<   2016年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ラースさん、面白過ぎる!😅

骨折を立て続けに繰り返したラースさんですが、結構元気になって来ました。車椅子に座っても見守らないと立ち上がってしまいます。また骨折されると困るので慎重に対応しています。

で、ラースさん、本日は15時から目が覚めてて元気。

『何も食ってないんだよー!』

とベッドの上で叫んでいました。😅

本当はたくさん食べたと早番から報告があったのですが、おなか空いたようですね。(笑)

車椅子に座って共同リビングで昨日の残りのスープをあっという間に完食!デザートのライスプリンも一気に食べました!薬も飲んで、飲み物もたっぷり飲んで、凄く元気。

同じく車椅子に座っている男性に話しかけていました。お互い理解し合っていないけど、『会話』している事に満足している2人。ラースさんは大声で歌まで歌っていました。(爆)😅😅

1時間半程座っていたので疲れたのか、ベッドでお休み。

22時、またまた元気になったラースさん。何か食べるかと聞くと、

『もう何もいらん!いらないからなー!』

と言っていたけど、喉乾いたと言うので、ココアとサフトを持って行き薬も飲んでくれました。

トイレも行って大満足したラースさん、ありがと〜とお礼を言ってくれました。

でね、サフトを飲んだ時、

『う〜〜〜ん、美味いな!』

と言ったので、仲間が、

『美味しいワインでしょ?』

と言ったら、

『うん、でもちょっと薄いけどな。』

と言ったので爆笑しちゃいました。😂

面白過ぎました!!

『クリス〜〜!!あいつはどこにいる???』

と聞くので、寝てるよと言いました。クリスって多分ラースさんの兄弟のようです。

『そうか、寝てるか。良し!』

と言ってラースさんもおやすみと言って寝ました。😊

ラースさんがあまりにも協力的でトイレも車椅子の介助も楽で、多少時間はかかったけど凄く良い日だったと思います。基本的にラースさんの介助は問題ないのですが、ここまで良い日だと凄く嬉しくなりますね。😍
[PR]
by Helgashjemdk | 2016-12-27 08:21 | 仕事 | Comments(0)

ビビリ屋Pipiちゃん😍

やっとPipiちゃんの写真が撮れました!でもとっても暗いです…。そしてフラッシュを使えばさらにビビると思ったので、これが精一杯でした…。😓

b0253226_07292637.jpg
昔、と言うかラースさんが入居したばかりの頃のPipiはガリガリに痩せていて、人を恐がり顔にしわを寄せる程威嚇していました。まだ若いから小さいのかと思っていたけど、栄養不足とストレスや恐怖で弱っていたのだと思います。Pipiの羽はボロボロで、首回りは自分でむしり取ったと思えるような程禿げててとてもかわいそうな姿だったのです。

今はしっかり太って、目も丸くなりました。落ち着いて来たのだと思います。足を上げているのはピーナッツを手に持っているからです。←そう、写真撮るために餌でつった。(笑)

b0253226_07292659.jpg
この子はなぜか凄く私の事が大好きなようで、私が他の人とラースさんの介助に行くと私の動きを目で追っていると仲間が言っていました。

最近別ホームからやって来た新しい仲間のEさんは私より一つ年下の女性。かなりテンションが高く落ち着きがないタイプで周囲にあまり好かれていないけど、私は彼女と仕事しやすいので結構好きです。彼女も私と仕事するのが好きだと言ってくれます。

そのEさんとラースさんの介助に行った時、PipiはEさんを怖がる事なくだまーって見ていました。普段人見知りする動物が初対面で怖がらないという事は、その人は正直な良い人なんだと私は思います。

『Pipiに好かれているようだね。』

とEさんに言うと凄く嬉しそうでした。そして私の持っていたピーナッツをEさんの手から食べていました。

でもでも!!私の動きをずっと目で追って私に相手して欲しいという態度を見せていたので、Eさんが、

『Pipiってば他の人眼中にないってくらいHelgaの事大好きみたいだね。』

って言っていました。そう、私がラースさんに話しかけていると、話に割り込んで来るんですよ。(爆)

そしてくちばしでケージを叩いて『はろー!』と言います。(爆)

そこまでして相手して欲しいか?ってくらいアピールします。かわい過ぎる〜〜!!!

