カテゴリ:仕事( 195 )

戻って来た仲間

前にも書きましたが、ちょっとキレやすいスーサンが戻って来て約1ヶ月。月曜日はスーサンしかアシスタントがいなかったので、一緒に仕事する時間が多かったのです。

私のユニットはアシスタントしか出来ない仕事が2つあり、そのたびにスーサンが来るという形になったからです。

しかしうちのユニットの入居者の鼻腔経管栄養を初めてするスーサン。物がどこにあるとか細かい事はわからないので、色々質問して来たのでそれに対応。

私が見つけた薬に関するミスをスーサンと確認して全部記録に残し分担して対応しました。

後からスーサンが、

『Helga、凄いわ。全部把握してる。凄く仕事やりやすい。』

と言ってくれました。元々スーサンと私は状況を察知してすぐに動けるという似たタイプなので、2人揃うと回転がすっごく早いのですが、まさにさくさく進みました。

糖尿病の人への対応ですが、以前両足切断した人もいたし、血糖値が不安定だった人もいたので低血糖の時の対応には慣れたものです。別に毎回スーサンや看護師に連絡する必要もないし、どの状況で連絡するべきかくらいは知っています。

しかしカーステン、入居者さんが低血糖になって何も出来ずスーサンに連絡しただけで一切自分で何もしなかったそう。そして水を飲ませただけだとか…。

水っ?!低血糖なのに?!

素人か?!😓😓

カーステンは新人だからしょうがないとしても、資格取る時に低血糖の対応も習っただろうよ…。

みんなに良く言われるのが、どうして私はアシスタントの資格を取らないのか、という事です。

私の住んでいる街は小さいので、今の職場を辞めて資格を取った後に正社員として仕事が出来る場所があるのかという問題があります。凄く狭き門なのです。

それに資格を取る間の1年10ヶ月、好きな時に休暇は取れませんからもし家族に何かあったとしても簡単に休めるという事は難しいでしょう。

学校は遠いので通うのが大変です。←まずこれがネック。

そして私の収入が上がり過ぎると夫の早期年金が減る事になり、逆にトータルで収入が減る可能性があるという問題もあります。

別の仲間と、もし仮に職員全員がアシスタントの資格を取る必要があるという状況になったらその時は一緒に取ろうと話していて、それまでは辞めずに頑張ろうと言っています。

私の住む南デンマークは他とちょっと違っていて、講習を受けてパスすればアシスタントの仕事の一部をヘルパーが行う事が出来ます。それはもう半強制的に講習を受けなければいけない状況ですし、どうしても嫌な人は当然断る事も出来ます。私は率先して受けているので『一部』という枠の全てをこなしています。なのでかなり『安く使える職員』ではあると思います。

まぁとにかく今日はどういう状況になるかわかりませんが、スーサンが、

『明日はHelgaと一緒に仕事したいな。』

と言っていたので、そうなるかもしれませんね。最近じゃ誰と仕事しても同じだと思ってます。もうL以上のパートナーは得られないから…。😢

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-07-11 17:34 | 仕事 | Comments(0)
昨日の仕事とっても大変でした…。なぜかと言うと、鼻腔経管栄養をして退院して来た入居者さんが管を抜いてしまったのです!!!

ご家族が来た時で、娘さんはパニック!!

看護師を呼んで入れ直ししてもらわなければいけないのですが、本人が拒否しました。その時家族はいなかったので、娘さんから電話が来た時に管を入れられなかった話をするとさらにパニック!もう一度やって来て入居者さんを説得。看護師は来ないのか?医者は来ないのか?と言われ、緊急性がなければ無理だと言うと、このままでは死んでしまう!とご家族本当にパニックでした。

そもそも鼻腔経管栄養は入居者さんの希望ではなく、ご家族の希望。デンでは一般的にそれはあり得ないのだけど、無理を言って鼻腔経管栄養にして退院して来たのです。

結局家族が医者に電話し、医者に来て貰う事になりました。

前置きが長いですが、ここからが言いたい事。


その医者がすっごい男前だったのです!😍


しかもデン人じゃなくアクセントのあるデン語がまたカッコいいっ!!

そして医者なのにジーンズでやって来た!そのジーンズがヴィンテージのリーバイス501っぽかった!そう、ファスナーじゃなくてボタンなんですよ!カッコ良過ぎるっ!!

