PTSD

今日病院に行って来ました。結果としてはPTSD(心的外傷後ストレス障害)という事で、精神の病気でも鬱病でもないとの事。そして薬も必要ないだろうとの事。私に必要な事は自分の感情をもっと表に出して一杯話す事だそうです。自分で必要と思うのならセラピーを選ぶのも良いだろうと。

精神病院で心理セラピーって紹介してくれないんですよ。(汗)

自分の医者に依頼するか、個人で探すかだそう。まぁ、私には夫の女友達(セラピスト)がいるので既に彼女にお願いしているからそれは良しとします。

薬なしの生活をして4日目、ぐっすり眠れたし元気です。しかし夫と話してもイライラする事が多いです。とにかく一つの話題に対して結果を出さないと次へ進むのが嫌な人なので、『まるで職員会議のようだ!そんな会話を家でするくらいなら話さない方がいい!』と言った程。男と女の脳が違うので一生理解し合えない問題ですが、正直夫はかなり極端です。私はあまり女性的でもないので、逆に話題がぽんぽん飛ぶ女性の話し方についていけない事があるけれど、夫は理屈で解決しないと気が済まないので、感情で物事を理解する考えや意見を言うと絶対に理屈づけをしようとするので、

うるせ〜〜〜〜!!!(怒)


と思う事が多いんですよ。(^^;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


PTSDという事で、少し安心しました。自分でそうだろうと思っていたから。でも幻聴とか生きる望みがないとか医者に言うと病院送りになるから気をつけないといけないですね。(苦笑)

でも自分で時間をかけて少しずつ治していかなければいけません。ほっとくと悪化して本当に精神の病気になるのでそうなったらすぐに病院に来て入院してもらうから、と言われました。(T_T)

それだけは嫌っ!!!

私にとって、自分の家が既にトラウマの場になっています。せっかく買った家なのに、リフォームして楽しく過ごしていたのに…何でこんな事になっちゃったんだろうと考えると悲しくなってしまいます。でも前向きに生きて行くにはどうすると自分が満足出来るか、と考えました。

次男が使用していた部屋は、彼が換気を怠ったのもあり湿気で壁はカビているし、家具もダメになってしまいました。ここはゲスト用の部屋にする予定でしたが換気しなければさらにカビてしまうでしょう。

そんなわけで壁を修正してペンキを塗り替えて、一部屋はミニフィットネスにし、もう一部屋は普段使用しないものを置いておく部屋にしようと言う事に。地下にはもう一部屋かなり広い部屋があり、そこはミニ映画館にしようと思っていますが、スペースを作ってゲストが寝られるようにもしようと言う事に。

私はWiiを使用して家でトレーニングをしていますが、リビングにあるのでなかなか自由に出来ません。せっかくフィットネス用の自転車もあるのに地下に置きっぱなしももったいないです。出来る事なら腹筋用のマシーンも欲しいです。

運動が出来る人は鬱ではない、と医者に苦笑されました。庭仕事も家の掃除も趣味のような感じだし、休みになると天気に合わせて自分で計画を立てて晴れなら雑草取りと洗濯、天気が悪ければ掃除でも〜と言う感じです。夫にすると自分にプレッシャーかけていると思うようですが、私はやりたいんですよ。体を動かさないとダメなんです…。

そんなわけで精神的な波はあるけれど、何とか自分で解決方法を見つけようと思っています。でも考え方などの部分は夫の友人の力を借りてセラピーをして、もっとポジティブに考えられるようにしたいです。


私のような性格は鬱状態になりやすいかもしれません。

完璧主義者で目標を立ててそれをこなそうとする。それが出来ないと自分を責める。

自分への評価が極端に低い。

悪い事は全部自分のせいだと思う。

などなど……。

でも日本人って、学校に入った時点で『我慢』する事を強いられるし、社会に出れば横並びの生活を強いられる。我慢する事、その時間で出来る事を一杯一杯まで終わらせる事などを当たり前に繰り返し、それが出来ないと怠け者みたいな扱いをされてしまう。だからギブアップする事が難しいんですよね。

今日は花を買って来て飾ってみました。バタフライ・ラベンダーって書いてありました。

b0253226_357242.jpg
良い香りで素敵です。庭にいると色々な事を忘れる事が出来ます。それは自分にとってプラスになる事なので、天気が良い時は庭に出て太陽を浴び(セロトニンをゲット!)のんびりしたり雑草を取ったりしたいです。

金曜日から仕事復帰。それはそれで楽しみです。(^^)
[PR]
by Helgashjemdk | 2013-07-25 04:08 | つぶやき | Comments(0)

南デンマークで中古物件購入。遅番介護士として老人ホームで仕事しながら時々リフォームして生活しています。


by Helga
プロフィールを見る
画像一覧