<   2017年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

いじめではないのだが

昨日の話の続き。Rがリーダーから呼び出し面談(個人ミーティングのようなもの)を受けた時の用紙を見てくれと言われたので、読ませて貰いました。←私から頼んだわけじゃない。

話の内容は他の仲間から聞いた通りでした。しかしこの辺が違うとか書かれている事が正しくないと言ってサインはしたくないと言っていました。

今日別ユニットで薬のミスを発見した男性職員のAがアシスタントの協力が必要だからR貸してと言うので、Rに別ユニットに行くようにと言いました。30分たっても戻って来ないので、相当大変なのかと思ったら、Aがやって来て食事時間だから手伝おうよ〜って。

話によるとRは薬が2錠不足しているのに全ての薬を全部チェックしていると。何が不足しているのかAが説明しようとしても邪魔するなと言ったそう。Aは協力しようとしただけなのに助けは必要ないって言われたからHelgaが1人で大変かなと思ってやって来たって言うのです。

Rが戻っていたらAに自分のユニットに戻っていいって言ったんだけど、その言い方の冷たい事…。RがAを嫌いって知っているだけに余計感じてしまった…。

Rが後から薬のミスを修正した事を記録書きしなければいけないのかと聞くので勿論と言うと、その記録の書き方を教えてくれと言うので、

『アシスタントの仕事内容を代わりに書く事は出来ない!』

と言うと、文章を一緒に考えて欲しいと言うのです…。彼女も外国人、記録書きのデン語は難しいし慣れていないから考えるのが難しいのでしょう。

Rはいくら上の資格を取ったとしても全く素人と言っていいレベル。介護そのものも学ぶ事が一杯あると思うので目についた事を教えています。

今日は入居者のトイレ介助後ダイニングテーブルに戻って来た時の事。テーブルに面して横向きで座らせていました。どうやって正面に向けると?椅子を回転させなければいけません。

『ストップ。それはデンマークで禁止されている事だよ。』

と言うと意味がわからないって感じでした。

『体を90℃回転させる事はデンマークでは禁止なの。それは自分の体を守る事だから。それに入居者さんの身体能力を見て出来る事は可能に使うべきなんだよ。』

と言ってどうするのか見せました。こういう事って資格取る前に学ぶ事なんですけどね…。

なので私としては、自分より上の資格を持った人と仕事している気分は一切ありません。基礎を教える事があまりにも多過ぎるからです。

周囲が彼女の事を色々言っていますが、本人は頑張っているし学ぼうとしているのです。でも何かちょっとズレているというか…。言葉の問題なのかな?ちゃんと聞いていないのか、自分の考えで進んじゃうのか。

ニーグンと揉めたって事もどっちも外国人で、デン語の表現方法がダイレクト過ぎるのかもしれません。でも二人共アシスタントなんだから協力し合わなきゃいけないのに、大丈夫か?と思ってしまいます。

いじめではないのですが、周囲が彼女の仕事ぶりに対して不満に思っている事は事実です。仕事が出来る人は大抵協力体制が出来て頭の回転が早い人だけど、Rは本当に自分のやるべき事が明確に理解していないのでこの先心配です……。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-29 09:52 | 仕事 | Comments(0)

回りはみんな仲違い

さて週末勤務スタート。今日は別ユニットでした。凄く仲良しのヨアンと仕事!久しぶりで嬉しいー!!

