鬱病の怖さ

b0253226_20173691.jpg
Chester Benningtonが亡くなって3日経ちましたが、信じられない気持ちと同時にどのように彼の鬱病が悪化したのかどうしても知りたくて毎日ネットで情報を探して読んでいました。



ラジオ番組でChesterはちゃんと『鬱病』がどのようなものか、説明しています。でも見ての通りChesterの表情から重度鬱病とは感じられず、本気で死を考える程まで悪化しているとはなかなか受け取れないと思います。

多分、本当に自分の中にいる悪魔と戦っている人は表に出さないのだと思います。

仕事もして、家族と過ごして、友達もいる。

そんな幸せな生活をしているように見える人が、実は自分の内側にいる何かと戦っているのです。それは本当に別の何かで、自分ではコントロール出来ないのです。

Chesterが亡くなったと聞いた時、私は落ち込んで泣きましたが、それ以上にどうして自殺をしたのか知りたかったのです。夫からはセレブの彼の人生と私の人生は全く違うから比べたって意味がないと言われましたが、比べるのではなくて『鬱』の状態がどう変化していくのか知りたかったのです。なぜなら私の中にも『何か』が存在しているからです。

2013年に精神を病んだ時、私は数回医者に行きましたが結果的には何も得られる事はないと思って本当にひどくなったらまた来るという事にして治療はしていません。鬱病って薬では治らないと思います。このChesterのインタビューではっきり答えがわかりました。凄く的確に、わかりやすく説明しています。

頭の中にいる悪魔は最悪な近所の人だと。

現実の世界で最悪なお隣さんを経験した事はあるでしょう。その人をほっておくか、口論するか、おだてるために何かプレゼントしてみるか、色々方法はあるでしょう。

プレゼントは薬だと思って下さい。一時的に落ち着くけど問題が解決したわけではありません。だから時々話し合いをします。話し合いが喧嘩になれば戦うしかありません。それが頭の中で悪魔と戦う事です。

もう耐えられない、引っ越ししかない。これはこの世を去るという事です。

家族もいて、家もあって、お隣さんさえいなければ幸せなのに、この人のせいで全てを捨てて引っ越し出来ますか?家族も引っ越しする事で失うものは多く不幸になるとしたら、自分1人の為にそこから旅立てるのか。

誰だって家族の事などどうでもいいとは思わないでしょう。Chesterだって私生活を考えると自分は恵まれていると思っていました。でもそれと、頭の中の悪魔と戦う事は意味が違うのです。

すーっと答えが出て来ました。私の頭の中のご近所さんは本当に時々私の想像を超えるような事を仕掛けて来ます。私は今のところ、自分の方が上だと思っているし正しいと思っているから無視していますし、腹が立つとガツンと文句を言う事にしています。うちの境界線に入って来るなと。でもこれが頻繁になってどんどん図々しくなって来たら、誰かの協力が必要になるでしょう。

鬱病だから何も出来ないと言う事はないのです。むしろ本当に鬱の人は人に言いたくないと思いますし、必死で戦っている人が多いと思います。

私は自分で鬱だと思っていませんが、自分の中に自分でコントロール出来ない何かが存在している事は理解しています。

私流の分析ですけど、Chesterは左利きで、右脳が優れていたのだと思います。だから音楽という才能があり歌う事で自分の中の悪魔と戦って来れたのでしょう。彼のスクリームはまさに人の心を惹き付けるものがあり、そうする事によって瞬時悪魔を排除出来たのかもしれません。

でも左脳は思考や論理です。こちらが発達していないと物事を物理的に考えられないと思います。Chesterは感受性が強くやさしい人だったと思います。彼の書く歌詞は難しい単語も少なくとても理解しやすいです。

最後のアルバム"One More Light"はメロディがスローになりシャウトもないというLinkin Parkらしくないアルバムで、賛否両論でした。みんな音楽に注目を置き過ぎて、歌詞をきちんと読んでいたのでしょうか。Chesterからのメッセージです。どれだけ苦しんでいたか、全部彼の心情を書いています。亡くなってから歌を歌おうとすると涙が出ます。どんな気持ちでこの歌詞を書いていたのか…。しかしメロディが本当にシリアスさを感じさせないものがあり、単に『Linkinは軽くなっただけ。』な感じがしてダークな部分が減少しています。Chesterの歌い方は本当に切ないし、シャウトだけのシンガーではないとアピールしています。