本当に、ラースさんに何かあったら私がPipiの面倒みたいくらいです。地下に部屋あるからPipi部屋にしたら〜とか本気で考えてしまいました。夫は動物アレルギー(動物自体は大好き)なのでリビングで飼う事は不可能だし、それじゃかわいそうかなーとも思います。

私は犬派でしたけど、私は犬より鳥の方が好きかもしれません。😍

いくら面倒みている飼い主だからと言っても、鳥と仲良くなれるとは限らないそうです。現に前にいたJacobは飼い主さんの手を本気で噛んでいましたから。ヨウムって面白いですよね。Jacobはオスだから女性が好きかと思っていましたが、Pipiはメスだけど女性の方が好きですから。

Jacobどうしているかなぁ〜。会いたいなぁ〜。💗 Jacobも私の事大好きだったしなぁ〜。私、前世はヨウムだったのかもしれませんな。(笑)

[PR]
by Helgashjemdk | 2016-12-22 07:50 | 仕事 | Comments(2)

義母も実母も年を取った…

今年のクリスマスイブは仕事なのですが、夫は1人で家にいる事になるので義母に来る?と聞くと、今年は1人で過ごすと言い切りました。義父が亡くなってから義母は人(特に家族)と一緒にいる事を避けている気がします。義弟も聞いたらしいけど答えは同じ。

でも今週末は私が休みなので夕食を作って義母を招待しました。

b0253226_04565788.jpg
6月だったか、まだ義父が生きている時ですが、レストランでこの料理を3人で食べました。フレデリック王の好物という名前の料理で、南デンマークというか私の住む街でしか多分食べられない料理だと思います。凄く簡単なのですが牛肉たっぷり使うので豪華な料理。

b0253226_04565833.jpg
義母は喜んで食べてくれましたが、食べてコーヒーを飲んで、すぐに帰ってしまいました。たった2時間のみ。今の義母にはこれが限界のようです。

***

日曜日は義弟宅に子供達用のクリスマスプレゼントを届けに行きました。時間がないので立ち話のみ。その後義弟から夫に電話。何かと思ったら、

義母がクリスマス用のダックを買ったらしいが、4kgもあるのでどうしたらいいかと電話が来た……

との事です!!あれ?クリスマス料理、自分1人で作るつもりだったの??だったらうちで食べた方が良いのでは?で、でもうちだって4kgどころか2人でも1kgですら多いって思うのに、なぜ客も来ないのに丸々4kgのダックを買ったんだ?!

しかも保管用の冷凍庫ないのに…。

うちの夫、何考えているんだかわからんって呆れてた。義母、大丈夫かな?

***

私の実母、正月の事で色々あったけど、話せば長くなるのでそれは省略。で、お土産にデンマークのジャムを持って行く事にしているのですが、何の味がいいかと連絡すると、

ブルーベリーを4つお願い。お友達に配るの。


って……。はぁ?!と、友達?!

ジャムって瓶に入っているんですよ!持って行くだけでも大変なのに、4つでしかも私の知らない人に配るため??母の分はなしですか?

結局母用に2つ、母の友達用に4つを持って行く事になりそうです…。😓

もうね、話し合ったって無駄です。私の母は外面が良い人なので忘年会を開いてくれた生徒さん達(母は編み物を教えている)の為にお返ししたいのはわかるけど、それに私を利用するってどういう事だ?しかも貴重なスーツケースのスペースにジャムの瓶何本もって、どれだけ迷惑なお願いしているか、母は全く考えていないのでしょう。海外旅行に行った事がないわけでもあるまいし…。

うちの母、そういう事が全く考えられない人で、突っ込むと逆ギレするのでもう何も言わない事にしようと思っています。癌患者(もう5年経っているので薬のみだけど)だし70代後半だし、言ったところで学ぶ事もなければキレて暴言を吐くだけなので、本人には言わない事にしています。