仕事の話しかしていないけど(当然ながら)目の保養になった〜!!って気分ですわ。

その後仕事仲間に『あの医者カッコ良かったね。』って言ったら笑われた。😅

だってさー、高齢者ばっかりだし、男の仲間って別に『男』として見てないし、見れるような人もいないしさ、ちょっと嬉しいじゃないですか、男前に出会えるって。

『オレ管入れたのって20年前だから無理。』

と言って帰ってしまいました。😂

若そうだったけど、多分40代でしょうね。20年前って言うくらいだから。しかしモデル並みのルックスでしたよ。💗

そしてまた同じ看護師さんが来てくれました。二度目は成功したのですが、多分また抜くでしょうね…。鼻腔経管栄養って相当しんどいらしいですよ。💦

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-07-09 18:46 | 仕事 | Comments(0)

うざい人

久々に仕事に行くと新しい入居者さんが数人いました。←全体で。

覚えるの大変ですわ…。12日休暇だっただけなのに、世界変わりますね。

で、週末勤務、病欠もあり職員たったの6人のみ。普段は7人にフレックスの人に特別な代理1人(1人の入居者専用)という形で9人にいるのに、週末は社員6人とフレックスの人のみ。

普段より2人も足りない…。

でも私のユニットは今のところ空き部屋もあり楽なので、フレックスの人(16時〜20時)と仕事という事になりました。

このフレックスの人、クリステン(仮名)は50代で精神的な病気の為日常仕事が出来ずフレックス程度の仕事しか出来ないとの事です。私が面接したのでどんな状況かは知っていますけど、正直この人使えません!!

まず16時からの仕事なのに16時に来ません。

16時にやって来て、他のユニットに行って自分はどこで仕事するのか確認します。そして移動するので、大抵16時5分とか10分とかにやって来ます。たかが数分でも毎回だともう少し早く来いよ!と思いますよね。

で、昨日も数分遅刻。注意しました。すると、誕生会に出席しててなかなか出て来れなかったとの言い訳。そしていつもは時間通りに来ると言うのだけど、16時から仕事だから16時にホーム内に入るという意味ではないと言うと、ムッとしていました。

50歳過ぎているんだから、そんな常識くらい自分で理解して欲しいですわ…。

そして夕食のパン作りですが、すっごくトロい!この人のペースで仕事したら夕食に間に合いませんよ。なので私がさくさく始めると、

『私無理です!これがいけないの!あなた私にストレスかけてる!』

と言い出すのです。自分のペースで仕事していいと言っても、私が早いからそれだけでストレスだと。

この人が1つの事をする間に私は10以上の事をこなさなければいけないってのに、同じペースで仕事出来るわけないでしょーが!!!

一つ終わってすぐ次の仕事を頼むのもストレスだそうです。入居者さんのトイレ介助とか順番待ちなんだから1人終わったらすぐ次になるでしょう。もうそれもダメ。

昨日は職員不足だったので、食事介助が必要なユニットに一時移動してもらう事になりましたが、それもストレスのようでオロオロ。

今病院から退院して来た入居者さんがいて、その人寝たきりなんですよ。着替えさせたかったのだけど、もうぐったりして寝ている入居者さんを支える事も出来ず、オロオロ状態。私1人では無理なので手伝ってと言ってもほとんど立っているだけ。


あのさー、この人何も出来ないじゃん!!


さらに腹立たしいのは、私の皮膚病に凄く興味あるのか、何度も色々聞くのです。そしてかわいそうねーという事を延々と言うので、正直うざいです!!

自分だって精神病んで全てがストレスになるような言い方しているけど、他人に同情されたいのか?毎回他人にかわいそうって言われたいの?そういう人は言われて、私ってかわいそうでしょ?とアピールしたいのかもしれませんが、私は違いますよ!