If they say
Who cares if one more light goes out
In the sky of a million stars
It flickers, flickers
Who cares when someone's time runs out
If a moment is all we are
Or quicker, quicker
Who cares if one more light goes out
Well I do

Chesterは私達にとって消えてしまったライトです。自分で言っているじゃないですか、消えたからって誰が気にする?の自問自答に『 I DO 』って。私だけじゃなく、We doですよ…。😢

鬱病で苦しんでいる人は、死に向かう前にやはり何かサインを出しています。しかもはっきりではなく、別の形で。もうはっきりと表に出してアピール出来るエネルギーがないからです。周囲の人がそのサインに気付いたら、すぐに助けてあげて欲しいです。それはもう本当に死の世界に向かおうとしている人ですから。

私は夫に、そうなる前に自分でおかしいと思ったらはっきり言うから、と伝えています。私は本当に、過去に2度自殺を考えた事があるので自分でその道が見えかかって来たら、エネルギーがあるうちに口にしようと思います。

自分の中の悪魔と戦っている人達へ、自分が戦う力が減って来たら誰かに協力して貰いましょう。でも戦いから逃げ出して他人に全てを依頼する事は不可能です。

頑張れと言ってはいけない、みんないつも頑張っていると言いますが、自分がその状態だからわかります。頑張れない時はちょっと協力して貰いましょうよ。でも休憩するだけで、自分の人生だから自分自身で立ち向かうしかないのです。

助けてくれる人達が自分の人生を頑張っていないわけではないのです。人間は1人では生きられない。死は本当に最後の選択です…。

ChesterがChris Cornellの誕生日に自殺したのはやはりみんなが想像する通りだったようです。彼はChrisの死後、いつものChesterではなかったと。彼らは離れていられなかったのでしょう。そういう意味ではChesterにとってChrisと一緒にいられる事で今やっと心から幸せになれたのかもしれません。

やっと言えます…。RIP Chester Bennington。あなたは最高のシンガーでした。いや、Chris同様、この世に存在したシンガーのトップレベルでした。天国で、二人で楽しく歌って過ごして下さい…。

もうここまで来ると死ぬのも怖くないですね。みんな空の上にいるから。

[PR]
# by Helgashjemdk | 2017-07-23 21:07 | 音楽 | Comments(4)
どうしてたった2ヶ月の間に私の大好きなミュージシャンが2人も自殺を選んでしまったのでしょうか。私はまだChris Cornellの死から立ち直っていないのに、今度は大好きなLinkin Parkのシンガー、Chester Benningtonが自殺してしまいました…。享年41歳でした。

b0253226_09293666.jpg
Chester Benningtonは私が言わずとも多分どんな人から見ても現在トップレベルのロックシンガーだったと思います。こんなに歌が上手い人、そうそういませんでしたから。その意味ではChris Cornellも同じです。この二人は年齢こそ違っていましたけど、人生が似ていた事もあり親友でした。そしてChesterが自殺を選んだ日は7月20日、なんとChris Cornellの誕生日だったのです。Chrisと同じく首を吊っての自殺。ChesterはChrisの後を追ったとしか思えません。

私にはどうしてChesterまで死を選んだのかわからないです…。いくら辛い人生を送って来たとしても、Chesterは私生活には恵まれていたはず。一度結婚に失敗したけど、2人目の奥さんとは幸せでした。私生活を公開していたし、"My wifey"とTwitterに仲の良い写真を載せたりして、子供も6人いてペットもたくさんいて充実して幸せだと思っていたのだけど…。

ChesterとChrisは親友だっただけあり、離婚も再婚も時期が近く、過去にドラッグやアルコールの問題があった事や鬱で精神状態が不安定だった事などまさに同じような苦しみを味わって来たのです。そして二人共スタイルは違っていたけど安定した音感で何オクターブも出せてシャウトも出来ればバラードも歌えるというロック界ではトップレベルのシンガーでした。