しかし私の新しい仲間のRは私と3日連続一緒に仕事出来ると思っていたらしくガッカリしていた。

ヨアンはストレスで体調不良なんだけど、変形性関節症であちこち痛いそう。病院でレントゲンしてもらって、理学療法士のところで治療をする事になったそう。デンマークはカイロとかマッサージとかはいくら治療でも自腹なので、結構な金額がかかります。

『医者にストレスと鬱は違うから薬は出さないって言われた。そして気をつけるようにって言われたけど、どうやって?!って思わない?だからストレスになっているのに、これ以上どうやって気をつけるの?』

とヨアンが言っていたけど、私も眼科で同じように自分で気をつけるようにって言われたって話をすると、デンマークは結局病気の管理も自己責任なので、それもストレスになるって話をしました。

うちらの中年世代、あちこちガタが来ます。30代の時には一切考えていなかった事がどっと起きる。高齢者の『あんたも年取ったらわかるわよ!』ってセリフ、聞いた事ありません?40代になるとだんだん分かって来ますから。

別ユニットのニーグンがやって来て、

『あんたの新しい仲間(Rの事)全く仕事出来ないね。わからないなら聞きなって言ったのに聞きもしなければ薬詰めもせずに黙っているから、何も出来ないのかって言ったら喧嘩になっちゃってね。あの子私の事嫌いだと思うよ。』

って……。実はRから同じ話を聞いたので私は挟み撃ち…。

全くどうなっているんだ?仕事に来て仲間同士のゴタゴタ聞くのはうんざりですわ…。

とある男性職員と女性職員は付き合っているのか?みたいな状況だったのだけど、男性職員は結婚しているし不倫か?みたいな感じでみんな噂していたんだけど、今不仲になってしまって一緒に仕事もしたくない程らしい…。

あー、もう、何なんだ?!

Rのお手伝いした時に、凄く話をしたかったみたいだったけど、時間がなかったので明日一緒に仕事した時に話そうと言ったら、

『明日本当に一緒に仕事出来る?』

と言うので、当然大丈夫と言うと嬉しそうだった。入居者の担当業務も少し教えてあげなきゃと思ってるし。

私自身は目の調子が不完全なだけで、仲間に関しては問題抱えていないのだけど、振り向けば不仲同士な連中ばかりって感じですわ…。大丈夫か、うちの職場…。😓

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-28 07:42 | 仕事 | Comments(0)

網膜剥離の定期検診後…

定期検診に行って来ました。

ネットで色々調べているせいか、目医者の言う事は新しいものではなかったです。何かガッカリ。

この目医者は私の執刀医でもないし、検診の為だけに通っている、いわゆる私の網膜剥離という病気の通過点にいるだけです。医者としてやるべき事はやってくれるけど、それだけって感じがします。

執刀医からの情報を読んだ後に目の検査。異常なしとの事。

肉体労働の後は目が痛い事、光を見ると黒い点が見える事、歪みが全然治っていない事、目のかゆみやしみる事、白内障の手術はどうなるのか、

などなど疑問を投げかけましたが、どれを取ってもはっきりとした答えは返って来ませんでした。

目の状況としては手術後だしすぐに回復しない事はわかっていますが、網膜が剥がれたにしても元の位置に戻っている以上、医者としては何も出来ないのです。

目が乾燥気味なので保護するように目薬を注すように言われました。

肉体労働に制限もないけど、いきなりボクシングやったりとか危険な事は目には良くないよと。←そんな事言われなくてもわかってますよ!!

コンタクトレンズもしていいよと。←日本じゃ術後2ヶ月でOKしないと思うのですが…。

歪みに関してはノーコメント。

白内障はこれから1年くらいの間に悪化していくだろうけど手術自体は大変なものじゃないので焦る事はないと。
なので手術予定も組まないし様子見です。

次の検診は半年後!え?!マジですか?!

30kmも離れた眼科に毎月来るの大変でしょ?と。

でも執刀医が1年間毎月定期検診するようにって言ったんですよ!私にはまだ新しい網膜剥離の可能性があるからって…。

まぁ何かあったら来るようにと。それにリスクは何に関してもある事だからって…。


さすがデンマーク!!!それで終わりか?!(怒)


私、ハンディキャップ持っちゃったんですよ!😭



見放された気分です。そうなんだ…、全部自己責任、自己管理なんですね。定期検診って目の状況だけじゃなくて精神的な検診でもあると思うのです。自分のハンディと向き合ってくれる医者がいるという安心感でもあると思うのです。

でもデンマークは医療費無料ですから、そんな無駄な検診にはお金かけないって事でしょうかね。毎月見たところで大した変化ないでしょうから。で、ちょっと目の調子が悪いとか異常があれば連絡して自分で来いと。


もうね、悪いと思ったら眼科に行くより救急外来行きますよ!じゃないとまた手遅れになっちゃうし!

