鬱病の大変さ

去年トラウマで一時期精神を病んだ私ですが、今は冬鬱予防をしながら何とか生活しています。100%完治したのかと言えば、していないと思います。なので何かのきっかけでまたそうなるかもしれないと言う不安はありますが、物事をどのように考えるべきか、少し学んだつもりです。人間、弱くてもいいんだと少しだけ受け入れる事が出来ました。

年金者になったばかりの友達の娘さんが数年前から鬱になり、友達は落ち込んでいます。

娘さんは結婚して子供が2人いて仕事もあるのに、突然30代で鬱になりました。原因は聞いていませんが、産後鬱なのかと思っていました。キチンと治療しているのかもわかりません。ただ調子が悪くなると友達は娘さんの家に向かい、数日宿泊して家事や子供の面倒を見て帰って来ています。その距離片道200km。65歳でこの距離を運転して数日娘の面倒を見て帰って来るなんて、結構大変じゃないかと想像します。

ちょっと前も体調不良になったそうで、週末訪ねていました。母親と一緒じゃないと買い物にも行けないそうです。(旦那さんは??)でも3日くらいで戻って来たので、その後は買い物に行けたのか?!

2週間くらい前に娘さんがランニングするようになったと言っていたのに、今日はまた体調不良らしいと言っていました。しかも調子が悪くなるのは週末前なので友達はそのたびに週末訪ねています。娘さんの旦那さん、義母が週末しょっちゅう来る事に対してどう思っているのか、私なら気になってしまいます。

何年もこんな事繰り返していたら、本人だけではなく家族もしんどいと思う。年金者になった母親を数日だけ頼ってばかりでは病気そのものは完治しないでしょう。

鬱になった人達は入院するのは嫌でしょう。私も嫌でした。だけど、どうしても無理なら本気で治療を考えないと人生辛いだけですよね。(T_T)

鬱って自力で治せる病気じゃないと思う。人一倍頑張って他人に迷惑かけたくないと思う人が鬱になりやすいので、鬱になっても他人を頼れないものなんです。

30代後半の娘さんが母親を頼る気持ちがあるのは良い事だとは思うけど、結婚している大人なので親の協力って病気の完治に繋がらない気がします。一番はやはり自分の家族である旦那さんや子供達の協力と理解ではないのかなと…。

親であっても子供であってもお互いに自立して心配ごとを与えない関係が大人になってから一番大切で幸せなのかもと思います。私の友達、65歳にして母親の介護と娘の世話に追われています。大変だなと思うけど、母親から金銭的な援助(!)を受けている事もあり、介護する事は理にかなっているのかな…。

とにかく鬱は簡単に治るわけではないから、きちんとした治療を受けて少しずつ元気になって欲しいなと思います。





新型鬱……。

デン人にも多いです!!!正直、デンでは『病気』じゃなくてただの怠慢扱い。だってそうでしょ?本当に鬱なら、何をするにもエネルギーなんてないんですよ!!遊びには問題ないけど仕事だけ出来ないって…それは『病気』じゃない。

私の知っている人にも休んでいる間にショッピング行ったり(私も夫に連れられて一度外出したけど全く元気なし)パーティ行ったり酒飲んだりしています。そんな元気あるならなぜ仕事に来ない??と思うけど、仕事は出来ないらしい。

私は逆でした。仕事は絶対に休みたくないという責任感で行っていたけど、家にいる間は睡眠が取れないけどソファに転がっているだけ。エネルギー全然なし。食事もしない。入院も休みの日だったので職場に話すまで病気だとバレなかった程。

なのに今の若い人達って、『私は今日仕事する気がないから休みます。』って平気で言えちゃうんだなーと思うと、真面目に生きる事が良い事なのか、損なのかわからなくなりますよね…。(^^;;;
[PR]
by Helgashjemdk | 2014-12-05 07:24 | つぶやき | Comments(0)

南デンマークで中古物件購入。遅番介護士として老人ホームで仕事しながら時々リフォームして生活しています。


by Helga
プロフィールを見る
画像一覧