カテゴリ:音楽( 65 )

世界で有名になった韓国のスター

b0253226_03071811.jpg
乗馬ダンスを含め全てがヒットの要素に繋がった"Gangnam Style"のPsyですが、この曲はデンマークでも大ヒットでした。

日本では韓国ブームでK-Popが大ヒットしているのにPsyはそこまで人気が出なかったと読みました。ルックスがヒットに繋がらなかったのでしょうか?

多分世界的にヒットした理由は音楽だけじゃないはず。Psyのいかにも韓国人というルックスに加えてちょっと小太りな体型なのに、キレのあるダンスをする姿が外国人からするとツボだったのかと思います。

これが今流行りの韓国流の整形顔でスタイルも抜群の男性だったら絶対売れていなかったでしょう。言語が公用語の英語じゃないのにヒットした曲は基本的にリズムが単調でわかりやすい事と、ルックスがその国の人だとわかる事が意外と重要な気がします。



"I Luv It"にイ・ビョンホン出てますよ!!(爆)彼まで登場させるなんてどんだけ凄い人なんだ?!



私は彼の昔の曲"Right Now"が凄く好きなのですが、このライブ凄いですよ!!見て、このオーディエンスの多さ!!韓国じゃこんなに人気があるのですか?!

韓国のイメージってとにかくルックス重視だと思っていました。みんなダンスに力を入れているだけあって踊りが上手い人が多いなと言う印象はありますが、Psyほど動員数稼げるアーティストってそうそういないと思いますよ、韓国に限りではなく世界的に。しかもみんな歌ってるし、すっごく盛り上がっています。これぞコンサートでは?

Psyのライブ映像を見て思った事は、彼はエンターテイナーとして凄く才能があるという事。一般的にダンスをしながら歌う事は出来ないので基本的にリップシンクが多いです。でもPsy歌ってますよね?凄いわ!



"Gangnam Style"のライブですが、もう凄いとしか良いようがないです。洋楽ばっかり聴いてる私でもビックリするライブ映像!こんなにみんな盛り上がっているって早々ないですよ。しかも外国人までいる!!

何が凄いってエンディングに向けて、Psyが服を脱ごうとした時の歓声!!彼のぽっちゃりとした体型なら、日本人だったら『ぎぇー!』って思うんじゃないでしょうか?あれだけ外見主義なイメージの韓国人達が一斉に歓声をあげているんですから!

音楽に外見は関係ないとは言ってもイメージは大切です。でも外見が良い事が重要ではないと思います。特にエンターテイナーはどれだけ自分の作品でオーディエンスを熱狂させられるかでしょう。

それを証明しているアーティストだから、Psyは世界で売れたのだと思います。

あとビデオのメイキングを見て思った事は、撮影時はバカになり切っているし楽しんでいるけれど、普段は礼儀正しそうな人だって事。これも売れた理由かも。意外とバカっぽい事やってるアーティストってちゃんと計算出来ているんですよね。

ライブでダンスしながらちゃんと歌う事、オーディエンスを楽しませる為に努力を惜しまないスタイルはアーティストとして素晴らしいなと思います。😊

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-11-06 04:14 | 音楽 | Comments(0)

Kid Rockの新作!!

私の大好きなKid Rockが新作を出しました!彼ってば、本当に期待を裏切らないミュージシャンだなぁ〜。



"Tennessee Mountain Top"はかなりスローテンポの曲ですが、Kid Rock色たっぷりでビデオがとてもかわいい!!!



コンサートの1曲目か?と言えるくらいの名曲になるだろう、Kid Rockらしい曲、"Greatest Show On Earth"のビデオは過去の映像を一杯混ぜた内容です。見ての通り、20年前から現在までルックスが全然変わってない!これだけイメージが定着したままな人も凄いかも。

Kid Rockは若い頃ヒップホップを交えたロックを演奏していましたが、現在はカントリー色が強いロックを演ってます。なので基本的にはアメリカ中心の活動でヨーロッパでも"All Summer Long"が大ヒットした程度の知名度です。

私は大好きなんですけどね〜。ステージの映像見たらアメリカでは凄く人気があるように見えるけど、コメント等を見ると最も過小評価されたミュージシャン扱いなんですよね。でもKid Rockはチャートに名前を出すヒット曲を作る必要もないし、たまに一般受けして売れちゃった曲もあるか程度でいいんじゃないでしょうか。本当に好きな人はずーーーっとKid Rockのファンを続けていると思いますし。←私を含めて。

Kid Rockって生で歌っても全然変わらないくらい上手いんですよ!!色んな楽器も演奏出来るし本当に尊敬します。



MTVのヴィデオミュージックアワード1999年の映像ですが、これは最高でしたね〜!!当時のKid Rock、28歳ですが若いし細い〜!!この動き!若さを感じる〜。まぁKid Rockは今でも飛んだり跳ねたりしていますけどね。

しばらくはKid Rockばかりになりそうです。💗

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-11-04 07:28 | 音楽 | Comments(0)

Guano Apesを知ってる人いますか?!

