大人同士の同居は不健康かも

仲間でもあり友達でもある人が、肩を落としていました。

『次男が泣きながら帰って来た。彼女に振られて追い出されたらしい。しかも現在無職になった。』

彼女の次男はまだ10代で、初めて出来た本気の彼女と同棲し10ヶ月で振られてしまったそうだ。当然住むところがないので、実母のところに来るのは当然だけど、母である友達にだって言い分はある。

『やっと3人の子供が巣立って、私1人の生活になった。悲しいというより嬉しかった。部屋を自分の好きにして、息子に譲ってた広い寝室を自分の寝室にして、自分のペースで生活して慣れたところでまた息子が戻って来るなんて考えてなかった。今日は泣いてもいいけど、明日にはアパート探しと仕事探ししてもらわないと。』

と言っていました。

また別の仲間ですが、

『うちに若い女の子達が住んでて毎日うるさい。何とかしたいがどうしようもない。』

と言っていたので、何があったのかと思いきや、娘20代の友達2人が住み着いてしまったらしい。1月から新生活開始なので、それまでには出て行くがその間の1ヶ月半住む場所がないので、娘が勝手に友達を家に呼んだらしい。

『いくら何でも無料で住もうとするなんてあり得ない。でもお金もないし住む場所もないからって相談もなく住み着かれた。家が広くて良かったのか悪かったのかわからない。』

そんな話を立て続けに聞いたので、やっぱり大人と大人が一緒に住むって不健康だなと思いました。私も経験あるので…。

子供の立場からすると、助けてくれるのは親だと思うでしょうが、成人したならせめて親に頼るのは短期間にした方がいいでしょう。それに親の家だから、ルールは親が決めて良し。守れないなら出て行くべき。

子供の立場だった時は親に頼って当たり前な気分だったけど、自分が夫の次男を同居させた時の事を考えると、成人した子供を同居させるのは大変だと実感しました。そして介護を仕事としている身として、高齢者と寝起きを共にする生活するなんて無理だと思っています。

家族の絆は大切だけど、『生活』だけは自分のペースで決める事が出来たら心も体も健康なんじゃないかなーと最近思います。

[PR]
by Helgashjemdk | 2016-11-16 20:48 | つぶやき | Comments(0)

南デンマークで中古物件購入。遅番介護士として老人ホームで仕事しながら時々リフォームして生活しています。


by Helga
プロフィールを見る
画像一覧