私がデンマークに住んで最初の3年は誰にも『娘が海外にいる』事が言えなかったと言っていました。言ったら自慢になるし、まして離婚して再婚した相手がデンマーク人なんて恥ずかしくて誰にも言えなかったと言っていました。←そういう事を私に言えちゃう人。

それが今では帰省のたびに生徒さん達と食べるチョコやみんなに披露出来る何かを頼まれます。結局は自慢しているのですよ。今回のジャムもそうでしょう。"デンマーク製のジャム"だからさりげない自慢なのは目に見えています。

自分が年を取った時はこんな風になりたくないなと思ってしまいます…。

当然ですが、ジャムは一つずつプチプチに包みました。プチプチだってデンじゃ高価でして…。

ちなみにクリスマスイブは夫の次男がうちに来る事になったので、うちもダックを買いましたが、簡単に胸肉部分のみで1,5kgです。なぜ義母が丸々4kg買ったのか、本当に疑問ですわ…。😳

[PR]
by Helgashjemdk | 2016-12-19 05:24 | つぶやき | Comments(2)

明かりの重要さ

クリスマスなので普段よりちょっと室内が明るいです。
b0253226_07082736.jpg
窓のところの星は天井から電気を通していますが、本当はここにシーリングライトを付けようと言っていました。しかし夫はインテリアに関して完璧主義者。照明器具もコレと思えるものが見つからず引っ越しして既に4年、今の今まで何もなしでした。

b0253226_07082737.jpg
普段は角にあるフロアスタンドライトを使用しています。するとテーブルの上は結構暗いんですよ。💦

b0253226_07082822.jpg
反対側はダイニングテーブルがあります。この上にPHランプがあり、窓の横にもフロアスタンドライトがあります。北欧らしいですよね。全体を明るくするような照明がなく、その部分のみなのです。

しかーし!!冬鬱どっぷりの私。いくら冬鬱防止ランプを使っても効かない程、今回は本当に『鬱』っぽくなりつつあり、このままではいけないと言う事もありシーリングライトを付ける事になりました。

b0253226_07082808.jpg
デンマークって、天井につける時結構面倒臭い…。私1人だったら絶対出来ないと思うので、仮に一人暮らしになったらフロアスタンドライトのみになるだろうな。(苦笑)

b0253226_07082810.jpg
おぉ!きれいじゃないですか!テーブルの上が明るくなりました。でもこれ一つで室内全体に明るいわけではないので、他の照明と併用になります。

実はこのシーリングライト、明るさを調節出来るし、明るさのタイプ(白っぽいとか暖色とか)も色々選べるのです。それにタイマーも使えて値段の割に色々出来る!値段はいくらなのか?って?多分日本円にすると2万円くらいでしょう。PHランプなんてこの3枚の値段でも明るさは求められませんから安いもんです。

それにしても冬鬱って何で夜になると少し元気になるのでしょう?今日は休みででかける予定があったのに、億劫だったし意味不明の腹痛(昨夜から痛み出した。盲腸かと思った程。)が原因で夜中眠れなかった事もあり、昼までダラダラしていました。洗濯と掃除を始めたのが夕方からです…。

自分で分かっているけど、体が動かないし元気もないし、夫のポジティブな考えが助けになる時とムカつく時と凄い差があり自分で嫌になります。今日は特にネガティブな私。

掃除中に掃除機が壊れ動かなくなりました。なのに夫が、

『今までの結果は良かったね。』

と言ったので、

『掃除機壊れたのに良かったのか?!寝室まだ終わってないんだよ!(怒)』

と言うと、

『リビングは凄くきれいになった。今までの結果は良かったじゃないか。』

だって!何てポジティブなんだ?!掃除機は壊れたけど、コードレスがあるのでそれが我慢し寝室掃除しました。

土曜日は義母が来るのでとりあえず部屋きれいになって良かったけど、夫程ポジティブな人、私の回りにはいませんな〜。掃除機どうしようって事で私は落ち込みました。←特に金銭的に。😭