この皮膚の病気、特殊でほとんど私の体から消えません。足なんて人前に出せません。でももう25年前からずっとこの状態なんだから、毎日かわいそうなんて自分で思って生きていませんし、人間完璧な状態で生きるなんて不可能です。必ず何か病気や小さな障害はあるかもしれません。それと共に生きる事を受け入れたら悲観的になりません。

今日も何か言われたらがつんと言いたいけど、多分言ったらこの人仕事に来なくなるだろうな。(苦笑)私が原因で仕事辞めた人はいないから、最初の1人になるかもしれない。(苦笑)でもどの職員も彼女は使えないって言っているから別にいいかもしれないけど。😅

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-07-08 19:50 | 仕事 | Comments(0)

大出血

週末勤務は本当に過酷でした。土日はユニット4で仕事。土曜日はユニット2で2時間受け持ちました。月曜日は自分のユニットかと思いましたが、結局ユニット3。大変な入居者を1人で介助する事に。←仲間が別のユニットに行って約束の時間に戻って来なかった…。

火曜日はやっと自分のユニットに戻れました。そして例のEMと一緒。😅

EMは相変わらず仕事がのんびりだし、他の人達が彼女と仕事をしたくないって知っています。だから私がEMと仕事すると言いました。EMは今回の早番移動計画の1人に当たってしまい、今度から別ユニットで働く事になりました。でもユニット1は長かったので私がEMと仕事をすると言った事にEMは嬉しかったようです。

しかし楽しい仕事日にはなりませんでした。

出勤早々、いつも歩き回っている入居者さんが見当たらず、彼女の部屋に行くといないのでバスルームを覗くと…

何とバスルームの床にうつぶせで倒れていました!しかも大出血!頭を打ったようで顔を中心に真っ赤な血が床に流れていました。

速攻でEMを呼びました。ちょうど看護師が来ていたのですが、看護師帰ろうとしたんですよ!EMは入居者さんを見てすぐに看護師を呼び戻しました。その後すぐに二人は消えて私は入居者さんのそばにいました。救急車を呼んでいるのかと思ったけど、何と入居者さんを起こすというのです!

ちょっと待てっ!いくら意識があると言ってもこの大出血で起こすのか?!貧血になるだろうよ!

起こすのは本当に大変でしたが、何とか椅子に座って貰いました。出血は止まらず入居者さんも助けて〜と言っているだけ。

看護師は別の看護師に電話し帰ってしまいました…。

後から来た看護師はびっくりして出血が止まらないという事で救急車へ連絡。彼女と私が二人の時、

『何であの人(ホームの看護師)入居者を起こせって言ったの?こんな時は寝かせたままの方がいいのに。』

と言いました。私はただの介護士です。看護師に意見出来ませんからね。でも私も寝かせた状態の方が良いと思ったと言いました。

入居者さん、もう落ち着かず立ち上がろうとしました。でも腰は腫上がり、腕も腫れていました。骨折しているのか?と言う事もあり、救急車に再度連絡。もう彼女は座っていられないと言いました。

無理してでも寝かせようと看護師と相談。ベッドまで遠くないので歩かせて寝かせました。その後救急車が来て彼女は病院へ運ばれました。

実はその間、別の男性入居者が歯医者に行くという事でタクシー待ちをしていたのですが、彼は足が悪くずっと外で待っていられなかったそうです。ちょうど15時過ぎ。私達は火災警報の小講習でバタバタ移動していて、彼の見守りが出来ませんでした。その後入居者さんの転倒がありました。彼はタクシーに乗れず結果別の仲間が電話をして何とか対応をしてくれました。

おまけに1人死に向かっています。もうモルヒネ投薬スタートしたので数日の命です。

こんな状態でしたから、EMと一緒で良かったです。新人の代理とかだったら対応し切れなかったと思います。

ちなみにEMは21時からまたバタバタ状態。何と病院から電話が来て、転倒した入居者さんをホームに戻すと言うのです!骨折していないから大丈夫と言われたそう…。

デンマークってこんな状態でも夜中に患者を退院させるんですよ。そして典型的な時間帯。23時に帰って来る事が多いです。ちょうど遅番と夜勤が交代する時間です。運が悪ければ遅番の時間帯なので、私達が対応します。でもすぐに夜勤者の時間帯になりますが、大抵は遅番が残業して対応します。←残業手当は出ない。残業が嫌なら帰れという事だから。

EMから入居者さんがが戻って来た時に薬と食事の対応をするように言われたけど、運良く(?)23時には戻って来なかったので夜勤者へ申し送りしました。

かなりハードなシフトでした。EMとは良いチームワークで仕事したので、何とかなりました。入居者のほとんどは私が介助しましたが、重要な情報対応はEMがやってくれたので全部時間内に終わりました。

