なんだかな〜

私の回りにはドタキャンする人はいますが、ちゃんと事情を説明して謝って次の予定を立てようと言ってくれます。でも今回のドタキャンは私の方がキレてしまいました。10年の友達関係もこれで終わりかもしれません。

DMLのコンサートを観に行った次の日、一緒に行ったOdense在住の知人宅へそのまま行く事になっていました。そして仮眠してから夕方には10年来のデン人の友達のところに行く事になっていました。

事前にちゃんと約束して、夕食は考えなくていいから朝食だけ一緒に食べようと言う話になりました。そして帰りの列車を予約していました。

彼女のところに遊びに行く3日前に、

『義理の子供の面倒みなきゃいけないから土日は無理になった。金曜日にコーヒーでもどう?それとも10月くらいに私がそっち行こうか?』

と連絡が来ました。

はぁ?!何言ってるの?!と思いました。金曜日はコペンですよ!人の話をちゃんと聞いていない(読んで)のか?!ちゃんと土曜日の夜からしか時間ないけど、と伝えた上で、じゃうちに泊まったら?って言ってくれたのに。

しかも『義理の子供』って何だ?孫の間違いじゃないのか?

私達は大人なので突然の用事でキャンセルしなければいけない事もあります。現に7月は夫の友達が来る事になっていたけど、うちからキャンセルを申し出ました。義父が亡くなり葬儀の日と彼が来る日がぶつかったからです。

当然夫は電話をして事情を説明、友人も理解してくれて予定を変更しました。

約束した予定は、その時点で2人の予定です。自分勝手に変更するのは相手に失礼だと思わないのでしょうか?

それに同じ街に住んでいるならともかく、交通費をかけて向かった方がドタキャンされてしまうと向かった先でどうしろと?という状態になります。逆なら100歩譲っても許せます。自分の家に客が来なくなっただけですから。

デンマークは色々不便なんですよ。列車だってとても高いので、なるべく安いチケットを買います。だからキャンセル不可能ですから予定変更の場合は捨てるしかないのです。

私が怒って、予定を自分の都合で勝手に変更するのは礼儀がなっていないと言いました。約束する前なら私には他の手があったのに、もう列車のチケット買った後、しかもギリギリでキャンセルされるなんて全然相手の立場を考えていないと言いました。

彼女はもう年金者でして、もともとちょっと常識が人と違うところはありました。でも何でも話せる友達の1人でした。どうして予定をキャンセルする前に、

『息子から孫の面倒を見てと頼まれた。私しかいないらしい。話ではこういう状態だけど、時間的に厳しい。どうしよう。』

とか言ってくれたら、じゃ今回はいいよ、無理しないでって言えたのに。その場合は列車のチケットも諦めて自分で何とかしようと思えたでしょう。

なのに私が怒ったから、

『息子は講習で不在だし、彼の彼女は仕事に呼ばれて子供の面倒を見れないのよ。孫っても彼女の子供達2人、前に話したよね?あの子達でさ。もうね、荷物が届くからって息子の家で何時間も待てって言われたり大変なのよ。私の体の調子も悪いのに。』などなどいかに自分が大変かという事をつらつら書いていました。

だからと言って予定を勝手に変更していいわけではないと理解してくれません。

私だったら、病気と葬儀の状況以外だったら、遠くから来る友達との約束をキャンセルするなんてしません。交通費をかけて来てるのに、やっぱり無理だと絶対に言えませんよ。

私の態度を見て(読んで)彼女も態度を変えました。

『孫の面倒は土曜日の夜19時には終わるようだ。ただ次の日は朝7時に家を出なければいけないかもしれない。予定は未定でまだはっきりしない。そうなったらHelgaは自分で鍵をかけて家を出てもらうしかない。そんな状況なんだけど、耐えられる?』

あのね……、耐えるとかじゃないでしょ?(怒)

もともと予定では夕方か夜に訪ねる事になっていたので、時間的には何も問題がないのです。ただ次の日の朝が問題だっただけ。最初からなぜそれを説明しない??

もう行く気もなくなったので、孫達と週末楽しんで下さいって連絡しました。

まぁ私から切ってしまったって事にもなるのかもしれませんが、私が列車のチケットを無駄にした事とかに関して悪いって気もないのか?とガッカリです。

一つだけ感じたのは、彼女はもう年金者で高齢者の仲間入りしているのかもしれません。1人でほそぼそと暮らしているけどアクティブな人で年に数回1人で海外旅行に行っているのです。身体的にあちこち悪くなって来ているけど、元気である事は確か。←本人は鬱っぽいとか言っているが。

高齢になると人の事は考えられない、自分の都合ばかりを口にする、そんな状況が彼女に出て来ているのかなと思いました。孫の面倒を見るからドタキャンしても許されると思っているのかな。

でもいくら国内とはいえ、彼女の住むOdenseと私の街は島も違うし160km離れているのでそんなこまめに会えないんですよ。最後に会ったのは2年前だし。その時だって次男が住んでいたから次男と彼女に会う計画立てて夫の車で行ったのです。そういう場合だったらドタキャンされても平気ですけど、宿泊予定で列車の予約をした後は、簡単にいいよって言える状況じゃなかったです。

人と約束すると大変だなと思う事の方が増えて来ますよね、大人なら。だってもう自由に動ける身ですから、人と会う事で制限される事一杯です。だけど、遠くにいる友人に会う事って必要じゃないですか。もうそういう事にリスクを感じてしまうのは残念です。

160kmって東京〜静岡間程度なので、お金損してでも帰った方がマシなので、結局帰って来ました。さらに残念なのはこれだけ話し合っても『ごめんね』の一言もない事。そうよね、悪いと思っていないんだろうから。

でも私の街にいるデンマーク人はちゃんと謝りますよ、ドタキャンの時は。理由だって説明してくれます。たとえその理由が体調不良であっても謝罪はします。私だって生理痛で大出血の時にキャンセルしましたが、やはり『ごめんね』って言うだけで違うし、相手も『病気なら仕方ない。謝らなくてもいいよ。』って言えるじゃないですか。

もしこれが逆の立場で、友達がうちに来るのに私がキャンセルしたら絶対激怒するだろうよ。もうチケット買ってるのにどうしてくれる?!って。自分の時は怒るけど、自分がキャンセルする場合は理解しろ、って事でしょう。何だかな〜〜な気分ですよ。


[PR]
by Helgashjemdk | 2016-09-23 06:44 | つぶやき | Comments(0)

南デンマークで中古物件購入。遅番介護士として老人ホームで仕事しながら時々リフォームして生活しています。


by Helga
プロフィールを見る
画像一覧