人気ブログランキング | 話題のタグを見る

チップの話

日本には馴染みのないチップという習慣、私はこの映画で知りました。



そう、"レザボアドッグス"です。当時大人気でしたし、私はタランティーノの映画が大好きだったのでこの映画は今でも一番好きな映画です。

Mr.ピンクを演じたスティーブ・ブシェミはこの役のせいでチップを払わない人のイメージがついたくらいかなり印象に残るシーンだと思います。

字幕はないので申し訳ないですが、この話はみんながチップを払うのにMr.ピンクだけチップを払わないと言い出して、そこでなぜ払いたくないかと説明しているのです。

私はこの映画を観た時、なぜ周囲がチップを払えと強要するのか理解出来ませんでした。アメリカではハーヴェイ・カイテルが説明しているように、チップで生活が成り立っている人たちがいるという事です。給料が少ないからチップを貰って稼げという文化だからです。でもそれをスティーブ・ブシェミがその状況がおかしいと言い、自動的にチップを払うのもおかしいと言っています。

結局スティーブは負けて1ドル払うのですが、それが札だったのも驚きました。😅

私の感覚では1ドルってコインだと思ってたから。😅

札で何枚も貰ったらお金稼いだ気になりますよね。😅😅

で、チップですが、今この映画を観ればこのチップに対する意見はタランティーノの考えなのだと感じます。こうして映画の中で疑問を提供するのはとても良い事で、色々な事を考えさせられて勉強になります。

私はアメリカに行った事がないのでみんなどういう考えなのか本当に興味あります。

***

デンマークではチップはないですし払う必要もないです。レストランの若い人たちは日本でいうバイトの子が多く、ちゃんと給料を貰っていますし、他の国と比べてかなり良い時給です。だから特別に追加する必要もありません。そしてチップは多分その人だけに行き渡らないと思います。夫曰く、デンマークではチップは集めてみんな平等に渡るだけだと言っています。

数年前に友人とコペンハーゲンのハードロックカフェに行った時、カード払いなのに、チップ上乗せしますか?って聞かれて目が点になりました!おいおい、チップ要求するなよ!と思いました。カードでのチップは本人に渡らないだろうから、本来のチップの意味って崩れていると思います。デンマークなんて物価高いんだから、正直値段に見合っていない料理が出て来るのに場所代材料代などでかなり追加されているのだから、チップ出す理由が見つからないです。

お隣のドイツでは基本チップはないけど、レストランでは10%出すのは常識だと友人から教えられました!友人と韓国料理を食べに行った時、チップを出しました。この場合は自動的な感じです。まぁドイツは食べきれなかったものを持ち帰れるのですが、デンマークでそれは非常識な行動なので一切しませんし、食事のシェア(デンマーク料理の場合)も基本しません。国によって違いますよね。

***

ギリシャではチップを払う私ですが、それはギリシャの経済状況が他のヨーロッパの国と比較しても良くないからです。今はカード払いが一般的になって来ているから、ブラックマネーという形はあまり取れなくなっていると思います。島の生活の人たちは大変だと思います。税金払ったって返って来るものは見合っていないでしょうから。

なのにギリシャの物価も上がっています。島だからシャンプーなどの日常品は安売りする事も少ないだろうから、高くて驚きです。なのにレストランでの値段はそこまで値上がりしていません。

安くて手頃な食べもののギロピタなんてピタという世界的に値上がりしている小麦粉が入っているのだから昔と同じ値段で提供なんて出来ないのは当然です。ギロピタ売ってチップもなければ儲けないかもしれません。

なので私達は現金払いをして少しだけチップを出す事にしています。現金の方がありがたいと思うギリシャ人は今でも多いと思うからです。

私はデンマーク在住だから、ギリシャでチップを出してもデンマークでレストランを利用するより確実に安く美味しいわけだから損した気分にはならないけど、もしこれがアメリカのダイナーで自動的にチップ出せって言われたら、やっぱりスティーブ・ブシェミみたく『だったらもっと良いサービスしろよ。』と思うのかもしれないなーと感じました。😅

# by Helgashjemdk | 2022-09-27 23:18 | つぶやき | Comments(0)

お酒に強い人、弱い人

私は基本お酒を飲む習慣はありません。なのでアルコールを摂取する時は、ギリシャにいる時、ハンドボールの試合でデンマークが勝った時に少しだけベイリーズを飲む時、ステーキを購入した時にワインを飲む事くらいです。

