生と死

生と死、当たり前の事です。今はまだどちらも起きていないのですが、私達夫婦はこの2つに挟まれています。

11月、夫の長男がお父さんになります。孫が出来るので私は長男の彼女と相談し、色々購入しています。家族が増える、新しい命が加わるという事は嬉しい出来事です。

その反面、夫の父親が体調不良です。現在入院中。ここ数年で一体何度入院したのかわかりません。今回は結構深刻で、肺機能が低下している為酸素吸入と二酸化炭素排出を機械で行っている状態。当然寝たきりで会話も出来ません。

介護職でこの状況をどのようにするか、わかっています。義母も介護士だったので、義父を今まで家でみていましたが、もう無理だと泣きながら訴えてどうしたらいいかわからないと言うので家族会議をしました。

もし義父が退院出来ても、帰る場所は家ではなくホームになるでしょう。義父は病院が大嫌い。絶対家に帰りたいと言うでしょう。でも夜中に起き出したり、服を着る事も自分で出来なくなっている義父を義母が24時間ずっと介護するのは無理です。在宅も意味がないです。なぜなら義父は脳梗塞が原因で状況を理解出来ず、夜中に起きる事が多いからです。在宅ヘルパーがずっと見守りしてくれるわけではないのだから、義母は睡眠が取れない状況をずっと過ごしているのです。

自分の身内となると心情が違います。受け入れるまで、少し時間がかかります。

中年になると本当に自分以外の事も色々考えなければいけない事がありますね…。

[PR]
by Helgashjemdk | 2015-09-25 18:45 | つぶやき | Comments(0)