EMは仕事が遅いと言われているけど、救急対応は早かった。決して仕事が遅い人ではないと思いました。単に普段は何も起きないからダラダラしているだけなんだろうな。(苦笑)

それにしても私の人生で、あんなに大出血した人を見たのは初めてです。両足首複雑骨折した人もいたけど、そんなに血は出なかったんですよね。頭って凄い出血するって言うけど、確実に500mlは出血していたと思います。しかも彼女は細くて痩せてますから、死に至る量ではないとしてもかなりの量ですよ。

尿も便も吐瀉物も慣れたけど、血の臭いって特別ですね…。介護現場ではそんなに慣れる臭いではないのですが、ちょっとしたホラー現場でしたよ。私自身全く影響受けず怖いとか思わなかったし、ちゃんと対応していたのでもう怖いものないなくらいの気分です。😅

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-06-22 20:22 | 仕事 | Comments(2)
昨日危うくトラブルになるところでした。(職場)

私のユニット1が3部屋空いている(2人入院、1人他界)という事もあり、カーステンが1人で仕事をすると言うので、私は別ユニットで仕事になりました。

ユニット4はリフトが5人もいます。しかし2人他界したので入居者の数は少ないです。

ユニット2は昔の仲間のスーサンがアシスタントの資格を取って戻って来て、このユニットの社員になりました。スタートしてまだ数日です。

ユニット3には正社員が2人。

こんな状態なのに、私がスーサンではなくユニット4のエリンと仕事をする事に、ユニット3の社員2人が後から文句を言ってきました。

スーサンはスタートしたばかりなのに、代理と仕事なんてかわいそうって。💦

でも私、ユニット2で仕事したのは去年の夏以来。1人2人と手伝う事はあっても詳しい事は知りません。他の人達の方がよっぽどユニット2を知っているので、私が行ったところでスーサンのお荷物になるかもしれません。なのでリフト5人もいてハードなユニット4を選んだのですが…。

そうしたらエリンが、

『何で毎回私が代理と仕事をしなきゃいけないの?!こっちだってリフト5人もいて精神病の人もいて大変なのに!いっつもいっつもそう。誰も私の事なんて考えてくれない!』

って半泣きでした…。

スーサンは元々ストレスに弱いのか、結構キレやすい人でした。上の資格を取って戻って来たから少しは変わっているかと思ったけど、全然だった……。

まぁ週末勤務は一緒じゃないので(今回私は特別に仕事)あまり被害はないと思うけど、月火は一緒なので極力関わらないようにしたいなと思います…。(苦笑)

だいたい私にあれこれ言うならどうしてユニット3の正社員の1人がスーサンと仕事をしようと言わなかったのでしょうか?←それは1人が代理と仕事したくないから。(自己中な理由)

この間私は別のユニットなのに新人代理2人をまとめて引き受ける事になりました!自分のユニットならまだしも別のユニットですよ!いくらそのユニットを知っているとは言っても新人代理2人一度に引き受けるのは普通の仕事以上にハードでした。

ここは私の母国ではなく、まして母国語ではないところで、何でデンマーク人以上にハードな課題を叩き付けられるのか…。

みんなストレス溜まってイライラしてて、嫌な事を避けるために自己中になっています。

女ってすぐ文句言って怒るけど、じゃ正しい問題解決をしようと提案してもなぜか避けるんですよね。私には全く理解出来ません。そんなにぎゃーぎゃー言うなら個人的な部分だけではなく、全体を通して問題解決しようと考えましょうよ。💦

今日はどうなる事やら…。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-06-18 17:56 | 仕事 | Comments(0)
5年一緒に仕事をしたLが6月15日を持って退職しました。

去年の11月に決断して、既に公表していたので心の準備は出来ていたけど、もう二度と一緒に仕事をする事がないのかと思うと悲しいです。彼女のおかげで私は成長したし、二度と彼女のような人とは仕事が出来ないと思うので、これからは自分が後輩を育てていかなければいけないのだと感じています。

Lは日本人の私より律儀な人でした。だから余計に仕事がしやすかった。考え方が同じだった。年の差も関係なく本当に言いたい事を言い合って時には口論もしたけど、とても良いチームだったと思っています。言葉にしなくてもお互いどうするか理解して仕事がさくっと片付いた時は目を合わせて『やったね!』と合図をしたり、頑張って成功した時にガッツポーズをしたり…。そんな息の合う仕事仲間、そうそう見つかりません。

