<   2017年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

久々に仕事に行くと

ニーナさんという入居者さんは前頭側頭型認知症でして、一般的に言われている症状(反社会的、暴言、記憶力低下)などが満載で入居しましたが、凄く落ち着いて記憶力はかなり上がり認知症とは言えない程のレベルになりました。カッとした時に暴言を吐く事はありますが、なぜか私はニーナさんのお気に入りなので、私が注意したり話しかけるとちゃんと聞いてくれます。

しかし私の事をなぜかAnja(アンヤ)と呼んでいます。

公休と講習などで7日不在でした。ニーナさんは私を見て、

『しばらくぶりじゃない?どうしてたの?』

と聞くので講習だったから来れなかったんだよ、と言うと納得したけど、数秒後には同じ質問をします。それを3回繰り返した時に、

『あ、そうだね、さっき講習って言ってたね。』

と言いました。その後はその答えが頭に残るので、次の日も忘れないのです。本当に暴言ばかり吐いてて誰の介助も避けていた人だったのに、凄く落ち着いてくれて有り難いです。

そんなニーナさん、今日は、

『アンヤと私は友達だよね?』

と言いました。ちょっと嬉しかったです。

その後は、

『アンヤ面白いから大好き…あ、Helga(ここは本名)だったね。』

と言いました!!!

『えー?私の本当の名前覚えたの?』

と聞いたら恥ずかしそうに、うんと言っていました。あまりにもかわいかったのでハグしちゃいました。(笑)

そんな良い事もあったけど、鬱病で精神病の男性入居者さんがまた自殺を計りました。なので彼は入院しています。自殺を計ると言っても本気じゃないのでちょっと腕を切る程度らしいです。私が長期不在の時に起きるので一体何があったんだ?みたいな感じです。私が仕事している時は結構精神的に安定しているんですけどね…。

誰も本気で考えてくれないという事が彼にとって一番ストレスなのです。だからわざわざ祝日に腕を切ったようです。だいたい50代の彼を老人ホームに入れる事自体間違っていますよ。話す人がいなくて1人で部屋に籠っていて、良くなるわけがないです。

多分彼は別の場所に移動する可能性が高いです。全くデンマークの制度はどうなっているんだ?と思いますよ…。

それにしても日が長くなり、21時でも明るいせいか、何人もの入居者さんが就寝したがらないので、21時以降が忙しいです。💦

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-27 07:39 | 仕事 | Comments(0)

生と死について

中年になると親や身近にいる人、それに憧れのスター達が次々と天国へ逝ってしまいます。高齢でこの世を去る事は仕方ないけれど、自ら命を絶つ人も中にはいます。死に向かう人達と接している仕事なので、死は身近にあり慣れています。なのに大好きなアーティストの死に関してだけは毎回受け入れる事が大変です。なぜなのかわかりません。私にとって音楽は特別で、タワーレコードの宣伝みたいだけどNo Music No Lifeはまさに私の人生でもあるのです。

生きるって何だろう?死って何だろう?と考える時ってありませんか?

今日外を歩いていた時、空を見ました。雲があるけど天気が良かった。Chrisはもう空からこちらを見ているのだろうか?先に逝った友達に会って歓迎されているのかな?

ChrisはAtivanという抗不安薬を過剰摂取した為に正気ではなくなって自分の首を絞めて他界したような話ですが、まだ結果ははっきり出ていません。

何とかなるだろうと思ってちょっと大げさにした事が命取りになる事があります。ギリギリのところで何とかなれば次は気をつけるでしょう。

なのにChrisはたった1錠程度多く摂取しただけで命を失ってしまった。抗不安薬がどれだけ恐ろしいか、わかったところでもう遅いのです。運が悪かったという程度では納得出来ません。

私も抗不安薬を飲んだ事があります。私はたった1錠で、意識がなくなり病院に運ばれました。しかし『意識』がないと思ったのは私以外の人であって、私は全部見えているし聞こえているのです。ただ言葉も発せず体も動かないというだけだったのです。そんな経験をしたからChrisがどんな状態になって自分の首を締めたのか、怖くて想像出来ません。ただ涙が出るだけです。