90年代から1人でデンマークやドイツに旅行していた私。ドイツのどこかのホテルで1人のんびりTV番組を観ていた時の事です。MTVだったかでGuano Apesというバンドを知り、一発で気に入ってしまい速攻CD買いに行きました!Wikipediaに色んな言語で載っているのに日本語がない!!って事は日本で人気ない&アルバムが出ていないのでしょうか?!そういえばGuano Apesを好きとか知っている人の話を聴いた事が一切ありません!!

でも彼らが全盛期だった時って最初の2枚だったような気がします。今はちょっと落ち着いてしまった感じがするし、VoのSandraが女性っぽくなってイメージが変わってしまったから。それはそれで良いのですが、私は初期のGuano Apesが大好きなのです。



タイトルが"Big In Japan"!!聴いての通り、Sandraの声の出し方がカッコ良過ぎです!これだけヘヴィな声を出して魅了する女性シンガー、あんまりいませんから。😍



この”Dödel Up”を聴いて私はCD買いに行ったのです。(笑)新作がセカンドアルバムだったので、聴いていないのにファーストも一緒に買ってしまいました。ファーストの方がさらに好みだった。😍



このビデオ、最近初めて知りました!面白い〜!!Sandraのいかにも女ですーみたいなファッションじゃないのにとってもかわいいというところが大好きです。

90年中盤から私はどっぷりオルタナ系にハマっていたので、Guano Apesは私のツボでした。ドイツっていいバンド多いですが、あんまり日本に入って来ないですよね…。

でも90年代から洋楽が低迷という感じだったからしょうがないのかな…。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-23 01:39 | 音楽 | Comments(0)

Marilyn Mansonの新作!!

とうとう発売されましたーー!!Marilyn Mansonの新作"Heaven Upside Down"です!!

b0253226_03240281.jpg
凄いシンプルなジャケット…。(笑)いやぁ、前作も良かったですけど今回もマンソン色で溢れていて、期待を裏切らない作品ですよ〜〜!!

Marilyn Mansonを好きな人なら気に入ると思いますが、決して人に勧めるつもりはありません。(苦笑)だって一般的に受けるようなヴィジュアルでも音楽でもないですからね。



"We Know Where You Fucking Live"です。いかにもマンソンなビデオで嬉しいです。💗



"Say 10"には何とJohnny Depp出てる〜〜!!!😂😂😂

実はこの2人、プライベートでも仲良しですし、一緒にツアーも出てましたからね。←私はJohnny Deppのファンではないですけど。

しかしこのビデオ、大丈夫なのか??ってくらい色んな意味で危ない…。女性に関しては見せていないからいいかもしれませんが、セクシーですねぇ…。それにこんなに大量の血…。あぁでも"Heart Shaped Glasses"も血の雨ですからギリギリですかね?



この曲は既に10年前ですが、ビデオに出ている女性は女優のEvan Rachel Woodです。18歳年下のEvanと付き合っていましたが、清純そうに見えて結構凄い彼女。このビデオ、本当は前半が映画みたいになっていて、二人のセックスシーンがあるのですが、演技じゃないそうです…。当時はオフィシャルサイトでカットなしで観れたけど今ないですねぇ。

Marilyn Mansonと言えばつい最近NYのコンサートで銃のセットの下敷きになってコンサートが途中で中止になりましたけど、まだ正式にツアーに戻るとニュースに出ていませんね。でもあのシーンを観る限り、ハリボテみたいなセットにぶら下がったから倒れたのだし無理があるぞ〜!と思ったのは私だけじゃないはず…。危な過ぎる…。

ちなみにデンマークにも来る予定ですが、遠過ぎて行けません。ハンブルグに行こうかと思ったけど、結局買ってなくて…でも来れるのか??まぁ今の私の目の状態では無理があるのでチケット買ってなくて良かったです。

でもアルバムは最高ですよ〜!!👍👍

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-13 04:07 | 音楽 | Comments(0)

