The Music Never Stopped

日本ではDVD化もされていないらしい"The Music Never Stopped"を観ました。



こんな素晴らしい映画がなぜ埋もれていたのか理解出来ません!もう大感動出来る映画なんて出会えないと思っていたけど、この映画は最高です!(ストーリーと写真を載せているのでネタバレ覚悟で読んで下さい。)

まずテーマが素晴らしい。音楽で記憶を、人生を、会話を、そして親子の絆を取り戻せるかという事!

1986年、ヘンリー&ヘレン夫婦のところに1本の電話。20年近く会っていなかった息子ガブリエルが入院、脳腫瘍で短期記憶障害になった。

ガブリエルが子供の頃、ヘンリーは自分の好きな音楽を息子に聴かせ、『この曲のタイトルと西暦は?』とクイズを出していた。ガブリエルは音楽が好きで、60年代はヒッピー世代でバンドを組みロックを演奏。父は息子の好きな音楽を認めなかったが、息子のギグを観に行った。ガブリエルが火をつけた国旗を振り回した事でヘンリーは激怒。2人は口論し、ガブリエルは家を出る。

b0253226_02011401.jpg
やっと息子が戻って来たが会話が出来ない。そこで父は音楽を通して息子を取り戻そうとする。しかし父は『自分の好きなジャンル』にこだわる。ミュージックセラピストはガブリエルの記憶を取り戻すキーは『彼の音楽』だと気付き、The Beatles、The Grateful Deadを使用する。ガブリエルは音楽を聴くと当時の自分に戻りその時だけは100%ノーマルな状態になる。

b0253226_02011939.jpg
The Grateful Deadはガブリエルが家を出るきっかけになったバンドだ。このバンドのコンサートに行きたかったガブリエルだが父のせいでコンサートに間に合わずチケットはソールドアウトだった。

父ヘンリーはガブリエルの状況を理解し、今度は自分が息子の音楽を学ぼうとする。65歳のヘンリーが20年前のロックを聴いて息子と話をする。ヘンリーは心臓が悪く、クリスマス前に倒れる。

そんな時The Grateful Deadのコンサートのチケットを無料でプレゼントするラジオ番組にベッドの中から電話をかけた。運良く繋がるが質問に答えなければいけない。しかし答えは、音楽セラピストと普通に会話をするガブリエルを初めて見た時に使用していた"Uncle John's Band"だった。即答出来たヘンリーはチケットを得る事が出来て、ガブリエルと観に行く事にするが医者に反対される。

『20年も息子を失っていた。私は65歳で病気だ。息子との会話が必要なんだ。』

そう言ってコンサートに行く事を許可された。ガブリエルとヘンリーは一緒にコンサートを楽しんだ。

b0253226_02011194.jpg
『"Pigpen"はどこにいる?』記憶が止まっているガブリエルの発言にヘンリーが『彼は死んだよ。』と言う。ガブリエルは64年から70年までの間の音楽を記憶しているが、その後に起きたジミヘンやジャニス・ジョップリンが死んだ事は知らないのだ。新しい記憶は当然頭に残らない。でもコンサートの後ガブリエルは『二度と忘れない。』と感無量、ヘンリーは最高に幸せで思い残す事はなかった。

ヘンリーのお葬式、墓地で流れる音楽は本人の希望でThe Grateful Deadの"Touch Of Grey"。それを聴きながらガブリエルは母に支えられながら涙する。帰り道、ガブリエルは母に"Touch Of Grey"の話をしながら墓地を去って行く。

***

"Touch Of Grey"は87年に発表された新曲で父と一緒に行ったコンサートで初めて聴いた曲なのです!!コンサートの最中『この曲知らない。』と言ったガブリエルにヘンリーが『きっと新しい曲だろう。』と言いつつも2人でその曲を歌ったのです。The Grateful Deadを通して父との思い出を記憶してしたガブリエル。

ストーリーに一切無駄がなく、テンポも良く、音楽の使い方が素晴らしいです。音楽がここまで人生を左右すると知らされたような映画。音楽セラピーは一般的で認知症の人達にも使用しています。忘れてはいけない事は、その人が一番聴きたい音楽を選ぶ事。

私も音楽が大好きです。しかもロック系中心です。いい年して、と思われるかもしれないけど恥ずかしいとも思いません。音楽がエネルギーになる人達はその音楽でいつでも昔に戻る事も出来る。私は自分が音楽ジャンキーの1人で良かったと思っています。(^^)

この映画は60年代の音楽の話が一杯ですが、ストーリーが本当に素晴らしいです。タイトルもThe Grateful Deadの曲からですが、映画のタイトルにピッタリです。そしてヘンリーのお葬式にかけた曲が『自分のジャンルの音楽』ではなく、息子との共通点になったThe Grateful Deadだったところがとても泣けます。

父、ヘンリーを演じたJ.K Simmonsはベテラン俳優ですが、息子ガブリエルを演じたLou Taylor Pucciは知名度が低い俳優だと思います。しかし凄い演技力!こんな難しい役なのに凄くリアルでした。

感動したのでまた時間が出来たら観たいと思います。(^^)

[PR]
by Helgashjemdk | 2016-02-02 02:41 | 映画 / TVドラマ | Comments(0)

南デンマークで中古物件購入。遅番介護士として老人ホームで仕事しながら時々リフォームして生活しています。


by Helga
プロフィールを見る
画像一覧