Lも同じように思ってくれていました。お互いに電話をして愚痴ったり、励ましたり、本当に本当に最高の仲間でした。

なぜL以上の人に出会えないと思うかと言うと、Lは20年以上の経験がある超ベテランで精神病院で働いた事もある、いわゆる精神/認知症などのプロとも言える人でした。仕事が的確だったし学べる事が多かった。

もうそんな経験者はうちの職場に来ないでしょう。私でさえ経験10年になったのだから私以上の経験者は来ないとわかるからです。経験が多いと言う事は給料が高いのです。節約したい職場は当然新資格者を雇うのです。いくら私より上の資格を持っていても仕事が出来ない人が多いのです。教えてあげなければ自分で考えられない人も多いのです。

だんだん仕事を仕切れるようになったという事は、私がベテランの粋に入っているからです。そんな私がLのような人を今後求める事は不可能に近いという事だと理解したから、もうLのような人には出会えないと実感しているのです。

こういうチームワークと出会いは一生忘れません。そしてこれからは後輩達にHelgaと一緒に仕事して良かったと思われるようにならなければと思っています。

まぁLとは今後も付き合って行く予定なのでそういう意味では最後ではないけれど、やっぱり悲しいですなぁ……。😭

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-06-17 06:14 | 仕事 | Comments(0)
またカーステンネタなんですが、ちょっとウザいなって思った事があります。

中年だけどがっちりした体型の彼、昔はもっとマッチョだったらしいです。で、私が今フィットネスでトレーニングして夕食はサラダにツナ缶という状況を見て、

『そんなに痩せてるのにそれ以上痩せようとするなんておかしい。』

と言い出したのです。

あのね、私痩せてないのよ!普通なの!普通!痩せているって言ったらBMIが痩せ型の人でしょ?!私は標準の枠なんですよ!でもね、日本人から見ると多分痩せているという部類ではないです。もうね、腰を曲げるとお腹の肉が乗りますから。

それに背中に肉ついたなーって感じるので、もうそれだけで中年ってわかります。でもトレーニングしているからある程度何とかなっているけど、筋肉つくと余計体重増えますし、筋肉つけながら脂肪を落としたいって思っているだけなんですよ。

でもね、カーステンは女性なら誰でも脂肪つくんだからいいじゃないかって言うのです。


そんなの自分の奥さんだけに言いなさいよ!(怒)


と思ったけど、そこは言葉を飲みました………。

今日入居者さんの娘さん夫婦がやって来ました。その時ご主人の方が、

『もしかしてLOOP(フィットネスの名前)でトレーニングしてない?』

と言うので、

『そう、私です。(笑)』

と言いました。いやー、実は私もそうだろうなーと思っていたんですけど、フィットネスでご家族に会うってのもねぇ…。服装が違うからはっきりわからなかったけど、そうじゃないかなって話していたそうです。

そんな話をしていた時、カーステンは黙って聞いていました。いいじゃないか、私がトレーニングしてたって、あんたには迷惑かけないんだからさ。

みんな私の事、細い細いって言うけど、本当に細い人見た事ないのか?と思っちゃいますよ。本当に私は標準です。デンマークで服を買う時は36(Sサイズ)ですが、日本ではMですよ。ジーンズは26〜28です。←ジーンズによって違う。

日本人としてごくごく普通なのに、デンマークでは痩せている方になっちゃうだけでしょう。

デンマークに来た当時は本当に痩せていましたよ。バセドウ病のせいで凄く痩せていたって事もあるけど…。長い間ウエストが本当に58でしたし、体重が45〜49kgでした。でも当時は下半身デブって感じだったので痩せて見えなかったかもしれません。今は体重も50kgを超えて(もう二度と40kg台には戻らないと思う。)本当に普通なのですよ。

全く仕事仲間に体型云々言われるの嫌ですね、しかも異性。(苦笑)だから男の仲間は欲しくなかったんですけどねぇ……。😓

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-06-05 07:55 | 仕事 | Comments(0)

記憶力の問題か?

