カテゴリ:つぶやき( 112 )

約束は守ろうよ〜

何だかな〜な話。

夫の次男がうちにあるダイニングテーブルが欲しいと言うのであげる事に。かなり重いし地下にあるので取りに来て貰う事に。

当然車とトレイラー使用で運ぶしかありませんが、次男は車がありません。なので長男に協力を得ようと思っていました。

しかし長男は先月結婚、週末もバイトをしているのでなかなか時間がありません。

ダイニングテーブルの話は去年からしていました。そして6月下旬(ってか今週末)に私の友達が日本から来るので、ゲストルームを完成させたいから取りに来て欲しいと2ヶ月前にお願いしました。

あと数日しか残っていませんが、次男が来る気配は一切ありません。何度もメールしたし夫も電話で話したってのに…。

ギリギリになってやっぱり来れないとかそれはナシですよ!こっちだって仕事の合間を縫ってゲストルームを完成させようと思っているのですから。

どうしてこんなギリギリまで行動に出さないのでしょう?2ヶ月前からお願いしていたのに。もう週末はないのだからきっと来ないような気がします。ゲストルームにテーブルを置いておくわけにはいかないので最悪ガレージに置くしかないですが、室内用の家具を外に置きっぱなしにしていたらダメになってしまいます。

次男は現在職探し中。(本当に真剣に探していたら1年半も家にいないと思うが…)車もないしお金もあまりないです。今までにも色々援助してたけど、今回は私達がテーブルを運んであげるという事は出来ませんでした。なぜなら夫が5月から丹毒にかかって体調不良だからです。体が弱い夫なので、体調不良の体でダイニングテーブルを運んで次男のアパート(2階だったか3階だったか)まで運ぶのはかなり厳しいのです。夫は最悪来れないならそうしようかと思っていたみたいだけど、次男がずっと何とかしてみる、決まったら連絡すると言っていたので、延々と待っていたのですが、もう残り数日…。私達も最後の追い込みで庭やら家掃除やらで忙しく、私は1日しか休みがないので仕事に行く前にバタバタしています。

片道1時間半かけて次男のところに行く余裕はもうなく、とても焦っています。

次男は無職で家にいるから時間は一杯あるはず。要は協力してくれる人がいないだけ。多分頼めそうな人を探してもいないのだと思う。長男は忙しくても、ちょっとの時間なら協力するでしょう。

夫が先週電話で、お前が車を借りて1人で取りに来て、アパートに戻った時に長男か友達に協力して貰ってテーブルを部屋に運んだらどうだ?それなら協力する時間も1時間程度だしと言ったら、何とかすると言って週末は過ぎました…。次男は時間があっても誰も平日時間なんてないだろ?!

自分で問題解決出来ないのなら人に聞くとか出来ないのか?彼はとても優しくていい子なんだけど…何か欠けている気がしてなりません。どうなる事やら…。ってか友達が来る前にテーブルをゲストルームから出さないと〜!!!

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-06-19 14:29 | つぶやき | Comments(0)

生と死について

中年になると親や身近にいる人、それに憧れのスター達が次々と天国へ逝ってしまいます。高齢でこの世を去る事は仕方ないけれど、自ら命を絶つ人も中にはいます。死に向かう人達と接している仕事なので、死は身近にあり慣れています。なのに大好きなアーティストの死に関してだけは毎回受け入れる事が大変です。なぜなのかわかりません。私にとって音楽は特別で、タワーレコードの宣伝みたいだけどNo Music No Lifeはまさに私の人生でもあるのです。

生きるって何だろう?死って何だろう?と考える時ってありませんか?

今日外を歩いていた時、空を見ました。雲があるけど天気が良かった。Chrisはもう空からこちらを見ているのだろうか?先に逝った友達に会って歓迎されているのかな?