死んでしまったらやり直しは一切利きません。この世から去るという事はもう全て終わりなのです。

生きている間に出来る事はたくさんあるけれど、全てを手に入れる事は不可能です。命はいつかこの世から消え去り、今日が晴れだとか雨だとか、事故が起きたとか、地震が来たとか、そんな事は一切知る事もなく、どうでもいい事になってしまいます。だってこの世にいないのだから。

残された人達はこの世を去った人達の思い出を心に持ち続けて生きて行きます。でも亡くなった人達はもうこの世に何も残せないのです。そう、人生は終わっているのだから。

死ぬってそういう事です。だからせめて命があるうちは生きている事を少しでも有り難いと思って楽しく生きる事が出来るようにしたいです。

一呼吸置く必要って全てにおいて必要です。生きる事を選ぶ方が大変な事もあります。でも大変な時があっても、楽しい事も嬉しい事も未来にはあるのです。

生きているだけで小さな幸せにはいくらでも出会えます。それを心に刻んでおきたいです。

Chris Cornellのような素晴らしい人がこんなあっけなくこの世を去るなんて、神様はロック好きだとしか思えません。Chrisの仲間達も早々に天国へ逝っています。みんなを集めて音楽を楽しんでいるのかもしれません。それなら死も怖くないですよね。私はまず最初にDavid Bowieに会いに行く事にしていますから、Chris Cornellはその後になります。でも本当は現実の世界で会ってみたい人でした…。奥さんと仲が良く子供達を心から愛していたChris Cornell。きっと家族の事を考える時間すらない程狂気の世界に入り込んだのかもしれませんね…。結婚して13年、奥さんの事を考えると本当にどうして自殺してしまったの?!と涙が出ます。



"Like A Stone"、大好きな曲です。切ない…。Chris Cornellは美形ミュージシャンとして密かに知られていましたが、髪型一つでがらっとイメージ変わります。いつのChrisが好きとかはないですが、短髪でこんなにセクシーとはさすがです。💗しかもこの時はがっつりトレーニングしているって体型です。

音楽やトレーニングってアドレナリンが出ますから、鬱の人には効果的でしょう。何となく影のあるシンガー達ってきっと歌う事で精神状態を保っているのかもしれませんね。Chrisの声や歌い方は哀愁漂う切ないトーンですから、聴いて元気になる!という感じではないので盛り上がりたい時に聴きたいシンガーではないのですが…でも大好きです。

心を入れ替えて、私は明日Rammsteinのコンサートに行って来ます。生きている間は楽しまなきゃ。👍

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-25 07:18 | つぶやき | Comments(0)

ロイコペ、ヴィンテージ商品B&Gセット

ロイヤルコペンハーゲンのMågestel(カモメ)の食器セットを手に入れてしまいました!
b0253226_05561589.jpg
こんな一式、普通は手に入れる事は不可能だと思います。実は義母が持っていて、いらないから処分したいがどうしたらいいかと昔から言っていたのです。夫はこんないいもの持っているなら日常で使えばいいじゃないかと言っていたのですが、そこは昔の女性の義母、高級な物はお客さんが来た時にしか使わないという考えを曲げられず、ただ箱に入れたまま何年もほったらかしでした。

b0253226_05562637.jpg
先週夫の長男の結婚式に出席した時にこのカモメのコーヒーカップが使われていていました。長男の奥さんはこのカモメのコーヒーカップセットを中古で買ったのですが、かなり安い値段でたくさん購入出来たと去年だったか話していました。

実は私も欲しかったのですが、私の近所ではこれを売りに出している人がいなくて、なかなか見つけられませんでした。あったとしても高過ぎて手が出ない。去年コペンに行った時に蚤の市で発見しましたが、持って帰れないので諦めました。コペンでは意外と安かったです。もうこんな昔のシリーズ欲しがる人はいないと言っていました。