[PR]
by Helgashjemdk | 2016-12-16 07:36 | インテリア | Comments(0)

ヨウムと飼い主の連帯感

月曜日に中年男性と仕事した時、彼はPipiに興味があって覗いていました。するとPipiは怖がって威嚇し、暴れて止まり木から落ちた程なんです。

『怖がっているって。』

って遠回しに言ったのに、面白がってずっと覗いている…。

いくらラースさんが寝たきりとは言っても、意識はあるし決して危険な状態ではない。なので私達の会話やPipiの声は聞こえているわけです。←聴覚は衰えていたけど寝たきりになると良く聞こえているパターン。

Pipiが怯えていると、ラースさんも乱暴になります。

Pipiが職員を信用して静かだと、ラースさんは協力的になります。

Pipiが先か、ラースさんが先かわかりませんが、それがはっきりした月、火勤務でした。

ベッドにいるラースさんを1人で介助出来ないので、いつも誰かに協力を頼みます。普段は私1人で介助して全く問題がなかったのです。でも今は誰かと一緒の為、2人の声を同時に聞き少し戸惑いもあるようなラースさん。

Pipiを怖がらせた中年男性と一緒に介助だと全然協力してくれなかったラースさんですが、火曜日は若い代理の女の子と介助しました。彼女は時々しか来ないけど、Pipiを横切っても逃げず、覗いても顔を見ていたり静かでした。

その後ラースさんに注射のような投薬があるので仲間がやって来て協力して貰います。彼女は何度もラースさんの介助をしているので、Pipiも静か。

『Pipiは彼女の事覚えているよね?』

って私が声かけたら、ぴ〜!!って返事したのです!!

Pipiは女の子だけど、女性の方が好きなようですね。

で、思ったのです。Pipiの態度ってラースさんの心と繋がっているって。昨日帰宅後に仲間のLに電話して話をすると本当にそうなんだーって納得していました。

Pipiは私がラースさんの介助をしていると焼きもち焼いてケージを叩いたりウロウロしてハロー!!と言ったり邪魔します。😅

昨日はかなり邪魔していましたが、ラースさんは私が飲み物やデザートを食べさせている時とても静かで協力的でした。👍

私は今日から5日休みなので、変化があったら連絡してと仲間に伝えています。でも昨日の状況を見るとラースさんはクリスマスは過ごせるかもしれないなと思いました。まぁこればかりはわかりませんけどね…。💦

[PR]
by Helgashjemdk | 2016-12-14 20:12 | 仕事 | Comments(2)

12月はなぜか仕事も忙しい

12月って私生活が忙しいのはわかるけど、仕事も忙しくなります。なぜなのでしょう?

今年も大変です。ラースさんが寝たきりですが、突然元気になり暴れ出します。起き上がれないのでベッド内で動いているのですが、きちんとした姿勢に戻すのが大変です。

昨日は出勤早々ラースさんが大変な状態で、リーダー自ら見守りしていた程。それなのに私はうちのユニットを全く知らない新人代理と仕事になったのです!!

この人中年男性ですが、ずっと人の為になる仕事をしたかったと夢を持って介護士になった人なのです。

しかし現実は入居者と仲良く話す時間もなく、昨日のように仕事が大変な時はとにかく仕事をこなして欲しいのです。でも彼は一杯時間を使って会話してくれる入居者さんとお茶している!!