凄く久しぶりに月火仲間のカーステンと仕事したのだけど、彼の記憶力の悪さに驚いてしまった。それに記録を全然読んでいないので、変更になった事など一切頭に入っていない。

何度も何度もAさんの就寝薬は21時以降にしろと言っているし理由も話したのに、Aさんが20時半に介助し、カーステンが戻って来て、

『どうして30分前に就寝薬あげちゃいけないの?』

って聞くんですよ……。

『それは鎮痛剤を1日4回に分けているからだって。17時に飲んだら次は21時でしょ?4時間は必ず空けなきゃダメだって。』

と言ったのに、理解したのかどうなのか、21時以降にAさんの介助をしている様子はなかった。(苦笑)

ちなみにAさん、下痢状態なので牛乳を飲まないようにと看護師からの指示があるのに、カーステンが牛乳をあげようとしたのでその話をすると、そんなの知らないと言う。

火曜日の記録にあったでしょ?と言うと、そんな昔のまで読まなきゃいけないのかと言い出した。自分が仕事していなかった期間の記録を読む事って大切でしょ?!カーステンって記録は読まないし、書く事もしない。なぜかわからないけど、避けているのは目に見えてわかる。別にディスレクシアではないだろうに…。

『Helgaがタイに行っている時一緒に仕事した代理が〜。』

と言い出したので、

『私タイには行ってないけど?』

と言うと、

『え?タイじゃなかったっけ?母国って。』

と言われた…。大丈夫か?何度も日本だって言ってるだろ?!前に日本に行ってみたいとか言ってたのに自分の頭の中でその国はタイになっているのか??

新しい入居者の女性は21時に薬を投薬した後もドアを開けておき、私達が帰る23時前におやすみの挨拶をしてドアの鍵をかけるという事になっているのだが、カーステンは21時に投薬してすぐに鍵をかけていた。

入居者さんの希望を説明すると、そんな事知らないし何も言われていないと言う始末。私は本人からそう聞いてずっとそうしていると言ってから、ドアを開けて入居者さんに挨拶し、まだドア開けておくからねと言い、何か欲しいものは?と聞くと、ジュースを頼まれたので取りに行きました。カーステンはその時ただTVの前に座っているだけ。

『オレも一応何か欲しいか聞いたけど何もいらないって言った。』

と言うので、気が変わっただけでしょ?と一応フォロー。

エディさん(仮名)という男性は重度認知症で介護する事が大変です。カーステンはいつもエディさんの介助をしていたけど、ここ数週間でエディさんの精神状態がアップダウン状態でなかなか介助出来ないと言っていました。他の人もそう言っていたけど、私はあんまり苦労せず介助出来ています。

昨日はエディさん、早番から不機嫌でずっとベッドにいたらしい。起きて来た時からかなり不穏でした。ベッドは失禁の為全部洗う羽目に。エディさんも当然濡れているけど機嫌が悪く着替え拒否。

無理に言っても殴られる可能性があるので機嫌が治るまで自由に歩かせていました。すると廊下で排泄している音が……。

何も言わず廊下の掃除。こうして声をかけず『無視』的な態度を示しておきます。するとだんだんかまって欲しいサインをするので、そこで声をかけ介助をします。着替えもトイレ介助も成功し、夕食も投薬も出来ました。

カーステン、自分で声かけても上手くいかなかったのに私が介助すると成功したのでちょっと悔しそうでした。

ちなみに就寝介助も難なく成功。単に排便が出来ずにイライラしていただけなんじゃないかと思った程、就寝前のトイレには大量の便が。それでご機嫌になったエディさんは安心してベッドへ。

エディさんは本当に難しい入居者さんではあるかもしれないけど、彼なんてまだマシな方です。今までもっと凄い人一杯いましたから。

カーステンは自分が出来るという自信があるようで、オレって凄いだろ?みたいな態度をする時があるので、はいはいって聞いてます。(苦笑)

今まで数人の男性仲間がいましたけど、デンマーク人男性の介護士ってみんな似たようなタイプばかりですわ。😅

とにかく記録ちゃんと読んで記憶力アップさせて欲しい……。💦

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-06-04 21:04 | 仕事 | Comments(0)