実は夫も『おばあちゃんの家みたいだから嫌だ。』と言っていました。でも私、ロイコペ大好きでして、特にこのカモメシリーズは廃盤だから欲しかったのです。

で、結婚式の時義母に、

『私もこのカモメのコーヒーカップ欲しいのよね。探しているけどなかなか見つけられなくて。』

と言ったら、

『あらっ!私持ってるからあげるわよ!』

と言ったのです!!あげるって?!これ売ったら結構いい値段になりますよ!前に夫がいらないって言ったから私に聞かなかったそう。でも私が欲しいならあげるから!と言うのです。

それがこれ。凄いっ!ケーキ皿も食事用の皿もスープ皿もあるよ!!!

b0253226_05563933.jpg
これはスープを入れる器らしいけど、あまりにも素敵なので飾る事にしました。👍

b0253226_05565155.jpg
うちのサイドボードの中を片付けてスペースを作りました。バッチリじゃん!!👍

b0253226_05570327.jpg
全部洗ってすすいで拭いて片付けて…。私1人で2時間かけて作業していました。夫は何していたかって?今夫は丹毒にかかってて、義母のところに行って戻って来たらダウンしてしまいました。←ペニシリン飲まずに寝てたから余計悪化した。💦

そして夫が薬を飲んで少し元気になったところでコーヒータイム。せっかくだからコーヒーカップを使ってみました。う〜ん、カップがいいだけでコーヒーが美味しく感じる。(笑)

デンマークだとこのコーヒーカップは1000〜2000円程度で購入出来ると思います。勿論新品は売っていないので、全部中古です。義母の世代は持っている人が多いです。だってホームに入って来る入居者さんで持っている人が何人もいるんですよ!!思わず入居者さんが亡くなった時に売って下さいって言いたくなった程です。←それは勿論言ってませんが。(^^;;;

ちなみにポットもあるのですが、実はずっと昔に貰ったのです。夫がポットなんて使わないだろと言ってどこかにしまっているので、それも飾りたいと思います。

ちなみにコーヒーカップセットは15個あるのに、ケーキ皿は13枚でした。数が合わないからケーキ皿見つけて2枚買うか?と夫が言ったけど、

うちに15人もお客が来る事ないからそんな心配はいらないって!(爆)

それにしても夢が叶ってしまいました。義母に感謝です。💗

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-22 06:29 | マイホーム | Comments(4)

R.I.P.... Chris Cornell 😢



Audioslave時代の曲ですが、"Show Me How To Live"なんて皮肉なタイトルです…。

今日Chrisの奥さんVickyの説明を読みました。母の日に兼ねてツアー中なのに自宅に戻って来て家族と過ごし、子供と遊んでからデトロイトへ戻ったそう。コンサートの前は休暇の話をしたのにコンサートの後に電話で話をすると、ろれつが回っていない話し方で、Ativan(抗不安薬)を多めに飲んだと言ってChrisはただ『疲れているだけ。』と答えたそう。

それで心配になったVickyがセキュリティーに頼んでChrisの様子を見に行くように伝えたそう。

セキュリティーはドアを蹴り開けて中に入るとバスルームで倒れているChrisを発見。口から血を出して首にはエクササイズ用のバンドが巻かれていたそうです。

コンサート終了からたった1時間の出来事でした…。

奥さん曰く、Chrisが自殺を考えていたとは思えないとの事。休暇の話もしたばかりで子供達に悲しい思いをさせるような事は絶対にするような人ではないからだと。

Ativanを使用していた事自体、精神的に悪化していたのでしょうか…。でも多分Ativanの副作用で悪夢を見ての自殺だと思いたいです。

本当に、ちょっと時間を戻せば助ける事が出来るのに…と思える状況での死です。自殺だと思いたくない気分で一杯です。

Chrisの家族はとてもショックで受け入れる事が出来ないと思います。本当に辛い悲報です。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-21 06:30 | 音楽 | Comments(0)