すぐおいで、という言葉、凄く無責任ですよね。どこに行けと?今回だって行くべきところ(眼科)が夏休みだったんですから!いざと言う時も自分で正しい判断をしろという自己責任ですから、この国は!

帰って来る時、車の中で怒りと悲しみでちょっと涙が出ました。このハンディを持って生きるしかないし、いずれ歪みが減って行くと信じたい。←執刀医が歪みは良くなるだろうと言ってくれたから。

家に戻ってから仲良しのデンマーク人の友達にメールすると、

あなたが今とっても大変な事に向き合っているってみんなが理解している。あなたの事が大好きだからみんなが応援している。今よりも良くなる事を願ってるから。

と返事が来ました。泣けました。


ちくしょうっ!強くなってやるしかない。

年を取ったらみんな老眼鏡をかけたりして、みんなだってちゃんと見えてないじゃないか。そういう意味ではみんなハンディを持っている。私は違う形なハンディなだけ。今の状況に慣れて歪んでいる事も忘れて生活出来る日が来るだろう…。

でもいくら運動に制限はないと言われても、さすがにジムでトレーニングするのはまだ止めておこう…。💦

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-27 02:50 | 病気 | Comments(2)

2ヶ月早いクリスマスプレゼント

皆さんブログを書いたり読んだり、インターネットをしたりメールを書いたりは何を使用していますか?

私はApple派なので25年ずーっとMacしか使用していません。現在はMacBook Pro使用ですが、もう5年使用しているのでそろそろ買い替え時期です。

夫は私と結婚してMac派になりました。それまではずっとWindowsだったけど、Macが欲しかったそう。単に当時は値段が高くて手が届かなかったのです。現在も高いですけど、Mac使ったら止められません。

夫はiPadも持っています。既に1度買い替えしたので、2台目です。

携帯は二人共iPhone6です。

夫のMacBookは2011年モデルなので白のプラスチックボディです!もう買い替えしなきゃねと言っていたのです。いつご臨終になるかわからない程ヤバい状況だったのです。

何と近くのお店で短期間のセールが!少しだけ安くなったので今欲しいと言われたので、クリスマスプレゼントという事でMacBook Pro13インチ256GBを購入しました。

b0253226_05471128.jpg

何だこの薄さ!?おまけに音がすっごーーーーい良い!!羨ましいぞーーー!!!あぁ、本当はそんなお金なかったんだけど、今年は私の目のせいで旅行はキャンセルになっちゃったし、古いパソコン使っている夫を見ていると色々我慢させてかわいそうで、もう買ったら?って事になったのです。

うちの夫、結婚当初は私がデン語出来ない事もあり、財布どころか口座まで自分で何とかしようとしていたけど、今は100%私が管理していて夫は貯金いくらあるかも知らないという。(笑)なので毎回欲しいものがある時はこれこれ欲しいけど経済状況は大丈夫ですか?と聞くのです。😅

ちなみにこのMacBook Pro13インチ256GBはAppleのサイトだと日本円で¥164,800 (税別)¥177,120 (税込) ですが、デンマークでは税込みで24万円です!!日本だと6万円以上も安いっ!!