お酒に強い人、弱い人_b0253226_05515521.jpg
そんなわけでドイツで買い物をし、美味しい牛フィレを買ったので、ワインも1本買いました。お値段29kr(556円!)の安いワインですけど、意外と美味しいです。😋

それにしても減らない…。1本買ったら飲み切らないと次の日なんて飲まないですからね。😅今休暇中で休みだから飲んでもいいけど、普段は一切飲もうとは思いません。

私は赤ワインに対してアレルギーがあるようで、すぐに湿疹が出ます。まして皮膚病持ちですから結構しんどい。😓でも味は嫌いじゃないです。だからかなりゆっくり飲んでいる状態です。

夫はお酒に強い方かもしれませんが、ほとんど飲みません。飲むと眠くなるから1日を無駄にしたくないという理由です。だからギリシャにいる時にビールを少し飲む程度で、日常的には一切飲まないという方がいいかも。ウイスキー好きで集めているのに、全然減らない状態。😅

私達、アル中にはほど遠い夫婦です。😂

デンマークにも『アル中』と『アルコール依存症』と2つ言葉が分かれています。意味もちょっと違います。

アル中はアルコールが人をコントロールしている状態で、依存症は文字通り、アルコールに依存している人です。

毎日飲んでいるけど私は依存症じゃないと言う人もいるかと思いますが、デンマークではそもそも毎日飲むという感覚はアル中のレベルです。量じゃないのです。アルコールを飲むという事が日常になっている事がアル中の基本だからです。

それを考えると隠れアル中な日本人、かなり多いと思います。私の元旦那も夕食には必ずビールが必要でしたし、父もお酒弱いのに食事の時や眠る前に飲んでいました。まぁ二人ともアル中じゃなかったけど、飲まないとやってられないって気分で、何日も飲まない日があっても平気ではなかったので依存していたと思います。

少量なら毎日飲んだっていいと思っている日本人は多いかもしれませんが、中年になりそれが原因で絶対的な依存症になったり癌になったりしている人を見ていると、その感覚は決して良い事ではないと思います。

私の職場には過去アル中だった入居者が実はかなりいます。デンマーク人はお酒を飲むというイメージがありますけど、私の周辺ではお酒を飲む事が習慣になっている人はごくわずかで、仲良しのカリンだって週末にしか飲んでいなかったのに膵臓がんになってしまいました。😭

アル中の怖いところは癌以上に『脳』が破壊されてしまっている人が多い事。日本でアルコール性認知症が一般的な知識にあるかどうかわかりませんが、デンマークでは元アル中の入居者達はみなアルコール性認知症になっています。

過去にはアル中の女性入居者が毎日ワインを飲み、毎日のように床に嘔吐し、最後には吐瀉物が喉に詰まったのか嘔吐まみれの状態で床に倒れて亡くなり、もう他界しているのに動かすと吐瀉物が出て来るという凄い状況がありました。←幸い私の休みの日だったけど、看護師も職員もトラウマになった程凄かったらしい。😱

仕事だから仕方ないけど、私はアル中の人が苦手です。人に迷惑かけている事をなんとも思っていないからです。だって自分がお酒を飲む事に対してどうして他人が迷惑しているんだ?って考えだから。人の世話にならずに済むならいいですけど、最後はみんなアルコールが原因で自立出来なくなってるわけですから。しかもかなり早い段階で。

夫の元奥さんや元恋人達みな酒飲みだったそうで、私と結婚する前に付き合っていた最後の恋人はアルコールが原因で別れたそうです。その前の恋人もそうらしいけど。😅

だから私と結婚する時に私はお酒が苦手だと言うと本当に喜んでいました。😅お金もかからないしね。😂

まぁ筋トレもしているし、お酒は筋肉に良くないので飲みたいとも思わないです。

一度だけ、数年前に赤ワインはポリフェノールが豊富なので更年期には良いと読んで、試しに毎日150ml程度を飲むようにしてみました。忙しくて飲み忘れる日があったくらい習慣にはならなかったし、ふと150mlじゃ少ないんじゃないか?と思った瞬間に、あーこれがアル中の一歩なんだと実感しました。なのでそれ以来お酒を飲むなんて習慣にするのは危険だと実感しました。