生きる意味を探す人達

Chris Cornellの自殺のニュースを聞いてから、延々とSoundgardenとAudioslaveの曲を聴いています。写真はAudioslave時代のもの。
b0253226_02354907.jpg
ジーザスみたいな髪型の時の印象も強いけど、短髪も似合ってます。

b0253226_02355528.jpg
私はAudioslaveの音楽の方がSoundgardenより好みです。年を取ってChrisの声はより深みが出て来たのでとても渋くて心に響きました。



この"Be Yourself"は私のツボでして、聴いているだけで涙が出て来ます。この曲は2005年の曲。当時の私は自分の人生に悩んでいました。このまま結婚生活を続けていこうかどうしようかと考えていた時に良くこの"Be Yourself"を聴いていました。

To be yourself is all that you can do

私は日本で生活していた時、本当の自分がどんな人間なのか全く理解出来ませんでした。だから自分自身でいる事の意味がわかりませんでした。日本にいると横並びの生活ですから、そこから飛び出るだけで変わり者やわがままと言われますから、時々出ても戻るしかないみたいな気分でした。

最初の結婚は夫婦として機能していなかった。お互い嫌いだったわけじゃないけど、男と女として愛し合ってもいなかったしただの同居人だっただけ。でも愛がないだけで離婚する日本ではない。そんな事みんな同じなんだと言われて来ました。

このまま私は65歳まで生活して定年になった時後悔しないか?と思ったら、答えはすぐに出ました。人生まだ残っているのなら、先が見えている人生は送りたくないと。

Chrisの書いた歌詞のおかげで私は背中を押されたのです。そして新しい人生を送る事が出来たのです。

それなのにChrisは自ら命を絶ってしまった。彼の書く歌詞を読めばいかに生と死が中心かわかります。彼は人生を楽しんでいるように見えてもきっと裏では生きる意味をずっと探していたのかもしれませんね…。

死を選ぶ人の直前は、周囲の大切な人達への気持ちを考えてとどまろうかどうか何度も悩むと思います。Chrisは自殺の数日前の母の日に自分の妻へ愛を伝えるメッセージをTwitterに書き、義母にも感謝のメッセージを書き、デトロイトでの会場の写真まで載せていました。

"デトロイト・ロック・シティ"はKISSの名曲ですが、そのタイトルにひっかけて書いていたのかもしれません。そしてロック・シティで人生最後を迎えようと思っていたのかもしれません。

いくら何でもライブ終了後すぐに突発的に自殺する事は考えられません。鬱状態に見えていなかったのは覚悟したからだったのかもしれません。

最後のデトロイトでのライブでは『デトロイトは最高。次の街に申し訳ない。』と言っていたそうです。深読みをすれば次の街ではライブがなくなってしまうので謝っていたとも読み取れます。

最後の曲は"Slaves & Bulldozers"でしたが、Led Zeppelinの"In My Time of Dying"の歌詞を混ぜていました。死に向かう覚悟の意味なのか、最後のメッセージだったのか…。

b0253226_03051228.jpg
私がTVで観たというJimmy Fallonの"The Tonight Show"からです。4月19日出演(デンでは1週間遅れでの放送)でした。

この時のChrisを観た時本当にビックリしました。痩せてて生気がなかったからです。亡くなってから言うのは嘘っぽいですが、本音を言うと『大丈夫か?長生き出来なさそうな雰囲気だな…。』と思ったのです。だって見るからに何かに取り付かれているように見えたからです。

亡くなったと聞いた時、ドラッグか病気(癌だったとか)だと思いました。Chrisはアルコール、ドラッグ、鬱などと戦ってずっと生きて来たからです。

どうして才能があってルックスも良くて周囲から羨ましいと思われる人が死を選んでしまう程生きる目的を見つめられないのでしょうか。

それにしても家族だけではなく、ファンにも強烈な印象を残してこの世を去ってしまった。なぜ地元ではなくデトロイトだったのか、なぜ6公演を残した状態で自殺したのか、なぜ奥さんが知人にChrisの様子を見に行ってと言ったのか…。色々謎があります。でも現実は、もうChrisはこの世にいないという事…。

