介護職で一番辛い事は排泄介助だと思っている人は大勢いると思います。そして話をする事自体タブーな感じもします。なので今日は禁断の世界について書きますので、読みたい人のみにして下さい。←食欲なくなる可能性が大ですから。💦




排泄介助は誰もが出来るとは限りません
[PR]
# by Helgashjemdk | 2017-03-26 07:55 | 仕事 | Comments(0)

未だにGorky Park🇷🇺

日本ではほぼ一発屋扱いで、80年代後半に洋楽を聴いた人以外は一切知られていないと思われるロシアのバンド、Gorky Park(ゴリーキー・パーク)ですが、私は大ファンでして今でも聴いている程です。

残念な事に一度もライブを観た事がありません。1992年9月、初めてデンマーク旅行した時にGorky Parkがデンマークでコンサートを演る事を知りました。その時期は私がデンマークを去った直後…。涙が出ましたわ…。😭

アルバムは4枚出ていますが、最初の2枚しか持っていません。その後の2枚、当時は手に入れる事が不可能だった気がします。

しかし現在はSpotifyやMP3のおかげで全曲聴く事が出来ます!!!そして今年2017年、未収録曲を集めたアルバムまで発売されました!!その中にこの曲が入っていた!



"Беда"って何て読むのかわかりませんが、この曲はYoutubeで聴いて前から知っていました。全然Gorky Park的な要素がないのでカヴァーなのかと思っていました。VoのBig Sasha、ハスキーヴォイスですが音程は一切狂わず声量もあり安定しています。彼は元々ベーシストだったのですが、ファーストアルバムのシンガーが脱退してそのままヴォーカルとベースを両立していました。

この曲…、Gorky Parkの中でもベスト3と言いたいくらい好きです。



セカンドアルバム"Moscow Calling"のラスト曲"Tell Me Why"はこのアルバムで一番好きな曲なのですが、歌っているのはギターのAlexey Belovです。(なぜ長髪を止めてしまったのか!!😱)

彼もまたハスキーヴォイスでして、歌が上手い!このバンド、みんな歌上手いんですよ!!



3枚目"Stare"からタイトル曲。すっごくキャッチーで良い曲です。ビデオも凄く好きです。何でこんなにクオリティが高くて歌が上手くて良い曲ばかりなのに人気がなかったのかわかりません。凄く過小評価されているバンドだと思います。



Gorky Parkの代表曲と言えばやはり"Moscow Calling"かもしれません。今でもデンマークではラジオでかかるし、ロシアで行われたユーロヴィジョン(毎年ヨーロッパで行われているミュージックコンテスト)でもこの曲を演奏していました。



でも彼らの基本はデビュー曲の"Bang!"だと思います。観ての通りまだロシアではなくソビエト連邦時代です。当時ソビエトでロックを聴くなどあり得なかった時代ですから彼らの登場は衝撃的でした。約30年前、音がソビエト国だとわかるようなロックですよね。

モスクワ・ミュージック・ピース・フェスティバルが1989年に行われた時、大物バンドと一緒に出演したGorky Park。その後彼らはアメリカへ進出し、数年アメリカで活動しまたロシアへ戻ったという事です。

私が好きだった頃はまだソビエト連邦時代だったので、コンサートに行くなんて無理でしたしその後は全然話題にもなりませんでした。当時はインターネットもなかったですから。

一度でいいから彼らのライブを観て、出来れば直接どれだけ大ファンなのか伝えたいくらいです。😅

[PR]
# by Helgashjemdk | 2017-03-25 11:04 | 音楽 | Comments(0)

夕食は残りもの😅

月の半分は仕事で夜不在ですから、私が夕食を作る事は月に10回程度だと思います。休みの日に冷凍出来るお弁当を作り、私が仕事の日はそれを温めて夫は夕食を取っています。

そんな私ですから、夕食作りは凄く頑張る時と手を抜く時と差があります。今日は買い物に行かず庭仕事をしたので、冷蔵庫にある物で何とか作りました。

b0253226_09411575.jpg
何だこりゃ?みたいな料理ですけど。(笑)うちはいつもスパゲティが中心でして、米の日はほとんどなく、ポテトの時は数回です。

オーブンで作れるものが中心です。なのでとっても簡単!

b0253226_09420504.jpg
何だかわかりませんが、チキンとタマネギとキャベツを炒めたもの、カリフラワーとパプリカを一緒にしてチーズを乗せてオーブンで焼いたのです。全部家にあった残りものを混ぜただけ。

冷蔵庫がほとんど空になったので、明日は買い出しに行けます。

私は主婦としてのスキルが低いので、買い物をするとつい同じものを買ってしまって、野菜をきちんと使い切れない事が何度もありました。

片付けも苦手だったのですが、買う前にスペースがあるか確認する、本当に必要か考えてから買う、あるものは買わないなどを繰り返していると、冷蔵庫の中もかなり片付ける事が出来るようになりました。

生活ペースが人と違うので自分なりにしか家の事をこなせませんが、人生も折り返し地点を過ぎると多少は知恵がつくものだな〜と思います。😅

[PR]
# by Helgashjemdk | 2017-03-24 10:07 | 料理 | Comments(0)

去る人、来る人

なんとたった5日の間に2人の入居者さんが他界しました。あの糖尿病で両足切断していた入居者さんが突然体調不良になり入院、そのまま病院で死亡したそうです。前日の夜、普通だったのですが…次の日の朝に急変したそうです。