どうして才能がある人達が死を急いでしまうのか…。

Chris Cornellは自殺の1ヶ月前にTVに出た時を観たのですが、その時何となく死を感じさせるような空気は持っていました。なので自殺したと聞いた時に、予感的中な気がしましたが、Chesterは自殺までするとは思っていませんでした…。なので本当にショックです…。

b0253226_10053354.jpg
Chesterが天国でChrisに会っている事を祈ります。Chesterにとっては家族や仲間や音楽を作って行く事よりChrisを選んだという事でしょう。心からの親友だったのでしょう。命を捨ててでも会いたい人がいたという事は素晴らしい事なのかもしれませんが…。

死んだらもう終わりなんですよ、Chester…。ツアー中だったのに。(これもChrisと同じ状況。)みんなを捨ててあの世に逝くのは早過ぎですよ…。悲しいです…。

[PR]
# by Helgashjemdk | 2017-07-21 10:11 | 音楽 | Comments(0)
タイトルの通り、南デンマークにあるとあるレストランでしか食べる事が出来ないKong Frederiks Livret(フレデリック王子の好物)ですが、実は作る事が難しいわけでもなく誰でも作れる料理ではあります。なので私はお客が来る時に良く作っていて、今ではかなり良い味になって来たと思っています。
b0253226_00452193.jpg
日曜日の10時から夫の長男夫婦が来ると言うので、前日の夜から作りました。すっごく疲れていたのでぐったりしながら作ったのですが、なかなか良い味になっていました。やっぱり2日目の方がこれも美味しいようです。

b0253226_00452168.jpg
有り難い事に長男夫婦はこれが大好き。以前作った時に初めて食べると言っていたので、今日で2回目という事になります。

b0253226_00533490.jpg
孫も食べてます。でも彼女は赤カブが大好きで、そればっかりでしたけど。(笑)最初はじゃがいも、その次に卵を見て喜び、ソースを舐めて喜び、最後に赤カブを見るともう赤カブのみになってしまいました。(笑)

ちなみに子供に対してフェルトのランチョンマットはいかんですよ。(爆)もう赤カブの色に染まってしまいました。😅

[PR]
# by Helgashjemdk | 2017-07-17 00:59 | 料理 | Comments(0)
私の家のゲストルームは地下にあります。結構広いですよ!まずドアを開けるとこんな感じです。

b0253226_06412552.jpg
左の家具は一応テーブルらしいです。でも上の部分が蓋になっていて、開ける事が出来ます。中にはゲスト用の寝具が2人分と、クッションカバーやベッドカバーなどが入っています。

目の前にはデスクがありますが、ゲストルームをホテルのへやのようにしたいと思っていた事もあり、デスクは必要でしょ!と思ったのです。まぁ、このデスク、今北欧で大流行りのデザインでして、安い時に椅子と一緒に購入しました。

b0253226_06412464.jpg
部屋の右側はこのようになっています。こうして見ると地下だとわかりやすいと思います。家具は庭用なのでプラスチックで出来ています。なぜ庭用の家具にしたかと言うと、地下なので湿気が気になるから。プラスチックだと湿気で痛む事はないですからね。

右のソファはIKEAのベッドです。クッションマニアの私はかなりクッション買って飾ってしまいました。💗

b0253226_06412526.jpg
窓の方から見るとこんな感じです。かなり広いでしょ?!だってうちのリビングのサイズと大差ないですから。ちなみに床はタイルです。ソファベッドとドアの間に見える黒い物体は暖炉です。

b0253226_06412585.jpg
高級な家具等は一切置いていません。やっぱりゲストルームだし普段使わないので…。でもそれなりに見えるもので私達夫婦が気に入っているものを飾っています。

目の前に見える絵はサルバドール・ダリです。夫が昔から持っていたものですが、私もダリの絵が好きなので趣味がピッタリ。しかし引っ越ししてからこの絵はずっと地下に置きっぱなし。どこかに飾りたくてもなかなか良い場所がなく、やっとここに収まりました。