Lady Gaga活動休止

b0253226_21520930.jpg
線維筋痛症という病気が理由で活動休止を決めたLady Gagaですが、デビューしてからずっと駆け巡ってこの地位に来た人。病気を抱えながら世界ツアーなど難しいですし、今はゆっくり休んで自分の人生を考えて欲しいですね。



Netflixで視聴出来るドキュメンタリー"Five Foot Two"を観ました。私はLady Gagaがデビューした時から結構好きです。セクシーに見せても嫌味がなくカッコいい人だったから。実力はあるし、パフォーマンスとして異色な事をしていただけで、ファンを大切にするし素朴な人で裏表がなさそうな印象でした。デビュー当時はサングラスをかけて目を見せないところもシャイな部分があったからなのでは?と思います。

彼女はこんなに歌が上手いのに、ビジュアルでは散々な事を言われ続けて来ましたね。実は男だったとか、美人じゃないとか、太っているとか。

そんな事よりもこれだけ歌が上手いシンガーが今の世の中にいる事だけでも私達はラッキーな時代にいると思った方がいいのに。Lady Gagaはルックスばかりで目立つアイドル的シンガーを目指していたわけじゃないですから。

アルバムを発売してその都度恋人を失ったLady Gaga。Taylor Kinneyと上手くいかなくなった頃に撮影されていたこの"Five Foot Two"ですが、愛する人を失い病気と戦いながら音楽を続けるLady Gaga。孤独である事を訴えて泣く日もある。

セレブになったら何でも手に入るのだから、孤独とか鬱とか言うなんておこがましいと思う一般人は多いかもしれません。でもセレブのような生活を希望したわけではないアーティスト達は、その名声のせいで自分の人生の欲しいものは得られないのかもしれません。でも音楽という支えがあったからここまで頑張って来れたのかもしれません。

とにかく健康第一ですから、元気になったらまたアルバムを作って欲しいです。ツアーしなくても活動する事は可能ですから。きっと本当のファンは待ってくれる事でしょう。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-10-01 22:04 | 音楽 | Comments(0)

Tokio Hotelの変化

ドイツのティーンバンドとして注目を浴びたTokio Hotel、日本では人気があるのでしょうか?せっかく名前が『Tokio』なんだからもっと騒がれてもよさそうなのに、今の日本の女の子達は『外タレ』(死語)には興味ないのかな?
b0253226_19244637.jpg
デビューした時はまだティーンですから、当然ファンも10代の女の子達ばかりだったと思います。特にフロントマンのBill Kaulitzはこの年にしてカリスマ性がある独特なルックスでしたからね。双子の兄であるTomもいかにも少年って感じのファッションで…。ベースのGerogとドラムのGustavは素朴な少年って感じでした。

でもね、彼ら才能はあると思っていました。ティーンにしては曲作りもちゃんとしていたし演奏も上手いし。Billも声を擦れさせたり、裏声を使ったり、結構曲に合わせて色々とテクニックを使っています。私は彼らの親世代の年齢になると思いますが、結構Tokio Hotelの音楽は好きでした。

何で過去形かと言うと、最近の彼らの音楽とスタイルは決して好きとは言えないからです…。

b0253226_19245629.jpg
Bill1人だけ違う世界に進んでいる…。昔はBillが黒髪でTomがブロンドだったのに、今逆になってる。少年から成人男性になった彼らですが、Tomは良い感じで大人になっているけど、Billはどうしたんだ??と思ってしまう。もったいない〜。あのままの路線で進んで欲しかった〜。

b0253226_19250516.jpg
少年時代と全然違う…。昔からBillのファンで今のBillも大好きって言う人、まだたくさんいるのでしょうか?私は別に彼らのルックスが好きだったわけでもないので、変化がある事はいいとは思うけど、Billはちょっと間違った方向に行っちゃった気がしますわ…。

b0253226_19251586.jpg
双子だから同じ顔つきなのに、Tomは渋くてBillは気持ち悪い感じなのはどういう事でしょう?Goergなかなかカッコいいし!