周囲がどれだけ飲もうと私には関係ありませんが、そういう入居者が減ってくれるだけが望みです。🙏

# by Helgashjemdk | 2022-09-25 23:48 | デンマーク | Comments(0)

物価上昇止まらず

デンマークに限らず世界中で物価が上昇していると思います。特に乳製品、小麦粉、電気ガス代などなどが強烈に値上がりしています。

物価上昇止まらず_b0253226_03224316.jpg
値段が上がってからではないけれど、私は基本パンを食べないので実際どれだけ値上がりしているかわかりませんが、私がデンマークに来た頃、16年前は黒パンの小さいサイズは5kr(約95円)でした。値上がりしても1kr程度ずつでしたけど、2022年は小さいサイズで12〜15kr(230円〜287円)くらいです。夫は上から二段目の、3個しか残っていないこの黒パンを買っていますが、時々安売りするので買いたいのですが、相当朝早く行かないと売り切れるので、この値段で納得する事にしています。

夫は一人暮らしの時、いつも一番安いものを買うようにしていました。それだけ貧乏だったから。私と結婚したばかりの時はさらに節約生活だったので、いつも安いものばかり選んで買っていました。

私達はもう中年で、食べる量も減ったのだから、少しくらい食糧にお金かけてもいいかと思うようになりました。それに黒パンはものによっては不味くて食べられないってのもありますからね。黒パンは冷凍出来るけど、夫曰く味がかなり落ちるので割高だけど小さい方を買って食べ切るようにしています。

私は健康を考えて白パンはほぼ食べず(旅行中や異国でサンドイッチ購入する時くらい)黒パンやライ麦パンは時々食べる程度です。

物価上昇止まらず_b0253226_03225059.jpg
デンマークで良心的な値段だったNETTOというスーパー。ここのオートミールをいつも買っているのですが、値段を見て目を疑いました!

ギリシャ行く前まで11,50kr(220円)だったよね?!今17,50kr(335円)ですか?!😱😱😱

そんな一気に値上がりする?!😭😭😭

これも安くなる時に2〜3個買っているのですが、この値段で安くなっても前の値段に届かないだろうよ?

確かにオーガニックのオートミールだから普通のより高いけど、毎日食べてるしケーキにも使用しているから質落としたくないなぁ。😭😭

次の安売りの時値段見て決めようと思います。幸いまだ2袋残ってるから。😊

物価上昇止まらず_b0253226_03225719.jpg
私が長年食べていたSkyr(スキール)は最近手を出せなくなりました…。😭😭😭

これはヨーグルトよりドロっとしていてプロテインたっぷり入っています。そう、高タンパク低カロリーでとても美味しいです。私は断然ブルーベリー派で、毎日のように何年も食べていました。

値段はずっと19,95kr(382円)でした。でもそれでも高いと思っていたから、これが安売りで10kr(191円)の時に6本購入していました。←安売りの時は大抵一人6本までなので。もっと買いたいけど冷蔵庫にも入り切らないので毎回6本でした。

夫も食べていたから1週間で6本軽くなくなるので、その後また安い時に買いに行ったりしていました。

コロナに入って、Skyrの値段が急に21,95kr(421円)になりました。安売りでも12kr(230円)でした。いや、まだ許せます。

しかし去年は23,95kr(459円)になり、今年はとうとう24,95k(478円)になりました。😭😭

安売りの時でもどれだけ下がっても15kr(287円)です。😭

そんなわけで定期的に食べていたSkyrは、とても贅沢品になってしまい、今では安売りした時にしか買わない事にしました。

これも朝早く行かないと売り切れます。ブルーベリーは一番人気のようで、安売り時もなかなか手に入りません。

私でさえこうなのだから、年金者達は大変です。みんな自分でパンを焼いたりしている年代ですから、小麦粉やバターが2倍の値段になっているため安売り時に早朝開店時に並んで大量購入しているようです。私の友人はバターを冷凍していると言っています。

私達は今年暖炉を使えません。なぜならいつも買ってる木屑の塊が購入出来ないからです!!!😱😱

これも戦争のせいでしょうか。毎回8月に購入していたけど今年は8月の時点でもう売り切れ、デンマークの店には存在していません。こんな事初めてです。しょうがないからラジエーターのみでの生活になりますが、どれだけお金がかかるのか不安です。

ここまで値段を気にして食糧を購入しなければいけないなんて貧乏ったらしいって思う人もいるかと思いますが、デンマークでは普通の事で、基本元値では買わない人が多いです。特に毎日食べているものなどは安くなった時に一気にまとめ買いします。

ちなみに私達夫婦は牛乳を飲みません。これも値上がりが理由でもう何年も飲んでいません。代わりに豆乳を買い、それをプロテインやスムージーにして飲んでいます。追加を考えると牛乳買った方が安いだろ?と思うかもしれませんが、果物とか食べ切れないのでスムージーにした方が栄養補給出来るからです。