仕事と言っても洗濯やキッチンもあります。そういう事に注目出来ずただ入居者と話してのんびり介助というのは新人で夢を持った人にありがち。

遅番は就寝介助中心だけど、2人で全員を介助するし、全ての事に目を向けなければいけないので協力体制が必要。だけど新人は全ての状況をどのように判断するかはわかりません。

彼は資格を取って1年程度。たいした経験はないので覚えるのに時間がかかります。教えてくれない人が悪いと不満を持ちたくなるかもしれません。でも私達だって知らないユニットでいきなり代理と仕事する事もあるのです。資格がある人はたとえ知らない入居者でも介助する事はまれです。ちょっとの指示でちゃんと介助出来る事も資格者なら当たり前。それがまだ出来ない彼は、誰も何もきちんと教えてくれないと不満を言っていました。

私は人に教える事は嫌いじゃないけど、こんなに忙しい日に丁寧に全てを説明する程余裕がありませんし、資格者なら現場に出てすぐ使える事を期待されても仕方ないと思って欲しいです。現実はそんなに甘くなく厳しいものですよ。

こんなに忙しい日に限って、入居者さんがホームから消えてしまい、もう目の前真っ暗でした…。彼はのんきだし、外に出て見に行けと言ったら、

『こんな寒い時に外出たら風邪を引く。』

と言ったんですよ!!入居者が消えたのに、そんな発言?!

『じゃジャケット取って来てさっさと探せ!』

と怒ってしまいました。その直後女の子3人が見つけて届けてくれました。まぁ彼はジャケットを取りに行ってのんびりしていたのですが…。

こういう状況の時に急がなければいけないとか感じない人って、ある意味幸せだなーと思います。でもイライラしますよね、一緒に仕事する方としては。

今日は彼と仕事しないと決めたので、少しはマシな仕事日になって欲しいです。連続5日仕事の5日目ですから、もうエネルギーないっす。💦

[PR]
by Helgashjemdk | 2016-12-13 21:10 | 仕事 | Comments(0)

やっぱり冬鬱

デンマーク生活10年になりますが、冬になると私は毎回冬鬱になります。

冬鬱とはビタミンDの不足によって鬱状態になるという事。日照時間が少ないので、ビタミンDが不足してしまうのですよ。

でも薬を飲んで元気になるような事はしたくないのです。初めて診断された時は薬を半年も続けなければいけなくて、春になってもすぐに薬を止める事は良くないので、少しずつ減らすため半年もかかってしまうのです。

なので冬鬱防止のランプを買って、朝起きたらそのランプに向かって目を覚ますとか、フィットネスで体を動かしているとか、私なりに出来るだけの努力はしていますが、血液検査をしたらビタミンDがかなり不足しているのでビタミン剤を飲めと言われてしまいました…。

私はビタミンDを飲むのは絶対嫌です!だって副作用が凄くあるらしいので…。

だったら食べ物で…と思ったけど、このところ食欲もあんまりないんですよ…。😭

冬鬱なんて病気じゃないさ!ただの甘えやだらける口実にしているだけと思っていましたが、実際自分がなってしまうとこれまた結構しんどい。本当に鬱っぽくなるし楽しい事も楽しく感じないし、ふともう人生楽しい事もないし死んでもいいかなとか思ってしまうので、自殺者が出てしまうのもわからないでもないです。

冬鬱、今回は結構精神的にキツいです…。とにかくビタミンDを得られる食事でも続けようか…。

ちなみにコレステロール値もちょっと高いと言われてしまいました!でも調べたら日本人の40代平均なんですけど、デンマークでは高い方なのか?よっぽど低く設定されているのか??

スポーツもしてて、肥満じゃないし、野菜も一杯食べているのですが、これ以上どうしろと??

これって遺伝もあるらしいですね。私の両親どっちも高かったからなぁ。(苦笑)でも薬を飲めとは言われていないし、日本人として平均ならあまり気にしないようにしようと思いました。

更年期は血液検査で正常だと言われたのがとても不思議。だって症状が体に出ているってのに!バセドウも症状が体に出ているのに何で正常なんだろ?血液検査ってどこまで信じていいのかわかりませんなぁ。(苦笑)

[PR]
by Helgashjemdk | 2016-12-08 10:52 | 病気 | Comments(2)

お別れが近いのかも?😭

私が6日連休だった間にラースさんが入院してしまいました!

