Queenの伝記映画でもある"Bohemian Rhapsody"を観ました。これはアカデミー賞を取っただけあり映像的にかなり忠実に描かれていると思いました。フレディ・マーキュリーはこの世でたった1人、とても存在感があった人なので誰が演じてもフレディにはならないと思います。でもラミ・マレックはかなりフレディに成り切っていましたよ。特にLIVE AID 85のシーンは完璧にコピーしていました。涙出ましたね〜、このラストは。

ブライアン・メイは本人かと思う程そっくりです。だんだんジョン・ディーコンもそっくりになって来て、ライブシーンは全員が完コピしていました。楽器を弾く真似だけじゃなく動きまでそっくりなんですよ。ブライアンとロジャーを演じた俳優はイギリス人ですが、他2人はアメリカ人。イギリス英語までしっかり真似していました。存在している人やとても影響力のあった人物を演じる事は普通の映画以上に難しいのではないでしょうか?そういう意味では本当にクオリティの高い映画だと思います。

事実であっても順番が違うとか少しだけ脚色されているとかありますが、ブライアンが『2時間に収めるのだから多少は違っていても当然だしバンド側も許可している。』との事ですから良しでしょう。

私がちょっと『あれ?これは違うよね?』と思ったのが、フレディがAIDSだとわかったのがLIVE AIDの前で、時間がないからとバンドと交渉してまた一緒に活動しLIVE AIDに出るところでした。LIVE AIDは1985年だけど、フレディがAIDSだとわかったのはもっと後だったと発表されていたから、実際は知っていたのかな?と思ったのです。でもそこは映画なので脚色されていたようです。←実際は1987年にフレディはAIDS発症したそうです。

最後の恋人だったジム・ハットンとの出会いも職業も違います。映画では彼と恋人同士になる前からAIDSだとわかっているけど、実際は違いますよね。

まぁその程度は良しとして映画としては良い作品だったと思います。フレディがゲイだとわかってもそれらしいシーンがなかった事に賛否両論のようですけど、必要なのかな?だって外でメアリーに電話している時、トラックの運転手が降りて来てトイレに行くシーンあるのですが、その人を見て後を追ってトイレに行くという場面があり、それだけでわかるでしょ?!と言いたいです。部屋に男の子を呼んでいたシーンもあったし。

あ、ちなみにそのトラックの運転手って現QUEENのシンガー、アダム・ランバートなんですよ!カメオで出演していた!😍

いくら映画であってもレコーディングするシーンや、曲作りをするシーン、交渉するシーンなど音楽好きにとっては嬉しくてたまりません。もともと音楽に関する映画は大好きですが、"Bohemian Rhapsody"はとてもレベルの高い映画でDVD買って良かったな。😍



# by Helgashjemdk | 2019-03-24 06:49 | 映画 / TVドラマ | Comments(0)

"The Dirt"観ましたよ!!


"The Dirt"はNetflixオリジナル映画で、3月22日(金)に配信だったので、当日に観ました。

80年代にデビューしたLAメタルバンド、Mötley Crüeの伝記映画です。私は別に大ファンだったわけじゃないですし、正直バンドメンバーの態度(映画を観ればわかると思うが)には最初からかっこいいとは思えませんでしたから、どっぷりハマっていたわけじゃありません。

でも色々なエピソードは知っているし、当時の曲は当然知っています。アルバム持ってたから。(笑)

映画としては面白かったです。Mötley Crüe知ってる人なら面白いと思うでしょう。娯楽的な意味で。でも本当に大ファンにはウケるのかな?真実と違う部分が多いので粗探しになっちゃうのでは?と思います。

どうやってメンバー同士が出会ってバンドを組んだとか、シチュエーションが違うとか、そんな事突っ込んだらキリがないです。

でもヴィンス・ニールが女ったらしでエレクトラレコードのトムの彼女を寝取ったとか、ヴィンスの運転でHanoi Rocksのラズルが交通事故で死亡した話とか、ヴィンスの娘が亡くなった話は事実ですからね。

ニッキーの不安定な家庭とか、ヘロイン中毒で心臓が止まって死亡説が流れた事、トミー・リーがヘザー・ロックリアと結婚した事とか、ホテルで暴れた事(映画では下着履いてるけどリアルでは全裸だったはず)ミック・マーズがバンド名のアイディアを出したとか、強直性脊椎炎だとかそういうエピソードは全部本当なんですよね。

一番驚いたのがオジーが出て来た事かな?しかもかなり強烈で目を背けたくなりましたよ。😱

この映画を観て思ったのは、ミック・マーズってやっぱり映画でも謎な人だって事。(笑)でも彼の存在があったから4人全員バ●集団じゃなかったのかもしれませんよね。まぁミックも酒ばっかり飲んでいたようだけど。😅

この映画が配信される前にニッキーが『女性をレイプしたエピソードに謝罪』みたいなニュースが出て来たけど、あれレイプじゃないでしょ?グルーピーと寝るのって同意の元だし。まぁもうニッキーのように家庭を持って娘達も大人になってこんな事昔やってましたってアピールされちゃうのはどうかな?と思うけど、まぁMötley Crüeですからね!いいじゃないですか。そういう時代だったんですよ、80年代は。

でも全然中身が変わっていないヴィンス・ニールはやっぱり昔からバ●だったんだなと思いました。😅

"Looks That Kill"のビデオの再現は良かったですわー!!!



