2017年 09月 17日 ( 2 )

眉間のしわ

最近眉間のしわが凄く気になっていたのですが、これは年のせいというより目が悪いから出来たのだと思います。目の上の筋肉が衰えた事もあると思いますが、目が悪いし乱視も入っているので眉をしかめて物を見る癖がついていたのでしょう。そんな事ほとんど気にせず生活していました。

でも去年からしわが気になるようになり、あぁ私はずっとそういう風に目を使って物を見ていたんだなと思いました。見えにくいのでコンタクトレンズの調整に行った時に右目に穴が2つ開いていると聞いて眼科へ行きましたが、病院での検査を勧められ病院へ。しかしまだ治療する程ではないと聞きました。

あの時はまだ早過ぎだったのかもしれないけど、今回剥離する時ゆっくりではなかったのであっという間でしたし、どこで病院に行くべきだったのか本当に悩むところです。

で、眉間のしわですが、現在はメガネをかけたり、コンタクトにして右目をふさいだり、色々なパターンで生活していますし、眉間のマッサージもしています。でも何かを見る時、やっぱり眉に力を入れて見ているのです。癖は治らないですねぇ…気をつけているのに。😓

b0253226_21524952.jpg
私の大好きなChris Cornellは結構若い時から眉間に2本しわがある人でした。彼も目が悪かったようで、普段はメガネをかけている写真が多かったです。歌っている時は力を入れるからこのしわもくっきり出ていました。

でも男の人だとこのしわがカッコいいんですよ〜!!!😍

いいなぁ〜。女だと怒って見えちゃうのに。💦

私はずっと前髪があった髪型だったのですが、ここ数年はおでこを出していました。でも眉間のしわが目立つと思ったので今回また前髪を作ってしまいました。💦

私の回りにいる人達で眉間にしわがある人ってみんなメガネをかけています。よく見たらパソコンを使っている時の夫も眉間のしわが目立ちます。←夫は老眼。

年を取ると顔に出来るしわがどのような人生だったか物語っていると言いますけど、こういう意味かぁ〜と思ったり……。


[PR]
by Helgashjemdk | 2017-09-17 22:27 | つぶやき | Comments(0)

Nymphomaniac

今更ですが、暇だし時間もあったしちょっと元気だったので1人でラース・フォン・トリアー監督の"Nymphomaniac"を観ました。



この映画はポルノに近いR指定映画かもしれませんが、私はラース・フォン・トリアーの作品は比較的好きな方でして、この"ニンフォマニアック"は彼の映画の中でも上位に挙がる程の作品だと思います!!

ニンフォマニアックは色情症、主人公のジョーは色情症でありセックス中毒という表現で自分を表現はしません。この違い、そんなのわかるか?!と思う人が多いかもしれませんが、映画を観ていたら何となくわかります。

中年のセリグマンが道で倒れている女性を助け、手当の為に自宅へ連れて行く。そこでジョーの人生を8章に分けて表現していきます。ジョーは処女をジェロームに捧げ、そこから性に目覚め、たくさんの男性と経験して行く。ジェロームと再会して子供が出来てもジョーの愛欲は増すばかり。言葉の通じない黒人男性2人との絡み、SM、同性とのセックスなどを経験し、最後になぜジョーが殴られて道路で倒れていたかに話が繋がる。全ての話を聞いたセリグマンはどのような感情になったのか…。

ストーリーの半分はジョーとセリグマンの会話なので淡々としています。それにセックスシーンの半分以上はジョーの若い時代を演じたステイシー・マーティンが演じています。新人なのに凄い体当たりな演技を見せています。

ラース・フォン・トリアーの映画は俳優が結構同じ人が多く、セリグマンを演じたステラン・スカルスガルドはトリアー・ファミリーのボス(笑)ですからね!シャルロット・ゲンズブールも"アンチクライスト"の主人公だし、そのパートナーだったウィレム・デフォーもこの作品に出ています。

どうしても"ニンフォマニア"に出演したくて役を勝ち取ったシャイア・ラブーフは全裸もOK、セックスシーンは本番でやりたいと言った程、彼そのものがニンフォマニアのようで。(笑)←彼は俳優として最高だけど人としてどうなのか問題ありな感じですよね。💦

有名俳優もたくさん出ています。ジョーの父はクリスチャン・スレイター、ジョーの浮気相手の妻にユマ・サーマン、SMの調教師がジェイミー・ベル、ウエイターにウド・キアーなど。

デンマーク人俳優もたくさん出ています。電車内でジョーに迫られるイェンス・アルビヌス、ジェロームの叔父役にイェスパー・クリステンセン、ジョーの母親役にコニー・ニールセン、ジョーの遊び相手の1人にニコラス・ブロ。ニコラス・ブロは一般的に知られていないかもしれませんが、デンマークで知らない人はいないというくらい有名な俳優です。ジョーのアパートに花を持ってやって来るデブです。(笑)かなり美味しい役じゃないですか!ジョーとのHシーンは過激だし、お風呂に入れてあげてるし!

なんだかんだ言ってもラース・フォン・トリアーが映画を撮ると言えば、俳優の方が出たいと言って来るくらいなのでいつも壮大なメンバーが出演していると思います。

それにしても2部作で4時間あるので時間があって暇な時じゃないと観ようと思えませんよね。おまけに日本ならカットしていないにしてもモザイクかかっているでしょう?私は当然モザイクなどなしの状態で観たので、どうやって撮影したのかな?と思う部分がたくさんで下半身はそのまま映っていました。でもそんなにいやらしいとか思わないのは、ラース・フォン・トリアーの映画だから当然という気がしたからかも。

でも相変わらず一般受けはしないと思うので、お勧めはしません。💦 路線的には初期の頃の"奇跡の海(Breaking the Waves)"や"イディオッツ(Idioterne)"に近いと思います。

ラース・フォン・トリアーと言えば"ダンサー・イン・ザ・ダーク"だと思われますが、私はこの映画よりTVドラマの"キングダム"とか"奇跡の海"が好きですね。💗

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-09-17 06:39 | 映画 / TVドラマ | Comments(0)