あっけなくて驚きでした。もう90歳過ぎてて、無茶しっぱなしだったので彼はゆっくり亡くなるのではなく、急に心臓発作等で亡くなるとは思っていましたが、何だか急過ぎてびっくりでした。なんだかんだ言っても私は彼が好きだったので、ぽっかり穴が空いたような気分です。

ラースさんが他界したのもそんなに前という気がしませんが、新しい入居者さんクリスさんがやって来ました。5日連続仕事して、クリスさんは私の事を信用した様子です。ただ本当に要求が多いというか、やるべき事が多過ぎて慣れるまで大変です。でも覚えてしまえば何て事ないでしょう。やるべき事がたくさんある入居者さんだからこそ、老人ホームにいるのだと思うようにしています。

今年に入って既に3人の入居者さんが去りました。現在2部屋空いています。これからまた新しい入居者さんを迎える事になります。色々大変ですけど、私は本当に仕事に慣れて来たのかもしれません。前は本当にしんどかったような事が、今ではちょっと大変な程度になったのです。ストレスもその場では感じるけど、結構忘れられるようになりました。

それだけ成長したのかもしれません。👍

でも火曜日には全く仕事が出来ない代理を受け持つ羽目になり、何だかみんなその子と仕事したくないからあれこれ理由をつけて私に押し付けたのだと後から思うようになりました。

今日同じユニットのKとLに会いに行って愚痴ると、

Helgaは人が良過ぎるだけ。あんた利用されただけだよ。

とはっきり言われました。確かに……。

デンマーク語でお人好しな人がもういい人になるのを止めよう!と言う時に、

"Slut med flinkeskolen."(親切学校を止める)という表現をします。私、またまた入学してしまった様子です。(苦笑)もうちょっと自分の事、入居者達の事を考えて、無理な時は無理と言わなきゃいけないなと思いました。

夫にその話をすると、

『いつも自己中でいるよりもたまには"親切学校"の人になった方がマシ。でも何度も繰り返すのは良くないから、今度は他の人の番だと言える機会を作っただけだと思え。』

と言われました。そうですね。ちょっと悶々としていたけど、休みだから自分の時間を楽しもうと思います。👍

[PR]
# by Helgashjemdk | 2017-03-23 07:07 | 仕事 | Comments(0)

やはり経験は大切

今週末は仲間のLが休暇なので仕事が大変かと思ったけど、今のユニットを8年目となった今、何が起きてもこなせるようになって来ました。自分に自信もついて来たと思うし、人を扱うのも上手くなって来たと思っています。

新しく入居者さんが入って来ました。クリスさん(仮名)は80代の男性、車椅子で片麻痺のため身体介助はほとんど必須です。しかし食事は自分で出来るし脳梗塞を起こしたのに記憶力はありしっかりしています。ただ言いたい事をすぐに言葉に出来ないので、何か聞かれると即答出来ず、ちょっとだけイライラしているように感じます。

そんな彼の介助、最初は全くわからないので聞くしかありません。でも聞いてすぐに覚える必要があります。同じ事を聞かないようにして、彼のペースを覚えたらスムーズに行くからです。

今日で2日目、まだ覚える事がありますが、スムーズに介助が出来たと思います。彼も私の事を信用したと感じます。

今日はフレックス(4時間のみの勤務)の人と仕事でした。彼女は私と仕事をするのは初めてでしたが、私の仕事ぶりに驚いていました。おまけに入居者達が静かな事と、みんなリラックスしている事で、

『Helgaさんってすっごく入居者達に好かれているんですね!見ててすぐにわかります!』

と言われました。😅

まぁ嫌われていないと思うし、私がいるとみんな落ち着いているというのは確かですね。👍

ちなみに新人男性職員、カーステン(本名)はクリスさんが入居した初日に勤務で、私は休みでした。

まずは入居者さんとご家族にご挨拶するように。こんにちは、私はカーステンです。遅番社員です、と言って握手するように。

そして入居者さんがどのような物を食べたか、何か出来るか出来ないか、就寝時間は何時くらいか、おむつが必要ならそれについても情報を記録し、次の人へわかりやすく書くように。

とカーステンに説明しました。彼はそんな事するのー?!と驚いていたけど、入居者さんを迎えた時は当然どんな初日だったか書くのは当然です。


しかし、カーステンは、

クリスさんはナースコールが必要だそうです。

としか書いてなかった…………。😓

その後は詳しい情報がなく、問題点のみ。5日間色んな人が来て毎回説明しなければいけないクリスさん、当然イライラするでしょうよ。

他の仲間が、

『月曜日さ、カーステンはかなりストレスだったっぽいよ。普段しゃべらないのにテンパってたからね。』

と言っていたので、記録書きする余裕はなかった様子。💦

遅番って大変なんですよ、こういう時。毎回特定の仲間と仕事出来るわけじゃないから、自分で判断して動かなきゃいけない事もあるのです。私はその点、Lと仕事して一杯学びました。なのでもう自分で何でも出来ます。

カーステンはまだ新人だからしょうがないけど、そういうのって入居者さんには関係ないですからね。カーステンにとってはかなりの試練だったと思います。来週は一緒に仕事してあげなきゃ。😅

[PR]
# by Helgashjemdk | 2017-03-19 09:33 | 仕事 | Comments(0)

南デンマークで中古物件購入。遅番介護士として老人ホームで仕事しながら時々リフォームして生活しています。


by Helga