なので私、里帰りした時に私用のMacBookを買いたいと思っています。😅

ちなみにちょっと安いけど128GBでは不足だしAirは眼中にありません。でも今は目がこんな状態なので、宝の持ち腐れになるなぁと思い(節約の為日本で買いたいし)今はいいやと思っていますが、私のパソコンも途中でフリーズする回数が増えていつどうなるか不安ですわ…。💦

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-26 06:17 | デンマーク | Comments(2)

外側から見えないという事

2日間別のユニットで仕事したのですが、そこのユニットには看護師さんの部屋がそばにあります。さらに別のユニットの女性入居者さんが看護師さんの部屋を叩いていました。

『どうしたの?もう看護師さん帰ったから閉まってるよ。』

と言うと、

『どうしよう!!目が見えなくなってるの!!』

と言っていました!

話を聞くと左目がはっきり見えないと。看護師が帰った後だし私のユニットの入居者じゃないので、自分のユニットの職員に話した方がいいと言いました。

火曜日に入居者情報を読むと、彼女の目の事が書かれていました。水曜日に予約が取れたとの事。

デンマークの眼科は数ヶ月待ちが普通なので、次の日に予約が取れたという事は緊急扱いしてもらえたという事で良かったです。

夕方彼女にばったり会いました。

『目の調子はどう?』

と聞きました。するとまだ見えないので片目の視力を失うのではと不安だと言っていました。私がその気持ちよくわかると言うと、当然なんで?と聞かれました。←月曜日に眼帯して仕事していたのに覚えていないという事は、それだけ人のハンディなんて誰も気にしていないという事ですよ。

今視力を失うかもと不安を抱えている人にあまり詳しい事は言いたくなかったので、目の病気で今私も視力が落ちて見えにくいんだよと話しました。

視力の不安を抱えている人と話して感じた事は、その人の見え方なんて一切わからないし想像も付かない!口で説明されても明確じゃない限りどこまで本当かわかりません。

そりゃー、いくら私がどうこう言ってもなかなかわからないだろうなと思いました。

私がどう見えているか説明する時は、

(1)度の合っていないメガネをかけて普通に見ようと目を働かせている状態

(2)目の前にガラスのコップをかざして見ている状態が右目の視力

なのですが、特に2番目をやってみて下さい!文字など歪んでいますから!それが片目の視力なので、両目を開けて物を見るとすっごくしんどいんですよ!でもその状態で、普通に見えるように脳が学ぶので頑張って両目を開けなければいけないのです。さすがにパソコンの文字や携帯はまともに読めないけど、景色等は何とか両目で見れるようになりました。船酔い状態はクリアしたという事です。

入居者さんと話して彼女の不安も周囲の感覚もわかりました。自分でも視力落ちた状態なのに他人の視力なんて口頭じゃ理解出来ないですもの。でも彼女の不安に寄り添って明日に備えて眠ってねと言うと、話を聞いてくれてありがとうと言っていました。

仲間の1人が、『精神的なものじゃないのか?』と言っていましたが、私は精神的なもので片目だけ見えないって事はないと思うので、眼科に行ける事は良かったと思っています。話を聞いた限りでは網膜剥離の症状はなかったので白内障程度で済んで欲しいですけどね。

自分が目の病気をした事で、入居者の視力に関して敏感になってしまう。(苦笑)ある意味経験が役に経つのかも。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-25 17:11 | 病気 | Comments(2)

なんだかな〜

仕事に行ったら全員社員だったという久々の状況。なのにリーダーから、

『ちょうどいいチャンスだから社員を入れ替えして別ユニットを学んで。』

と言われました。カーステンは自分のユニットで仕事していないと不満気だったので、私が移動する事に。社員となら何とかなるし、身体的に楽なユニットなので大丈夫でした。

でも21時から1時間、別のユニットの手伝いがあるのです。そこが身体的に一番厳しいユニット。1時間だし社員とだから大丈夫だと思ったのですが…。

新人のコーラさん(仮名)自分のユニットだけど全然把握していません。私は網膜剥離になる前にそのユニットで代理と仕事した事もあるし年に数回だけですが働く機会があるだけ程度ですが、21時から誰の就寝介助があるか知っています。