私はSpotifyにお金払っているから今はTokio Hotelも全部聴けるのですが、やっぱり昔のアルバムばかり聴いていますね。



私が好きだったのはこの時代まで。BillはDavid Bowieが好きなので影響受けているのは一発でわかりますね。それにしても"Humanoid"まではロック調で良い路線だったのに、その後どうしちゃったんだろ?と思ってます。色々試したくて盛り込み過ぎた感じもしますが、ロックとは呼べない路線に進んじゃったのはがっかり。Tomがギターだけじゃなく全ての楽器をマスターしているのは凄いし、気持ちはわかるけど…、昔のTokio Hotelが好きだったー!懐かしいなー!と思う人、多分一杯いると思う……。😓

ちなみに私は英語版よりドイツ語版の方が好きだな〜。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-09-24 19:55 | 音楽 | Comments(0)

D-A-Dのvo、Jesper Binzerのソロ

デンマークの老舗ロックバンドD-A-DのシンガーのJesper Binzerがこの都度ソロアルバムを出す事になりました。そのファーストシングルの"Future Is Now"のビデオです。



この曲はボクシングの"World Boxing Super Series"用に作られた曲だそうです。
b0253226_01454310.jpg
ギタリストはデンマーク人Søren Andersenという人。Glenn HughesやMike Trampと一緒に演奏している人です。

D-A-Dは1990年前後くらいに日本で人気がありましたが、その後は知名度がなくなったので日本人からするともう消えたのかと思われそうですけど、デンマークでは一番人気なロックバンドだと思います。そしてその人気も不動なのでツアーをすればソールドアウトだしJesperはフロントマンなのに気さくだし自伝を出す程意外とオープンな人です。

そんなJepserが今回初めてソロアルバムを出す事になりました。ツアーも3回程やります。💗

私はD-A-Dは好きですし、Jesperの"Future Is Now"も好きなのですがツアーは仕事の日なので行けません。場所も遠いし…。アルバムは聴きたいなぁ〜と思います。まぁソロなんだけど、彼の声は一発でJesperってわかるし曲も特別D-A-Dと差がある感じもしないので、ソロと聞かなかったらD-A-Dかと勘違いするかも…。😅

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-09-13 01:55 | 音楽 | Comments(0)

鬱病の怖さ

b0253226_20173691.jpg
Chester Benningtonが亡くなって3日経ちましたが、信じられない気持ちと同時にどのように彼の鬱病が悪化したのかどうしても知りたくて毎日ネットで情報を探して読んでいました。



ラジオ番組でChesterはちゃんと『鬱病』がどのようなものか、説明しています。でも見ての通りChesterの表情から重度鬱病とは感じられず、本気で死を考える程まで悪化しているとはなかなか受け取れないと思います。

多分、本当に自分の中にいる悪魔と戦っている人は表に出さないのだと思います。

仕事もして、家族と過ごして、友達もいる。

そんな幸せな生活をしているように見える人が、実は自分の内側にいる何かと戦っているのです。それは本当に別の何かで、自分ではコントロール出来ないのです。

Chesterが亡くなったと聞いた時、私は落ち込んで泣きましたが、それ以上にどうして自殺をしたのか知りたかったのです。夫からはセレブの彼の人生と私の人生は全く違うから比べたって意味がないと言われましたが、比べるのではなくて『鬱』の状態がどう変化していくのか知りたかったのです。なぜなら私の中にも『何か』が存在しているからです。

2013年に精神を病んだ時、私は数回医者に行きましたが結果的には何も得られる事はないと思って本当にひどくなったらまた来るという事にして治療はしていません。鬱病って薬では治らないと思います。このChesterのインタビューではっきり答えがわかりました。凄く的確に、わかりやすく説明しています。

頭の中にいる悪魔は最悪な近所の人だと。

現実の世界で最悪なお隣さんを経験した事はあるでしょう。その人をほっておくか、口論するか、おだてるために何かプレゼントしてみるか、色々方法はあるでしょう。

プレゼントは薬だと思って下さい。一時的に落ち着くけど問題が解決したわけではありません。だから時々話し合いをします。話し合いが喧嘩になれば戦うしかありません。それが頭の中で悪魔と戦う事です。

もう耐えられない、引っ越ししかない。これはこの世を去るという事です。

家族もいて、家もあって、お隣さんさえいなければ幸せなのに、この人のせいで全てを捨てて引っ越し出来ますか?家族も引っ越しする事で失うものは多く不幸になるとしたら、自分1人の為にそこから旅立てるのか。

誰だって家族の事などどうでもいいとは思わないでしょう。Chesterだって私生活を考えると自分は恵まれていると思っていました。でもそれと、頭の中の悪魔と戦う事は意味が違うのです。

すーっと答えが出て来ました。私の頭の中のご近所さんは本当に時々私の想像を超えるような事を仕掛けて来ます。私は今のところ、自分の方が上だと思っているし正しいと思っているから無視していますし、腹が立つとガツンと文句を言う事にしています。うちの境界線に入って来るなと。でもこれが頻繁になってどんどん図々しくなって来たら、誰かの協力が必要になるでしょう。