ChrisはAtivanという抗不安薬を過剰摂取した為に正気ではなくなって自分の首を絞めて他界したような話ですが、まだ結果ははっきり出ていません。

何とかなるだろうと思ってちょっと大げさにした事が命取りになる事があります。ギリギリのところで何とかなれば次は気をつけるでしょう。

なのにChrisはたった1錠程度多く摂取しただけで命を失ってしまった。抗不安薬がどれだけ恐ろしいか、わかったところでもう遅いのです。運が悪かったという程度では納得出来ません。

私も抗不安薬を飲んだ事があります。私はたった1錠で、意識がなくなり病院に運ばれました。しかし『意識』がないと思ったのは私以外の人であって、私は全部見えているし聞こえているのです。ただ言葉も発せず体も動かないというだけだったのです。そんな経験をしたからChrisがどんな状態になって自分の首を締めたのか、怖くて想像出来ません。ただ涙が出るだけです。

死んでしまったらやり直しは一切利きません。この世から去るという事はもう全て終わりなのです。

生きている間に出来る事はたくさんあるけれど、全てを手に入れる事は不可能です。命はいつかこの世から消え去り、今日が晴れだとか雨だとか、事故が起きたとか、地震が来たとか、そんな事は一切知る事もなく、どうでもいい事になってしまいます。だってこの世にいないのだから。

残された人達はこの世を去った人達の思い出を心に持ち続けて生きて行きます。でも亡くなった人達はもうこの世に何も残せないのです。そう、人生は終わっているのだから。

死ぬってそういう事です。だからせめて命があるうちは生きている事を少しでも有り難いと思って楽しく生きる事が出来るようにしたいです。

一呼吸置く必要って全てにおいて必要です。生きる事を選ぶ方が大変な事もあります。でも大変な時があっても、楽しい事も嬉しい事も未来にはあるのです。

生きているだけで小さな幸せにはいくらでも出会えます。それを心に刻んでおきたいです。

Chris Cornellのような素晴らしい人がこんなあっけなくこの世を去るなんて、神様はロック好きだとしか思えません。Chrisの仲間達も早々に天国へ逝っています。みんなを集めて音楽を楽しんでいるのかもしれません。それなら死も怖くないですよね。私はまず最初にDavid Bowieに会いに行く事にしていますから、Chris Cornellはその後になります。でも本当は現実の世界で会ってみたい人でした…。奥さんと仲が良く子供達を心から愛していたChris Cornell。きっと家族の事を考える時間すらない程狂気の世界に入り込んだのかもしれませんね…。結婚して13年、奥さんの事を考えると本当にどうして自殺してしまったの?!と涙が出ます。



"Like A Stone"、大好きな曲です。切ない…。Chris Cornellは美形ミュージシャンとして密かに知られていましたが、髪型一つでがらっとイメージ変わります。いつのChrisが好きとかはないですが、短髪でこんなにセクシーとはさすがです。💗しかもこの時はがっつりトレーニングしているって体型です。

音楽やトレーニングってアドレナリンが出ますから、鬱の人には効果的でしょう。何となく影のあるシンガー達ってきっと歌う事で精神状態を保っているのかもしれませんね。Chrisの声や歌い方は哀愁漂う切ないトーンですから、聴いて元気になる!という感じではないので盛り上がりたい時に聴きたいシンガーではないのですが…でも大好きです。

心を入れ替えて、私は明日Rammsteinのコンサートに行って来ます。生きている間は楽しまなきゃ。👍

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-25 07:18 | つぶやき | Comments(0)

年を感じる←夫に対して

夫と私の年の差は8歳ですが、9歳差の期間の方が長いです。一緒に生活するにはとても楽なお互いですが、このところ夫の年を感じるようになりました。

人の事は言えませんが、夫の老眼度が上がってます。(苦笑)

夕食後片付けを手伝ってくれますが、洗い物は夫の仕事。うちには食洗機があるので洗うものはフライパン等の食洗機不可の物程度なのですが、きちんと汚れが取れていない事があります。

あとデンマーク人なので洗剤ついていても拭けばいいみたいなところはあります。←昔はすすぐ事もしなかった。(^^;;;

テーブル等も拭いてくれるのですが、きちんと見えていないのでしょう。汚れが取れていません。

高齢者の家が汚いと若い人は思うでしょうが、汚れが見えていないのですよ。本人はちゃんとやっているつもりなんですけどね。

夫は黒い家具が嫌いです。家の中が暗くなるからという理由で白ばかり選びます。埃が目立つからちゃんと掃除出来る?と家具を買う前に聞きますが、毎回ちゃんとやると言って全然やりません。だって埃が見えていないから。