しかしコーラさん、かなりオロオロ。私のユニットじゃないんだから、コーラさんが私に指示を出してと言ったし、身体的にハードな事は出来ないと伝えたのだけど、私が主導権を握って介助をするような雰囲気に。いくら2人の介助でもリフトだし身体的にかなりキツいのですが、私が動く形だと目に悪いので何度もそこは頼むよと言ったけど、一杯一杯だったみたいです。

最終的には最後の1人は私が主導権を握っておむつ交換をしてさくさく終わらせましたが、目が痛くなりました…。😢

このユニットで仕事が出来ないと実感しました。社員が主導権を握ってのヘルプは出来るけど、自分が動くのは目に悪いと実感しました。

キューバ人のスーサンが休暇から戻って来て、身内に網膜剥離で視力を失った人がいると教えてくれました。だから出来ない事ははっきり言いなよって言ってくれました。病名は知っていても症状や状況を知らない人が多過ぎるので、なかなか理解してもらえない事が多いような気がしますが、自分を守りながら仕事します…。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-24 20:14 | 仕事 | Comments(0)

Guano Apesを知ってる人いますか?!

90年代から1人でデンマークやドイツに旅行していた私。ドイツのどこかのホテルで1人のんびりTV番組を観ていた時の事です。MTVだったかでGuano Apesというバンドを知り、一発で気に入ってしまい速攻CD買いに行きました!Wikipediaに色んな言語で載っているのに日本語がない!!って事は日本で人気ない&アルバムが出ていないのでしょうか?!そういえばGuano Apesを好きとか知っている人の話を聴いた事が一切ありません!!

でも彼らが全盛期だった時って最初の2枚だったような気がします。今はちょっと落ち着いてしまった感じがするし、VoのSandraが女性っぽくなってイメージが変わってしまったから。それはそれで良いのですが、私は初期のGuano Apesが大好きなのです。



タイトルが"Big In Japan"!!聴いての通り、Sandraの声の出し方がカッコ良過ぎです!これだけヘヴィな声を出して魅了する女性シンガー、あんまりいませんから。😍



この”Dödel Up”を聴いて私はCD買いに行ったのです。(笑)新作がセカンドアルバムだったので、聴いていないのにファーストも一緒に買ってしまいました。ファーストの方がさらに好みだった。😍



このビデオ、最近初めて知りました!面白い〜!!Sandraのいかにも女ですーみたいなファッションじゃないのにとってもかわいいというところが大好きです。

90年中盤から私はどっぷりオルタナ系にハマっていたので、Guano Apesは私のツボでした。ドイツっていいバンド多いですが、あんまり日本に入って来ないですよね…。

でも90年代から洋楽が低迷という感じだったからしょうがないのかな…。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-23 01:39 | 音楽 | Comments(0)

家族とは

本日夫と一緒に息子達に会いに行きました。まずは次男とランチ。1人暮らしだったけど、昔からの友達と一緒に住む事になったようで同居人がいました。部屋もきちんと片付いたようで一人暮らしよりずっと良さそうな感じでした。

夕方から長男家族のところに行きました。目的は孫&夕食。長男夫婦と言っても籍を入れたのが今年の5月なだけで私と夫が結婚する前から同棲している程付き合いの長い2人なのでずっと家族状態です。孫が出来た事がきっかけで私達が時々遊びに行くようになりました。

夫は長男が7歳、次男が2歳の時に離婚しています。住んでいるところも150km離れている事もあり夫は自分の子供でありながら遊びに行くとか遊びに行きたいとか、自分から声をかけた事がほとんどなかったのです。会いたくないわけじゃなく、父親として特に何かしてあげる事もないから幸せならそれでいいみたいな感じで見守っていたようです。

でもそういう態度だから息子達も自分の父親のところに来るとあまり言わなかったのです。夫は息子達の生活の邪魔はしたくないからと言っていたのですが、言葉ですら言わないから全然伝わっていなかったと思います。