私にとってはNirvanaのKurt Cobainが自殺した時以上のショックです…。😢

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-20 03:57 | 音楽 | Comments(0)

どうして自殺なのっ?!😭


Chris Cornell、自殺でした……。大ショック!!!😭

b0253226_07523563.jpg
現在Soundgardenのツアー中でした。どうしてツアーの途中で、しかもライブの後にホテルのバスルームで首を吊ったのでしょうか?全くわかりません。どんな心境だったのだろう…。

Chris Cornellほどの実力があるシンガー&ミュージシャンはこの世で数える程度しか存在しないってのに、何でまた自ら命を絶ってしまったのか…。奥さんも子供達も公開してて幸せそうだったのに…。

ショックで集中出来ません……。😭


[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-19 09:16 | 音楽 | Comments(0)

Chris Cornellが天国へ逝ってしまった!😭

Chris Cornellが死亡したというニュースが今日流れました。つい最近TVで新曲を歌っているのを観たばかりなのに!?

b0253226_20180421.jpg
彼の声は聞けばすぐにわかるくらい特徴があるのに、苦手という人は少ないのではないかと思うくらい魅力的でした。

ハスキーな部分もあるけど、音程は安定していてハイトーンも裏声も全部使い分けが出来る最高のロックシンガーでした。

52歳、早過ぎです!!

ここ←Jimmy Fallonの番組で歌った時のChrisですが、サングラスをして髪を結んでいる事もあり、誰かわからない程変わったなーと思いましたが、声は彼のまま。しかし痩せてますなぁ。



Soundgarden時代の"Black Hole Sun"ですが、アコギで歌ってこれだけ上手いって…。もうChrisの声が聴けないなんて悲しいです。

Chris Cornellって誰かわからないという人はこの曲を聴いて下さい。



007シリーズの"カジノ・ロワイヤル"の主題歌です。この曲最高です!大好きです!彼は年を取ってからも良い曲を作っていたし歌も上手かった。どうして才能があるミュージシャンが早々にこの世を去ってしまうのでしょうか。😭

R.I.P…Chris Cornell。💗💗 早過ぎますよ!!!😭😭😭

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-18 20:34 | 音楽 | Comments(0)

マイホーム番組にどっぷり🎵

デンのTVで夜中&早朝に放送している"Property Brothers"というマイホームに関する番組にどっぷりハマっています。

b0253226_05111228.jpg
この番組は家を買いたいという人(大抵は家族)の希望を中古物件を購入後、夢のマイホームにリフォームするというリアリティ番組です。

左がJonathan(兄)でリフォームとデザインを担当、右がDrew(弟)で家を探すという不動産を担当しています。

この番組に出て来る家を購入したいという家族はたくさんの希望があるけど、大抵予算内では購入出来ないのです。なのでDrewが希望通りの家を最初に披露し、どれだけ予算オーバーをするか現実を突きつけ、リフォーム出来る家を見つけて予算内で夢のマイホームを提供するという番組です。

b0253226_05112533.jpg
この2人、カナダ人です。アメリカとカナダで大人気のようですね。番組自体はマイホームやリフォームやインテリアが中心である事は確かですが、二人がとっても面白いし、番組の半分は会話やジョークで盛り上げてくれます。

そうは言っても良く聞いているとかなり大事な事など話しています。大抵は古い家ですから部屋が狭いので壁を取り壊しますが、購入者と一緒に壁を取り除きます。その時に柱が必ず出て来ますが、それを取り外すには問題があるとか、電気のコードをどのように移動するとか、バスルームのリフォームの時にカビが発生していたとかアスベスト発見で中断とか色々あります。

b0253226_05113670.jpg
この番組だけではなく、"Buying and Selling"も放送されているのでそっちも観ています。こっちは自分の家を売って新しい家が欲しいのだが、現在の家は希望価格で売れる状態ではないので、Jonathanがリフォームして希望価格で売れる状態にし、買い手の希望の家をDrewが探してあげるという番組です。

b0253226_05345679.jpg
この二人の番組が好きな理由は内容だけではなく、Jonathanのデザインを観る事が楽しみだからです。毎回わーっ!凄いっ!って思います。