Mötley Crüeとしてまだデビューして2枚目の頃ですし、みんな若さに任せてやりたい放題、酒もドラッグも女も真っ盛りの時だったけど、こういう時の方が良かったなと感じるバンドの一つですね、彼らって。

やっぱり真面目になるのって人としては大切だけどミュージシャンとしては面白味に欠ける気がしますね、特にロック系になると。😅

# by Helgashjemdk | 2019-03-24 03:13 | 映画 / TVドラマ | Comments(0)

認知症を理解する

私のユニットには身体的には問題ないが認知度がかなり低下している女性がいます。既に90歳を過ぎています。言いたい事が言えないけど話す事は出来ます。なので時々意味不明な事を言うので、いつも一緒にいる女性入居者さんに怒られています。

『彼女が車の運転出来るって言ってる!もう90歳過ぎてるのに!』

『2人分の場所があるから一緒に寝ようって言う!』

『何言っても理解してない!』

と怒って、時々本人に向かってバカな事言うな!とか黙ってろ!とか言って喧嘩になっています。

認知症の女性は怒らせるために言ってるわけじゃない。ただ言いたい事が言えずこっちが理解出来ず、そのイライラで余計違う事を言って相手を怒らせてしまうのです。

認知症の人と会話したらこれって結構普通の事なんですけど、彼女の場合は本当にイライラ度が高く、怒ったり怒られたりの確率も高いです。

一人でいる事も出来ない。部屋に一人で座らせてTV観せて少し頭を休める事、他の入居者さんと距離を置く事も試していますが、昼間は5分と持ちません。夜は10分が限界。すぐ部屋から出て来てしまいます。

周囲に誰もいなくなるとふらふらと歩いて他人の居室に入ったりします。昨日もそんな感じでふらふら歩き出したのです。でも私が逆方向に座っているのは見えていないのです。

『彼女、不安で怖いんだろうね。』

って私がディーに言うと、

『怖い?!』

って言うので、

『だって彼女の視界は多分暗闇の中で周囲に誰もいない不安や恐怖があるんじゃない?』

って言うとなんか私の考えが不思議だって顔していました。

海外の言葉も通じないところでトラブルに遭った事ありませんか?夜になって真っ暗でどうしたらいいかわからないとか。道に迷って周囲に誰もいないとか。あんな感覚になるんじゃないかなと思ったのです。

そこで知った顔に出会うと泣き出したい程ほっとします。この女性もそうなのです。

仕事をしていると入居者さん一人一人の『不安』や『恐怖』にずっと付き合ってあげるわけにはいきません。でもSOSを出している時はただそばにいてあげるだけでも十分精神的に落ち着くのだろうと思います。

ちなみに昨日は2人が喧嘩して、認知症の彼女は間に入った私にも暴言を吐き、あっち行けと言ったのですが、実際離れるとまた文句言うし簡単じゃないですね〜。

何をするか理解して貰えば服を脱ぐ事もある程度出来るし、義歯を外すのも出来ます。彼女と一緒の時はいっぱい笑顔を見せて褒めてます。素直な時は『私何にもわからない。』とか『何も出来ない。』と言うからです。

昨日ふと思いました。夜に入居者さん達が集まってニュースを観ながらコーヒーを飲むのですが、8人中6人が歩行器を使っているのに、認知症の彼女は歩行器なしで歩いています。なのに理解度は一番下です。食べ物も目の前にあるものも景色も私達が見えているものと違うわけですから。

認知症って色々なパターンがあるけれど、不安型は辛いですよね。もっと理解出来るようにならなきゃって思います…。

# by Helgashjemdk | 2019-03-17 20:25 | 仕事 | Comments(0)
今日本も暴力禁止になりましたけど、私が学生時代はまだまだ先生が生徒を叩くとか普通にありました。

私の中学時代と言うのはとにかく『不良』とか『暴走族』とか『ヤンキー』とかが流行っていた(?)時代でして、先生達も大変だったと思います。

三年B組金八先生の『腐ったみかん』なんてドラマじゃなくて現実でしたから。←これがわかる人は同世代か?