私と結婚してから次男がうちに来るようになり、一時期一緒に住んだりもしたし凄く近くなったと思います。でも長男はもう彼女がいて家も持っていて、彼女の家族との付き合いが多くあまり私達との付き合いはなかったのです。でも孫も出来て会いに行くようになって、今年は一緒にクリスマスを過ごそうという事になりました。

夫としては息子2人とのクリスマス、大人になってから一度もないのです。でもOK貰って夫嬉しそうでした。料理大変だけど楽しみです。

b0253226_08123438.jpg
それにしても孫は来月でもう2歳になります。一足早い誕生日プレゼントを自分で開けたり、ネコに餌をあげたり、馬にもビタミン剤をあげたり、自転車を漕いだりと凄い成長ぶりです。

親(長男夫婦)は二人共多忙だけど、躾もしっかりしているし、孫はとても良い子に育っています。だって一緒に料理しようとするんですよ!今日は夕食がピザだったのですが、サラダを作った時に一緒に手伝おうとおままごとのナイフを持って来てキュウリを切ろうとしていました。(笑)

ちなみに誕生日プレゼントはおままごとセットです。おなべからお皿やコーヒーカップなど60点セット!すぐに遊んでくれました。😊

1歳10ヶ月ってこんなに出来る事一杯あるのかーと思うと赤ちゃんの時期なんてあっという間って本当ですよね。これだけ人見知りせずにマイペースな子も珍しいんじゃないかと思う程です。😅

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-22 08:30 | デンマーク | Comments(0)

不自由な状態のストレス

網膜剥離の手術から2ヶ月と5日経ちました。一般的には術後2ヶ月ってもう元気なんじゃ?と思うところですが、網膜剥離の場合は『まだ2ヶ月』かもしれません。それだけ道のりが長いという事で、焦っちゃ行けないけど腹立たしい事が一杯です。

正直2ヶ月も経たないうちから介護職に復帰するってかなり危険かもしれません。でもきっぱりと、

再発の可能性があるので重度入居者の介護は控えたい

と言いました。自分を守る事も必要です。私は今までフレキシブルな職員で、どのユニットでも必要なら働きました。それが代理と一緒でもです。1人で自分の知らないユニットで8時間仕事した事だってあります。みんなが避ける事もやって来ました。

そんな私は2ヶ月前の網膜剥離のせいで、自分自身じゃなくなってしまったようで、仕事をしていても頭痛とめまいとストレスで少しの休憩を取りつつメガネを取って目を休ませたりして仕事をしています。

週末は職員不足の為、自分のユニットでほぼ1人でした。でも今私のユニットは身体的に重度な人がいないに等しいので何とかなります。

月火曜日も病欠が出て、私の仲間のカーステンにお願いして他のユニットで仕事してもらいました。そのユニットは入居者の半分がリフトで、今の私にはリスクが高過ぎて出来ないと言ったのです。

カーステンは他のユニットで仕事するのが嫌な人なので、当然不公平だと思っているしこんな形でずっと仕事してられないと怒っていました。

本音を言えば、自分だってちょくちょく病欠しているくせに何だよ?!とか、言っちゃ行けないけど男なんだから少しの間頼りになる態度取ってくれよ!と思ってしまいます。いっつも私に他のユニット行ってくれみたいな態度だったくせに、自分が頼まれると怒るのかよ?!

でも本当に今は自分の事を考えたいのです。これが永遠に続くわけじゃない。でも年内は控えたいのです。だってまた網膜剥離になったら、多分私は失明するかもしれませんから。既に2回も手術していて、私の右目はどれだけ手術に耐えられるのかわかりません。かなり出血したみたいだし。

