ・カラバッチッチ)は左バックの選手。背は高く体もマッチョ。あらゆる面でトップレベルです。しかし良い意味だけではなく、悪い意味でもそうかもしれません。彼は良く倒れては相手国に2分退場やイエローカードを出させるのだけど、これが結構上手いので本当に叩かれたのか、怪我したのかわからないくらい演技派。(苦笑)

ちなみに彼には弟がいて(そっくり!)Luka Karabatic(ルカ・カラバッチッチ)も代表選手です。

ハンドボールと言えばフランス_b0253226_01304436.jpg
同じく左バックのKentin Mahe(ケンティン・マエ)は左バックとウイングをこなす実力ある選手。美形でどっしりした体(今年は驚く程筋肉付いてる!)ですが、若いから速いし何でもこなせる。前はカラバッチッチと組むと結構彼を頼っている雰囲気があったけど、経験を積んだからか守備もこなせて怖いものなしです。

ハンドボールと言えばフランス_b0253226_01275503.jpg
出た!Valentin Porte(ヴァレンティン・ポーテ)。フランスの右バックの左利き。彼もそんなに背は高くないけどこの体型。どっしりして守備も出来る。黙っていたら男前だと思うけど、そんなタイプじゃない、この人は。すっごいやんちゃ坊主(ごめん💦)的で2分退場もお構いなし。でもさすがフランスの右バック。世界に通用するシュートを見せてくれますよ。

ハンドボールと言えばフランス_b0253226_01311413.jpg
ポストのCédric Sorhaindo(セドリック・ソランドー)。彼もまた大きくてマッチョでどーんとポストポジションで構えています。この人にボール渡ったらシュートされちゃいます。まぁ最近は年取ったのかな?と思える程スピード感はなくなったけど、精神的にソランドーがいるだけで得点されちゃう気がします。ポストって重要なポジションだけど意外とボールが渡らないんですよ。守備に囲まれているから。でもソランドーが上手いのか、他の選手が上手いのか、ソランドーは少ないチャンスをゲットしてボールを受け取るのです。

ハンドボールと言えばフランス_b0253226_01310640.jpg
Michaël Guigou(ミシェル・ギグー)は左ウイングの選手。背が低いけどスピードがあるという左ウイング特徴の安定したプレイを見せてくれます。ギグーが飛ぶ姿は芸術的です。私的にはフランスで一番フェアプレイをする選手だと思っています。PKの時はギグーが出て来る事が多いです。

関係ないけど後ろのソランドー、めっちゃ余裕。(爆)

ハンドボールと言えばフランス_b0253226_01312187.jpg
Luc Abalo(リュック・アバロ)は右ウイング。この人走るのは速いけど、時々ぽかーんとしている事が多くて不安材料一杯。(笑)今回の試合でいつだったか忘れたけど、黙って突っ立っててボール来たのに受け取らず体にポンと当たってた事があり、大丈夫か?!と思ってしまいました。

そんなアバロですけど、シュートしたらジャンプ力もあってカッコいいですよ。たまに愛嬌のある選手がいてもいいかと…。(笑)ウイングは名の通り飛びますから、素早いし細い選手が多いですよね。

一緒に映っているのはデンの代表する大スター、Mikkel Hansen(ミケル・ハンセン)ですけど、彼が相当大きいのか、アバロが小さいのか…。まぁどっちもかな?ミケルは196cmでアバロは182cmですから。ハンドボールって190cm台が普通ですから、ヨーロッパじゃ。

で、本日フランスvsスウェーデンの試合でしたけど、ルカ・カラバッチッチ怪我から復活し出場したのに、スウェーデン選手の顔を叩いてレッドカード貰っちゃいました。😭

ソランドー、結構活躍してた!よくそんな状態(ソランドーの前に3人守備がいるとか)でボールゲット出来るなぁって感じでした。フランスって必死感がないのに気がついたら何点も差をつけている事が多いです。今日の試合も同格で後半に進んだのに結果的には6点差で勝ってた。フランス独特の試合のやり方です。後半にじわじわ来るんですよ!なので2点差で前半終わってフランス大丈夫か?と思っても、フランスにとって2点差は同点感覚です。そんな国、フランスだけですよ。

他にも語りたい選手がいますけど、とりあえず一般的に考えてこの人達は必須かな。←Thierry Omeyer(テェリー・オメイヤー)とDaniel Narcisse(ダニエル・ナシス)が代表引退したので書きませんでしたけど、この二人もフランスに必須でしたね。オメイヤーなんて40歳の去年まで代表キーパーでしたからね。W杯で優勝だし、さすがフランスですよ。👍

フランスの選手って、オーラ違います。高慢に見える事もなきにしもあらずなので、フランスが嫌いなデン人は多いですが、私はサッカーもハンドボールも結局フランスを注目してしまうタイプです。😊

by Helgashjemdk | 2018-01-21 06:49 | スポーツ | Comments(0)

南デンマーク在住の介護士。仕事や趣味や病気の事を書いてます。


by Helga