うちの夫は人一倍インテリアや家に関して興味もありTV番組も録画してまで色々と観ています。でも明るい色を好むけど色の組み合わせはあんまり理解していません。(苦笑)

しかし埃は見えていないけど、1cmでも曲がっている事は見えるようで、カーテンのひだをきっちり直す人なんですよ!テーブルに置かれている物も垂直に並べる人です。何でも定規を使って平行になるようにと気にする完璧主義者です。さすが製図書いていただけある。💦

それにしてもアパート時代はあんなにきれい好きだったのに、最近ではかなり緩くなったな〜と思います。年のせいなのか、私がやってるからやらなくなったのか…。夫と一緒に住んでから私は完璧主義者になりつつあり、夫が少し緩くなった感じです。

そして今日も私は朝からハタキかけして白い家具の埃を取りました。(笑)

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-08 19:49 | つぶやき | Comments(0)

足の爪がまっ二つ😱

タイトルの通り、私の左親指足の爪が割れてしまいました。💦

b0253226_06543242.jpg
いつもペティキュアをしていたので全く気付きませんでした。何か違和感を感じたので見てみると、横から剥がれてた!!😱

しかも70%は浮き上がっているのに右部分はくっついているのでこれはどうしたものやら…とネットで色々探したのですが、剥がしてはいけないという事だけわかりました。

そんなわけで絆創膏を貼り続けて1ヶ月。何と下から爪が生えて来ていました!

って事は爪って2重というか2層というか、そんな状態で生えて来るものなのですね…。初めての事で知らなかった…。

もうぐらぐらだったので爪切りで半分以上切ってしまいました。するとみるみるうちに下の爪がちゃんと形になって来ましたよ!!

この爪のせいでもう1ヶ月ジムに行っていません。筋トレだけの為に行ったけど、やっぱり足を庇ってしまって上手くいかなかったのです…。

でももうそろそろトレーニング開始しようっと。じゃないと体がヤバい…。😅

それにしても何で爪がこんな事になってしまったのでしょうね〜?仲間達は靴のせいじゃないかと言うのだけど、そんなに足を押さえ付ける靴は履いていないんですけどね…。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-04-25 07:03 | つぶやき | Comments(0)
日本のニュースで読んだ『老後に必要な貯金は1人3000万円』にびっくりしました。そしてそれだけ持っていると言う人も一杯いるようで…。

年収500万円以上が人口の半分もいないと言われている日本なのに、なぜみんなそんなに持っている??逆算してみると全く合いません。多分親からの相続等を含めてなのかもと思います。

私の年収は500万円以上あるかないかと言えば、イエスでもありノーでもあります。単に円高、円安で変わるから。現在はかなりの円高なので日本円にすると私の年収は大した事ない額になってしまいます。

デンマークの場合結婚していると、2人の名義で共同口座を作ります。そこから公共料金引き落とし専用を作ったり、クリスマス用の積み立てを作ったり出来ます。←うちはこの2つと普通口座に加えて貸金庫もあり。

私達は決して贅沢をしているわけではありませんが、入って来る分も少ないのでなかなか貯金は溜まりません。まして家を買ってしまったから、毎年のようにどこかリフォームをするという事でお金がかかります。それ用に貯金して、その分使ってまた貯めて〜の繰り返しです。

おまけに日本に行く事もあるし、夏の休暇にはギリシャに行っています。最近は私1人でコンサート旅行もしています。

生活は至って質素です。必要最低限のものしか買わないし、冷蔵庫も空っぽになってからしか買い出ししません。私が仕事の日に夫が夕食を取れるように休みの日にお弁当を作って冷凍しておくという究極の節約までしています。

それでも2人で日本に行くとなると100万円近く飛びますから、なかなか貯金額は増えません。

多少はお金を貯めておきたいと思うけど、ふと思うのです。今はお金が欲しいし使いたいけど、私が年金者になった時、今と同じ生活を望んでいるのかという事です。

私は40代でまだ仕事もバリバリやっているし体も動かせるし元気だとは思いますが、5日連続勤務の後の5日休みはどこかで丸一日のんびりしないと次の週の仕事に差し支えるくらい体力が復活しないと感じます。庭仕事をしていると次の日腰痛がひどいとか、1日大掃除をすると腰が痛いとか。