その豆乳も基本1本は19,95kr(382円)ですが、安い時は12kr(230円)です。今日も実は16本を12krで購入して来ました。豆乳のよいところは日持ちするので買いだめしても平気な事です。うちには30本くらい置いてありますが、1日1本飲むと考えれば30本ってたった1ヶ月ですよね。昔は10kr(191円)で売っている時もありましたが、今では一番安い時でも12krです。

何だか急な値上がりで納得いかない人たちが多いのは当然だと思います。ましてこれから冬が来るのに暖房どうなるんだろうと本当に気になります。

うちは引っ越して食洗機を入れた時から夜中にスタートしていますが、さすがに洗濯機までそれをするのは抵抗あります。乾燥機も使うから夜中に起きている時じゃないと出来ないですよね。←まぁ起きていないわけじゃないけど。😅

生活の質を落とすのは大変ですが、少しずつ考えていこうかと思っています…。😓

# by Helgashjemdk | 2022-09-24 23:19 | デンマーク | Comments(0)

カルパトス旅行(番外編)

番外編なんて必要ないのですが、今回疑問に思った事があったのでそれを記録として残しておきます。

カルパトス旅行(番外編)_b0253226_06510825.jpg

オリンポスに行った時の話。この女性のカフェにいた時、男の子が入って来たのでこの女性が『いらっしゃい。何にしますか?』と聞いたら、

『あーー、トイレ…。』

と言うのです!男の子と言っても多分10代の少年、でも私的には背が高いけど14歳くらいの少年って感じでした。

『あー?トイレ?でもトイレだけ使用するってわけにはいかないのよ。何飲む?何か注文してくれないとね。』

と女性はいいました。男の子はポケットからお金を出して飲み物買えるかどうか調べていました。

実は私、トイレに行く途中だったので、その後どうなったのか見ていません。で、トイレから出て来ると今度は別の男の子が入って来て同じくトイレと言ったので、この女性は、

『あのね、ここは無料トイレじゃないのよ。親いるんでしょ?ちゃんと親に聞いておいで。何か食べたり飲んだりしていくならトイレ使っていいけどトイレだけってのは常識から外れているから。』

と説明していました。男の子はそのまま出て行きました。女性は罪悪感があるけど今の若い人たちは常識がないからちゃんと説明する必要がある。だいたい親がきちんと教育していないから親が一番悪いと言っていました。

本当にそうですよ!!こういう大人がいなくなって来ているから若い人たちが学べないのだと思います。

どこの国から来た少年たちかわかりませんが、ヨーロッパ人である事は確かです。自分の国に帰って、レストランやカフェに入ってトイレ貸してって言えますか?!それ、絶対に無理でしょう?ギリシャだって同じです。

自分も中年になったので、毎回こういう出来事を無視するか、注意するか悩みます。でも言えばうざいおばさんになるだけですからね。職場なら必要なので言うけれど、外ではなかなか言えないのが現状です。

***

カルパトスにはイタリア人が多いとか書きましたが、オーストリア人の旅行客もとても多かったです。夫がドイツ語わかるので、『あの人たちオーストリア人だ。ドイツ語のアクセントが違う。』と言ったのでわかったのですが、実はとても変わったオーストリア人がカルパトスのピガディアにいたのです。

この人、犬を連れていました。声はとても枯れていて、男なのか女なのか、性別すら理解出来ない外見でした。この人はあの私達が通っていたグリークコーヒーの美味しいカフェにしょっちゅうやって来て、座っているオーストリア人客のところに行って話をしていました。

ルックス的に性別不明でしたけど、女性でした。そして店の人に灰皿渡して水を入れろと言います。犬に水をあげたいからと。しかもドイツ語で。カフェのお兄さんが英語で、仕事の邪魔をするなと言ったら、ドイツ語で罵倒、『お前の仕事なんてどうでもいい!犬の方が大切だ!』と言っていたそうです。

犬も女性もとても汚かったです。ホームレスかと思うような人です。この人住んでいるのでしょうか?それとも旅行客?ギリシャ語は出来ないようだけど、旅行しているとも思えないような人です。

何かあるとすぐ怒鳴っていて、カフェに座っても何も注文せずオーストリア人を発見したらそこで話してすぐに去って行きます。ただぶらぶらと犬と散歩して、何かあると大声で怒鳴っています。

夫が、『あの人ADHDかな?』と言うので、私は『全然違うよ。あの人は多分精神病かアルコールでそうなったと思う。とにかくあんなに攻撃的な人あんまりいないよね。』と言っていました。