驚いたーー。😱

昨日は別のユニットで仕事でした。入居者さんの娘さんが、トイレ介助をお願いして来たので、いいですよーと部屋に入ると、娘さんが、

『おかーさん、若い人が来てくれたわよー。』

と言っていたので、思わず苦笑し、

『若く見えても若くないんですよー。』

と言うと、

『あらっ、25歳くらいでしょ?若いわよー。』

と言われたので、

『その2倍近いです……。』

と言ったら口を抑えて、

『嘘っ?!それは嘘でしょ?!』

と言われたので、本当です……と言うと、

『それは誰1人として年齢当てられないでしょ?本当に?!よくそんなに若さを保てるわねー。』

と言われました……。

昔、嫌いなKにはボトックス打ってるの?って言われた事あります……。そんなわけねーだろっ!こんな田舎にボトックス打てる場所ないだろ?!(爆)

その話を仲間に話すと、代理の女の子(多分20歳程度)が、

『えっ?!マジですか?!わ、私も20代後半かと思ってました…。上だとしても30歳くらいだと…。』

と言われてそんなわけないだろ!みたいな気分ですよ。

私はもう中年太りもして来て白髪も出て来たおばさんっすよ。💦

あんまり若く見えるのは仕事してると損です。こんな子に任せられないって思う人もいるし。←後で挽回出来るけど。

それにすっごく頑張って若作りしているように思われるのではないかと…。なので最近じゃ自分で年齢言う事にしています。

私は長男夫婦の子供の写真を携帯の待ち受けにしていますが、知らない人には、

『あら、あなたの子供?』

と言われます……。孫ですって言うと『孫?!😱』みたいな反応が返って来ます。義理の息子達がもう大人だと言うとみんな私と夫の年齢が凄く離れていて、息子達と私の年の差がないように思っているのかもしれませんね。(笑)

でも私、中身はすっごいおばさんだなーと思う事一杯です。もう若い時に戻りたいとも思わない。早く定年になって家でのんびりしたいくらいですよ。😅

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-06-03 16:32 | 仕事 | Comments(4)

久々に仕事に行くと

ニーナさんという入居者さんは前頭側頭型認知症でして、一般的に言われている症状(反社会的、暴言、記憶力低下)などが満載で入居しましたが、凄く落ち着いて記憶力はかなり上がり認知症とは言えない程のレベルになりました。カッとした時に暴言を吐く事はありますが、なぜか私はニーナさんのお気に入りなので、私が注意したり話しかけるとちゃんと聞いてくれます。

しかし私の事をなぜかAnja(アンヤ)と呼んでいます。

公休と講習などで7日不在でした。ニーナさんは私を見て、

『しばらくぶりじゃない?どうしてたの?』

と聞くので講習だったから来れなかったんだよ、と言うと納得したけど、数秒後には同じ質問をします。それを3回繰り返した時に、

『あ、そうだね、さっき講習って言ってたね。』

と言いました。その後はその答えが頭に残るので、次の日も忘れないのです。本当に暴言ばかり吐いてて誰の介助も避けていた人だったのに、凄く落ち着いてくれて有り難いです。

そんなニーナさん、今日は、

『アンヤと私は友達だよね?』

と言いました。ちょっと嬉しかったです。

その後は、

『アンヤ面白いから大好き…あ、Helga(ここは本名)だったね。』

と言いました!!!

『えー?私の本当の名前覚えたの?』

と聞いたら恥ずかしそうに、うんと言っていました。あまりにもかわいかったのでハグしちゃいました。(笑)

そんな良い事もあったけど、鬱病で精神病の男性入居者さんがまた自殺を計りました。なので彼は入院しています。自殺を計ると言っても本気じゃないのでちょっと腕を切る程度らしいです。私が長期不在の時に起きるので一体何があったんだ?みたいな感じです。私が仕事している時は結構精神的に安定しているんですけどね…。

誰も本気で考えてくれないという事が彼にとって一番ストレスなのです。だからわざわざ祝日に腕を切ったようです。だいたい50代の彼を老人ホームに入れる事自体間違っていますよ。話す人がいなくて1人で部屋に籠っていて、良くなるわけがないです。

多分彼は別の場所に移動する可能性が高いです。全くデンマークの制度はどうなっているんだ?と思いますよ…。

それにしても日が長くなり、21時でも明るいせいか、何人もの入居者さんが就寝したがらないので、21時以降が忙しいです。💦

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-27 07:39 | 仕事 | Comments(0)

南デンマークで中古物件購入。遅番介護士として老人ホームで仕事しながら時々リフォームして生活しています。


by Helga