70歳になった時庭の雑草取れるのかと思うと、無理です。

地下に洗濯機がありますが、階段を昇り降りして洗濯物を運ぶ事が苦にならないかと思えば、70歳になったら苦痛になるだけだと思います。

私と夫は、二人がまだ元気という事を過程した上で、夫が70歳になるあたりで家を売りたいと考えています。もうその年齢で一戸建てを管理出来ないし、引っ越しも大変だし、まだ体が動くうちに賃貸に移って生活の質を変えたいと思っています。今家があって楽しい事は高齢になったら苦になるだけだからです。

高齢になった時に家を持たなければリフォーム代や固定資産税も必要なくなり出費も減ります。

今コンサートに行くとか楽しんでいますが、あと5〜10年もすれば行く事もないでしょう。今でさえ、1泊してコンサートも帰って来てからどっと疲れますから50代後半や60代なら絶対しないでしょう。

多分私達夫婦は、家でTV観て、本を読んだり音楽を聴いたり、天気が良かったら散歩して〜という楽しみを続けるだけだと思います。

どうして日本人は高齢になってから大金が必要なのでしょうか?医療費がかからないだけでデンマークだって薬代は自腹だし外食は日本の倍以上ですから質素な生活をしなければいけません。でもその質素な生活に我慢出来ないからお金が必要なだけなのでは?と思います。

私自身は夫と死に別れでもしたら、残りの人生はおまけだと思っています。自分が死ぬまでただ繋ぐだけ。まだ早いから手続きはしていませんが、私は『献体』を希望したいと思っています。そう、私が死んだら私の体を医学学生達の実習に使って欲しいのです。その時はもう高齢のおばあさんかもしれませんが、病死の場合は使い道があるかと思います。

自分の人生、特に失うものはないような気がしています。だから高齢になったらお金もそんなに必要ないと思うし、生きて行ける程度ならそれでいいじゃないかと思います。

だからこそ、今元気なうちに旅行もしたいしコンサートも観たい。いずれ体力の限界を感じて、もういいやと思う時が来るでしょう。そんな時に大金持っていても意味がないからです。

そう思えるのは高齢者をたくさん見ているから。ホームにいる人達、1ヶ月に1万円だって使っていません。もう外出も出来ないし欲しいものもない。欲もなければ希望もないです。若くて元気な時に色々考えても高齢になったらそんな考えは飛んでしまっています。

まぁ私の母のように80歳を目前にしても物欲がある人はお金は必須でしょうけど、私は元々物欲ないし手に入らないならいいやと思うタイプなので、諦めがつくのかもしれませんね。

日本にいなくて良かったとつくづく思います。

そんな私はこの8連休、家の中の物を整理しています。プチミニマリスト←もう身辺整理か?(笑)

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-04-19 23:20 | つぶやき | Comments(2)

赤ワイン効果

更年期を上手く乗り切るために考えた1日1グラスの赤ワインですが、私の体で実験(?)し、その結論ですが…。


何となく意味がわかった。


が結果です。😅

赤ワインは体に良い、女性に良い、更年期に良い、と言われていますけど、ポリフェノールが女性に必要だからという意味なんですよね。そのポリフェノール、体に蓄積にしないので1日1グラスと言われているようです。

意味がわかったというのは、ポリフェノールを定期的に体に補充する事で変化した事があるのです。

*肌質が良くなった

*胸にハリが出た

*子宮に変化があった(笑)

この3つめですが、若い女性なら多分性欲が増えるのでは?と思います。私の場合は活発になり過ぎて予定外の生理になってしまいました。(爆)そしてすっごい激痛と出血で救急車呼ぼうかと思った程です。←笑い事じゃなかった。

偶然かどうかわかりませんが、ワインのせいか?と思って激痛の時は飲まずに過ごしました。

多分健康な人には赤ワイン1杯は効くかもしれません。でも私は子宮筋腫持ちでして、赤ワインが逆効果になってしまったのかもと思いました。どうやら筋腫持ちにはお勧め出来ないという記事も読みました。