ゲストだけじゃなくてここでのんびり座って話すという事も出来るし、私達も時々使用したいと思っています。残念なのがアンテナがないのでTVがつけられない事。それがあれば完璧だったんですけどね〜。

[PR]
# by Helgashjemdk | 2017-07-16 23:53 | インテリア | Comments(0)
デンマークの典型的料理と言えば、黒パンの上に色々乗っているSmørrebrød(スモーブロー)だと思います。似たようなパン料理は北欧やドイツにもありますが、デンマークのスモーブローはある程度決まっているので他の国では食べられないかと思います。

b0253226_05033688.jpg
現在夫の友達が泊まりに来ているので、何を作ろうかと言う話になり、スモーブローという事になりました。

夫の友達は5年前に脳梗塞になりました。幸い言語障害もほとんどなく、身体的にもある程度回復したのですが、元々肥満だったのにさらに体重が増えてしまい、現在は病院に通い胃を小さくする手術をするという話になっています。去年うちに来た時は歩く事も大変でした。それでも車を運転する事は可能でした。しかし食事はほとんど取らなかったのです。

今回はかなり元気になっていました。どれだけ食べるか心配だったので、スモーブローなら食べるだろうと思い、さらに普通サイズよりもう少し小さめ(iPhone6の3分の1)で色々な種類をたくさん作りました。

しかしこれだけの種類を作るにはすっごい材料が必要です。←決して安く済まない。

b0253226_05035499.jpg
これだけ買ってもその日になくなるのは黒パンだけで、他のものは大量に残ります。なのでスモーブローを作ろうと思うと数日食べ続ける事は覚悟です。

最初の写真は初日のもの。家庭で作るスモーブローなので特に凝っていません。

b0253226_05040417.jpg
2日目のスモーブローです。今回はレモンを買って来たので卵(真ん中)にレモンを添えました。エビも乗せたし。👍

ジャガイモは新じゃがで、友達が好きだと言っていたから買って来ました。

右の真ん中はレバーペーストです。昨日は赤カブを乗せただけですが、今日はちゃんとベーコンをカリカリにして乗せました。

そう、意外と手間がかかるのですよ。何の上にはどれを乗せるというルールはある程度決まっています。

b0253226_05041751.jpg
白身魚のフライですが、これもある程度決まっています。これにサーモンとエビとアスパラを追加したらStjerneskud(スティヤーネスクゥ)という料理になりますが、そこまでするとこれだけでお腹一杯になってしまうので、この程度で。黒い粒はキャビアです。

私はこのスモーブローを作る事が結構好きです。でも家で一度も作った事がありません!なぜなら夫が黒パンを食べたい時は自分で好きなように乗せて食べているから。なのに私がこれだけ色々知っているのは、単に職場で作っていて慣れているからです!

そう、週末は夕食が用意されていない事が多いので、入居者さん達への夕食を作らなければいけない時があります。キッチンの人が休みの時も同じです。

一緒に仕事していたLと何度もスモーブローを作りました。彼女に色々教わりました。おかげでかなり上達したのです。

夫が初めて私のスモーブローを見て、

『ひゃー!これは初めてじゃないって一目瞭然だね。スモーブロー試験に合格するよ!』

と言っていました。そんな試験はないですけどね。(笑)

魚のフライは買って来ました。うちで魚を揚げる事は不可能ですから。←夫のアレルギーのせいで。

しかしフリカデラ(ミートボール)は手作りです。私のフリカデラ、デンの基本の作り方から外れているのですが、毎回デン人に絶賛されます。👍

でもさ、このスモーブローって決して『料理』と言えないと思うのですよ…。単に材料をパンの上に乗せているだけですから…。だから味の失敗はないのでおもてなしには楽かもしれませんね。😉

[PR]
# by Helgashjemdk | 2017-07-14 05:34 | 料理 | Comments(2)

南デンマークで中古物件購入。遅番介護士として老人ホームで仕事しながら時々リフォームして生活しています。


by Helga