外国人=ドイツ人(爆)

別のユニットで仕事でした。そのユニットは何度も仕事しているのですが、認知症の入居者さんが毎回私に『あんたどこから来たの?』と聞きます。なのでどこから来たか当ててみて、と言うと、

『ドイツから!』

と元気良く答えました。(爆)

どう見たら私がドイツ人に見えるのでしょうか?😂😂😂😂

多分高齢者から見ると、外国人=ドイツ人なだけだと思います。実は今までにもそういう事が何度もあったからです。わからないだろうと思ったので、私が日本と言いかけた時に別の人が、

『今私日本って言おうと思ったのよーーー!!』

と話に入って来ました。ってか、本当か?みたいな気分ですけど。

で、何年住んでるの?もう長いんでしょ?と言うので、11年だよと言うと、長いじゃない、との答え。そうだね、11年、長いよね。

で、次は何歳?でした。良くある話。当ててみてと言うと、

『これ厳しいわよー。多めに言っちゃうと状況悪化しちゃうし。』

だって。(爆)どんな状況になるんだ?(爆)

で、その人が言ったのは、

『26歳!』

激爆!!!それはないでしょ?!でもありがとうっ!(笑)

実年齢を言うとすっごく驚いていてあり得ない!みんなびっくりするでしょ?と言うから、

『そうだね、あなただけじゃないよ。』

と言うと、良かったー!別に私の感覚が間違っていたわけじゃないのね、と笑っていました。

まぁ高齢者から見たら私って何歳であろうと若いでしょうから、大差ないのかもしれませんけどね、さすがに20代と言われてもあんまり嬉しくないですよね。大人としての貫禄も出ていないのでしょうか?(苦笑)

あと入居者さんのご家族から、

『あらー、あなた若いのにスモーブロー(デンの黒パン料理)作れるのね、立派だわ。』

と言われました。(苦笑)

そこが『外国人なのに』だったら理解出来ますけど、『若いのに』って…。

もう白髪も出始めた中年なのですから、そろそろ貫禄出て欲しいです…。

[PR]
by Helgashjemdk | 2017-05-14 05:49 | 仕事 | Comments(0)

南デンマークで中古物件購入。遅番介護士として老人ホームで仕事しながら時々リフォームして生活しています。


by Helga