鬱病だから何も出来ないと言う事はないのです。むしろ本当に鬱の人は人に言いたくないと思いますし、必死で戦っている人が多いと思います。

私は自分で鬱だと思っていませんが、自分の中に自分でコントロール出来ない何かが存在している事は理解しています。

私流の分析ですけど、Chesterは左利きで、右脳が優れていたのだと思います。だから音楽という才能があり歌う事で自分の中の悪魔と戦って来れたのでしょう。彼のスクリームはまさに人の心を惹き付けるものがあり、そうする事によって瞬時悪魔を排除出来たのかもしれません。

でも左脳は思考や論理です。こちらが発達していないと物事を物理的に考えられないと思います。Chesterは感受性が強くやさしい人だったと思います。彼の書く歌詞は難しい単語も少なくとても理解しやすいです。

最後のアルバム"One More Light"はメロディがスローになりシャウトもないというLinkin Parkらしくないアルバムで、賛否両論でした。みんな音楽に注目を置き過ぎて、歌詞をきちんと読んでいたのでしょうか。Chesterからのメッセージです。どれだけ苦しんでいたか、全部彼の心情を書いています。亡くなってから歌を歌おうとすると涙が出ます。どんな気持ちでこの歌詞を書いていたのか…。しかしメロディが本当にシリアスさを感じさせないものがあり、単に『Linkinは軽くなっただけ。』な感じがしてダークな部分が減少しています。Chesterの歌い方は本当に切ないし、シャウトだけのシンガーではないとアピールしています。



If they say
Who cares if one more light goes out
In the sky of a million stars
It flickers, flickers
Who cares when someone's time runs out
If a moment is all we are
Or quicker, quicker
Who cares if one more light goes out
Well I do

Chesterは私達にとって消えてしまったライトです。自分で言っているじゃないですか、消えたからって誰が気にする?の自問自答に『 I DO 』って。私だけじゃなく、We doですよ…。😢

鬱病で苦しんでいる人は、死に向かう前にやはり何かサインを出しています。しかもはっきりではなく、別の形で。もうはっきりと表に出してアピール出来るエネルギーがないからです。周囲の人がそのサインに気付いたら、すぐに助けてあげて欲しいです。それはもう本当に死の世界に向かおうとしている人ですから。

私は夫に、そうなる前に自分でおかしいと思ったらはっきり言うから、と伝えています。私は本当に、過去に2度自殺を考えた事があるので自分でその道が見えかかって来たら、エネルギーがあるうちに口にしようと思います。

自分の中の悪魔と戦っている人達へ、自分が戦う力が減って来たら誰かに協力して貰いましょう。でも戦いから逃げ出して他人に全てを依頼する事は不可能です。

頑張れと言ってはいけない、みんないつも頑張っていると言いますが、自分がその状態だからわかります。頑張れない時はちょっと協力して貰いましょうよ。でも休憩するだけで、自分の人生だから自分自身で立ち向かうしかないのです。

助けてくれる人達が自分の人生を頑張っていないわけではないのです。人間は1人では生きられない。死は本当に最後の選択です…。

ChesterがChris Cornellの誕生日に自殺したのはやはりみんなが想像する通りだったようです。彼はChrisの死後、いつものChesterではなかったと。彼らは離れていられなかったのでしょう。そういう意味ではChesterにとってChrisと一緒にいられる事で今やっと心から幸せになれたのかもしれません。

やっと言えます…。RIP Chester Bennington。あなたは最高のシンガーでした。いや、Chris同様、この世に存在したシンガーのトップレベルでした。天国で、二人で楽しく歌って過ごして下さい…。

もうここまで来ると死ぬのも怖くないですね。みんな空の上にいるから。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-07-23 21:07 | 音楽 | Comments(4)

大ショック!R.I.P Chester Bennington!!

