網膜剥離の定期検診後…

定期検診に行って来ました。

ネットで色々調べているせいか、目医者の言う事は新しいものではなかったです。何かガッカリ。

この目医者は私の執刀医でもないし、検診の為だけに通っている、いわゆる私の網膜剥離という病気の通過点にいるだけです。医者としてやるべき事はやってくれるけど、それだけって感じがします。

執刀医からの情報を読んだ後に目の検査。異常なしとの事。

肉体労働の後は目が痛い事、光を見ると黒い点が見える事、歪みが全然治っていない事、目のかゆみやしみる事、白内障の手術はどうなるのか、

などなど疑問を投げかけましたが、どれを取ってもはっきりとした答えは返って来ませんでした。

目の状況としては手術後だしすぐに回復しない事はわかっていますが、網膜が剥がれたにしても元の位置に戻っている以上、医者としては何も出来ないのです。

目が乾燥気味なので保護するように目薬を注すように言われました。

肉体労働に制限もないけど、いきなりボクシングやったりとか危険な事は目には良くないよと。←そんな事言われなくてもわかってますよ!!

コンタクトレンズもしていいよと。←日本じゃ術後2ヶ月でOKしないと思うのですが…。

歪みに関してはノーコメント。

白内障はこれから1年くらいの間に悪化していくだろうけど手術自体は大変なものじゃないので焦る事はないと。
なので手術予定も組まないし様子見です。

次の検診は半年後!え?!マジですか?!

30kmも離れた眼科に毎月来るの大変でしょ?と。

でも執刀医が1年間毎月定期検診するようにって言ったんですよ!私にはまだ新しい網膜剥離の可能性があるからって…。

まぁ何かあったら来るようにと。それにリスクは何に関してもある事だからって…。


さすがデンマーク!!!それで終わりか?!(怒)


私、ハンディキャップ持っちゃったんですよ!😭



見放された気分です。そうなんだ…、全部自己責任、自己管理なんですね。定期検診って目の状況だけじゃなくて精神的な検診でもあると思うのです。自分のハンディと向き合ってくれる医者がいるという安心感でもあると思うのです。

でもデンマークは医療費無料ですから、そんな無駄な検診にはお金かけないって事でしょうかね。毎月見たところで大した変化ないでしょうから。で、ちょっと目の調子が悪いとか異常があれば連絡して自分で来いと。


もうね、悪いと思ったら眼科に行くより救急外来行きますよ!じゃないとまた手遅れになっちゃうし!

すぐおいで、という言葉、凄く無責任ですよね。どこに行けと?今回だって行くべきところ(眼科)が夏休みだったんですから!いざと言う時も自分で正しい判断をしろという自己責任ですから、この国は!

帰って来る時、車の中で怒りと悲しみでちょっと涙が出ました。このハンディを持って生きるしかないし、いずれ歪みが減って行くと信じたい。←執刀医が歪みは良くなるだろうと言ってくれたから。

家に戻ってから仲良しのデンマーク人の友達にメールすると、

あなたが今とっても大変な事に向き合っているってみんなが理解している。あなたの事が大好きだからみんなが応援している。今よりも良くなる事を願ってるから。

と返事が来ました。泣けました。


ちくしょうっ!強くなってやるしかない。

年を取ったらみんな老眼鏡をかけたりして、みんなだってちゃんと見えてないじゃないか。そういう意味ではみんなハンディを持っている。私は違う形なハンディなだけ。今の状況に慣れて歪んでいる事も忘れて生活出来る日が来るだろう…。

でもいくら運動に制限はないと言われても、さすがにジムでトレーニングするのはまだ止めておこう…。💦

[PR]
Commented by nonnon at 2017-10-27 23:41 x
helga さん、こんばんは。
網膜剥離で2か月でも病院行かなくていいなんて怖いです。
医療費が無料でもあまりうれしくないです。
お金払ってもいいので、安心なほうがいいかな。
でも、自分で情報局を集めて知識を持っておくのは大事ですよね。

ところでセカンドオピニオンとかは自由にできないのですか。
もう手術終わってるので、勝手に他の医師に診てもらうのは
無理なのでしょうか。
Commented by Helgashjemdk at 2017-10-28 07:09
nonnonさん、網膜剥離でも完全に剥がれた状態での手術の6週間後にもう仕事復帰ですからね。日本とは全然違うと思います。

デンマークの場合はまず主治医→専門医→病院なのです。なので自分から病院に行く事は無理ですし、眼科なんてどこも同じレベルだと思いますから変えたところで何も得られないと思います。

色々自分で情報を読みましたけど、私のように後遺症が残る人もいるので決して手術が失敗だったわけではないと理解しています。目は何度も連続で手術を受けられるような箇所でもないし、自然に治癒していく為にも時間がかかるという事なのだと思います。文字が読めないなら眼帯すればいいじゃないかみたいな気分で少しポジティブに考えるようにしています。いずれ両目で読めるようになる事を願ってます。
by Helgashjemdk | 2017-10-27 02:50 | 病気 | Comments(2)