シックなデザインなのに、結構カラフル。でも万人が好むようなデザインなのです。基本的にこれはないだろー?みたいな部分はあまりないので、私はJonathanの考えるデザインや色合いが好みなのだと思います。

ここ←には色々なリフォーム後の写真があります。

デンマークと違う事ですが、

暖炉がリビングにあってその上にTVを配置する事。
暖炉がガスな事。
キッチンのコンロがガスが多い事。
キッチンのアイランドを希望する人がほとんどだと言う事。
ほとんどのキッチンは椅子を配置して朝食用のスペースを作り、ダイニングテーブルのスペースは別にある事。
玄関ドアを開けるとすぐリビングな事。
ベッドルームに必ずバスルームがある事。←デンマークも最近の家はそう。
バスルームの数が多い事。
バスタブ希望をする人が圧倒的に多い事。←デンはほとんどいない。

などなど。

ちなみに私はクッションマニアでして、インテリアを見ると言うよりクッションを見ている事が多いです。(笑)

自分が家を買ってリフォームをしてから、家に関して詳しい人やリフォームが出来る男性は男として最高にカッコいい!と思うようになった事もあり、私はJonathanの大ファンです。💗

二人は双子なのでソックリですけど、髪型も声も服装も全然違うし性格も違うので見ててすぐにどっちかわかります。二人共2m近くあるのですが、Jonathanが番組で体重が200パウンドだと言っていたので90kgですか?字幕で97kgと出てて夫が『そんなに太って見えないのに!』と驚いていました。ちょっと計算合わないですね。(苦笑)

*****

デンマークにも似たような番組があるのですが、これがしょぼい!(爆)デザイナーが自分の趣味で変えてしまうので、万人に受けないと思うようなインテリアなのです。デンマークのインテリアってシンプルで色合いも寂しいので、デンのデザイナーが色々披露してもイマイチです。その点Jonathanは彼の個性を出しながら買い手の希望をちゃんと聞いてリフォームしインテリアを作っています。特に家を売るためのリフォームは万人に受けるようにしなければいけない事もあり、目で楽しませるコツを存分に利用しています。

最近では私がクッションを整えていると夫が寒い目で見ているのですが、『Jonathanがこうしてたから。』とか『Jonathanに言われたから。』(言われてないが。)と言っています。(^^:::

この番組のおかげで私は毎日楽しみが増えた気分です。←単純。(笑)

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-17 07:05 | マイホーム | Comments(2)

潮時を感じた時

週末勤務でしたが、金曜日はユニット3で、土曜日は結婚式出席の為休み、日曜日は自分のユニット1で仕事でした。仲間のLとはあと3回しか一緒に仕事出来ません。6月15日でLは退職します。

いくら退職を決めたからと言ってもLはきちんと仕事をしようと努力しています。他の人みたいに急にやる気がなくなって何もしないような人ではありません。

しかし金、土と代理と仕事をしたLはやはり忙しかったのでしょう。

ある入居者さんへの投薬を忘れていました。しかも4日連続で。

実はこの入居者さん、17時の薬が2カ所に分かれているのです。このように薬が分けられているのですが、一般的にはこれ一つで1日です。入居者さんは17時の薬が3錠あり、さらにもう抗凝固剤があります。決してスペースがないわけではないのです。なのに箱が2つあり、17時のみの薬が一つだけ箱に入っているという状態なのです。そして投薬後の記録ですが、ただ17時の投薬としてのみなので、抗凝固剤が別の薬箱にあるという事が一切書かれていないのです。
b0253226_19322675.jpg
実は私も忘れかけた事がありました。気がついて急いで投薬したけど、パーキンソンの薬と同じく同じ時間に投薬する必要があります。ビタミン剤と違って、飲まなくても何とかなる程度の薬ではありません。血が固まってしまうと心筋梗塞の恐れもあるからです。