どうしてたった2ヶ月の間に私の大好きなミュージシャンが2人も自殺を選んでしまったのでしょうか。私はまだChris Cornellの死から立ち直っていないのに、今度は大好きなLinkin Parkのシンガー、Chester Benningtonが自殺してしまいました…。享年41歳でした。

b0253226_09293666.jpg
Chester Benningtonは私が言わずとも多分どんな人から見ても現在トップレベルのロックシンガーだったと思います。こんなに歌が上手い人、そうそういませんでしたから。その意味ではChris Cornellも同じです。この二人は年齢こそ違っていましたけど、人生が似ていた事もあり親友でした。そしてChesterが自殺を選んだ日は7月20日、なんとChris Cornellの誕生日だったのです。Chrisと同じく首を吊っての自殺。ChesterはChrisの後を追ったとしか思えません。

私にはどうしてChesterまで死を選んだのかわからないです…。いくら辛い人生を送って来たとしても、Chesterは私生活には恵まれていたはず。一度結婚に失敗したけど、2人目の奥さんとは幸せでした。私生活を公開していたし、"My wifey"とTwitterに仲の良い写真を載せたりして、子供も6人いてペットもたくさんいて充実して幸せだと思っていたのだけど…。

ChesterとChrisは親友だっただけあり、離婚も再婚も時期が近く、過去にドラッグやアルコールの問題があった事や鬱で精神状態が不安定だった事などまさに同じような苦しみを味わって来たのです。そして二人共スタイルは違っていたけど安定した音感で何オクターブも出せてシャウトも出来ればバラードも歌えるというロック界ではトップレベルのシンガーでした。

どうして才能がある人達が死を急いでしまうのか…。

Chris Cornellは自殺の1ヶ月前にTVに出た時を観たのですが、その時何となく死を感じさせるような空気は持っていました。なので自殺したと聞いた時に、予感的中な気がしましたが、Chesterは自殺までするとは思っていませんでした…。なので本当にショックです…。

b0253226_10053354.jpg
Chesterが天国でChrisに会っている事を祈ります。Chesterにとっては家族や仲間や音楽を作って行く事よりChrisを選んだという事でしょう。心からの親友だったのでしょう。命を捨ててでも会いたい人がいたという事は素晴らしい事なのかもしれませんが…。

死んだらもう終わりなんですよ、Chester…。ツアー中だったのに。(これもChrisと同じ状況。)みんなを捨ててあの世に逝くのは早過ぎですよ…。悲しいです…。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-07-21 10:11 | 音楽 | Comments(0)

Dizzy Mizz Lizzy in Germany 🇩🇪

Dizzy Mizz Lizzyのドイツツアーに行って来ました!!
b0253226_06391359.jpg
もう会場凄く狭い!こんなところでやるのか?!と思う程でしたが、私はクラブツアーの方がアリーナ公演より断然好きなので、これは見逃せない!と思い、週末勤務を交代してもらってまでして休みを調節し、OberhausenからHamburgとBerlinに行きました。

私HamburgとBerlinは何度も行っているので一応地理感覚がある(駅の中では迷うけど)から気持ち的に楽でした。

b0253226_06391498.jpg
Tim、会場が小さいからと言って手抜きをするような人ではありません。👍

b0253226_06391437.jpg
Martin、いつも通り黙々と弾いてます。😁

b0253226_06394323.jpg
Søren最高ーーー!!!😍

私がこの位置で毎回観ているのはSørenを良く観るためでして、延々といつもこの位置狙いです。でもここ、Timも良く見えるし、Martinは目の前なので決して悪くない…。

b0253226_06394392.jpg
ちなみにこれはハンブルグで。上から観るのも面白かったです。結局2日のハンブルグ以外は最前で観ました。ハンブルグはデンマークに近い事もありたくさんのデンマーク人がやって来てソールドアウトになりました。凄く狭い会場なのに大人数で盛り上がりました〜!!

今回は前座も良くて(その話はまた別に)初日もハンブルグもライブ後は前座の人達と盛り上がってしまいました。😅

Dizzy Mizz Lizzyのコンサートは毎回1時間30〜40分程度で短いですし、淡々と演奏するだけですが、私はシンプルな方が好きです。

バンドを家に例えると、ドラムはレンガ(または木材の柱)、ベースはマテリアル、ギターはインテリアでヴォーカルはカラー。家に入った時に一番最初に目につくのは色合いだと思います。色が好きか嫌いかでその家が好きかどうかわかります。

そう考えるとドラムとベースって目につかないので目立たないけど、実はここがしっかりしていないと家って崩れてしまいます。バンドの楽器もそうだと思います。

Dizzy Mizz LizzyはドラムのSørenとベースのMartinが良いチームワークで演奏しているからTimが自分の個性を存分に出せるのだと思います。トリオってカッコいいですよね。👍

今年はもうツアーがないし、アルバム制作に専念するとの事なので発売まで頑張ってお金貯めなきゃ。😅

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-06-14 17:00 | 音楽 | Comments(4)