私がいた中学は結構凄くて、既に暴走族に加入している人たちがいましたし、『総番』が中学校3年生の男女、さらに学年ごとにも番長がいました。

1年生で同じクラスだった物静かで普通の男の子、何があったのか急に不良グループに入ってしまい、学年番長になってしまいました。チョークで髪を何色にも染めて遊んでいたら女の先生が彼の髪を掴んで引っ張って水飲み場に引きずって連れて行き、水をかけて頭を洗ってしまいました。彼が怒っても女の先生は動じず、バカな事はするなと言って去って行きました。

ちなみに彼は体格が良かったので本気で先生を振りほどく事くらい簡単だと思いました。だっていくら背が高くても女性ですよ。女性なのに学年番長の髪を掴んで洗っちゃうってどんだけ度胸あるんだ?!とみんな思っていました。

でも彼が不良を止める事はなかったけど、この女の先生に対しては信用しているような態度に変わっていました。本気で怒ってくれる人がいると理解したのだと思います。

昭和の時代はやっていい事と悪い事のラインが今よりハードな空気だったかもしれません。そして番長だった彼も決して『バ◉』ではなかったので、女性の先生にお返しをしようとするわけじゃなく、先生の前ではちゃんと挨拶し、他の仲間にも先生に失礼な態度を取るなと教えていました。

そういえば女性総番は成績が10位に入っていたはず。

学ランの裏に柄がいっぱいとか、スカートが長い時代でした。半分以上がそんな生徒な学校にいたので、なかなか高校に入ってから自分を校則に合わせるのが難しかったです。😅

そんな私は高校時代からロック好きでしたので長髪でした。朝礼で並んでいたら何と先生が横から私のこめかみを急に殴ったのです!!!何も言わないで殴ったんですよ!倒れる寸前まで思いっきり殴られたので、よろけた体を起こして、

『痛っ!何すんだよ!!!😡』

って先生に向かって怒ったら、

『お前校章つけてないだろ!』

と言われました。

『つけてるよ!よく見ろ!』

って髪をどかして制服の襟を見せました。

『あぁ、ついてたか。』

と言って去って行こうとしたので、

『人を殴っておいてそれだけか?!』

って言い返しましたが先生は何も言わずに去りました。

今じゃ問題になるでしょうけど、当時は何にもなりませんでした。母親に話したら、

『あんたがそういう態度だから先生もそう来るんでしょ?』

って言われたのです。今なら親が学校に電話するでしょうけど、私の母はそういう人でした。私が悪いから仕方ないみたいな。←この校章の件で私は自分に悪いところがあるとは思えなかったのだが?

まぁ私は聞き分けのない子供だったので両親どちらからも叩かれた事はありますし、別に心に傷を負った記憶もないです。

でも校章ついていないから(ついてたけど)殴るって、先生という特権を利用しているだけだと思っていました。今でもあの状況ははっきりと覚えています。でもどの先生だったかぼんやりとしか覚えていないので、結局大したことのない過去なのかもしれませんね。(苦笑)

# by Helgashjemdk | 2019-03-13 07:38 | つぶやき | Comments(0)

白鳥と戯れ(笑)

ドイツに買い出しに行った時の事。通った海沿いに白鳥がたくさんいました!何で止まってくれないんだー?!帰りもこの道通るぞ!と夫に宣言したけど、帰り道は違っていたので無理矢理変更して白鳥を見に行って来ました。

b0253226_00042422.jpg

何だこの天気?ってくらい晴れてるんだか、曇っているんだかわからないですよね。白鳥だけじゃなくてカモメも凄い大量。

b0253226_00043545.jpg

鳥って凄いですね。鳥が苦手な人間のところに行かないですから。この白鳥達、すぐに私のところに来てくれました。まぁパン持ってたんですけどね。(笑)ドイツでパン買ってちょっとだけおすそ分けしたのです。白鳥って白パンじゃなく黒パンの方がいいって読んだ事がありますが、私が持っていたパンは小麦パンだったので良しだと思います。😅

b0253226_00214091.jpg

初めて会った白鳥だけど、人馴れしているから手からパンを取るのも上手だし指を噛む事もなく行儀の良い子達でした。それにしても側に来ると大きいですわ。首が急に、にょ〜と伸びるのでびっくりします。😅

昔通りすがりの人に『危ないぞー!白鳥は怖いぞー!』と言われた事があるけど、鳥は人を選ぶからむやみに白鳥に触ろうとしなければ何も問題はないですね。一度も攻撃された事はないです。こうやってゆっくり寄って来る時は何かちょうだいって意味なので、威嚇する事もないですし。

ちなみに夫も近くにいたのに白鳥達は一切寄ろうとしませんでした。(爆)

# by Helgashjemdk | 2019-03-13 00:35 | つぶやき | Comments(0)

南デンマーク在住の介護士。仕事や趣味や病気の事を書いてます。


by Helga