しかも股関節骨折をしてすぐに手術、たった1日で戻って来たのですが激痛で介助がとても大変だったそう。そしてまた転倒、今度は同じ足の太もも骨折。それが月曜の朝。

私は月曜の15時から出勤でした。ラースさんが入院した話は仲間のLから聞いていたけど、まさか再度入院になったとは知りませんでした。

Pipiはどうしているのかと言えば、当然ラースさんの部屋で1人っきりです。😭

一般的には入院している場合、ドアは当然閉めて鍵も閉めるのですが、Pipiがいるためドアは開けて何度か顔を出して声をかけました。

何が起きたのか、Pipiは凄く理解しているようです。とても怖がっているし、会いに行くと寂しそうだし、カキカキ要求も何だかテンション下がってて涙出そうになりました。

ラースさんがもし亡くなったら、居室は施錠されるので家族は速攻でPipiを出さないと閉じ込められてしまいます。なのでお別れが言えない可能性もあります。

Pipiは私にとっても懐いているから、私が育ててあげたいくらいだけど、夫がアレルギーだから絶対無理…。こんな小さな鳥が生まれてからずっと高齢者のラースさんと一緒でケージから出して貰えずシャワーもしてもらえず、本当にかわいそうです。

Pipiだって愛情たっぷりに育てられていたら素直でかわいいヨウムだったかもしれないのに。人間の都合で苦労ばかりしてしまったのだと思うとかわいそうです。

いつもはくるみをあげているけど、今日はピーナッツもあげようかと思っています。

[PR]
by Helgashjemdk | 2016-12-06 20:52 | 仕事 | Comments(2)

ラーム、シュタイーーーン!😍

b0253226_01504720.jpg
5月にRammsteinがデンマークにやって来ますが、チケット発売日にパソコンの前に座ってパソと携帯同時にアクセスし、早くに繋がった方でチケット買いました。👍しかし現在の状況でソールドアウトではないので、そこまで頑張らなくても平気だったか?野外スタンディングだし。😅

今回は嬉しい事に一緒に行く仲間がいます!以前一緒に仕事していた仲間の1人で、Rammsteinの大ファンの子。←私より15歳くらい若いはず。彼女が車を出してくれると言うので、私が駐車場代を払い一緒に行く事に。楽しみだーーー!!

で、Rammsteinってどんなバンド?と言う方へ。Rammstein(ラムシュタイン)はドイツ語で歌っているベルリン出身の6人組。バンド結成からメンバーチェンジをしていないという数少ないバンドで、ドイツでは知らない人はいないくらい超大物です。こんなコアな音楽だし、ステージアクトはパイロや性的表現などがあり、一般的にとてもウケるバンドではないはずですが、ヨーロッパはともかくアメリカでも大ヒットし、南米でも人気があります。日本にも来日した事があるけど、そこまで人気ないですよね。😅

とにかくシンガーのTill Lindemannの野太い声とマッチョで野獣的な男らしい魅力に男女共魅了されている人は多いでしょう!ラムの魅力は演奏の上手さとステージの見せ方のカッコ良さ、それに全員が魅力的である事は言うまでもないです。代表曲はコレと言えません…。良い曲が多過ぎるから!!




ライブでの見所としてはこの"Mein Teil"でしょう!!

カニバリズムをテーマにした歌で実際に起きたアルミン・マイヴェスの猟奇殺人事件の事です。殺されて食べられたい願望を持つ男と人間を殺して食べたいという願望を持ったマイヴェスがインターネットで知り合い、実際にそれを実行したという話。性器を切り落として料理して一緒に食べたという…。なのでTillが釜でキーボードのFlakeを料理しちゃうんですよ。(笑)

かなりのブラックジョークですが、ファンはこのパフォーマンスを楽しみにしているでしょう。FlakeはいつもTillにいじめられる役なので、"Buck Dich"ではSMやディルド使用で疑似行為とかかなり露骨です!このパフォーマンスはかなり危険なので、アメリカで逮捕されてしまった事もあり…。(苦笑)

でもRammsteinを下品だとは思わないのはなぜなんでしょう?😅
[PR]
by Helgashjemdk | 2016-12-03 02:44 | 音楽 | Comments(0)