それでも痛みが治まって、また少量飲んでいます。私の場合バセドウ病もある為、あまり血行が良くなっても困るのですよ、悪化しちゃうから。

その人の体に合うかどうかなので絶対とは言い切れないと思いますが、グラス1杯程度の赤ワインを毎日は確かに女性に良いと思います。ただ慣れて来るともっと飲みたいと思って量を増やしてしまう可能性があり、アルコール度は結構ありますからアル中になっちゃう可能性もないとは言い切れません。

ちゃんと自分でコントロール出来るなら良しかと思います。私は1杯以上飲みたいと思う時と1杯すら飲みたいと思えない時があるので、毎日にこだわらず、飲みたいと思った時に飲もうかなと思っています。😊

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-04-14 06:07 | つぶやき | Comments(0)

1人ヒュッゲ(笑)

b0253226_07594730.jpg
仕事から帰って来ると、どうしてもおなかがすいて我慢出来ない時があります。そんな時はポテトチップスを食べていた私。今は一切止めて、フレンチフライを食べてます。(笑)ワインですが、飲み始めて2週間。毎日ちょっとずつ飲んでいます。最近では次の日仕事でもグラス1杯は飲んでいますが、影響はないとわかりました。飲み続けているとアレルギーもさほど出なくなりました。←体はかゆいけど。😅

そしてクルミもつまみに食べています。

赤ワインとクルミ、更年期の女性には良いと言われていますが、私の体には合っているようで効果を感じます!どのような効果かと言えば、女性ホルモンが増えたという感じが体に現れているのです。肌のハリとか子宮の状態とか(女性なら自分の体でわかるでしょう)若い時と大差ない状態に戻っています。

クルミって男女共に性欲アップに繋がる効果があると言われていますが、その意味はホルモンが増えるという意味なので、若い人でも毎日食べていたら効果があるかもしれませんよ。👍

仕事をしている中年女性は、更年期だからと言って病欠する事は出来ません。周囲の話を聞けばみんな努力をしているのです。なので私もぶつぶつ文句言わずに色々試そうと思いました。

でもね、赤ワイン本当に美味しいです。毎日飲んでいるので量が増えてもっと飲みたいと思ってしまったらどうしようと思っている程です。💦

ちなみに私は3リットルの箱を買ったのですが、2週間経ってもまだ残っているので、1回の量は100〜150mlって事になりますね。休みの日はもうちょっと飲みたいなぁ〜。(笑)
[PR]
by Helgashjemdk | 2017-04-02 08:30 | つぶやき | Comments(0)

赤ワインを飲む🍷

b0253226_08071083.jpg
私は見た目と違ってお酒にとっても弱いです。すっごく飲めるみたいに見えるらしいけど、実は普段全く飲みません。友達が遊びに来てうちでご飯を食べる時にちょっと飲む程度です。

外食した時はお酒を飲まないし、『飲みに行く』という事すら一切ありません。

そんな私ですが、最近赤ワインを飲もう!と思うようになりました。なぜなら更年期障害を和らげる方法を色々と試そうと思ったからです。

一杯の赤ワインは体に良いとの事ですから、一杯くらいなら大丈夫だろうと思って飲みました。赤ワインの味、大好きです。美味しいと思います。しかし私はアルコールに弱いだけじゃなく、

アレルギーがあるようで……。😭

特に赤ワイン、体が赤くなってかゆくなります。💦

ビールを一気に飲んでも同じです。ちびちび飲まなきゃいけないビールなんて美味しいと思えないのですが、そんなわけで真夏の暑ーい時以外ビールは飲みません。

ウイスキーや日本酒、焼酎などのお酒は一切飲みません。

私が飲めるお酒はビール、ワイン、そしてベイリーズです。

今回は箱形の赤ワインを買った事もあり、赤ワインをグラス1杯3日連続で飲みました。多分明日からは仕事という事もあり数日は飲まないでしょう。

本当に更年期に効くのでしょうか?家で飲むのはいいけれど、本当にふわ〜っとして来るので、やっぱり外では飲めないなぁ〜。お酒好きな人、羨ましいです。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-03-17 08:21 | つぶやき | Comments(0)