見た目からして60歳は超えていない、下手すると40代かもしれないくらいの人です。どうしてカルパトスにいたのか、本当に疑問でした。こういう人には注意出来ないですからね…。

普段の生活では見かけないようなタイプの人たちを見たのも、カルパトス旅行の一つの話題にはなりました。😅

# by Helgashjemdk | 2022-09-23 23:43 | 旅行 | Comments(0)

カルパトス旅行(あとがき編)

カルパトス旅行(あとがき編)_b0253226_06092290.jpg
カルパトスで購入したもの、あまりないですけどオリンポスで買ったものがほとんどかもしれません。オリンポス編で書いたクロスですが、左のブルーのものがそうです。2〜3種類で悩んだけど、この柄にしました。今これはうちのテーブルクロスになっています。👍

ゴールドの丸いものはカレンダーです。うちではカレンダーとして使用せず飾りになってますけど、ギリシャには回して使用するカレンダーって売っているので、その中でも特別感があるものを購入しています。サントリーニでも1度陶器のカレンダーを買いました。

その隣の窓のハンドメイドはキーホルダーなどぶら下げる事が出来るようになっています。やっぱりハンドメイドものは世界に一つですから芸術家達を応援したいです。

その隣の神父さんは私の趣味です。😂←実は神父シリーズいくつか持ってる。😂

カルパトスのトートバッグとか、デンじゃスーパーに行くと必ずバッグ持参ですからそれ用に購入。😅

最近あまり見かけなくなったコンボロイ、夫はコンボロイを集めているので今回も2つ購入。今回コンボロイを持っている男性を見たのはたった1人だけでした。😓

カルパトス旅行(あとがき編)_b0253226_06091621.jpg
カルパトスではヨウムを飼っている人がとても多いです!!!あちこちで見ました!オリンポスにもいましたからね。ギリシャだと安いのでしょうか?ヨウムって相当高いですからね、デンマークじゃ。

このPlatonくん、いつも夕方から出ています。逃げないのだから凄いね。ギリシャ語しかわからないので英語で話かけても無理でした。😅もう40歳だそうで、かなり高齢な方ですね。😍

カルパトス旅行(あとがき編)_b0253226_06092650.jpg
今回の宿泊先で一番驚いたのはこれでしょうか。ドアの外についているのですが、この印だと部屋にいますとわかるようになっています。外出すると真ん中のブルーのライトが消えるのです。左は静かにして下さいのマークで、右は掃除して下さいのマークです。

カルパトス旅行(あとがき編)_b0253226_06092969.jpg
カードキーを入れて、こうしてスイッチを押せばドア外の表示に出るのです。こんな画期的なシステム、素晴らしいです!でもここは最近全リフォームしたから出来た事で、一般的にはこれだけ設置するわけにはいかないですからね、電気の関係で。

でもこれだと事務所から掃除依頼は見えるのだろうと思います。だから掃除の人がうろうろしている事は一切なかったです。

実は玄関もカードキーでドアを開けるので、2人別行動の時はちょっと困りました。私がビーチに行って夫が部屋にいる時、カードキーがないと出られないし入れないので、私がカードキーを持って外出するので夫は電気が使用出来ないという事に。でも夕方だから電気いらないので問題なかったけど。😅

さて、今回カルパトスに旅行して思った事は、本当にどこに位置しているかで雰囲気が違うなと感じました。オリンポスや食事に関しては最高でした。ただなんとなく雰囲気がちょっと暗いと言うか、ケミストリーがピッタリと言う感じはなかったです。なのでカルパトス滞在は今回限りだと思います。

あと10時間空港で待ってからの飛行はかなりしんどかったので、気分的にも体力的にも復活させるのが大変だったから、島のせいではないかもしれません。

でもビーチで景色を見た時に、『私が見たいのはこれじゃなくてザキントスの海から見える景色なんだよなー。』とザキントスが恋しくなったので、来年もまたザキントスに行って、友人に会って、ビーチでのんびりして、いつものレストランで食事して、夜はカフェに通うという休暇を送りたいなと思っています。

でも本当に、夢のオリンポスに行けて良かった!!!もし来年私と夫のどちらかが体調を崩したらなど考えると、いつ旅行に行けなくなるかわからない年齢にもなっているので本当に元気な時に行けて良かったと思っています。😊

# by Helgashjemdk | 2022-09-22 23:50 | 旅行 | Comments(0)