Scorpions in Hamburg!!(再挑戦)

3月のコンサートはKlaus Meineの体調不良で途中中止になってしまったので、11月に延期になりました。そしてチケットはそのまま使用可能との事でした。👍

ちなみに私、仕事の日だったのですが、休みが取れたのでまたまたハンブルグまで行って来ました。

b0253226_04430556.jpg
かなーーーり前まで行ったので、結構近かったです!Klaus大丈夫そうで良かった〜〜。💗

b0253226_04430519.jpg
スコピーのステージはT型でして、私はTの右角(ちょうど曲がる部分当たり)にいたので、Tの一番下の部分で演奏されると後ろ向きなんですよ。💦

b0253226_04430652.jpg
今回のツアーのドラムはMikkey Deeです。ずーーっとJames Kottakを観ていた私としては、ちょっと違和感がありました。いや、Mikkey Deeが悪いってわけじゃないんですよ!彼は大物ドラマーだし、力強くてカッコいいです。ただKottakの方がスコピーの音楽に合っているような気がしただけです。Mikkey Deeに重圧感があるのは当然ですよね。Mötorheadにいたドラマーですから。

b0253226_04430505.jpg
Rudolf Schenker、68歳!相変わらずエネルギッシュでマッチョ!!走り回っていたし、静止している時間がかなり少ない人でした。凄いなぁ〜〜。

b0253226_04430516.jpg
Matthias Jabs、61歳。80年代は子供〜〜!!って思っていたけど、今はRudolfと同じ60代。この人、この年齢でも童顔なままですね。😊 昔からマッチョだったけど、今でも変化なし。ちょっとおなか出てるかなーと思うけど、カッコいいです。💗

b0253226_04430691.jpg
Mikkey Deeがスコピーに加入したからか、Lemmyを追悼してMötorheadの曲"Overkill"を披露しました。

b0253226_04430737.jpg
"Big City Nights"ではバックに東京が!!😍😍😍 ここで写真撮っている人はハンブルグで少ないでしょうね。(笑)
b0253226_04430745.jpg
Rudolf、ミサイル型のギターですか?!煙出てて笑った。😅😅

b0253226_04430650.jpg
さすが50周年記念ツアーなので全アルバムの映像が出ました!カッコいい〜〜〜!!!


b0253226_05051511.jpg
私と同じように写真撮っている人の手が映っちゃっていますが。😅 みんな動いてばかりでなかなか4人揃う事がなかったので写真撮れて良かったです。😊

b0253226_04430734.jpg
これは既にプリントされているので、影は実際のメンバーではありません。でもなんかジーンとくる幕です。終わりなんだけど、元気が出るような感じ。


スコピーはドイツでとても人気があり、多分誰もが知っているバンドだと思います。今回はソールドではなかったけど、ほとんど埋まっていました。そしてゴールデンサークルというステージ前の位置で観れるチケットを購入した人達は私を含め中年が多かった事。基本的にステージ前の柵にしがみ付いている人達が中年ばかりなんてそうそうないでしょう。親子で来ている人達もいれば、中年夫婦もいたり、若いカップルも友達同士も、私のように1人で来ている人もいました。なのでファンも和気あいあいでとても行儀が良い状態です。

今回は前で観よう!と思ったけど、前座がスタートして真っ暗になり、なかなか前に行けませんでした。でも前座が終わった時に明かりが付いたので前の方に向かいました。中年のおじさん達、みんな譲ってくれました!おかげでかなり前まで行けました。ってか、自分の位置の周辺も余裕があった程。そう、他のコンサートと違って隣とピッタリって程ぎゅうぎゅう詰めにならないのですよ。

セットリストは下の通り。スコピーありがとう〜!!私の青春時代からこの年まで、本当に楽しませてくれました。次があるかどうかわからないけど、チャンスがある限り観に行きます!!


[PR]
by Helgashjemdk | 2016-12-02 05:20 | 音楽 | Comments(2)