嫌と言える自由

デンに住んでから他人の心の裏を読む事が一切出来なくなりました。相手に『必要ない』と言われたらその通り受け取ります。でもデンマークではそれが普通。日本のように断っているのに実は希望しているなんて卑しいし、そう思うならそう言えよ!と思ってしまいます。

こういうところが既にデンマーク人化していると感じます。日本に行くとそうしてはいけないと思いつつも、自分が想像する相手の裏の心が間違っていたら、どっちみち結果的には失敗に終わるからです。

私の母はまさに発言に裏がある人。とても会話が大変です。

『何か買って行くけど何がいい?』

母を訪ねる時には必ず聞きます。はっきり言われた方が有り難いからです。そう聞いたからには多少高くても常識的な範囲の出費なら受け入れます。←ジャムのように常識の範囲を超えた『重さ』と言うのもありましたが。💦

いつもケーキとかアイスとかを持参します。何が欲しいか聞きますが、母の答えは毎回、

『そんなのいらないから手ぶらでおいで。』

です。そして手ぶらで行くと、

『本当に買って来なかったんだ?』

と言われます。親子なんだから普通はそのまま取るでしょ?!まして母は高齢です。何か買って行ってもすぐに食べられるわけではないので、冷蔵庫で保存して腐る事も多し。いらないならいらないと判断しますよ。

夫もこれにはびっくり。これが典型的日本人の会話で、いらないと言われても本音は何か持って来いなんだ、と夫は理解したので何か必ず持って行こうと言います。

今度は持って行くと、いらないって言ったのに!と言われます。どっちみち怒られるなら持参して怒られる方がマシだという結論に達しました。(笑)

これ、本音は言わなくてもたくさんの日本人が同じように思っているのだと思います。特に大人なら絶対にそうして欲しいと他人には言わないでしょう。でもあなたが私の本音を読み取れないように、私もあなた達の本音は読み取れません。言葉があるのに利用しないなら他人に誤解された読み取り方をされても文句は言えません。口があるのに言葉にしなかった自分が悪いと思えないのでしょうか。

デンマークではTVドラマの"Badehotellet"という昔の時代の海岸にあるホテルのドラマが大ヒットし観ている人達がたくさんいました。ただし女性、そして中年が盛り上がっているドラマです。仕事時間に放送されていたので私は観ていませんし、夫も苦手なジャンルです。

しかし友達はみーんな盛り上がっていました。昨日会ったビアギットとスーシーも最終回が残念と言っていました。

『うわー、私あれ苦手。何か世界違う。』

という私に対して、

『あんた若過ぎて良さがわからないんだよ!』

と言われました。私も中年ですけど、あの良さはわかりません。年齢じゃなくて好みだと思います。でも嫌いなものは嫌いと言えるし、相手の意見も理解出来ます。

私は俳優Mads Mikkelsenの大ファンです。かなり昔からですからDVDもほとんど持っています。そんな私が職場の仲間にMads大好きと言うと、

『えー?!彼?!あの人ってヘビみたいじゃん!』

って言われました!😱

ヘビって………。ヘビ顔って意味なんですけど、そんな表現初めて聞きました。それだけ気持ち悪いって意味なんですけど、好きって言う人の前でそんな事普通に言えちゃうんですよ、デンマーク人。

でも私は笑ってしまいました。確かに美形じゃないけど、あの表情がセクシーなんだよーと言うと、わからないと悩んでいました。

こういう会話、日本人同士で日本語ですると、かなりきっついと思うのです。例えばですけど、

『私ロック大好き。スッキリする。』

『えー、私ロックは嫌い。だってうるさいじゃん。』

とか。言い方を変えたら良いだけかもしれません。『私はあんまり聴かないなー。』とかただ苦手と伝えるとか。でも私ははっきり嫌いなら嫌いと言われる方が好きです。だってただ聴かないだけなら、良さを理解していないだけな人かもしれないと思うから。

ただ嫌いなら嫌いな理由をはっきり説明して欲しいです。例えば赤ワイン、フランスじゃなきゃダメと言うなら、なぜ他はダメなのか知りたいからです。何となくでは説得力がないし、共感も出来ません。