今日は仕事休みですけど、ドイツまで買い出しに行った事もあり目が疲れたのか痛いです。ホント、目の後ろ側が痛くて頭の右後ろが痛いって変な感覚です。

あーあ、何でこんな風になっちゃったんだろうなぁ…。今日もドイツのスーパーで物を探す時も本当にしんどくて、時間がかかるから夫にせかされてちょっと口論になってしまった…。おまけに夕食のギロピタも夫の手から受け取ったつもりだったけどちゃんと受け取っていなかったようで、落としちゃったし。←テーブルに落ちたので床に落ちた分はほとんどなかったので一安心。

自分にイライラするし、自己嫌悪だし、網膜剥離のせいなのに、自分自身の結果になってしまっているし…。

凄く年取った気分です。何をするにも時間かかるし前のようにさくさくと動けない自分が嫌で仕方ないです。

自分の生きる人生の時間はまだあるのだろうけど、社会人として仕事している以上、私の状況を理解して見守ってくれる周囲の根気はそんなに長くないのですよ。いくら明日あさってや来週や来月に良くなるわけじゃないと伝えていても…です。仕事に来ている以上前と同じように仕事しろというのが現実。単に別ユニットでは働けないってだけで、自分のユニットなら仕事出来るし、他のユニットの手伝いも出来る。でも他のユニットで責任持って仕事する事は体力的な面は勿論、情報を大量に読まなければいけないという事が目を酷使するので辛いのです。

この8年、2年に1回程度のペースで数日インフルエンザの為休んだ以外長期間病欠した事がなく、しかも長期っても4週間だし…。病欠で言えば私は休まない職員のトップだったくらいなのに。そんな取り柄もなくなってしまいました。まぁでも私の状況に文句言ってるのはカーステンだけなんですけどね。みんな心配して声かけてくれるから、年内は大目に見て欲しいですわ…。


[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-20 06:51 | 病気 | Comments(2)

Marilyn Mansonの新作!!

とうとう発売されましたーー!!Marilyn Mansonの新作"Heaven Upside Down"です!!

b0253226_03240281.jpg
凄いシンプルなジャケット…。(笑)いやぁ、前作も良かったですけど今回もマンソン色で溢れていて、期待を裏切らない作品ですよ〜〜!!

Marilyn Mansonを好きな人なら気に入ると思いますが、決して人に勧めるつもりはありません。(苦笑)だって一般的に受けるようなヴィジュアルでも音楽でもないですからね。



"We Know Where You Fucking Live"です。いかにもマンソンなビデオで嬉しいです。💗



"Say 10"には何とJohnny Depp出てる〜〜!!!😂😂😂

実はこの2人、プライベートでも仲良しですし、一緒にツアーも出てましたからね。←私はJohnny Deppのファンではないですけど。

しかしこのビデオ、大丈夫なのか??ってくらい色んな意味で危ない…。女性に関しては見せていないからいいかもしれませんが、セクシーですねぇ…。それにこんなに大量の血…。あぁでも"Heart Shaped Glasses"も血の雨ですからギリギリですかね?



この曲は既に10年前ですが、ビデオに出ている女性は女優のEvan Rachel Woodです。18歳年下のEvanと付き合っていましたが、清純そうに見えて結構凄い彼女。このビデオ、本当は前半が映画みたいになっていて、二人のセックスシーンがあるのですが、演技じゃないそうです…。当時はオフィシャルサイトでカットなしで観れたけど今ないですねぇ。

Marilyn Mansonと言えばつい最近NYのコンサートで銃のセットの下敷きになってコンサートが途中で中止になりましたけど、まだ正式にツアーに戻るとニュースに出ていませんね。でもあのシーンを観る限り、ハリボテみたいなセットにぶら下がったから倒れたのだし無理があるぞ〜!と思ったのは私だけじゃないはず…。危な過ぎる…。

ちなみにデンマークにも来る予定ですが、遠過ぎて行けません。ハンブルグに行こうかと思ったけど、結局買ってなくて…でも来れるのか??まぁ今の私の目の状態では無理があるのでチケット買ってなくて良かったです。

でもアルバムは最高ですよ〜!!👍👍

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-13 04:07 | 音楽 | Comments(0)