そんな重要な薬なのになぜ別にされていて、しかも記録用紙がないのか。いくらアシスタントのLでもそこまで発見出来なかった為、4日間投薬されていませんでした。

Lはかなりのショックだったようで、その後泣いていましたし、ぼーっとしていました。

アシスタントで薬のミスだけは避けていたのに、引退する直前に起きてしまったミスに対して、自分が許せなかったのかもしれません。

私はその後他のユニットを手伝い、22時30分に戻って来ました。するとまだ1人就寝せずに共同リビングに座っていました。

Lは投薬ミスの記録を書いていました。二人で内容を確認してから私は最後の入居者さんの介助をしようとすると、Lが、

『彼は就寝する気がないって言うから介助しなかった。』

と言いました。それはそれでいいです。でも就寝介助をしないと夜勤者が来るまでほったらかしになってしまいますから誘導しようと思いました。

あっけなく部屋に戻ってくれて就寝介助出来ました。多分もう眠くなったのでしょう。

これに対してもLはショックだった様子です。Lは彼の担当なので、自分が介助出来ないという事が残念だったのだろうと思います。

でも入居者さんは重度の認知症で気持ちに波があるから嫌な時はほっとく方がいいし、何度か声かけてチャンスだと思った時に介助すればいいだけです。

ちなみに彼は私のご近所さんのお父さんでして、何となく身内な気分だから私的にはあまり介助したくないのですが、彼は私の事が気に入っているようで必ず私のところに来るので自然と介助する事が増えて来ました。彼自身が私に慣れたのならそれで良しだと思います。

Lと仕事をする事はとても楽しいし勉強にもなります。でもやはり辞めると決めた辺りから集中力と気力が減ったのだと思います。それは仕方ないし私もその時は同じ状況になるような気がします。

落ち込まないで欲しいなと思うけど、真面目なLは眠れないかもしれないと泣いていたので、何もしてあげられなかった自分も悔しいです。あと3回、一緒に楽しく仕事したいなと思います。


[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-15 20:03 | 仕事 | Comments(0)

外国人=ドイツ人(爆)

別のユニットで仕事でした。そのユニットは何度も仕事しているのですが、認知症の入居者さんが毎回私に『あんたどこから来たの?』と聞きます。なのでどこから来たか当ててみて、と言うと、

『ドイツから!』

と元気良く答えました。(爆)

どう見たら私がドイツ人に見えるのでしょうか?😂😂😂😂

多分高齢者から見ると、外国人=ドイツ人なだけだと思います。実は今までにもそういう事が何度もあったからです。わからないだろうと思ったので、私が日本と言いかけた時に別の人が、

『今私日本って言おうと思ったのよーーー!!』

と話に入って来ました。ってか、本当か?みたいな気分ですけど。

で、何年住んでるの?もう長いんでしょ?と言うので、11年だよと言うと、長いじゃない、との答え。そうだね、11年、長いよね。

で、次は何歳?でした。良くある話。当ててみてと言うと、

『これ厳しいわよー。多めに言っちゃうと状況悪化しちゃうし。』

だって。(爆)どんな状況になるんだ?(爆)

で、その人が言ったのは、

『26歳!』

激爆!!!それはないでしょ?!でもありがとうっ!(笑)

実年齢を言うとすっごく驚いていてあり得ない!みんなびっくりするでしょ?と言うから、

『そうだね、あなただけじゃないよ。』

と言うと、良かったー!別に私の感覚が間違っていたわけじゃないのね、と笑っていました。

まぁ高齢者から見たら私って何歳であろうと若いでしょうから、大差ないのかもしれませんけどね、さすがに20代と言われてもあんまり嬉しくないですよね。大人としての貫禄も出ていないのでしょうか?(苦笑)

あと入居者さんのご家族から、

『あらー、あなた若いのにスモーブロー(デンの黒パン料理)作れるのね、立派だわ。』

と言われました。(苦笑)

そこが『外国人なのに』だったら理解出来ますけど、『若いのに』って…。

もう白髪も出始めた中年なのですから、そろそろ貫禄出て欲しいです…。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-14 05:49 | 仕事 | Comments(0)