何となく、でも掘り下げると理由はいくらでもあります。自分でどうして苦手なんだろう?って自分に問いかけたら理由って出て来ます。

さらに例ですが、私はデンマークのフュン島が苦手です。住んでいた事もありますが本当に苦手です。夫も苦手だと言っていました。なぜかと二人で考えたのですが、単に島の端に行かないと海がないからです。歩いて海に行けるような場所だとフュン島内は田舎過ぎて住むには厳しい。ほどよい環境で海が近い、それが理想なのでフュン島にいると何となく閉じ込められている気がするのです。

だからと言ってフュン島をけなしているのでもなく、そこに住む人達をバカにしているわけではないのです。私達のようにさらに狭い島に住み、方言を話す地区は他の街にいるデン人は、『良くあんなところに住めるな。』と思っているはずです。それを南デンマーク人は誇りに思っています。でも私達は『コペンなんて住む場所じゃない。』とか平気で口にします。それはコペンに住んでいる人達がどうと言うのではなく、『私達が』住めない場所だと言っているだけなのです。

こういう事って多分デンマークでも他の地区では相手の事を気にして本音を言わないかもしれませんが、私の周囲は全くそういう事を気にせず言いたい事をはっきり言う人達が多いので、それに慣れ切ってしまいました。

ただ日本に帰った時、私は100パーセント毒舌で他人の気持ちが理解出来ない空気が読めない人間になっていると思います。もう日本では生活出来ませんね…。(苦笑)

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-03-14 02:54 | つぶやき | Comments(0)

昔の仲間達

本日、昔一緒に仕事をしていた仲間2人とお茶会でした。名前はカタカナで書く事にします。

ビアギット、60代後半。私が週末一緒に仕事していた仲間。

スーシー、60代中半。現在癌の治療中。

二人共もう年金者です。一緒に仕事していた時はまだ忙しいと言う程しんどくなかった事もあり、結構楽しく仕事をしていました。もう8年近い前の事です。

ビアギットとは良く会うのですが、スーシーは1年に1回くらいです。まさか癌になったとは知らず、しばらく連絡がなかったので事情を知った時はビアギットとショックを受けましたが、今は落ち着いています。

昔話に話が咲いて楽しかったです。ビアギットのお母さんは95歳なのですが、まだ自宅で生活しています。しかしもう食事も減り、車椅子生活で、水分もなかなか取れないそう。話を聞いているともう施設入りしても良さそうなのに、お母さんが拒否しているから絶対無理だそう。でも自分で食事が出来なくなったらどうするのでしょう?本人が嫌だと言っても在宅介護では厳しくなるばかりです。←もう既に排泄はリフト使用でポータブルとおむつです。

でもビアギットは買い物程度の協力をしているだけ。彼女だって70歳近いのです。いくらプロだったからと言っても実母の介護で自分の時間を失うのは嫌なのです。実母の入れ歯洗浄すら気持ち悪くて嫌だと言っていました。

デンマークってそれが通用するからいいですよね。日本だったら娘さんがいるなら少しはお願いしますと言われてしまいそうですから。

二人共60代だし、数年後にはビアギットは70歳です。もうそうそうみんなで羽目を外したり盛り上がったり出来なくなりました。

昔はみんなで食事会という名目で集まって誰かの家で食事をしていました。私は当時コロニー庭を持っていたので昼過ぎから夜中までパーティーしました。6リットルのワインを4人で飲んで歌を歌って盛り上がりました。楽しかったな。

今はランチか午後のお茶程度ですが、ビアギットかスーシーの家で集まります。来月は私の家で夕食をごちそうしようと思っています。

私は40代なので二人から『若者』扱いです。(笑)私がこの仕事に就いたばかりの時、つたないデン語の外国人を受け入れてくれた二人ですから、今は私が二人を助ける立場です。これからも時々こういう機会を持って行きたいと思っています。😊

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-03-13 07:04 | つぶやき | Comments(0)

南デンマークで中古物件購入。遅番介護士として老人ホームで仕事しながら時々リフォームして生活しています。


by Helga