出来事は重なる…

あと4時間程で夫の次男が帰って来ます。夜中の3時半まで待つ事に…。

ちょっと寝て起きる?と思ったけど、夫はそのくらいなら起きていられると言っている。まぁ夜更かしには慣れた夫婦なので平気だけど。←明日も休みだし。

義両親が電話回線が云々で毎日夫に電話をかけて来ていたので今日は夜に訪ねました。しかし義父はちょっと座ったと思ったら、立ち上がり、トイレへ。しばらく戻ってこなくて、一度戻って来たけどまたトイレ。ずーっと戻ってこなくてやっと戻って来たら、

『さっき食べたパンがいけなかったのかなぁ〜?あはは。おなかがちょっと痛いよ〜。』

みたいな口調でした。そしてすぐに立ち上がりまたトイレ。もう出てこなくなったので義母が心配して大丈夫?と聞くとトイレから出て来て色々話していた。義母も一緒にトイレに入っていた。思わず何かあったのかと思ったら、血尿が出たそうで救急車騒ぎになってしまいました。(T_T)

義母も、『何で調子が悪い時に悪いって自分で言わないんだ?!』とイライラしていました。本人には当たらない。さすが介護士。でもまったく……、という気分は隠し切れずタバコを吸っていた。←家では吸わないって決めてるのに結局換気扇の下で吸ってた。

ぎりぎりまで一緒にいました。夫もショックというか、悔しいというか、複雑な気持ちのようでした。父親が救急車で運ばれた日に息子が韓国から戻って来る。気持ちの切り替えが大変です。

いくら生きているとは言っても、夫婦のどちらかが何度も病気になったりして、片方に負担がかかる生活を見ていると、私の母は父に先立たれてしまったけど、その大変な期間がたった5ヶ月だったのはある意味母にとって軽い負担で済んだのだと実感します。

人生って色々ありますね。私達の年齢は親と子供に挟まれてどちらも助けなければいけない立場で、一番大変な時なのかもしれません…。
[PR]
by Helgashjemdk | 2013-04-18 06:27 | つぶやき | Comments(0)